たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2008年11月17日

コミティアに行ってきた

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

本日、いやもう昨日になりますが、有明ビッグサイトで開かれた「コミティア86」に行ってきました。来年2月に開かれる「コミティア87」にも「マヴォ」を出品する予定で、売り子要員である町田の凸凹コンビを従えて、視察を兼ねて行ったのです。

コミティアは創作中心の即売会ということもあり、俺が大昔に参加した80年代初頭のコミケくらいの規模で、懐かしい感じがします。とにかく4時間くらいあれば一通りのブースを回ることができるので、ふらふら歩きながら同人誌を吟味しつつ購入することができます。「コミケよりコミティアが好き」という人も多いと聞きますが、なんとなく頷けますね。コミケは、人が多すぎますもん。

会場では、丸山薫さんのブースと、創刊35年目という老舗同人誌「楽書館」のブースにいって主催の水野流転さんとお話したり、コミティア主催者の中村公彦さんとお話したりしました。

今年で同人誌歴35年という水野さんは、コミケが生まれる以前から同人誌を作っていることになります。70年代の「楽書館」にはアマチュア時代の高野文子さんや高橋葉介さんが寄稿していたなど、実はもの凄い歴史と実績がある本なのですが、温厚な水野さんは一貫してアマチュアの姿勢を崩さず、ニコニコと売っていらっしゃいます。頭が下がる思いがします。

http://rakugakikan.main.jp/
↑楽書館公式サイト

コミティア主催者の中村公彦さんとは、以前も書きましたが、81~2年頃の「ぱふ」の編集部でお会いしたのが最初なんですよね。その時から全然雰囲気の変わらない人です。

コミケと違って比較的ゆっくり見て回ることができたので、いろいろ販売面での参考になりました。ポップはどうやって立ててるのかとか。

しかし改めて感じたことは、今の若い人は皆さん絵が上手だということです。80年代から比べると、アマチュアの画力水準は明らかに向上しています。みんな「このくらい描けるのは当然」という感じ。

丸山薫さんの絵は、現在の水準で見ても最高レベルにあると思うので、まず安心ではあるのですが、上手い人が多いので、相対的に雑誌を「目立たせる」にはもうひとつ工夫が必要になると思いました。

といっても、今のところは「たけくまメモ」の宣伝力に頼るしかないわけですが。12月になったら、まず丸山さんの表紙絵を公開しますが、本格的な告知活動は冬コミ10日~7日前あたりから始めようかと思っています。ネットの場合、半月以上間が空くと宣伝効果が薄れる感じがするんですよ。

現在、続々と原稿が集まって来ています。俺自身はマンガは描かないんですが、久しぶりに「編集者」がやれて楽しいですね。俺、文章を書くよりも、台割作ったりするのが楽しい性格なんですよ。パズル組んでいるみたいで。

内容については、多摩美生の作品が7割くらい、武蔵美生が一人、あとは俺が声をかけたプロの人とかで固めています。

なんというか、商業雑誌の世界は現在冬の時代で、たとえば俺がどこかの出版社から頼まれたとしても「マヴォ」みたいな、編集者個人の趣味を丸出しにした雑誌は絶対に作れないと思うんですよ。

編集者が好きにやりたくとも、そもそも雑誌が売れない時代ですから。だからどの雑誌も「売れ線」を考慮せざるを得ないんですが、いくら売れ線を狙ったところで売れるとは限らないのがツライところですね。

「マヴォ」は「きちんと編集した同人誌」を目指してます。ネームチェックも俺がやっていて、そういうのを同人誌と呼ぶのかは分かりませんがね。まあ印刷も太陽出版印刷さんの「優祐セット」で頼もうと思ってますので、同人誌なんでしょう。

そんなわけで、「マヴォ」本誌の告知は、もう少しお待ちください。


たけくまメモMANIAX

| コメント(0)

コメントは停止中です。

« | トップページ | »