たけくまメモMANIAX

2008年2月29日

父親の野望

実は父親にはあれでも野望があるんですよ。これは数年前、父が70歳になる前なんですが、俺にこう言ってきたことがあるんです。

「健太郎。本というのはどうすればいいんだ?」

いきなりこう言ってきたので、はじめ意図がよくわからなかったわけです。もしかすると本を書いて出版するという意味かな、と思ったので、「何。本を出したいの?」と聞いたら、「うむ」と頷くではないですか。それで俺、言いました。嫌な予感がしたので。

「どういう本を書きたいんだよ。まさか“私の歩み”とか“青春の思い出”とか、そういう…」
「まあ、そんなところだが……」
「誰が読むんだよそんな本!」
「定年退職したら、ぜひやりたかったんだが……」
「誰でも年とったら一度は考えるんだよ。でも素人の昔話を出版してくれる奇特な版元なんかないよ!」
「いや。それはそう思っていたんだが、熊本のコガ君なんか、今度映画まで作るんだぞ」

(続きを読む…)

| コメント(2)

2008年2月25日

【サルマン2.0】サルまん第5回本日発売

Noroi02 本日25日は「IKKI」発売日です。いよいよ前回載せた写真の意味が判明します。それから、今回は鳳ヘボン先生のインタビューも載ります。インターネットで盗作検証サイトを作られ寝られない相原が、店内に置いてあったビジネス雑誌に目を通すと、「成功者インタビュー」ということでヘボン先生がインタビューを受けているわけです。ビバリーヒルズに別荘があり自家用ヘリで行き来しているなど、先生の優雅な生活が垣間見えます。

Hebonint2

Hebonint1 自分で言うのもなんですが、大変にハートウォーミングな楽しい回になりました。ぜひともお読みになってくださいますれば嬉しい限りです。

それはそれとして、次回の「サルまん」から新展開になるのですが、いろいろ皆さんにもご相談したいことがあります。エントリを改めまして告知しますので、よろしくお願いします。

◎サルまん公式サイトへ→★


| コメント(1)

2008年2月24日

健太郎。パスタとピザは

こないだ父親が運転する車に乗っていたんですが、信号待ちをしている間にこんなことを言い出ました。

「健太郎。パスタとピザは、同じか?」

いきなりだったので、質問の意図がわからずキョトンとしておりますと、

「パスタはピザなのか?」
「お父さん。パスタもピザも同じイタリア料理だけど、違うものだよ」
「違うのか?」
「違うよ。ピザはイタリアのお好み焼きみたいなもので、パスタはスパゲティのことだよ」
「なんでスパゲティがパスタなんだ」
「知らないよ! 同じものを違う名前で呼ぶことってあるだろう。醤油をムラサキと言ったり」
「まぎらわしいな」
「まぎらわしくないよ! なんでいきなりそんなこと聞くんだよ」

(続きを読む…)

| コメント(0)

2008年2月23日

エライ人の責任の取り方

自衛隊のイージス艦「あたご」と漁船清徳丸の衝突事故で、石破茂防衛相が辞めるの、辞めないのという話が早速出ております。

でも清徳丸の仲間の漁業関係者の人が、テレビで「今すぐ辞めるのではなく、原因をすべて究明して再発防止策を講じてから辞めていただきたい」ということをコメントしていました。

こういう事件が起きるたびに、責任者が引責辞任する話がとりあえず出るわけなんですけれども、俺は昔から、「なんとかならないだろうか」と思っていました。

これ書いている現在、清徳丸乗組員の親子の生死は不明なんですが、まあ冬の海に放り出されたわけで、それから4日間も経過しており、絶望視されております。状況証拠から考えても、「あたご」の不注意であった可能性が高く、そこのところを自衛隊がぼかして発表しているので、批判が集まっているようです。

(続きを読む…)

| コメント(3)

2008年2月20日

●「ぼくら語り」の夜明け・後編

Dscn0221←「まんがコミュニケーション」1971年6月創刊2号

「まんコミ」71年6月号に掲載された、斉藤次郎編集長の手によると思われる「コミュニケーション405」には、こういう文章もあります。

まんがをまんがで語る
“まんがブームの終り”の寸劇が街で評判をとっている。一時の頂点、「少年マガジン」誌百五十万部突破は、すでによきムカシバナシとして出版界の酒宴の酒の肴になりきろうとしている。(中略)
おびただしい数の読者がまんが雑誌から、無言に別離した。その別離の距離が狂おしいまんが雑誌のたそがれに向かって告知している。その距離のなかに、表現欲求の延長上にまんがを表現メディアとする層が定着した、まんがを表現の武器として、しかも、まんがの内側から、まんがでまんがを語り、絵ときするものと「まんコミ」は、グルになり、その鼓動を伝え合う。そのとき“まんがブームの終り”がある》

これも晦渋な文章ですね。少し説明すると、文中の「少年マガジン」が売れなくなったというのは、1970年に150万部を記録した「マガジン」が翌71年になって、とつぜん部数が大幅に落ち込んだことを指しています。同時に「サンデー」の部数も激減しました。原因としては、「マガジン」「サンデー」は創刊時(59年)に小学校高学年だった団塊世代をターゲットにしていたため、70年には主要読者が大学生から社会人になり、人気連載だった『巨人の星』の終了と、『あしたのジョー』でライバル力石が死んで連載のテンションが一時的に失速、『天才バカボン』がいきなり「サンデー」に移籍する事件もあって、読者離れを起こしてしまったことにありました。

少年読者は新興勢力の「少年チャンピオン」「少年ジャンプ」に流れ、ハイティーン層は「マガジン」「サンデー」に見切りをつけて、「漫画アクション」「ヤングコミック」「ビッグコミック」などの新興青年誌に流れたということがあります。マガジン・サンデー両誌ともあわてて読者年齢を下げようと試みましたが、読者は戻らず、以降80年代にラブコメ路線で盛り返すまで両誌の長期低迷が続くのです。しかしこれはマンガが多様化しはじめただけで、必ずしも総体としての読者数は減ってはいなかったと思うのですが、「まんコミ」編集部はそうは見ていなかったということでしょう。

(続きを読む…)

| コメント(0)

| トップページ | 次のページ »