たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2008年8月22日

『ダークナイト』~苦悩映画の最高傑作

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

シリーズ物の娯楽映画の中にあって、「特別な作品」として突出してしまう一本がおうおうにしてあります。たとえば「007シリーズ」の『ロシアより愛を込めて』であるとか、「ルパン三世」における『カリオストロの城』のような作品です。シリーズというわけではありませんが、中川信夫監督の『東海道四谷怪談』も、芝居を含めて同じ原作が何百回もリメイクされている中での「特別な作品」だと言っていいでしょう。

いずれもシリーズ物に本来内包されている「設定とキャラクターの面白さ」に加えて、スタッフや役者の才能が絶妙のタイミングで絡み合って、シリーズでも二度と再現できないような、奇跡的傑作になってしまったものです。

現在公開中のクリストファー・ノーラン監督『ダークナイト』もまた、「特別な作品」であります。『バットマン・ビギンズ』に続く、「新生バットマン」シリーズの最新作。これも60年代のTVシリーズや、ティム・バートン監督からの旧バットマン映画すべてをひっくるめた中にあって、たぶん誰もが認める「特別な作品」となりました。

特別な作品は、冒頭の5分くらいを見たらすぐにわかります。同じシリーズの他の作品と比べても、画面に流れる「空気感」が違うのです。今年の夏映画は『スピードレーサー』や『崖の上のポニョ』のような問題作が目白押しなのですが、どれも人にお勧めするには言い訳を用意しなければならない作品ばかりでした。

しかしようやく、ここに来て理屈抜きに「傑作だから見ろ」とお勧めできる夏休み映画に出会えて、正直ホッとしております。

152分という娯楽映画としては長尺であり、続編作品であるものの、かりに前作を見ていなくとも巧みに構成された脚本とテンポの良さで、トイレに立つ暇もなくアレヨアレヨと見てしまいます。つーか、あまりの展開の巧みさに上映時間を感じず、まるで2本分の映画を一回で見たような感じがしました。

俺は近年、ここまで評論しやすい映画を見たことがないです。とにかくテーマがはっきりしていて、ひとつのテーマに沿って全体が一分の隙もなく構成されている。本当に隙がないんですよ。

そのテーマというのは、言葉にすれば「善悪の相対性」という、日本のヒーロー物でもよく使われるものです。67年の『ウルトラセブン』で、メトロン星人とモロボシダン(セブン)が品川あたりのボロアパートの一室でちゃぶ台挟んで

「地球人からすれば、私も君も宇宙人ではないか。ここはひとつ、地球のことは忘れて仲良くしようじゃないか」

と会話するシーンがありましたが、『ダークナイト』もまた、敵役であるジョーカーがバットマンに向かって哄笑しながら

「俺もお前も世間から見れば化け物じゃないか!」

と繰りかえし、バットマンが誰に頼まれたわけでもないのに勝手に私設自警員として、奇怪な覆面衣装に身を固め、法律を無視して正義の味方を気取る矛盾を突いてきます。

これはもともとバットマンに限らずスーパーヒーロー物が本質的に内包している矛盾であります。基本的に「それは言わない約束」だったりするのですが、ジョーカーはメトロン星人と同じく、こうした矛盾を容赦しません。

ジョーカーからすれば、バットマンと自分は善と悪に別れているとはいえ、世間一般から見たら単なるフリークであって、実は同類なのだということです。そしてこの直球の問いかけに対して、バットマンは苦悩するしかありません。そして悩むバットマンをあざ笑いながら、

「お前が正体を晒すまで、俺は毎日、市民を一人ずつ殺していくぞ」

と言って、本当に罪のない市民を殺し始めるのです。もう傷口に酢と塩と芥子を塗りたくって胡椒をかけるようなトラウマ展開がこれでもか!と続くのですが、脚本と映像が超一流なので、最後まで目が離せません。そろそろ終わりか…と思ったらいきなり大どんでん返しになったりして、お腹いっぱいです。

