たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2007年11月24日

【サルマン2.0】鳳ヘボン先生登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

Saruman202 現在発売されている「月刊IKKI 2008年1月号」に『サルまん2.0』第二回が掲載されています。今回は超絶メガヒットマンガ『デスパッチン』の作者・鳳ヘボン先生が登場! こいつは15年前に『新・とんち番長』のアシスタントをしていましたが現在は竹熊・相原と完全に立場が逆転しております。チーアシの蘭丸を従えて大日本帝国ホテルで華々しく開催される「2億部突破記念パーティ」会場に颯爽と現れます。それなのに野望の二人に対して「お久しぶりです、先生」とお声をかけてくださったりして憎たらしいったらありゃしません。

ところで今回の『サルまん』はカラーページもなく、もう少しページ数が欲しい感じがあり、先日相原くんや編集長とも話し合って次回から12ページに増ページが決定しました! 

相原くんは現在奥さん以外のアシスタントがいないので、増ページは厳しいとの声が主として相原くんからあがりましたが、そこは俺がウンチクスペースを増やして頑張ることにしました。というか、一回目と今回はウンチクはオマケみたいなものでしたのでここらで俺も頑張らなければという感じなのです。 三回目はウンチクにリキ入れますのでご期待ください!

ところで鳳ヘボンは予想以上に憎たらしくていい感じです。ご感想があれば、「サルまん公式ブログ」にもこれと同じエントリをあげますのでそちらによろしくお願いします。

「公式ブログ」も長らく放置状態でしたので、そろそろここらで更新かけていきます。

http://blog.ikki-para.com/saruman/2007/11/post_3.html
↑サルまん公式ブログ「鳳ヘボン登場!」 エントリのコメントはこちらにどうぞ。


たけくまメモMANIAX

| コメント(1)

“【サルマン2.0】鳳ヘボン先生登場!” への1件のフィードバック

  1. 感想:【サルまん2.0】第2話「タカろう」

    11月24日発売の月刊IKKI 2008年1月号掲載。
    第2話:タカろう(あらすじ)前回、新釈「とんち番長・吉四六」が突然うちきられ、ショックを受けた竹熊が倒れてフィーホーフィーホー。入院で金を治療費に使い果たしてしまった野望の二人は再び無一文になってしまう。竹……

« | トップページ | »