たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2008年9月3日

いろいろもう死んでいる(雑誌編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

この5月に『ヤングサンデー』の休刊が話題になったばかりですが、夏の終わりから秋にかけて、続々と雑誌休刊が報じられています。その中には大手の老舗雑誌が多数含まれていて驚きますが、いよいよかねてから噂されていた事態が「始まった」のかもしれません。

http://www.cyzo.com/2008/06/post_606.html
↑リベラルはもう受けない?「論座」休刊へ(日刊サイゾー)

http://www.zakzak.co.jp/top/200808/t2008083001_all.html
↑講談社月刊現代休刊…読者の著しい高齢化で販売低迷(zakzak)

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008090100665
↑月刊「現代」など休刊=講談社(時事ドットコム)

http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/entertainment/20080901-567-OYT1T00304.html
↑映画雑誌「ROADSHOW」休刊へ(gooニュース)

http://news.goo.ne.jp/hatake/20080902/kiji2300.html
↑相次ぐ月刊誌の休刊、月刊誌は必要なのだろうか?(ニュース畑)

http://www.asahi.com/culture/update/0901/TKY200809010263.html
↑ネット・携帯におされる雑誌 総合・映画誌…相次ぐ休刊(asahi.com)

この前、俺は「マンガ界崩壊を止めるためには」の連作エントリをアップしましたが、これは雷句さん事件をきっかけに書いたエントリだったので、ほぼマンガ雑誌の話題に絞っていました。しかし、実はあそこで書いたことは出版界全体にも言えることなのです。それについては、新たなエントリを準備していたところなのですけど、秋の声を聞くか聞かないかの時点で「休刊ラッシュ」が始まってしまいました。今のところ、まだ活字系の月刊誌が中心ですけれども。

http://memo.takekuma.jp/blog/2008/06/post_4da3.html
↑「たけくまメモ:マンガ界崩壊を止めるためには(1)」その6まであります。

活字系雑誌に比べると、マンガ誌はまだ営業的な意味が残っています(単行本を出すためには、雑誌に描いてもらって原稿を溜める必要がある。また作家の生活を維持するためにも雑誌連載は当面必要)。したがって、各社の基幹週刊誌まで休刊という事態には、しばらくはならないでしょう。マンガ雑誌の数がいずれ今の半分になるという予想はそのままですが。

出版の危機(雑誌の危機)に関しては、別途エントリを立てるつもりで準備もしていました。ところが俺の予想よりも早く休刊ラッシュが始まったので、けっこう焦っていたりするのです。なんとなく俺は、休刊ラッシュを来年の春先くらいに考えていました。とんだ見込み違いでした。

いや見込み違いではないかも。たぶん、これから本番だと思うので、この年末年始あたりの出版界は大変なことになっているんじゃないでしょうか。

雑誌がダメになってきた原因は、いろいろあると思うんですが、やはり90年代末からのブロードバンドによるインターネットの普及が一番大きいでしょう。それと携帯。

俺はべつに調査資料とか見てないんですけど、皮膚感覚でなんとなくわかっていましたよ。つまり俺、90年代後半までは一ヶ月に6万から10万くらいは本代に費やしていたんです。そのうち3~4割が雑誌代(ムック含む)です。ところがインターネットを始めて、2000年頃にブロードバンドが普及してからは、めっきり雑誌を買わなくなりましたから。今、本代は雑誌と合わせてもせいぜい2万ですよ。95年くらいからは新聞もとらなくなりました。

だってネットがあれば十分だから。新聞をとらなくなったのは、部屋に古新聞が溜まってどうしようもなかったからです。大事件があったとき以外新聞は読まなくなっていて、それで古新聞だけ部屋に積み重なっていくので、バカらしくなったということがあります。どんな大事件でも、新聞からそれを知るなんてことはまずない。最初はテレビで知るでしょう。それからもっと詳しく知りたいと思って、駅やコンビニで新聞買うパターンぱっかですね。ここ12年はそんな感じでしたが、最近はそれでも買わなくなりました。ネットにだいたい全部載ってるから。

雑誌については、だいぶ後まで買っていました。電車でどこかに行くときに、読むモノが無いといられなかったからですね。それで家を出て、ほぼ毎日、必ず途中の本屋に寄って雑誌1~2冊は買っていました。今ではそれが新書に置き換わってます。最近は電車に乗る前に新書買うのが習慣になりました。新書って、判型が電車で読むのに最適なんですよ。安いし。

