たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2008年9月14日

ダダカンシンポとGEISAI

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

Dadakansinpodscn0300 この週末はあわただしく過ごしました。まず12日の金曜日は多摩美の後期開始日でしたが、終わったらすぐ浅草に直行しまして、浅草寺の横にある木場亭で開かれたダダカンシンポジウムに参加。

Dadakansinpodscn0304 今年79歳になられる前衛芸術評論家ヨシダヨシエ先生(左から2番目)を筆頭に、60年代に街頭で全裸儀式を行っていた過激ハプニング集団ゼロ次元の加藤好弘氏(右端)、映像作家で日本のヒッピームーブメントの重鎮であるおおえまさのり氏(右から二番目)、そして「保革の谷間に咲く一輪の白百合」を合い言葉に1975年と79年の東京都知事選挙にも出られ石原慎太郎と戦った前衛芸術家・秋山祐徳太子(左端)の皆さんが壇上に上がって、60年代における前衛芸術運動の想い出とダダカン師の雄姿に思いをはせました。俺も70過ぎまで生きていられたらこんなナイス翁になりたい!と思わせるような、素敵な面々でした。

Dadakansinpodscn0325 途中、会場にいらしていたいろいろな人にもマイクが向けられまして、不詳・俺も一言しゃべる羽目になりましたが、急に頼まれて何を話せばよくわからず、うっかり「たけくまメモ」の宣伝をしてしまいました。

しかしその日いちばん大受けをとっていたのは「ダダカンの孫」である某君で、おじいちゃん(ダダカン)が50年ぶりに自宅に現れ、仏間で全裸になって某君の父親(つまりダダカンの息子)に「今まで放っておいて済まなかった」と詫びた話をされ、笑っていいのか感動すべきなのかよくわからない微妙な空気が流れていかにもダダカン師らしいと思いました。

Dadakansinpodscn0312秋山祐徳太子氏(写真左)・ヨシダヨシエ氏(写真右)・加藤好弘氏も過激さ加減では人後に落ちませんが、そうした過激老人の皆さんがこぞってダダカンは凄い、あの人には負けるというお話を高座からされていてなんとも不思議なムードの一夜でした。

Geisaidscn0344 それで本日14日は村上隆さんが毎年二回、有明ビッグサイトで開催している「GEISAI」に本田透くんとゲストトーク。GEISAIに行くのは実はこれが初めてだったのですが、芸術のコミケというか、超巨大な美大の文化祭という感じで面白かったです。なぜか会場に氷川竜介さんもいたりして(何かの取材で来ていたらしい)。

Geisaidscn0348 俺と本田君に与えられた時間は30分しかなく、案の定「喪男話」であっという間に時間が過ぎ、俺たちは何をしにきたのかよくわからないうちに終わってしまいました。終わってから、本田くんにサインを求めて来た若い女性がいたそうです(俺はトイレに行っていて見てないんですが)、本田くん、「すわ、モテの魔の手か?」と身構えたそうですが、その女性は多摩美の学生で、俺の授業を取っている子だったそうで。特にサインしただけでその場は何事もなく収まったそうです。

Geisaidscn0342

←GEISAIで自分を展示されていたコスプレ・ギャルのみなさん。

それはさておき、ビッグサイトを出ますと身体に吹き付ける風がどことなく秋の匂いがしました。そういえばダダカン展(鬼放展)も、本日から第二会場(東高円寺)でも始まったんですね。第二会場はダダカンがパフォーマンスするときの衣装中心に展示してあるそうで。行かねば。

http://memo.takekuma.jp/blog/2008/08/post_d206.html
↑第二会場についてはこちら掲載のパンフレット参照。


たけくまメモMANIAX

| コメント(2)

“ダダカンシンポとGEISAI” への2件のフィードバック

  1. the geisai

    GEISAI#11にAKB48出演!明日(2008年9月14日)、東京ビッグサイトにておこなわれます、GEISAI#11のイベントステージ出演メンバーが決まりましたのでご案内いたします。出演はチームKとなります。ただし、秋元才加のかわりに瓜屋茜が 続きをみる 『著作権保護のため、記事の一部…….

  2. 「ダダカン2008 糸井貫二・人と作品 鬼放展」

    「ダダカン」を知っていますか?なんて、かく言うぼくも偉そうなことは言えず、その昔、クイックジャパン誌に掲載された竹熊健太郎さんの記事を読んで初めて知ったくちなのですが、ご存じない方のために説明すると、…

« | トップページ | »