たけくまメモMANIAX

カテゴリー「たけくま書店」の記事

2012年6月26日

第一回電脳マヴォ敗者復活新人漫画大賞・2012年上半期審査結果発表

●はじめに

現在、我が国におきましては、毎月百冊を超える漫画雑誌が発行されており、それぞれが新人賞を開いたり、持ち込み面談を受け付けたりして、才能ある新人作家を求めております。当然、毎月のように多くの作家がデビューしますが、落選して涙をのむ応募作家は、その数十倍になると推定されます。

「電脳マヴォ」は、漫画界発展の祈念と、敗者に優しいエコロジー編集をモットーに、出版社・各種法人・自治体が主催する漫画新人賞に落選した作品を対象に「第一回敗者復活新人漫画大賞」を開催いたしました。

4月末日締切で5月発表の予定でしたが、ようやく審査結果が出ましたので発表いたします。なお、年末あたり第二回をやりますので、新人賞や持ち込みで涙を飲まれた方はふるってご応募ください。10月末締め切り予定です。

▼敗者復活新人漫画大賞の応募要項はこちらです。→ http://memo.takekuma.jp/?p=5301 

結果発表!!

☆大賞受賞者該当なし

☆期待賞『僕らの時間 ∫17-25(僕x-君x二乗)dx』相澤亮

☆最高残念賞『八月のキャラクター』手栗天狗郎

☆最終選考候補作『近未来スペース親子』フキサコック

☆最終選考候補作『ツモってBINBIN!』斎藤光宏

 ●審査委員

三河かおり/フリー編集者・『のだめカンタービレ』担当編集/京都精華大学マンガ学部准教授

うめ(小沢高広)/『大東京トイボックス』脚本・演出担当

竹熊健太郎/「電脳マヴォ」編集長/京都精華大学マンガ学部教授

(続きを読む…)

| コメント(0)

2012年1月24日

「電脳マヴォ」、本日から更新開始です。

おまたせしました。「電脳マヴォ」、本日から更新開始です。バナーをクリックしていただければ、トップページに飛べます。

思えば、学生作家を集めて同人誌「コミック・マヴォ」を創刊したのが2008年の暮れ。それから2010年の夏まで紙雑誌として5冊刊行しましたが、その間のネット界の発展はめざましく、「コミック・マヴォ」は5号でいったん休刊することにしました。

休刊理由はいくつかあるのですが、やはり、個人でアナログメディアを運営することは、かかる出費も大きく、事務処理や在庫リスク等を考えると継続が難しいと思ったことが大きいです。ただしアナログメディアがデジタルメディアに比して現時点で優位なのは「お金にする」ことぐらいで、デジタルメディアの作品表現力は、日進月歩の進化を遂げています。

インターネット雑誌はお金を得るには敷居が高いですが、そもそもお金がかかりません。とても気軽に作れるメリットがあります。特に「マヴォ」は新人発掘と育成が主要な編集方針というか目的ですので、できるだけ金銭リスクのない形で出そうとするなら、無料ネット雑誌が現時点ではベストの選択ではないかと思います。

もちろん、マンガは紙に印刷する前提で発達した表現ジャンルですので、紙の本として読まれるに越したことはありません。特に日本のマンガ出版界は電子書籍への取り組みが始まったばかりです。まだビジネスとして成立する目処がついておらず、当面は電子と紙書籍のハイブリッド状況が続くだろうと思います。 したがって「電脳マヴォ」に掲載する作品は、紙に落とし込むことも考え、当面は見開き対応のビュワーを基本にして作品を掲載していきたいと思います。それはともかく、バナーをクリックしてみましょう。

竹熊は2003年(平成15年)から東京の多摩美術大学で「漫画文化論」という漫画史・アニメ史の講義を行なっています(継続中)。その後、京都精華大学マンガ学部でも教壇に立ち、多摩美と精華大学をあわせて毎年700~800人ほどの美大生を相手にしているのですが、全員に「課題」としてマンガを描いていただいてます。

