たけくまメモMANIAX

2010年3月30日

中華同人誌「萌え56民族」「萌え日中交流」たけくま書店で通販開始!

Minzoku02a

昨年の夏コミに出品され完売、一部でマニアックなセンセーションを巻き起こした中華人民共和国のオタク大学生の皆さんによる同人誌「中華56民族萌娘擬人化本・東北編」「萌え日中交流」を、この度たけくま書店通販部にて販売を開始することになりました!

(続きを読む…)

| コメント(50)

2010年3月27日

うめ(小沢高広)さん、今度またお会いしましょう

51sar9k49ql

『大東京トイボックス』(幻冬舎)などで知られる、二人組マンガユニット「うめ」で原作と演出を担当されている小沢高広さんが、「誠Biz.ID」のインタビューを受けていますのでご紹介します。インタビュー中「たけくまメモ」の話題も出てきます。ありがとうございました。

http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1003/25/news029.html
↑誠 Biz.ID「僕から出版社にお金を分配する未来」

(続きを読む…)

| コメント(11)

2010年3月25日

イーモバイル“解約”地獄

京都の部屋に光ファイバーを導入しましたので、これを機に、3年近く使っていたイーモバイルを解約することにしました。それまでは外出先でノーパソ使うのに重宝していたのですが、今はiPhoneがありますからね。外出先でネットに繋ぐ目的といっても、ほとんどはメールチェックか、いくつかのサイトを覗くだけなので、もうiPhoneがあれば十分足りるのです。

これまで京都で借りていたレオパレスにも一応ネット環境が常備されていたのですが、与えられたIDとパスワード入れてもなぜかうまく繋がらず、結局イーモバイルで繋いでいました。それで転居を機に光ファイバー入れて、イーモバは解約することに決めていたわけです。2年縛りも切れていましたし。

さっそくイーモバイルのサイトに接続して、まず解約の手続きを探したのですが、公式サイトから「お客さまサポート」→「各種手続き方法」を探してようやく「解約」の項目を見つけました。

そうしたら、

《解約をご希望の場合は、契約者ご本人よりイー・モバイル カスタマーセンターへお問い合わせください。
『解約申請書』をお送りいたしますので、必要事項を記入・捺印の上、同封の返信用封筒にてご返送ください。》

とだけあり、肝心のカスタマーセンターの連絡先が書かれていません。サイト内を探し回って、「お客さまサポート」→「お問い合わせ」→「お電話からのお問い合わせ」の最後のほうに、小さい文字で「イーモバイル・カスタマーセンター」へのリンクがあるのを見つけました。

(続きを読む…)

| コメント(236)

2010年3月23日

新幹線の席がとれない

本当は昨日、東京に帰っていたはずだったのですが、桜の開花宣言が出ていたことに気がつかず、新幹線の座席チケットがとれませんでした。おととい精華大学の卒業式があり、その日の晩に木屋町通りの居酒屋でうちの学科の打ち上げがあったのですが、そのとき見た高瀬川の夜桜が三分咲きくらいだったので、満開はたぶん週末だから大丈夫だろう、となんとなく甘く見ておりました。

それで昨日は夕方6時にふらっと京都駅に行き、切符を買おうと思ったら終電近くまで指定席は完売。自由席は買えましたが、この塩梅では立ったまま東京まで行くことになりかねず、断念。仕方なく京都の部屋に一泊することにして、明日の朝(つまり今日の朝)、東京に戻ることにしました。

そういえば昨年2月に京都のホテルを予約しようとして、市内のホテルは予約でいっぱいだったことを思い出した。あのときの予約日が3月28日から4月2日までで、まさに桜満開だったのですが、昨日みたいに三分~五分咲でも駄目なんだなあと。昼間乗った叡山電車も激混みだったし。俺初めて立った状態で出町柳まで乗ったんだけど、その時点で察しておくべきでした。

そんなわけで、今日は午前中に東京に戻ります。また28日に京都に戻る予定ですので、桜がどいうなっているのか楽しみです。

| コメント(8)

2010年3月20日

慌ただしい3月。最近の俺。

東京都の条例改正問題ですが、報道でご承知の通り、議決が6月に先送りされました。ほっとされている人もいるとは思いますが、こういうマンガやアニメを対象にした条例改正に関する騒動は、過去に何度も繰り返されていることであり、常に市民の目で監視し続けていないと、気がつかないうちに通ってしまうものです。

今回はブログやツイッターなどネットメディアの発達もあって、すんでのところで議決に待ったをかけることができました。しかし問題は先送りされただけですので、6月には再び議決の日を迎えることになります。ここはがんばってネットで改正反対の世論を盛り上げて、なんとか廃案に持っていきたいところです。

幸いにして、日本は議会制民主主義を国是としておりますので、いかなる権力者でも世論を無視することはできないことになっています。もちろん裏では市民に内緒であんなことやこんなことをやっているかもしれませんが、世論の目をむけることができれば歯止めをかけることは不可能ではありません。俺は、政治家も人間なのだから、多少の余禄や役得は許容してもいいと考えています。要するに、多少の個人的欲望なら満たしてもいいから、そのかわり国民の利益になるように動けよ、ということです。今回のように、一部の人間の感情を優先して、明らかに多くの市民の不利益に繋がる法律(条例)は断固として阻止しなければなりません。

世論はそのまま投票を左右するので、一般国民がとりうる最高の政治活動とは、投票することと、世論を盛り上げることであります。それは直接的に政治家の事務所に電話やメールを送ることだけではなく、ネットを通じて世論を喚起し、議論を行い、ひたすら自分たちの主張を広めていくだけでも、直接行動を上回る効果はあるのだ、と俺は考えています。

今回は気がつくのが遅れて危ないところでしたが、今後とも何かあったら「たけくまメモ」に書くつもりですので、ご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

(続きを読む…)

| コメント(20)

| トップページ | 次のページ »