たけくまメモMANIAX

2005年4月30日

樹海が俺を呼んでいる

jyukai樹海の歩き方

久しぶりに書評書きます。どうしたわけかまたイースト・プレスですよ。俺も本出してますが、別に回し者じゃないですよ。ただ最近ここは、俺がとりあげたい本を出す率が高いんで仕方がないです。

それで『樹海の歩き方』ですけど。もうタイトルズバリっつーか。でも場所は特殊ですが、観光ガイドとして異様によくできている本です。

著者の栗原さんは、日本有数の廃墟マニアとしてネットでも有名です。以前、某誌の企画で廃墟を取材したときには、直接現地を案内していただきまして。あのときはお世話になりました。

●廃墟Explorer http://www2.ttcn.ne.jp/~hexplorer/

自分のサイトだけではなく、やはりイースト・プレスから『廃墟の歩き方』「探索篇」「潜入篇」の二冊もすでに出されております。これが結構売れているらしい。人のことはいえませんが、世の中、物好きが多いですよね。

(続きを読む…)

| コメント(16)

2005年4月27日

【業務連絡】「定番記事」カテゴリを作りました

えー、いつも「たけくまメモ」をご愛顧いただきましてありがとうございます。

当ブログも5ヶ月目に突入し、エントリ数も120を超えまして、過去ログの検索が面倒になってきました。また新たにここを読み始めて、過去ログまで読むのはかったるい、という人もいるかもしれません。

そこで今回から右のサイドバー内に新たに「定番記事」のカテゴリをもうけることにしました。これは過去ログの中で、特に人気があったもの、個人的に思い入れのある記事に直接リンクを貼ることで、一種のインデックス機能をもたせてみようという試みです。

(続きを読む…)

| コメント(4)

2005年4月26日

これから書きたいネタ・追加

ああ、ダメだ。書きたいネタは出てくるのに書く暇がない。そんなわけで、書きたいネタ予告の追加です。しかしこんなこと書くとどんどん自分の首を絞めることに

●「オタクと老後」……俺みたいに齢40を過ぎますと、だんだん直面せざるをえない問題に「オタクのまま年をとる」というのがあります。一応、俺としては生きられるだけ生きたいというか、80歳までは生きる予定があるので、なかなか深刻です。まあ、俺はもうコレクションとか諦めているんでそこはいいのですが、オタクのなかには、大事な蔵書の行方を心配する人も多いことでしょう。特にマニアが年とって死ぬと、遺族によって古本屋に二束三文でたたき売られたり、それならまだしもそのままゴミで捨てられたりしますからね。よく古書店に、突然マニアックな本がまとめて出ることがありますが、たいていはそんなケースです。諸行無常ですね。そんなわけで、「老後」というテーマは一度きちんと書いてみたい。

(続きを読む…)

| コメント(24)

2005年4月24日

【告知】林月光展のご案内

gojin01昨年、弥生美術館で石原豪人の画業を回顧する展覧会が開かれましたが、今度は豪人先生のもうひとつの顔である「林月光」の画業にスポットを当てて、中野タコシェで展示会が行われております。

タコシェHP http://www.tacoche.com/

林月光展告知 http://www.tacoche.com/event/2005event/hayashigekkou/gekkouhihoukan.html

もうひとつの顔とは、他でもないホモイラストの巨匠という顔であります。豪人先生は、もともと江戸川乱歩の『少年探偵団シリーズ』なんかの挿絵も描いていて、20面相に捕らえられる少年や少女が妙に色っぽいので有名でしたが、特に小林少年の半ズボンからはみ出るフトモモの色気に定評がありました。

(続きを読む…)

| コメント(6)

2005年4月23日

『失踪日記』、とうとう10万部突破

Amazon.co.jp: 本: 失踪日記

だそうですよ…。あ、あじま先生……( TДT)

ベストセラーじゃないですか……。

もう、何もいいますまい。

しかし。

『失踪日記』の担当編集者K氏がさっき俺にメールしてきたんですが……。

なんか変なキャンペーンを始めたようで……。

http://k.excite.co.jp/hp/u/cue200/

↑4刷ぶん以降、『失踪日記』の造本を一部変えましたが、さてどこが変わったでしょう? わかった人には吾妻先生のサイン色紙プレゼント? 先着1名って、あなた……。

イーストプレスは少し調子に乗ってるのではないか?

| コメント(31)

| トップページ | 次のページ »