この規模の授業になると、課題の採点が大変で、もしレポート提出だったら採点だけで何ヶ月もかかるでしょう。マンガであれば遥かに早く読めるので、最初は苦肉の策としてマンガを描かせたのですけど、結果として私は毎年、5人~10人くらいの「才能」と出会っています。 雑誌編集者からキャリアを始めた私は、その後ライター仕事がメインになってからも「編集家(編集者+作家)」と名乗っているくらいで、自分の本質は編集者だと考えています。なので、多摩美や精華大で多くのマンガ家志望者と接することは、自分には「宝の山」に思えてなりませんでした。

もしも、私がどこかのマンガ雑誌の編集者だったら、確実にその何人かはデビューさせていたと思いますが、出版社の社員編集ではなくメディアを持たない私としては、ただ評価するだけで、みすみす才能を逃してしまうことを残念に思っていました。「コミック・マヴォ」を創刊した理由のひとつが、「竹熊が見つけた若い才能を世に紹介する」というものでした。この意味でも、読む人間に制約のある紙雑誌より、ネット雑誌がやりやすいと考えたわけです。

「電脳マヴォ」で、竹熊は作家として、または編集者として思いつく限りの実験をしていこうかと考えています。しばらくは「コミック・マヴォ」に掲載した作品の再録中心に更新していきますが、佐藤菜生「少女地獄」の新作をはじめ、新作家・新作品をどんどん投入していきます。これからも「電脳マヴォ」をよろしくお願いします。まだサイトに飛んでない人は、下のバナーをクリックして行ってらっしゃい。(「電脳マヴォ」編集長・竹熊健太郎)

 


| コメント(0)

2010年9月25日

【業務連絡】たけくま書店通販部を来月15日で休止します

日頃たけくま書店通販部をご利用くださいましてありがとうございます。さて急ではありますが、たけくま事務所の運営体制再構築のため、来月10月15日(金曜日)をもちまして、たけくま書店通販部をいったんクローズいたします。

http://mavo.shop-pro.jp/
↑たけくま書店通販部

たけくま事務所の商品販売は15日いっぱいをもちまして終了し、外部の委託商品については清算作業に入ります。委託してくださっている皆さんには、後日メールしますので、よろしくお願いします。

たけくま書店の今後ですが、「マヴォ」のバックナンバーや「海からの使者DVD」など、事務所が制作した商品については中野タコシェさんに業務委託することで話がまとまりました。タコシェは通販も行っていますので、今後はタコシェ経由で購入をお願いします。

http://tacoche.com/
↑タコシェ公式

詳しい事は近づきましたら再度告知します。まずはご報告まで。

| コメント(20)

2010年9月3日

新刊「萌え中日交流・北京編」入荷、伊勢田DVD売れ行き好調!

えー、この夏コミで委託頒布されていた北京清華大学のオタクサークル「次世代」の新刊「萌え中日交流・北京編」がたけくま書店に入荷しました。

23093101

今回は中国各地で開催されている同人誌即売会の紹介や、北京のゲーセン、漫画喫茶、中国のアキバと呼ばれる中関村などが紹介されております。350円。

▼中国同人誌のコーナーへは下のバナーをクリック!

Tuuhango_2

(続きを読む…)

| コメント(3)

2010年8月16日

「マヴォ5号」&「海からの使者」DVD、たけくま書店で通販開始

●本+DVDお得セット

22886163

「マヴォ5号」と「海からの使者DVD」を同時購入される方用に、100円引きの「お得セット」を用意してあります。以下のリンクからぜひどうぞ!

Tuuhango_2

●マヴォ5号

Mavo051

昨日(8月15日)のコミケ3日目に頒布した「マヴォ5号・活動漫画館特集」をたけくま書店にて通販開始しました。ご購入は通販ページにてよろしくお願いします。「通販ページへGO」バナーをクリック!

Tuuhango_2

●「海からの使者」(のすふぇらとぅ)DVD!

Umikaradvdjacket1

Umikaradvd1

もちろん「海からの使者DVD」も通販開始です。15日のコミケでは持ち込む数を間違えて完売する羽目になってしまいました。通販ではそんなことはありませんのでよろしくお願いします。

Tuuhango_2

(続きを読む…)

| コメント(5)

| トップページ | 次のページ »