たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2008年8月5日

スカイ・クロラ見てきた

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

先日『スカイ・クロラ』見てきましたが、その前の日に会った人が、押井ファンを自認していたにも関わらず口を極めて「つまらない」と連呼していましたので、どれだけアレなのかガクブル気分で見てきましたが、事前に原作も読まず一切の情報を入れず、期待値を下げて行ったのが功を奏したのか、わりと面白く見られました。

つうか、画面もカラーなのにモノクロみたいにわざと彩度を落とした色遣いで、コントラストがハッキリしない薄ぼんやりと霞がかかったような映像が続きますので、前半は確かに退屈な感じがしました。戦闘シーンはさすがに迫力がありましたが、基本的には会話劇で、ところどころに地味ながらよくわからないセリフやシーンがある。こんな調子でこのまま終わるのかなあと思っていたら、後半になって、前半のわからない所が実は伏線だったりすることがわかってくる。それで最後にネタバレの長ゼリフがあって伏線が綺麗に回収されて終わるので、「あ。そういう話だったのか」と、久しぶりに話がパズルみたいに繋がる快感を覚えました。

でもまあ謎が解けたら解けたでいつもの押井映画であって、なんだかんだでやっぱこうなるのか、と思ったのは事実。人間はみんな「終わり無き日常」の迷路を彷徨っていて、迷路に気がついたところでそこから脱出するでもなく、何か事件があったように見えたとしても結局何も変わらない。

それってリアルだけど、はなはだ辛気くさい話で、押井守は鬱映画の巨匠だという思いを再確認しました。こないだの押井ファンの人も、「この期に及んでまだこれをやるのかよ」と怒っていたようにも思えます。でも、俺は俺なりには面白かったです。読者の皆さん『スカイ・クロラ』は極力、期待値下げて見るのがコツですよ。そしたら、意外に面白いかもしれません。

森博嗣の原作も俺読んでなかったですし、メカとかにもそんなに興味がない。CGはたぶんすごいんでしょうけど「スィーヅィーすげー!」と思ったのは俺の場合『スターシップ・トゥルーパーズ』まででしたよ。それ以降、どんなにすごい画面見ても「どうせCGでしょ」って思って終わりなことが多いです。水の表現とか、今でも難しいのでしょうけど、そういう技術的なことはよくわかりませんので。

今回は押井守の新作であることと、『スカイ・クロラ』ってタイトルしか知らないで見てきました。まあさすがにネットでスチルくらいは転がっているので、とにかくプロペラ機が出るということ、キャラが地味っぽいなあということ、キルドレとかゆう「大人にならない子供」が出てくるということ、菊池凛子が声優やるということ程度ですかね、予備知識は。

菊池凛子はいい女優さんだと思うんですが、小飼弾さんの家(たけくまメモのオフ会やった月島の超高層マンション)でロケした『バベル』って映画で、小飼さんの家のベランダで全裸になっていた印象が強くて、しかもこれがあえて色気を抑えたヌードシーンで、股間にあったタワシのようなものを思い出してしまいまして、ちょっと困りました。

なんとなく、乏しい知識から想像していた映画は、空に浮かぶ亀みたいな空中要塞で特殊なクロレラを栽培していて、キルドレたちがそれの争奪戦を繰り広げていると。キルドレはクロレラを定期的に摂取しないと死んでしまうのだが、菊池凛子演じる女が「どうせすべて虚構なんでしょ!」と叫びながらクロレラを守っている。一方地上ではじいさんが竹中直人の声で「やっぱドッグフードはドライだよな」と観念的につぶやきながら犬にエサやっている……なんて内容をぼんやり想像していましたが、もちろん全然違う映画でしたのでご安心ください。

『スカイ・クロラ』見たのが先週の土曜で、今日は今日で『ポニョ』の三回目を見ようかと思って映画館行ったんですけど、直前に気が変わって、前から気になっていた『カンフー・パンダ』見てきました。本当は『スカイ・クロラ』ではなくパンダの話を書く予定でしたが、長くなったので明日書きます。お休みなさい。


たけくまメモMANIAX

| コメント(14)

“スカイ・クロラ見てきた” への14件のフィードバック

  1. スカイ・クロラ

    楽天で探す スカイ・クロラ商品価格:619円レビュー平均:4.25スカイ・クロラ

  2. 映画感想「スカイ・クロラ」

    映画感想「スカイ・クロラ」
    【評価】★★★
    【物語】★★★
    【喫煙】★★★★★
    【軍事】★★★★
    【映像】★★★★
    【笑い】
    【エロ】★
    原作が森博嗣で、監督が押井守だそうです。
    押井守といえば、「攻殻機動隊」が有名ですよね。さすがのアニメオンチの僕…….