解答不能な問いと苦悩とアクションが高度に融合した映画として、ちょっと見たことがないほどの作品です。お勧めです。

話は変わるのですが、新宿駅周辺にもう30年くらい前から出没している「タイガーマスクおじさん」と呼ばれる怪人物がいます(実は昨日も新宿で見かけました)。アフロのカツラとタイガーマスクのお面をつけて、ド派手な衣装で新聞を配っている新聞配達のおじさんなのですが、新宿の人々はもう慣れきっていて、誰も驚いたりしません。

http://dogstar.txt-nifty.com/amnesia/2007/02/post_f8d4_3.html
↑新宿のタイガーマスクの写真が載ったブログ(戌星-dogstar- 網録版)

方や超人的な身体能力と秘密兵器で悪を倒すスーパーヒーローであり、方やお面をつけて新聞を配るだけですが、街角に突然現れる異形という点では、似たようなものではないかと思います。ただバットマンは正義の味方であり、タイガーマスクおじさんは新聞を配る以外は無害だということが浸透しているので、市民はこれを許容しているだけなのです。

『ダークナイト』を「対テロ戦争」下のアメリカと結びつけて語ることは、当然可能だろうと思います。バットマンは、誰に頼まれたわけでもないのに世界の警察官を自認するアメリカの姿そのままであるともいえます。

ベトナム戦争が泥沼になってきた60年代末から70年代前半にかけては、『俺たちに明日はない』とか『イージー・ライダー』なんかの「アンチ・ヒーロー」を描いたアメリカン・ニューシネマが流行りました。アメリカのイラク戦争が「失敗」した今、『ダークナイト』のような「スーパー・ヒーローの自己言及映画」が出て、しかも当のアメリカで空前のヒットを飛ばしているということは、いよいよ何かの時代の変わり目にさしかかっているような気がします。





たけくまメモMANIAX

| コメント(32)

“『ダークナイト』~苦悩映画の最高傑作” への32件のフィードバック

  1. とおりすがり より:

    クリスチャンベールは主演ですよ。
    監督はクリストファーノーラン。

  2. ★ベトナム とってあげる★

    Xin Chao!!(こんにちは!!)ベトナムの友人3人と食事に行ったときのこと。一つのテーブルを4人が囲む。ニワトリ一匹を蒸して、そのニワトリを大きく切り裂いた料理がテーブル中央に置かれる。なかなか皆の箸が伸びないので、私が3人の皿にニワトリの肉を取り添う。皆がそれを食べて皿が空いたところで、他の人が同じように取りそってくれる。しかし、ある人は二人の皿には取り添ってくれるのですが、一人の皿に�…

  3. 北京五輪で公式競技からはずれる野球で悲願の金メダルを…絶対的…

    北京五輪で公式競技からはずれる野球で悲願の金メダルを…絶対的な抑えと称される人達も…皮肉なことに~

  4. この騒動の顛末は…北京オリンピックソフトボール感動の金メダル…

    この騒動の顛末は…北京オリンピックソフトボール感動の金メダルから一夜明けて勝利球の行方が…

  5. ハピネス道 より:

    「ダークナイト」 

    JUGEMテーマ:映画
    全米BoxOfficeのチャートで4週連続No.1という偉業に驚いています。
    確かにクオリティは高いです。
    俳優陣の素晴らしさと編集の巧さに唸る152分でした。
    観ている間も複雑な思いで胸がいっぱいになりましたが
    やはりヒース・レジャーの演技はスゴイです。
    怖すぎる…!
    しゃべり方、笑い方…ジョーカーという役を完璧に作り上げていました。
    これは、もし来年オスカーにノミネートされたとしても
    決して“同情票が集まった結果”ではないと思います。
    語り…

  6. 映画感想「ダークナイト」

    映画感想「ダークナイト」
    【評価】★★★★
    【役者】★★★★
    【物語】★★★★
    【暴力】★★★★
    【エロ】
    【笑い】★★
    「バッドマン」って、原作も読んでないし、シリーズとしても観たことなかったんですが、
    いやー、よかったですよー。面白かったです。
    …….

  7. 正義の味方

    『ダークナイト』苦悩映画の最高傑作 繰りかえし、バットマンが誰に…

  8. 「最高」を含むニュースと関連グッズの紹介

    イマナビでは「最高」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「最高」に興味があれば是非ご覧ください!

