たけくまメモMANIAX

2007年3月31日

IP電話でFAX送受信(2)

※昨晩の「IP電話でFAX送受信は」の続きです。実はさっき前エントリのコメント欄に総括として書いた内容なのですが、長いので新エントリにしました。

一晩経ったら貴重な情報が。皆さんありがとうございます。

総合すると、いろいろ技術的問題はあれどNTTの「ひかり電話」であればFAXが一応使えそうだ、という感じでしょうか。ただしやってみないと分からないので別手段も確保しておくほうが無難だと。週明けにメーカーに問い合わせてみます。

実家には二回線出来ることになるので、どちらかをアナログに戻してFAX兼用回線にするのが無難かもしれませんね。

(続きを読む…)

| コメント(15)

2007年3月30日

IP電話でFAX送受信は

教えて君ですみません。今度引っ越す大和市の実家に光ファイバー引こうとして、NTTに電話したんですよ。そしたらIP電話をすすめられて、110番や119番にかけられなくなるのはイヤだなあと思って断ろうとしたら、「今のIP電話はどちらにもかけられますよ」というので、IP電話もお願いしたんです。なんせ日本全国どこにかけても3分3.8円(だったっけ)ですし、基本料金も500円になるので。

でも番号が050で始まる特別なのになるんでしょ、と言ったら、今はIPでも普通の市外局番になりますとのこと。じゃ全然問題ないじゃんと。そしたらNTTのお姉さんが、「もう一回線、ご実家の回線がありますね? この際ですから、それもIP電話に替えられたらいかがですか」というので、「番号、変わりませんか?」と聞いたら、それも変わらないとのこと。問題なさそうなので、実家の電話もIPにすることにしました。

(続きを読む…)

| コメント(20)

2007年3月27日

2月の蚊取り線香

入院中のことなんですけど、まだこれ書いてなかったですね。実はNリハビリセンターに転院して間もない2月3日の夜、蚊が出ましてね。プ~ンと羽音がしたんで最初は脳梗塞の幻聴かと思ったんですけど。その後掌を刺されて痒くなったので間違いないと思い、看護師さんに蚊取り線香(正確にはべープマット)を焚いてもらいました。

いや~2月の、それもなったばっかりですよ。ビックリしました。地球温暖化はここまで来たか? と思いましたけれども、聞いたら、病院って1年中暖かいから蚊が越冬しているみたいですね。でも数日にいっぺんベープマット出してたので、「今年は異常」であったことは確かみたいですが。

それで退院してから無性に映画を観たくなって、『硫黄島からの手紙』を新宿で観た翌日に海老名の東宝シネマズで『不都合な真実』を観たんですよ。大統領になり損ねたアル・ゴアがライフワークとして取り組んでいる地球温暖化の危機を訴えるドキュメンタリー。話題になったから観た人も多いと思うけれども。俺が観たのがちょうど最終日でした。

(続きを読む…)

| コメント(54)

2007年3月25日

【業務連絡】TV・冷蔵庫・洗濯機決まりました

こないだの3月14日のエントリで、引越にともなって不要になった俺のTV・洗濯機・冷蔵庫なんですが、昨日最後まで決まらなかった冷蔵庫の引き取り手が見つかりましたので、これで応募は締め切らせていただきます。

TVと洗濯機は東京都羽村市のSさん、冷蔵庫は多摩市のTさんに決まり、それぞれメールをお送りしました。引越は4月から4回くらいに分けて決行しますが、できれば引越当日に受け渡ししたいと思います。手伝いがこっちにも来る日なので。SさんTさんには、はっきり日取りが決まったらまた連絡します。

Sさんは車でこちらまで取りに来てくださるとかで、ありがとうございます。他にも何人か「欲しい」という人がいましたが、こういう次第ですのでご了承ください。

これで安心して引越できますというわけで、では。

| コメント(4)

2007年3月23日

川内康範先生の想い出(2)

Kawauti6 ←インタビュー中、赤田祐一編集長が撮影した川内先生(QJ創刊2号)

QJ川内インタビューのある意味での白眉は、戦時中先生が徴兵されて海軍に入ったあたりの話ですが、ここで先生は決定的な体験をします。そこは最近「森進一が怯える川内康範の知られざる履歴書」という記事を載せた「週刊新潮」ですら遠慮して書かなかった部分で、先生の秘書から「私も初めて聞きました」とまで言われた重要な話なのですが、先生が戦後、玉砕した英霊たちの遺骨収集活動に邁進され「憂国の士」となったきっかけとして、非常に納得できる話でした。

ずるいようですが、詳細はこの秋再刊される文庫本にゆずります。まあごく簡単に書くなら、先生には「病気除隊」して自分だけが生き残り、多くの戦友が死んだことに対する後ろめたさというか、贖罪意識があるわけです。その話をされたとき、先生は声をつまらせ、ふりしぼるように「俺は卑怯者だ!」と慟哭されたことが昨日のことのように思い出されます。

(続きを読む…)

| コメント(50)

| トップページ | 次のページ »