たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2009年12月14日

今月23日、明治大学でマンガ研究をめぐるシンポジウム

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

091223meiji1

0911223meiji2091223meiji3 えー、実はもう来週の水曜日なんですが、12月23日午後1時半から、お茶の水の明治大学リバティホールで、フランスのマンガ研究家ティエリ・グルンステン氏を招いたシンポジウムが開かれます。当日はグルンステン氏の他、明治大学の高山宏教授、作家で博物学者の荒俣宏さん、マンガ評論家で東京工芸大准教授の伊藤剛氏、俺、が壇上に上がって「マンガ文法」をめぐるディスカッションを行います。

このシンポジウムは、グルンステン氏の『マンガのシステム』(青土社)の日本語訳出版を記念して開かれるものです。

近年は日本でも夏目房之介氏の一連のマンガ論や、伊藤剛氏の『テヅカ・イズ・デッド』(NTT出版)などによりマンガ研究の一分野として「マンガ表現論」が確立した感がありますが、フランスでは早くから芸術研究の一環として「BD(バンド・デシネ。フランスでのマンガの名称)研究」が盛んであり、グルンステン氏はその第一人者です。明治大学の招きで今回実現したシンポですが、そうそうたるメンバーの中で、俺は「教えている現場で、学生から出てきたヘンなマンガ」を紹介します。難しい思想用語は使えませんので、ひょっとすると場違いなことになるかもしれないです。

入場は無料ですので、興味のある人はぜひ足を運んでみてください。



たけくまメモMANIAX

| コメント(4)

“今月23日、明治大学でマンガ研究をめぐるシンポジウム” への4件のフィードバック

  1. DV より:

    >学生から出てきたヘンなマンガ」を紹介します
    これですよこれ。おフランスの権威者(らしい)たるお方のリアクションがどうくるか。

  2. 渡辺裕 より:

     ヘンなマンガを謳いつつそれほど変でも無かったらそれはそれで衝撃的なんで、どのくらい変なものが見られるといいですね。
     それは。明大で。ですか。
     高尚?ばかりが学問でも無いということで、色んな角度から色んな方法論を見られる今の学生さんは幸せですね。
     若い人良かったね系。

  3. 渡辺裕 より:

    (抜け)
    >変なものが出るのか見られると~

  4. もとまさや より:

    これは行きたい!面白そう!

« | トップページ | »