たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2008年9月17日

いろいろもう死んでいる(株価暴落編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

経済のことはサッパリ素人なんですが、アメリカの大手証券会社のリーマンブラザースが財政破綻して、日本法人も潰れるとかで大ごとになっとりますわね。 で、その傘下だか系列会社だか、実際はよく知らないんですが(※1)、アメリカ大手生保会社のAIGの株価が暴落して、日本法人ともども存亡の危機にあるらしい。

※1 リーマンとAIGは会社としては別に関係ないみたい。

それでAIGの傘下に日本でも保険業を展開しているアメリカン・ホーム・ダイレクトとアリコジャパンがあって、当然このふたつも倒産の危機に直面しております。(※2)

アメリカン・ホーム・ダイレクトといえばあれじゃないですか。地井武男さんがニコニコ笑いながら「50、80、よろこんで!」と叫んでいるCMのあの会社じゃないですか。「これまでだ」ではないや、「これからだ」っていう保険。

医者の診察なしで80歳まで入れる保険というんで、俺ちょっと注目していたんですよ。そしたらある人から「あの保険、保障が受けられるのはケガによる入院だけで、病気じゃダメなんですよ」っていうから、本当かなと思ってウェブサイト見たら、本当でした。

Korekarada1 http://www.americanhome.co.jp/fnpa/
↑アメリカン・ホーム・ダイレクト「これからだ」

左の表見ると、確かに病気による入院と手術が「×」になってる。CMの地井さん、「これもあれもそれも」って感じでこんなに保障が受けられます、ウフフ信じられる?って言ってましたが、ケガだけの保険だったとは気がつきませんでした。

まあ一応サイトやパンフ見れば「病気以外」だということはわかるので、サギではないんでしょうが、釈然としませんね。いや、まあ、だから80歳まで入れるんだな、とその意味では腑に落ちたわけなんですけど。

おととし俺も脳梗塞で入院しまして、その時に保険の有り難みは実感していました。亡き母親が保険好きだったおかげで俺も3つくらい入れられていて、入院してから半年はまったく仕事にならなかったにも関わらず、入院代が全額まかなえて、なおかつお釣りが来ましたからね。

それでまあ、保険はいざという時は有り難いものだと思っているんですが、ここ数年、やたらと外資系の保険ばっかりテレビでCMしてますよね。あれ大丈夫なのかな、と正直心配していたんですよ。なにしろ外資系ですから、儲からないとわかった途端にすぐ撤退しちゃうんじゃないかと。「これからだ」にしても、病気以外の保険だとわかったらなんかガッカリですしね。

ところが事実は小説より奇なりで、まさか親会社ともども歴史的な株価暴落劇の末に倒産するとは思いませんでしたよ。いやこれ書いている現在、倒産はまだみたいですが。(※2)

※2 上の部分、「倒産してないのに倒産と書くのはまずいから消しておいたら」と忠告してくれた友人がいます。念のためもう一度調べたらリーマンブラザーズはアメリカ本社も日本法人もすでに倒産しておりますが、AIGのほうは本国の親会社が「17日にも破産法適用申請の可能性」と報道されているだけで、日本法人ともどもまだ倒産しているわけではないようです。ここは誤解されそうな表現でした。棒線を引いて訂正しておきます。

http://www.sanspo.com/shakai/news/080917/sha0809170434003-n1.htm
↑リーマン日本法人、戦後二番目の巨大倒産

http://jp.reuters.com/article/domesticFunds/idJPnTK826068520080916
↑米AIG、資金調達のメドがつかなければ17日にも破産法適用申請の可能性=NYT紙

俺の父親がテレビを見ながら「金融のプロなんだろ? サブプライムなんとかって、貧乏人に貸すだけ貸して焦げ付かせるなんて、こいつらバカか?」と言ってましたけども、それは正論だと思いますが、日本だって15年前には似たようなことやって壮大にコケてたわけで……。

戦争もそうですけれども、こういう経済恐慌みたいな事態に接するたびに、政財界にはどれほど優秀な人たちがいるかは知りませんが、いくら勉強ができたとしても、優秀な人材が何人いようがこうした破局は避けられなくて、そうなったらどんなエリートでも俺の父親(農家の三男。専門学校出)に「こいつらバカか」と言われてしまうのだなあ、と思いました。


たけくまメモMANIAX

| コメント(5)

“いろいろもう死んでいる(株価暴落編)” への5件のフィードバック

  1. ここにきてFRB(米連邦準備制度理事会)が保険最大手のAIG…

    ここにきてFRB(米連邦準備制度理事会)が保険最大手のAIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)救済に…保険というと~

  2. 経済恐慌と社会への影響

    Excite エキサイト : 経済ニュース
     リーマン・ブラザースってホリエモンがニッポン放送の株を買占めてフジテレビの支配権を得ようとしたときに株の供与をしてもらった証券会社じゃなかったかな(?) いずれにせよ世界第四位の証券会社だというけど、特にモノを生産していたわけじゃない。
     資本(証券)→資本とのやりとりで銭もうけをしていただけ。
     ホリエモンの時にもあきらかになったけど、ライブドアのいちばんの利益は証券の組合をつくって利益がでるように工夫したこと。投資事業組合をつくり虚偽による株価…

  3. 株価

    東証株価、午前は241円高 AIG救済を好感モルガン・スタンレー の目標株価引き下げ、投資判断は「バイ」に維持=バンカメ東京市場 株価は値上がり Excel時系列株価取得 2008-09-17 いろいろもう死んでいる(株価暴落編)…

  4. アリコ がん保険

    ★冷凍生地★shikishima アリコベール 1ケース(95g×40)商品価格:3,265円レビュー平均:5.0ルモンドアリコ カリフォルニアレーズン商品価格:199円レビュー平均:0.0AIG本社格下げ 傘下のアリコジャパンなどもhttp://rss.asahi.com/click.phdo?i=fb864f27b7eb236083db8b1……

  5. アリコ

    【リーマン破綻の影響(5)】AIGが米政府に400億ドルの緊急支援要請 データ…

« | トップページ | »