たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2007年9月29日

駄目だ、こんな絵描いてたら終わらない!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

Ikkitora 今、IKKIの表紙用のイラスト描いているんですが、一枚の絵を描き込みすぎてしまって、一点描くのに2日もかけてしまいました。週明けまでにあと6点描かなきゃならないのに、もう土曜も終わりです。あと一日で描けるか。そんなわけで、A4に大きく描くなんてバカなことやめて、せいぜいハガキ大で描くことにします。

表紙は俺と相原くんの写真がメインで、それはとっくに撮影終了しているんですが、デザイン担当の祖父江慎さんから、「写真の周りに、象とかライオンの絵を入れたいな~」という注文があり、それもマンガ絵ではなく図鑑みたいな絵でいいというので、

「あ。要するにエホバの証人のパンフレットの表紙にあるような、写真をマル写ししたようなものでいいんですね? そういうの得意ですから俺描きますよ」

と安請け合いしてしまったのが失敗でした。さっそく編集部に著作権フリーの動物写真を用意してもらい、およそ3年ぶりくらいにペンでコツコツ描き出したのはいいんですが、俺考えてみたら脳梗塞で入院して、春に退院してから絵を描くのは初めてなのでした。

うまく言えないんですが、絵を描いてみると見え方がやはりヘンです。一点を凝視するのに、だいたい10分程度しか集中力が持続しません。ようやくトラをひとつ描きましたが、時間がかかりすぎて激しく後悔しました。

どうせ、今描いているのはワンポイント的に使われるだけなので、大きく描いても無駄なのです。ただ、病気の影響を知る意味もあって、ちょっと描きこんでみたわけです。それで疲れが激しすぎて、これでは仕事にならないことがよくわかりました。もっと手を抜いてチャチャッとやりますから勘弁してください>祖父江さん でもせっかく大きく描いたので、これだけはブログにアップします。もったいないから。

脳梗塞の後遺症は、こうしてキーボードで文章書くぶんにはあまり影響がないんですけど、たとえば本を読むとき、以前は三行くらいの内容を一瞬で把握して、重要そうなところだけじっくり読む、というものでしたがこれができなくなりました。

一字一字、しっかり目で追わないと本が読めなくなり、やはり十分で集中が切れるようになりました。絵を描くのも、写真のマル写しならなんとかなるだろう、と思ったのが甘かったようです。そろそろマキ入れますが、明日はずっとお絵描きになりそうです。

ところで今、IKKI編集部は全員韓国に社員旅行に行ってるはずです。月曜の帰国までにはあげる予定でしたが、6点全部は無理かもしれません。特にクジャクが、異常に時間かかりそうです。でもクジャクは祖父江さんの希望ですのでなんとかします。

たけくまメモMANIAX

| コメント(16)

“駄目だ、こんな絵描いてたら終わらない!” への16件のフィードバック

  1. Aa より:

    たけくま、絵うまいじゃん!!!!!

  2. akio より:

    目が逝ってていいっす!

  3. Aa より:

    あと、肉球の不均衡さぐあいがこいつの利き足を物語ってて想像させるね。

  4. tom より:

    (ボソッ)ここで募集すれば…

  5. 山田くん より:

    あれ?ジャックはもうやめたの?

  6. ろれんす より:

    募金か…

  7. naga より:

    「オライリー社の書籍表紙かよ!」
    というツッコミが小飼弾氏からありそうですな。
    ついでに検索してたら、いろいろ出てきたんで貼っておきますね。
    『ドーヴァー出版 – Wikipedia』
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E5%87%BA%E7%89%88
    >コンピューター関連メディア企業オライリー社の初期の書籍表紙の動物の絵は、
    >ドーヴァー出版の19世紀の版画図版から採用されたものである。
    『Animal Magnetism: Making O'Reilly Animals:
    オライリー社のサイト内。表紙の動物の絵について(英語)』
    http://www.oreilly.com/news/lejeune_0400.html
    ちょうど、今のたけくまさんのように、写真を模写している人が(笑)
    くじけてはいけません、今、世界には、
    「エホバの証人のパンフレットの表紙」、
    「オライリー社の書籍表紙」、
    そして、「IKKIの表紙用」と、最低3人はひたすら、
    「動物写真」を模写してるんですから、孤独じゃないですよ!
    (でも、ハガキ大で描いた方がよさそうですね…)

  8. 永田電磁郎 より:

    大人の塗り絵ってのが流行っていますが
    次は、大人の写真模写がくるのでは?という予感すら感じさせます。
    無理がたたって、開始早々、連載中断になるのは怖いので、無理なさらないでくださいね。

  9. Bb より:

    顔が白井編集長ですね。

  10. より:

    竹熊さん、くれぐれも無理はなさらずにお身体ご自愛してくださいね。でも、まさにからだを張った連載と自分の病の客観的リアルレポート、平成の寺山さんですね!

  11. 雪田徹夜 より:

    さるまんで「見て描けばいいんだーー!」と言ってたのに
    見て描けなくなってどーするんですか?!www

  12. cx より:

    さるまん読めば絵上手いのは分かるでしょうに
    でもこの虎は時間かけた割に素人っぽい絵ですね
    後ろ足がどうなってるのかとかわからないし
    しっぽは紙に入りきらないから無理矢理切った?明らかに不自然
    あと全体的にハッチングがきたない。

  13. たけくま より:

    まあ三年ぶりですんで勘弁してください。
    でもこういう絵だったらなんとかなるけど、マンガのようなデフォルメ
    効かせた絵はまだ描く自信がないですね。あっちのほうが、普段から
    描いてないとすぐカンが鈍ります。

  14. 忍天丼 より:

    多摩美の学生に手伝って貰ったら、すぐ終わると思うのですが。

  15. ウンコブリブリ より:

    たけくまさん
    野望です。野望ですよ!

  16. Mアさファ より:


    皆様、それって愛情溢れるツッコミなのですよね?
    「寄生獣」に出て来た、動物園から逃げ出した
    ライオンを思い出しました。
    図鑑というより、劇画チックな感じがします。
    某誌で大御所が連載中の中国史記もので、
    登場人物が股がって出て来るような。

« | トップページ | »