たけくまメモMANIAX

2005年8月31日

ヒョードル選手の絵心

30b さる8月28日、あのミルコ・クロコップ選手を退けて見事二度目のプライド・ヘビー級王座を防衛したエメリヤーエンコ・ヒョードル選手(写真)ですが、日本版公式サイトを見ているうちに氷の皇帝の趣味が意外なものであることを知りました。もしかすると格闘オタの間では有名だったのかも知れないですが、俺は知らなかったのでビックリ。

↑写真はヒョードル選手公式サイトより

http://www.fedor.jp/index_jp.shtml(公式サイトTOP)

それがまた途轍もなく素晴らしいので、ぜひ「たけくまメモ」の読者にもご紹介したいと考える次第であります。

ヒョードル選手といえば、これまでノゲイラや藤田、小川、コールマン、そしてミルコといった強豪を次々撃破し、「ロシアのラストエンペラー」「氷の拳」「60億人中最強の男」と強そうな称号をほしいままにしておる男の中の男。しかし真の男にはまた「やさしさ」も必要だとばかり、すばらしく詩とメルヘンなイラストを描かれるのです。

(続きを読む…)

| コメント(46)

2005年8月30日

村上隆さん、ごめんなさい

ko2実は昨日、久しぶりに芸術家の村上隆さんからメールが来たんですよ。4年ぶりくらいでしょうか。

向こうはここ数年、世界的な超売れっ子になっているので忙しかったんでしょうが、俺は俺で、実は村上さんに連絡しづらいというか、後ろめたい理由がありまして、なんとなく連絡していませんでした。

村上氏のメールを読んで(中身はそれとは関係ないんですが)、ぱーっと後ろめたさが襲ってきた次第であります。しかしこれだけだとなんだかわからないでしょうから、順を追って説明しましょう。

実は2000年に村上氏にそそのかされて、彼が主催した「スーパー・フラット展」に「中央線トーマス化計画」の原画を出品したんです。そそのかされた、と言いますのは、B全くらいのボードにリキテックスでカラーの絵まで描かされたからです。エンピツのドローイングなら時々描いてましたが、色彩のある本格的な絵画を描くのは学生時代以来でしたので、大変恥ずかしかったわけです。

(続きを読む…)

| コメント(13)

2005年8月29日

【業務連絡】そういや今日は誕生日だった

俺の。

とうとう45歳ですよ。人生80年だとしたら、とっくに折り返し点は過ぎてしまいました。ですので、90歳まで生きることにすればちょうど今日が折り返し点ですね。だからどうした、と言われると困りますが。

ちなみに俺と同じ誕生日の有名人に、あのマイケル・ジャクソンさんがいます。でもあっちは二歳年上なんだよな。てことは47歳か。

特に誰とお祝いするわけでもないので、これからゾンビの新作でも見に行こうかと思います。

| コメント(19)

2005年8月29日

大阪に行ってきました

●その1 JAWACONに行ってきた

oosaka-P1000563oosaka-P1000566一昨日、昨日と大阪へ。例のJAWACON2005に観客として参加するためです。フラッシュムービーによる自主製作アニメの全国大会といった趣きで、第一回でしたが満員の盛況でした。こういうイベント運営となると、やはり関西の人はパワーがありますね。いろいろ勉強になりました。

↑会場の大阪産業創造館とJAWACON2005ポスター

JAWACONの詳細や参加作品についての感想は、毎日新聞のフリーペーパー「まんたんブロード」の次の連載で紹介する予定ですが、配布は来月末、サイトの更新はさらにその先になるので、ちょっと間延びするかもしれません。なので、部分的な感想は近いうちに当ブログでも書いてみたいと思います。

今、一言だけ書くなら、とにかくフラッシュを中心とした自主アニメの発展は、技術的には商業アニメと比べて遜色のないレベルに達しようとしているだけではなく、個人の表現ツールとしても、変な言い方ですが「割に合う」ジャンルになりつつあるということです。

(続きを読む…)

| コメント(12)

2005年8月27日

オタクの老後問題(2)

cut_shokuji さてオタク用老人ホームですが、これは時代の必然で現れることでしょう。

20日のエントリにおいて「団塊の世代用サブカル養老院」について述べましたが、少子化問題によって受験産業・教育産業が、のきなみシルバー産業への業務拡張を図っていると伝えられる現在、ビートルズ養老院・マンガ養老院などは、遠からず高確率で現れるであろうことを予言しておきます。

これがやがてオタク世代のリタイア期になりますと、養老院に『ゴルゴ13』や『島耕作』、または『ビッグマグナム黒岩先生』が揃っている程度では、顧客の満足を得ることは難しくなります。もちろん万人の趣味にフィットする施設を作ることは困難ですから、施設の規模をどんどん巨大化させるか、あるいはその反対に、細分化した趣味の施設が無数に現れることになるのではないでしょうか。

(続きを読む…)

| コメント(29)

| トップページ | 次のページ »