たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2008年8月16日

オリンピックは全部CGにしろ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

中国政府が国家の威信をかけて実行している北京五輪ですが、威信をかけ過ぎたか、早くもさまざまなヤラセ演出が暴露されております。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080812_firework_footprints_faked/
↑北京オリンピック開会式の花火による「巨人の足跡」は本当にCGだったのかどうかを検証してみた(gigazin)

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080812_olympic_bsod/
↑北京オリンピックの開会式にブルースクリーンが登場していた

http://www.cnn.co.jp/world/CNN200808130007.html
↑歌は口パク、花火はCG合成 北京五輪開会式の「偽装」判明

もうテレビでさんざん報道されているので皆さんもご承知でしょうが、開会式に打ち上げられて世界の度肝を抜いた「巨人の足跡」の花火が実はCGだったとか、開会式で歌った美幼女の歌声が吹き替えだったとか、スタジアムには中国政府が配置した大量のサクラが各国選手を均等に応援しているとか、ハイテクと中国伝統の人海戦術を駆使した「演出」が大量に露見して、白けたとか興ざめだという声が世界中で上がっております。

しかし俺としては、たとえば72年前のベルリン・オリンピックの時代から五輪にヤラセ演出はつきものだったと思うわけです。ヒトラーの愛人と囁かれた天才女流映画監督レニ・リーフェンシュタールのオリンピック記録映画『民族の祭典』(1936)とかですね。

今では恒例になっているアテネから五輪会場まで聖火ランナーが走るセレモニーは、ベルリン五輪の時にレニの記録映画のために始まった演出だということは有名です。それで映画の最後がマラソンなんですけど、競技中の選手が足下を見下ろす主観撮影ショットが入っていたりして、どう考えても選手の首からカメラをぶら下げたか、背後にクレーン車が併走して頭の上から足下を撮ったとしか思えないカットがあったりするわけです。

実際、リーフェンシュタールの伝記とか読むと、ベルリン五輪は彼女の映画のために試合をやり直させたりメチャクチャやっていたらしい。試合後に、選手を会場に呼び戻してアップを撮ったりしたそうで。それから地面に敷いた撮影用レールに競技中の選手がつっ転がったりして、もうメチャクチャ。なにしろヒトラー総統のお気に入りでしたから、国家予算を使って好き放題にヤラセができたわけですよ。

市川崑の『東京オリンピック』(1964)では、さすがに試合のヤラセはありませんが、やはり監督個人の美意識で斬新な演出や撮影や編集をしていて、「芸術か?記録か?」論争が起きたりもしました。もちろんヤラセがあろうがなかろうが、リーフェンシュタールのオリンピック映画も市川崑のそれも、五輪を題材にした芸術映画として現在も高い評価を受けております。

今回の北京五輪のヤラセは開催中の出来事なので、試合後に公開される記録映画の演出とは意味が違う、という考え方も当然あるだろうと思います。しかし主催する国家からすれば、どうせ後で記録映画で演出するんだから、中継の段階で演出を加えても同じ事だということなのかもしれません。なんといっても今回は、試合そのものではなく、開会式のセレモニー映像なわけですから。

しかし、俺もあの開会式を見ていて、まさかあの足跡型の花火がCGだとは夢にも思わず、後でCG合成だったと聞かされて久しぶりに「CGスゲー」と単純に思ってしまいました。もうCGもここまで発達すると、不可能な映像なんてないですね。どうせなら試合も全部CGにしたらどうかと思いました。

俺が希望するのは、石原慎太郎さん率いる東京がまた性懲りもなくオリンピック候補地に名乗りを上げているではないですか。そこで今から押井守監督をオリンピックの総合芸術監督に据えて、万が一東京に決まったら、メインスタジアムを東京湾に浮かぶ超巨大な多層建造物にしたらどうかと思うわけです(通称“方舟”)。

開会式はもうド派手ですよ。ナレーションが竹中直人、川井憲次作曲のファンファーレに会わせてヘッドギアを付けた数百人の聖火ランナーが天使の翼の形をしたパラシュートで雲を突き抜けて舞い降りると、そこに数百機のレシプロ機がわらわらと飛来して機関銃(祝砲)をガシガシ撃ちまくる。一方、方舟の船底ではおっさんが大塚明夫の声でにエサをやっている。もちろん、全部CGです。

それで開催地の選考に落ちたら落ちたで、オールCGで虚構の東京オリンピックを製作して開催したことにすればいいんですよ。あの押井監督なら、よろこんで引き受ける気がするんですが、ダメですかねえ。




たけくまメモMANIAX

| コメント(6)

“オリンピックは全部CGにしろ” への6件のフィードバック

  1. Kuwako-Lab.com より:

    レンタルは当日借りろ!早起きのテクニック

     
     
    夏休みに入っていますし,なかなかいつもどおり朝起きることが難しくなってきました。私も最近では少しずれて朝起きるのが1時間おそくなってしまいました。
     
    これはイカン!…

  2. ヒビメモ より:

    [その他]「リアル」な人だから感動するんだろうな。

    オリンピックは全部CGにしろ これ、わたしも、ちょっと思いました。 言われなければ、気づかなかったかも。だったら、CGでもOKなのではないかと。 ただ、さすがに、人間はCGとはいかず、口パクなのでしょう。 なので、競技者をCGには、できないでしょうね。 でも、合成と…

  3. 風信子 (ヒヤシンス)  松浦亜弥

    テレビ東京の「田舎へ泊まろう!」という番組が好きでよく見ている。
    私の地方では土曜日の夕方放送されていて今日はその放送日だった。
    しかしオリンピックの番組の影響を受けてあいにく今日は放送はなかった。
    先ほど柔道女子48キロ級で谷亮子選手(トヨタ自動車)の銅…

  4. オリンピック

    たけくまメモ : オリンピックは全部CGにしろこの記事を読んで、オリンピック開催中

  5. オリンピックは全部CGにしろ

    オリンピックは全部CGにしろ http://memo.takekuma.jp/blog/2008/08/post_c5e6.html より。 >>>> 開会式はもうド派手ですよ。ナレーションが竹中直人、川井憲次作曲のファンファーレに会わせてヘッドギアを付けた数百人の聖火ランナーが天使の翼の形をしたパラシュートで雲を突き抜けて舞い降りると、そこに数百機のレシプロ機がわらわらと飛来して機関銃(祝砲)をガシガシ撃ちまくる。一方、方舟の船底ではおっさんが大塚明夫の声で犬にエサをやっ…

  6. 北京オリンピック感動の開会式衝撃の事実が発覚!?

    北京オリンピック感動の開会式衝撃の事実が発覚!?

« | トップページ | »