たけくまメモMANIAX

カテゴリー「エッセイ」の記事

2010年6月22日

学生にお金を払う大学

先日Twitterで、現代美術家の村上隆氏が、大学准教授でマンガ評論家の伊藤剛氏と、「最近の大学生」をめぐって議論していました。ちょっとタイムラインの彼方に消えてしまっていて引用するのが大変なのでしませんが、俺の記憶で書かせてもらうと、村上氏が「最近の大学生は自主性がなく、社会常識が乏しくて、仕事を頼もうとしても使い物にならない」みたいなことを言ってて、伊藤くんが「自分の学生時代を振り返ってもこんなものだった。」と反論(?)をされていたところに、俺が横から割り込んで、しばらく俺と村上さんとで議論になったことがありました。その部分の俺のツィートを、少しだけ引用してみます。

                   ◆

@takashipom @goito 村上隆氏のツィートに伊藤剛君が返信する形で教育論議が続いている。村上さんは「今の大学生は社会常識がなっていない」と嘆き、伊藤君は「自分の若い頃を思い返せばこんなものだ」と返すのだが、どちらも同感。問題の立て方が両者ほんの少しずれている感じ。

(続きを読む…)

| コメント(28)

2009年12月17日

タイガー・ウッズに見る“モテの魔”の恐怖

http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1260934192/l50
↑【ゴルフ】タイガー・ウッズ、人気急落! 支持率85%→33%と大幅に落ち込み、特に女性の評価が厳しく

http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1260780127/l50
↑【ゴルフ】愛人14人のタイガー・ウッズ、エロメール全開!「君の好きなところでF○○K」「あっという間にイカせてみせる」★2

http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1260599754/l50
↑【ゴルフ】タイガー・ウッズに新愛人?今度は40代の熟女で長年にわたり関係

http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1260628934/l50
↑【ゴルフ】性欲旺盛なタイガー・ウッズ、売春婦に530万円以上を支払って連日“隣の女の子”と3Pプレー★2

http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1261004857/l50
↑【ゴルフ】エリン夫人、タイガー・ウッズとの離婚を希望 米報道[09/12/17]

http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1260601289/
↑【芸能】警視庁、携帯メールを完全復元 押尾容疑者丸裸 浮気相手の数がタイガー・ウッズに引けを取らないことも明白に

http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1260847916/l50
↑【ゴルフ】尾崎将司が石川遼にアドバイス「女に気をつけろ」…タイガー・ウッズを反面教師に

タイガー・ウッズさんの不倫騒動はますます加熱するばかりであります。先月の自動車事故がきっかけだったはずですが、なんでそれからプライバシーの暴露話になっていったか、よく覚えていません。しかし、イケメンでお金があって世界的有名人ですから、なにかあればこうなることもあるということで、日頃から身辺には気をつけておきたいものです。まあ、「上半身と下半身は別人格」であるとはいえ、タイガー・ウッズさんくらい「落差」の激しい人もいないかもしれません。押尾学先生の場合、ある意味で上半身と下半身は「一致」していますが。

(続きを読む…)

| コメント(21)

2008年2月16日

70年代は変な時代だった

えと、以下書いた文章はおとといアップした「まんがエリートとおたくの間に(2)」のために書いた文章から、本筋から逸脱して長くなるのでカットした部分です。でも読み返したら、これはこれで発表する価値はあるかも、と思い直しました。本筋の「おたく」話からは離れているんですが、俺が中学から高校時代を過ごした70年代って、こういう時代だったよなあというあくまで俺の印象であります。補遺エントリとしてお読みください。

昔ライターの山崎浩一さんと話したとき、山崎さん(俺より6歳上。世代的にはサブカル=プレおたく世代に入る)が「73年くらいまでは60年代なんだよ」という話を俺にしたことがあるんですね。これはつまり、70年代に入ってからもけっこう長い間60年代的な意識をみんなで引きずっていて、それがだいたい73年で終わったということです。俺は子供だったけど、山崎さんはもう高校から大学くらいだから「政治からサブカルへ」という時代の変わり目を、リアルに目撃していたのだと思います。

それで70年代はのんびり・まったりした時代だったと前に書きましたが、一番そういうムードだったのが確かに74年から76年くらいでした。鈴木ヒロミツがCMで「のんびり行こうよ」と歌ってたりとかね(※註) ……あ、すいません。今調べたらこれ、意外と早くて71年だった。でも70年代中盤までの気分を象徴するCMだったと思いますよ。

http://www.youtube.com/watch?v=AWAqeKAZLz4
↑モービルガソリンCM「気楽に行こうよ」(1971)

※コメント欄で指摘されましたが、この歌を歌っていたのはマイク真木だそうです。CMに映っている太っているのがモップスってGSバンドやってた故・鈴木ヒロミツ。このCMに出たあたりから役者に転向したのかな。ちなみに高校時代のユーミンはモップスのおっかけやってたそうです。

(続きを読む…)

| コメント(1)

2007年11月29日

独学に勝る勉強はない(2)

前回「独学に勝る勉強はない(1)」を書きましたところ、当コメント掲示板はじめ「はてなブックマーク」その他で反響が続出しまして、想定外のことで驚いております。別に挑発するつもりは毛頭なかったのですが、最後に「俺、高等学校は不要なのではないかということを、実はもう25年くらい前から考えてて」なんてことを書いたのが一部に議論と批判をまき起こしてしまったようです。

確かにこれは舌足らずな表現でしたので、お詫びの上一部訂正します。俺にとっての高等学校は、こと「文部省が決めた勉強」に関する限り、ほとんど無意味なものだったんですが、もちろん意味があったと思っている人も大勢いるでしょう。俺にとっても、勉強以外の部活動とか友達づきあいなら、確かに意味はありました。その人から勉強を教えてもらったわけじゃないんですが、人間的に影響を受けた先生もいましたしね。したがって「科目の勉強」以外では中学高校は俺にも意味があった、と訂正させていただきます。

あと、俺は学校の勉強は基本的に嫌いでしたけど、勉強が好きで好きで仕方がない、という人が存在することも承知しております。そういう人にとっては、中学高校の勉強も大学の勉強も大いに意味があるものでしょう。他人がそう思うことまで、俺は否定するつもりはありません。

(続きを読む…)

| コメント(7)

2007年11月27日

独学に勝る勉強はない(1)

※追記:最初にアップしてから少し書き足してあります。

今回書こうと考えているのは、「学校の勉強」についてです。俺は、自分が高卒だから言うのではないですが、「学校の勉強」というのは、本当は小学校の六年間で充分ではないかと考えてます。俺自身、胸に手を当ててみても、47年間の人生で本当に役に立った、と思えるのは小学校で習った「読み書きソロバン(算数)」だけで、これには感謝しています。

でも中学以降の勉強となると、因数分解なんてすっかりやり方を忘れてますし、英語も中二レベルくらいからだいぶあやしい。それ以外の学科の内容もほとんど忘れちゃってる。高校の授業も同様です。中学高校の勉強も、大学以降に本気で学問しようと考えたら絶対必要なんだと思いますけど、すべての人間が学者になるわけではない。俺ばかりでなく、ほとんどの人には「受験勉強」以外の意味はあんまりないのではないでしょうか。

でも学校をさぼった記憶はないので、出席はかなりマジメに出ていた方じゃないかと思うんですよ。それでも、中学高校で習ったことが何か役に立ったという記憶がない。中学高校で覚えているのはほとんどが趣味と友達のことくらい。9割5分はそっちの記憶しかありません。

(続きを読む…)

| コメント(7)

| トップページ | 次のページ »