  3. スカイクロラ

    「スカイ・クロラ」の押井監督が爆弾発言! 「映画が売れなければ監督 …『スカイ・クロラ』。 スカイ・クロラ見てきた映画興行成績:「ポニョ」、「ナルト」… 劇場版アニメが上位独占 「スカイ・クロラ」もランクイン菊地凛子「スカイ・クロラ」出演依頼を受けた率直な感想はコケたら引退も!? ジャパニメーションの旗手、押井監督「スカイ・クロラ」そして!!…

  4. イクサス より:

    スカイ・クロラ

    スカイ・クロラを見てきました。世界観、設定、音楽、映像美は申し分なかったのですが、男女の描き方、演出面が僕的には今ひとつで、愛・生・死に対して心に突き刺さるようなものを今ひとつ感じませんでした。イノセンスでも思ったのですが、犬のカッ
    トは全部いらなかった…….

  5. スカイ・クロラ

    スカイ・クロラを観てきました。 この映画がどんな風に評価されるのかわかりませんし、観た人それぞれの評価があって当然です。 私の率直な感想としましては、かなりポジティブなメッセージと受け止めました。 そ…

  6. スカイ・クロラ、悲しいキルドレ達

    押井守監督のスカイ・クロラは悲しい映画だ。永遠の命を与えられながらパイロットとして死に急ぎ、再生されるキルドレ達。彼らには繰り返し撃墜される生き方しか無い。ただ一人草薙水素を除いては。…

  7. イクサス より:

    凡人として生きるということ

    凡人として生きるということ (幻冬舎新書 (お-5-1))『凡人として生きるということ: 押井 守』を昨晩読了。タイトルが控えめだったので、ズコーな内容だったら立ち読みでいいやって思って本屋で手に取りましたが、第一線で活躍する映画監督ならではの社会的視点からの本質論が……

  8. スカイ・クロラを見てきました

    レイトショーで、押井守監督のスカイ・クロラを見てきました。

  9. スカイ・クロラ

     今日紹介する「スカイ・クロラ」(森博嗣:中央公論新社)というのは、ちょっと変わった小説のようである。このシリーズは、全五巻であり、本作品は、その第一作目だ。しかし、時間的な流れから言えば、この作品は、最終章に当たるとのことである。すなわち、しょっぱな……

  10. analog より:

    The Sky Crawlers: スカイ・クロラ

    何度も死にたいと思い、いまだその病理を抱えたまま生きている人が作ったかのような物語。
    「崖の上のポニョ」が「宮崎駿の夢、妄想、垂れ流し映画」だとするならば、「スカイ・ク…

  11. スカイ・クロラ The Sky Crawlers

    映画「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」を観ました。 戦争がほ…

  12. スカイクロラ :押井守の描く恋愛

    押井守と鈴木敏夫の対談を聞いている。聞いているうちにあまり考えがまとまらなくなった。スカイクロラが描く閉塞的な世界はほんとうにリアルな話で、アニメ業界ですらもう人材がいなくなっていて一定以上のクオリティーの作品はできないだろう、と。実に映画でもリアルでも…

  13. 「スカイ・クロラ」を見てきました

    今日は仕事が終わってからナイトショーで
    押井守監督作品の
    「スカイ・クロラ
    」を見てきました.
    「クロラ」よりは「クローラ」と表すべきではないか?
    と感じたりしたが
    タイトルの「クロラ」で
    インターネット上でも良く聞く「クローラ」と同じ単語だと
    どれ位の人が…

  14. スカイクロラはアニメファンなら押さえるべきです。

    宮崎さんを見たなら、やっぱり押井さんも押さえておかねばね。[E:bleah]って

« | トップページ | »