  9. 北京五輪野球銅メダルをかけたアメリカ戦・試合後の星野監督と宮…

    北京五輪野球銅メダルをかけたアメリカ戦・試合後の星野監督と宮本主将のインタビューから…

  10. ★ベトナム 携帯盗られたら!★

    Xin Chao!!(こんにちは!!)なんと、私ベトナムに来て半年ぐらい経った時に携帯電話を盗られたことがあるんです。なんとも間抜けな話ですが、友人より一緒に食事をするレストランの住所を携帯メールに送付してもらったんです。その住所がなかなか分からなくて、路上にたむろしているオートバイタクシー(セオーム)の運転手に、携帯を見せながら道を教えてもらっていたら、その運転手が携帯電話を持って走り去ってしまったんです。�…

  11. MESCALINE DRIVE より:

    真相は闇に溶けて

    「ダークナイト」を観たんだな。思ったけど、ジョーカーはドラゴンボール最強伝説の持ち主であるアックマンなんだな。アクマイト光線を浴びると悪心がどんどん膨らんでゆく。パーン!メタボリック!…

  12. soramove より:

    「ダーク・ナイト」笑い顔に裂けた口は何を見て笑う

    「ダーク・ナイト」★★★★オススメ
    クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー主演
    クリストファー・ノーラン 監督、アメリカ、2008年、152分
    狂気はもしかしたら、誰もが心の奥底に
    持っているものかもしれない。
    それは実は理由などなく、ただただ目の前の
    ……

  13. がっちりマンデーで世界共通のセコロジーが~

    がっちりマンデーで世界共通のセコロジーが~

  14. 正義の味方 視聴

    [感想]「鉄のラインバレル」第1話になるだろうなあ。力を手に入れて増長してるのは序盤だけですが、中二病設定で中学生パワーを舐めるなー!正義の味方だからだー!的なノリは変わらないし。あと、早瀬は調子に乗ってくれないと、城崎さんから“あなたは最低です!"http://d.hat……

  15. ダークナイト

     今年はアメコミヒーローものが豊作といわれているけど、「ダークナイト」はあらゆる映画の中でも別格のレベルだ。渡辺謙が出演したことで話題になった前作の印象はまるでない。バットマンの起源をアジアにした前作「バットマン・ビギンズ」は、テーマと内容が空回りした作品だったが、今回の完成度には舌を巻いた。 全体を通して非常にサスペンスフルな構成になっているが、そのサスペンスの主軸となるのが倫理だってことが、大胆であり、斬新だ。

  16. 【映画評】ダークナイト

    最強の敵にして絶対悪のジョーカーに翻弄されるバットマンの苦悩を描いた、『バッドマン ビギンズ』に続くバットマン新シリーズ第二弾。

  17. 【映画評】ダークナイト

    最強の敵にして絶対悪のジョーカーに翻弄されるバットマンの苦悩を描いた、『バッドマン ビギンズ』に続くバットマン新シリーズ第二弾。

  18. Bird's-Eye より:

    7月27日の成田空港に飛来のボーイング737・VP-CBAは映画「ダーク…

    今年の遅い夏休みを利用して「バットマン・ビギンズ」のDVDを借りて見ました。この映画の続編として、いま公開中の映画「ダークナイト」が8月から公開されていますが、その前の7月28日にジャパンプレミアがあったことを思い出しました。バットマンを演じるクリスチャン・……

  19. Unforgiven 『ダークナイト』

    これほどまでに語りたくなる映画があったろうか。
    だが既に、沢山の人たちが語り尽くした。
    それでもなおその衝動を止めえることが出来ないのは『ポニョ』かこの映画『ダークナイト』だろう。
    そして皆さん一様に時間が(152分)長いがそれを感じさせないとおっしゃる。
    それに頷くしかないのだが一つだけ。
    だからといって物理時間が短くなるわけではないので観る前に用を足すべき。
    終盤に猛烈にやばくなっても一旦席に着いたら、最期まで席を立つことは出来ないから。
    以下感想メモ
    初っ端のシ…

  20. 劇場映画「ダークナイト」(ネタばれほぼナシ)

    【ダークナイト予告編】

    【山口智司×阿部ピロシ】
    山口:後味悪ッ! こんな暗い映画が記録的大ヒットとは・・・。前作『バットマン・ビギンズ』と比べてどうだった?
    阿部:前作はリアリティ重視しすぎてタルかったから、比較にならんほどおもろい。見せ場はち…