ここ10年で雑誌の購入率はめっきり減りましたけど、単行本の購買率はそれほど減ってません。でもここ3年は、ほとんどアマゾンで買ってます(新書はリアル書店が多い)。かつてなら一日一回は本屋に飛び込まないと禁断症状が出ていたんですが、この変わりようには自分でも驚いています。

俺にとって、本屋に行くという行為は「未知の本との出会い」を求めているところがたぶんにあります。ほとんどそれだけが動機だと言っていいです。未知の本との出会いを演出してくれるのが俺にとっての「いい本屋さん」です。特定の本を目的買いするうえでは、現状のリアル書店は最悪だと言えます。

俺にとっての「いい本屋」は、たとえば品揃え豊富で立ち読み用の椅子まで用意してくれているジュンク堂とか、ビレッジ・バンガードみたいな「宝探し感覚で本と出会える」造りの本屋さんです(ビレッジ・バンガードは半分雑貨屋さんですが)。この2店については、ネットでは絶対に味わえない出会い体験を与えてくれるという意味において、リアル書店が生き残っていくためのヒントが隠れていると俺は思っています。

一方、リアル書店の欠点は、行ってみるまでその本があるのかどうかが分からないことです。仕事で使う目的で確実にその本を手に入れたいというときは、リアル書店はストレスが溜まる場所でしかありません。

その点アマゾンのようなオンライン書店は、在庫があるのかどうか確かめてから注文することができるのでいいわけです。在庫さえあれば遅くとも2日以内には届く。リアル書店の場合、現物さえあったらその場でお持ち帰りできますけど、なかったら諦めて他を当たるしかない。注文なんてもってのほか。だって本によっては2週間とか、一ヶ月とか平気で待たされますからね。

リアル書店でも、店舗ごとのウェブサイトを用意して、その本の在庫が店内にあと何冊あるか店外からわかるようにするべきでしょう。それでクリック一発で本を取り置いてくれれば、俺はリアル書店からもっと買うと思う。在庫がありさえすれば、すぐ現物が手に入ることがリアル書店のよさですからね。このくらいのことをしなければ、この先ネット書店にリアル書店はかなわないだろうと思いますよ。

今から8年前、あるPC雑誌の編集長が真剣な顔で「竹熊さん、インターネットはヤバイですよ。法律で規制しないと、いまに大変なことになりますよ!」とオフレコで俺に言ったことが、今さらのように思い出されます。あの頃はまだIT革命の余波があって、出版界は諸手を挙げてインターネットを歓迎していましたので、あの人の発言はもうひとつピンと来ていませんでした。でも、今になるとよくわかります。彼はいずれこうなることが分かっていたということなんでしょう。

http://memo.takekuma.jp/blog/2008/07/post_c0dc.html
↑たけくまさん、インターネットはヤバイですよ

雑誌がもうヤバイことは、ここ5年くらいでジワジワ分かってきてはいたんですが、出版界の誰一人(俺を含めて)、どうすることもできずに手をこまねいていたわけなんです。手をこまねくには、こまねく理由もあったわけなんですが。でも、もう猶予のない所まで来てしまったのではないでしょうか。それについては、今後のエントリの中で考えて行きたいと思います。

港に停泊しているタイタニック号を業界だとすると、フリーランスの俺は船底にいるネズミみたいなものです。船が港に停泊している限りは、この船は数日後に沈むと思えば逃げ出すこともできます。でも出港してしまってから気がついても遅かったりするわけなんです。

ここで問題になるのは、我々が乗っているこの船は、果たして港で停泊しているのか、それともとっくに外洋に出てしまったのかということでしょう。暗い船底にいるネズミには、なかなかそのあたりの判断が難しい。俺はまだロープで岸と繋がっていると思ってるんですけど、その根拠はありません。

このエントリ、「出版界」を「日本」に替えてもそのまま意味が通るような気がしてきました。


たけくまメモMANIAX

| コメント(15)

“いろいろもう死んでいる(雑誌編)” への15件のフィードバック

  1. 竹熊健太郎氏が(雑誌の)「出版界ヤバイ」といっている

    http://memo.takekuma.jp/blog/2008/09/post-3ad1.html(たけくまメモ) 雑誌がもうヤバイことは、ここ5年くらいでジワジワ分かってきてはいたんですが、出版界の誰一人(俺を含めて)、どうすることもできずに手をこまねいていたわけなんです。手をこまねくには…

