たけくまメモMANIAX

カテゴリー「著作権」の記事

2010年2月23日

「パクリ疑惑」その後

昨年11月30日更新の「たけくまメモ」で、「商業出版社による個人ブログからのパクリ疑惑について」というエントリを書きました。この中で、俺の友人であるまさむねさんのサイト「一本気新聞」の家紋に関する記述が、コアマガジン社のムック『家紋の不思議』の中で剽窃されたのではないかという疑惑を紹介しました。

まさむねさんとコアマガジンの間では昨年から何度か話し合いが持たれていたようですが、まさむねさんより、このたび和解が成立したとの報告を受けました。コアマガジンのトップページに謝罪文へのリンクが張られています。

http://www.coremagazine.co.jp/
↑コアマガジン公式サイト(TOPに謝罪文へのリンクあり)

http://www.coremagazine.co.jp/kamon_ow.pdf
↑謝罪文URL(PDF注意)

http://www.ippongi.com/2010/02/22/コアマガジンの謝罪。最終的にはその潔さは評価/
↑一本気新聞

盗作や剽窃は、昔から付きものの業界です。特に昨今の出版不況の中で、ギリギリの低予算で本を作らなければならない現場の苦労は並大抵のものではないでしょう。文章を書いている最中に、ウィキペディアなどから記述をいただいて、語尾をチョコっと変えただけで入稿できたらどんなに楽だろうかという誘惑に駆られたことは、ライターだったら一度や二度は覚えがあるのではないでしょうか。

版元の下請けの編プロからさらに孫請けしたライターが、資料用の経費もままならず、ついネット上にあがっている資料から、カット&ペーストで記述を「いただいて」しまうことも、心情としては理解できなくもないです。だからといって本当に盗作や剽窃に走ることは別の問題です。俺だったら、そこまでしなければこなせない仕事は受ける気がしません。

まさむねさんとしては、一応今回の謝罪文掲載で納得したとのことで、これ以上、ことを大きくするつもりはないようです。まさむねさんの意を受けまして、俺も「たけくまメモ」の当該エントリを「非公開扱い」にすることにします。

| コメント(2)

2009年1月23日

不正コピー問題の意外な解決策

昨日「オンライン出版本を買ってみて」というエントリをアップし、オンライン電子出版の問題点(不正コピー防止のプロテクトによって、かえって本としては不便になる問題)について書いたところ、編集者のMさんという方からメールを戴きました。Mさん、ありがとうございました。

メールには、アメリカのプラグマティック・ブックシェルフ(Pragmatic Bookshelf)社という技術系出版社の試みについて、たいへん興味深い事例が書かれてありました。

http://www.pragprog.com/
↑The Pragmatic Bookshelf

俺は英語が苦手なので、Mさんの解説をもとにざっと読んだだけなんですが、それでもこの会社がかなりユニークな試みをしていることはわかりました。

まず本の購買ページを見ると、プルダウン・メニューが「PDF+PaperBook」になっており、ほかにpdfファイルオンリーとPaperbookオンリーが選べるようになっています。つまり、電子ファイルと紙の本のどちらかひとつ、または両方を同時に購入できるようになっているのです。

(続きを読む…)

| コメント(7)

2008年1月21日

本日ロフト+1で「マンガ論争勃発」

Mangaronsou

2007-2008 マンガ論争勃発

えーと、すっかり告知が遅れてしまいまして永山さんすいません。

実は昨年12月にマイクロマガジン社から『マンガ論争勃発』という本が出たんですが、これの刊行記念トークイベントが本日夜、新宿ロフトプラスワンで行われます。「マンガ論争」といっても、昨今チマタをにぎわせている「マンガと著作権」「マンガと猥褻罪」が主要テーマで、特に同人誌にフォーカスを合わせて問題がよくまとめられています。著者は永山薫さんと昼間たかしさん。コミックマーケット準備会と全国同人誌即売会連絡会が全面協力して作られた本です。

とりあえず俺は、本書では永山さんの取材を受けて持論を話しているだけですが、「著作権問題」「有害マンガ規制問題」について、ほぼすべての問題点は本書に出ているのではないでしょうか。ちなみに著者の一人である永山薫さんは、俺とはもう十数年来の友人でもありまして、70年代末から「エロ雑誌」の現場で編集者やライターとして働いていた俺の大先輩でもあります。俺より年上なのに、マンガ読みとしてはバリバリの現役で、エロマンガの歴史と現状についてをよく知る第一人者といっていいでしょう。

(続きを読む…)

| コメント(1)

2007年11月13日

文化庁へのパブコメ・私案

他の仕事に追われてうかうかしているうちに文化庁の「文化審議会著作権分科会法制問題小委員会」へのパブリックコメントの締め切りが近づいてしまいました。というか、締め切りが15日ですからあさってですよ。

特に問題になるのは「著作権の親告罪への見直し」が盛り込まれている「文化審議会著作権分科会法制問題小委員会中間まとめ」と、ダウンロード違法化が審議されている「文化審議会著作権分科会私的録音録画小委員会中間整理」であります。どちらもパブコメを募集しています。15日までにメールで文化庁に提出すればOKです。

●提出先
住所:〒100-8959 東京都千代田区丸の内2-5-1
文化庁長官官房著作権課 法規係 宛
FAX番号:03-6734-3813

電子メール: ch-houki@bunka.go.jp (非親告罪化反対の宛先)
keiyaku@bunka.go.jp (ダウンロード違法化反対の宛先)

※件名は必ず、「法制問題小委員会中間まとめに関する意見」としてください。(竹熊注・ダウンロード違法化については「私的録音録画小委員会中間整理に関する意見」というタイトルにすること)。

(続きを読む…)

| コメント(1)

2007年10月28日

秋葉原著作権シンポとちば先生の色紙

本日、台風が接近する中を秋葉原エンタ祭りで著作権関係のシンポジウムが開かれたことは、今朝になって慌ててアップしたエントリに書いた通りです。俺は第一部の「創作活動と著作権 引用・パロディ・保護期間」のパネルに出席し、いつもながらの持論をくっちゃべっただけなのですが、たぶん当日来ていた人のブログにレポートが載るんじゃないかと思います。ちょっと今帰ってきたばかりで疲れていますので、詳細はそちらに譲ります(横着ですいません)。

http://www.st.rim.or.jp/~nmisaki/
↑当日来ていた人のブログ

会場は満員の盛況で、著作権問題に関する一般の関心の高さを改めて認識しました。俺の参加したパネルでは弁護士の福井健策氏と角川書店社長の井上伸一郎氏が出席し、井上氏は『ケロロ軍曹』のパロディの例をプロジェクターで見せるなどして聴衆は熱心に見入っておりました。

(続きを読む…)

| コメント(0)

| トップページ | 次のページ »