たけくまメモMANIAX

カテゴリー「父と暮らせば」の記事

2010年10月26日

竹熊の父親動画、公開

えーこの8月28日に、新宿ロフトプラスワンで上映された「竹熊の父親」、竹熊圭男(たけくま・けいお)と俺のツーショットビデオがこのたびYOUTUBEにアップされましたのでお知らせします。監督・撮影・編集は伊藤弘二氏(「グワシ!楳図かずおです」監督)。

内容は、竹熊家の先祖(竹野熊)は景行天皇のお供として一緒に熊襲征伐をした曰くのある人間だという話を中心に、父親の趣味(日曜大工、韓国の壺集め、等)を紹介したものです。ビデオに出てきた「体重計の台」については、以下のエントリを見てからだと、より理解しやすいと思います。

http://memo.takekuma.jp/blog/2007/07/post_8979.html

一般人には何の興味もないとは思いますが「竹熊の父ファン」には興味を持っていただける内容ではないかと思います。ご笑覧ください。

| コメント(4)

2009年5月26日

父親の工作・そのⅡ

Takekumaimg_0052 以前、我が家のトイレの手洗いの件で、父親と口論したことがありました。トイレの手洗いというのが左の写真なんですが、水の出る側にコックがついている構造で、キュッと最後まで捻らないと水がボタボタと零れてしまうのです。

俺はこのコックが苦手で、いつも捻りが足りずに水をポタポタさせたままトイレを出てしまうので、父親に怒られるのでした。そのときの会話は、以前「ある日の父と息子の会話」というエントリで紹介したことがあります。

http://memo.takekuma.jp/blog/2009/01/post-0521.html
↑ある日の父と息子の会話

Takekumadscn0488 ところがこないだトイレに入りましたところ、父親が手洗いのコックを改造してツマミが補強されており、キチンと最後まで捻られるようにしているではありませんか(写真)。

使ってみたら、これが捻りやすいのなんの。これでもう水を漏らしたままトイレを出てしまうことはなくなりました。お父さんありがとう。

ちなみに「父親の工作・そのⅠ」は、以下のエントリです。

http://memo.takekuma.jp/blog/2007/07/post_8979.html
↑父親の工作


| コメント(0)

2009年4月29日

健太郎、うどんが出来たぞ

「健太郎、飯だ。うどんを作ったから、食え」

と父親が声をかけてきました。退院以来、うちでは基本的に父親が食事の用意をしています。なにしろ俺は料理がまったくだめ。約20年間の一人暮らしのうち、自炊したのはトータル一週間くらいで、あとはオール外食で済ませてしまったくらいですから。

父親が作ったうどんを食べるのは初めてであります。母親が存命のころは、たまにうどんを作ってくれましたが、実をいいますと、俺は母親の作るうどんが好きではありませんでした。俺の母親は関東人で、彼女のうどんは関東特有の丼の底が見えない濃い色の出汁であるばかりか、汁とうどんを分けて茹でることをせずに、最初から一緒に入れてぐつぐつ煮込むため、汁が煮詰まってゲル状の粘性を帯びてドロドロとなり、それでもかまわず煮込むのでうどんが汁をすべて吸収して、しまいには子供の頃「少年マガジン」の秘境特集で見た「アマゾン奥地に生息する全長3メートルの大ミミズ」の如くにブクブクに肥大してしまい、それしか食べたことがなかったからです。

食事は「慣れ」とは申しますが、俺はおふくろの手料理に慣れたことがなく、なかでもうどんについては「うまい」と感じたことが一度もありませんでした。母親は「煮込みうどんよ」といいましたが、店の品書きにある煮込みうどんとは何かが違うような気がしました。

(続きを読む…)

| コメント(1)

2009年1月26日

ある日の父と息子の会話

Takekumaimg_0052

●その1

我が家には一階と二階にトイレがあるのですけど、一階のほうのトイレの蛇口(左写真)というのが、水が出る真下の部分にコックがついていて、これがジャージャー水が流れる箇所をつまんで、力入れてキュッと回さないと水が止まらない変な作りになっているんですよ。

俺はこの蛇口が苦手で、いつも最後まで回しきらずにトイレを出てしまうんです。

「健太郎。またトイレの手洗いの水が出ていたぞ。もっと力を入れて最後まで締めんか」

「俺あの蛇口苦手なんだよ。水が出る真下の部分にツマミがついているなんてヘンだよ。回しにくいったらありゃしない」

「そんなことはない。お前が不注意なだけだ」

「今度水道工事の人に言って、蛇口取り替えてもらおうよ」

(続きを読む…)

| コメント(0)

2008年12月9日

お父さんヤバス

「健太郎」

「なんだよ。どうかしたのかよ」

「こないだ、おれは兄貴の法要で山鹿に帰ったろう」(※註・うちの父親は熊本県山鹿市出身。この場合は実家に帰ったという意。)

「うん」

「実家で兄貴の遺品を整理していたんだが、そうしたら、こんなものが出てきた」

と言って、父親は一冊の古ぼけた本を差し出しました。クロース貼りの装丁で、表紙に奔馬が刺繍されております。どう見ても市販の本ではありません。

「何これ。日記帳?」

(続きを読む…)

| コメント(1)

| トップページ | 次のページ »