  2. 「いろいろもう死んでいる(雑誌編)」に思う

    竹熊健太郎の「いろいろもう死んでいる(雑誌編)」は、よくぞここまで言いましたとい

  3. blogging FM'P より:

    WEBディレクター不足

    「メガネ不足」という松っちゃんのボケがありましたがWEB制作の業界は昔からWEB…

  4. イクサス より:

    本の整理

    足の踏み場がないくらい、ワンルームの部屋にわんさかと本がある状態なので、先日より本を大量に処分開始。昔は新書を買うことが多かったのですが、最近は徐々にレファ本っぽいのもが増えてきた関係で、長期的に所有したい本が増えました。処分の判断をどうしようか考えてい…….

  5. 出版業界だけじゃないインターネットという黒船来航!

    出版業界だけじゃないインターネットという黒船来航!

  6. 竹熊先生のエントリを読んで

    たけくまメモ 2008年9月3日 いろいろもう死んでいる(雑誌編)より ネットの発展がある種の業界に与えるインパクトについて考えさせられるエントリー。ぼく自身は製造業に近い所にいるので出版のような流通がかなりの部分を占める業界ほどネットの影響を直で受けるこ…

  7. だるだる

    だらだらとネット巡回していたら、気になる記事が。 たけくまメモ:いろいろもう死んでいる(雑誌編) 雑誌がどんどん休刊になっているんだけど、出版界ってそろそろヤバイんじゃね?て言うか実はもう死んでね? みたいな内容。 私自身は一介の専業同人だが、そもそも何…..

  8. 宮崎駿監督の「崖の上のポニョ」が金獅子賞を獲る確率とは~ヴェ…

    宮崎駿監督の「崖の上のポニョ」が金獅子賞を獲る確率とは~ヴェネチア国際映画祭で…

  9. my weblog より:

    雑誌の危機

     出版業界についてはいい話しがないので、あまり驚かれないかもしれないが、昨年から今年にかけて、出版社の倒産や雑誌の廃刊がつづいている。
     アメリカでも「LIFE」が廃刊になったのは有名だが、グラフ雑誌はきびしいようだ。もちろん活字も同様で「週刊ゴング」「K…

  10. 富久亭日乗 より:

    ラスト ロードショウ

     最近雑誌の休刊が相次いでいるが、 集英社の月刊映画雑誌「ROADSHOW」も 11月発行の2009年1月号を最後に 休刊になるという。 1972年の創刊というから 36年続いたことになる。 中学生のころ2、3度買ったことがあるが、 グラビアが多く子供っぽいという印象から、 その後は手にすることがなかった。 雑誌の存在自体も忘れていたが、 休刊のニュースで 「そんな雑誌もあったなあ」と思いだした。 なんだか、幼馴染の訃報を 聞かされた気分だ。 映画の情報はインターネットで 十分だということだろう。 …

  11. 退廃が止まらない【漫画界】

    (出版社)ガイドラインの矛盾(漫画)権利の主張…の問題なのかな?何かが間違いまく

  12. 『たけくまメモ : いろいろもう死んでいる(雑誌編)』

    たけくまメモ : いろいろもう死んでいる(雑誌編)
    いくつか同意する箇所を引用すると実はあそこで書いたことは出版界全体にも言えることなのです。
    95年くらいからは新聞もとらなくなりました。
    だってネットがあれば十分だから。
    本屋に行くという行為は「未知の本…

  13. かろこん より:

    レコードやカセットテープ、あるいはフロッピーディスク

     たけくまメモ:いろいろもう死んでいる(雑誌編)
     こちらのエントリを見る限りリアル書店というのはどんどん逼迫した状況に陥ってるという。
     たしかに在庫の面からもリアル書

  14. 休刊の嵐の裏側は?

    9月5日の日記に対してE.T.さんからコメントをいただいたが、その通りで休刊するのは、この「ロードショー」だけではなく、女性誌、オピニオン誌など、まさに休刊の嵐である。こうした休刊の原因のひとつに「ネットによる情報収集」があげられるが、本当にそれが大き……

  15. 今日はWeb広告の話ばかり。

    ★頸椎に爆弾を抱えていて、ひどく肩がこったり変な体制で寝たりすると、突如として激しく痛みだすことがある。昨晩からソレ。こうなると首は回らないはどう態勢とっても痛いわ・・…

« | トップページ | »