たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2009年7月29日

【告知】8月25日、朝カルで「ヱヴァ」鼎談

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

んー、来月の25日に新宿の朝日カルチャーセンターで東浩紀・伊藤剛・俺というある意味豪華なメンバーで「ヱヴァ・破」をめぐっての公開トークをやります(有料・申し込みは以下のサイトからお願いします)。

http://www.asahiculture-shinjuku.com/LES/detail.asp?CNO=49647

この三人は、今から14年前の旧作公開時(TV版および劇場版)からの因縁の関係でして、そもそも「エヴァ」がなかったら出会わなかった三人だったとも言えます。たとえば、東浩紀氏は最初の劇場版『デス&リバース』(通称“春エヴァ”)の試写会を見て、量産型エヴァシリーズがネルフ上空を旋回して「これから」というところでエンディングテーマが流れた(映画が未完成で公開された)ことに絶望し、その晩俺にメールを寄越して吉祥寺のルノアールで会ったのが初対面でしたし、伊藤剛氏は、俺が庵野インタビューをおこなった「クイック・ジャパン」でやはりエヴァ関係の記事を執筆したことが、仲良くなったきっかけだったわけです(※)

※追記:さらに付け加えれば、東氏と伊藤氏の初対面は、97年当時、吉祥寺にあった俺の家だった。

今やっている「新劇場版」については、最終的に完成しなければ、作品について断定的なことはまだ語れないのですが、過去14年間の「エヴァ」と俺たちの因縁についてであれば語ることができます。それを踏まえたうえで「新劇場版」について現段階ではどう考えるか、という感じの鼎談になるでしょう。

「ヱヴァンゲリヲン」は現在進行形の作品であり、総括的に語ることはできませんが、この14年間、「いろいろあった」というか「ありすぎた」というか、そういう意味では、興味を持たれる人もいるのではないかと思います。

ちなみに俺は脳梗塞後、初めての朝カル出演となります。

それで俺は翌日、大阪・難波でまたしても「マンガの黙示録」トークをやるので、結構ヘビーなことになるかもしれませんが、がんばりたいと思います。大阪のイベントについては明日改めて告知いたします。


たけくまメモMANIAX

| コメント(2)

“【告知】8月25日、朝カルで「ヱヴァ」鼎談” への2件のフィードバック

  1. [『ヱヴァ:破』余話(雑誌『CUT』を買った)]

    ☆本屋で上記の雑誌を購入。
     別に表紙のマリに魅かれた訳ではない。
     イラスト・グラビアに、あの名シーンが描かれていたからだ。
       
     今週末の公開映画も触手が伸びる作品がなく、そのままにしておくと、またも、足が『ヱヴァ:破』公開館に向かってしまいそうなのだが、この雑誌を買ったことで抑制した^^;
     帰宅して、『ドラクエ9』の続きをやろう^^
       ◇
     で、これで終わりでは面白くないので、『ヱヴァ:破』の「明かされぬ三つの秘密」について書こう。
       1・おそらく、アバンタイトル…

  2. 他人語り145

    ●日本終わったなって感じの画像下さい ●『「ヱヴァ」をめぐって』対談 東浩紀×…

« | トップページ | »