  21. 沢 尻エリカ 問題の露天風呂盗 撮動 画【全編40分】

    沢 尻エリカ 問題の露天風呂盗 撮動 画【全編40分】「本物なのか!?」――。1本の盗 撮ビデオをめぐり、AVマニアが騒然となっている。あの“エリカ様”こと女優・沢尻エリカにウリ二つの女性の入浴シーンが隠し撮りされ、闇市場に出回っているのだ。 http://sawaeri.blogspot.com/実際に映像を見てみると、確かに髪形や雰囲気は沢尻にソックリ。ただ、本物と比べて顔がノッペリしているし、胸も小さいような……。しかし、

  22. ダークナイト

    最近mixiからこっちのブログにメディアを移して書きたいことをそのままに書いてるんだけど、どうも接し方というか書き方、文章の体が定まらない感じがする。
    まだ慣れてないのかな?
    ま、じゃんじゃん書いてけばそのうち文章的に落ち着いてくるだろう。内容はともかく。。。……

  23. 崖の上のポニョ

    『ダークナイト』苦悩映画の最高傑作 同じシリーズの他の作品と比べ…

  24. 正義の味方

    『ダークナイト』苦悩映画の最高傑作 繰りかえし、バットマンが誰に…

  25. 映画『ダークナイト』レビュー【行者の聴いた観た読んだ】

    悪意の象徴、ジョーカーの協力者が後を絶たないということ。バットマンがジョーカーを追い詰めても追い詰めても、彼は彼に従う者と連携して、巧みに反撃をする。その在りようは、あたかも掃討戦におけるゲリラ、民兵の趣である。…

  26. 映画「ダークナイト」の脚本全文

    THE DARK KNIGHT script! 映画「ダークナイト(THE DA…

  27. 映画「ダークナイト」の脚本全文

    THE DARK KNIGHT script! 映画「ダークナイト(THE DA…

  28. 権力腐敗描く ダークナイト

    権 力 腐 敗 描 く  ダ ー ク ナ イ トバットマンは米国の有名な漫画の主人公で何度も映画化された勧善懲悪のスーパーヒーロー。今、上映されている映画は『ダークナイト』という題で公開され欧米で大ヒット中。夜中に蝙蝠(コウモリ)の図柄を空に投影すると、どこからか覆面の正義の味方が駆けつける「お約束」となっている主人公は暴力で制圧するだけ。バットマンは富豪のうえ会社の特別費を使い放題でバットモービルなどを特注する権力者。なにやら、世界の警察官=米国みたい。米国と違い殺しはしないが、暴力で正義を目論む…

  29. 映画『ダークナイト』レビュー【行者の聴いた観た読んだ】

    悪意の象徴、ジョーカーの協力者が後を絶たないということ。バットマンがジョーカーを追い詰めても追い詰めても、彼は彼に従う者と連携して、巧みに反撃をする。その在りようは、あたかも掃討戦におけるゲリラ、民兵の趣である。…

  30. 正義の味方

    小倉淳“司会”良好!本人役でドラマ出演 (1/3ページ) サンケイスポーツフリ…

  31. 映画『ダークナイト』/監督:クリストファー・ノーラン

    もう映画にあまり興味がなく、特に、残酷さに加え超人的な人間ばかり登場する近年のアメリカ映画には辟易としているのだけど、「バットマン」には思い入れもあり、下記の竹熊健太郎氏のブログ評により、うっかり観てしまった。(どちらかというと『スピードレーサー』の方が趣味の範疇だったように思うのだけど、残念ながら上映に間に合わなかった)
    で、結果から言うとこれを「最高傑作」とする評価には賛成です。しかし、それゆえの「うんざり感」も相当というか。憎めない感じの難儀なやつだったTVシリーズの頃の「バットマン」と、こ…

  32. 大人必見、子供禁見 – 映画評 – The Dark Knight

    やっと見れました。
    たけくまメモ : 『ダークナイト』〜苦悩映画の最高傑作
    しかしようやく、ここに来て理屈抜きに「傑作だから見ろ」とお勧めできる夏休み映画に出会えて、正直ホッとしております。
    異論、なし。
    ただしポニョやスピードレーサーと違って、子供……

« | トップページ | »