たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2009年12月24日

【マヴォ】金子三生『イヤ~ン♥エッチの助』第2話

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

Kanekomavo031

Kanekomavo032 Kanekomavo033

ある日突然、聖ムチムチ学園3年桃組担任教師エッチの助による、女子限定・強制身体検査が始まった! 嫌がる女子に浴びせかけられるエッチの助の洗脳教育! 桃組のマドンナ・秋蛸(あきたこ)マチ子に貞操の危機が迫る!

Kanekomavo0341

→【マヴォ】木野陽『0時2分のおくりもの』

Tuuhango_2

たけくまメモMANIAX

| コメント(11)

“【マヴォ】金子三生『イヤ~ン♥エッチの助』第2話” への11件のフィードバック

  1. キキブーバ より:

    1980年代に応募された落選作という感じ
    往年のお色気ギャグのパロディを狙ってるのかもしれないけど
    旧さに対する批評性もなくて 本当に古くさい
    同じ旧さへのパロディ作品でも「サルまん」や「バカドリル」には
    強烈な批評性があった
    いしかわじゅんさんが「かつてストーリーギャグ漫画があった」
    というような事を書いてたけど 今ストーリーギャグはウケにくい
    「デトロイトメタルシティ」か「クロマティ高校」ぐらいでしょ
    悪い事はいわないから止めた方がいい [E:gawk]

  2. 渡辺裕 より:

     与太話漫画ですね。絵柄は全然違いますけど、雰囲気が『もやしもん』の初期の頃を彷彿とさせますわ。与太を充実させてもやしもん化するのか、エロを充実させて本宮ひろ志系漫画に堕すのか、どっち転ぶのか微妙な線ですね。

  3. 狐蓋。 より:

    みんな厳しいなあ。

  4. 湯宿 より:

    キキブーバさんも、渡辺さんも、真面目に論じてどうすんねんw
    この漫画のキモというか、最大のギャグは、中身そのものよりも、エッチの助がまた漫画化!(10年くらい前、GONで小宮政志さんがやってましたね)
    っていう事そのものでしょう。
    ・・・あー、もしかして、お2人は、エッチの助の「原作」の存在そのものを知らない?
    (特にキキブーバさんは、サルまんについて触れてるのに・・・)
    ・・・いやいや、もしかしたら、サルまんでの「原作」の存在をあえて無視して、エッチの助単体を真面目に論評するというギャグなのかもしれん。
    ひっかからんぞ。

  5. 渡辺裕 より:

     知らんし、知る気も無いです。どうでもいから。んで、真面目に論評?してないですよ。文体が真面目っぽい?からそう感じるだけでしょ。
     最大のギャグ云々の部分は好きな人や造詣が深い人が楽しめばいい領域なんで、そこにまで踏み込んでどうこうは無いです。新作新品としてしか見てませんよ。
     そういう部分に造詣があるなら、その旨をコメントで補強して何らか読者さんに伝わるようにしたげれば、親切だと思いますよ。

  6. ハンダー溶助 より:

    いや、せっかくの題材なのに
    肝心の「ドエッチ感」がうすいよ!
    女の子もアッサリカサッとしすぎ!
    服着ててもそこにいるだけで「下半身がマヤ暦2012」にッ
    つーくらいグッと来る絵というかキャラが必要だ!
    こーゆーのは絵の上手い下手じゃないんだよな。
    山上たつひこやら永井豪とか。(だいぶ古いけどな)
    エッチの助のエグサは少々感じるが
    山上たつひこの二合目くらいだな。
    デメリン先生はあんまりこーゆーの得意じゃないのかもな。
    女性だと艶笑モノはやっぱりつらいのかなあ・・

  7. 湯宿 より:

    >渡辺さん
    こともあろうにこのブログで、コレについては真面目に説明できませんて。
    駄洒落ネタについて、いちいち説明するに等しいくらい恥ずかしい。
    それに親切もなにも、たけくまメモによく来る人なら、まあ8割の人は知ってるだろうし。
    ・・・あー、渡辺の旦那、エッチの助の「原作」、知らないんだ。
    そおかあ・・・ふ~~ん・・・いや、深い意味はないけど、
    そうなんだ・・・
    意外っちゃ意外。らしいっていえばらしい。

  8. あっぱ より:

    渡辺裕さんwwwwwwww
    かわいいwwwwwwwwwwwwww

  9. harumin より:

    >渡辺さん
    ええええ??
    本気でゆうてるんですか??
    原作って言うか、「元祖」になるのかねこの場合は。
    でもブッチュくんのほうが好きかな私は。

  10. たけくま より:

    僕は金子さんのエッチの助、好きですよ。「サルまん」で僕が書いた「原作」は、文章だけで山上ギャグをやったらどうなるか、という実験の意味合いがあったんですが、金子さんの「品のいいシモネタ」によって、なんか別次元のものになってる感じです。

  11. より:

    女の子の髪型とか、がきデカの頃と現代の中間ぐらい
    (昭和末期~平成初期)にしてるのは、意図的なのかな?
    というか、新旧が混在してる感じが・・・
    それにしても、エッチの助って、がきデカがモデルだっていうのは、
    竹熊さんはわざとバレバレに書かれてましたけど、
    文章で山上ギャグっていう意図だったとわ・・・
    その山上さんご自身が、のちに小説家に転向されたけど、
    やっぱりというか、活字でこういうノリのギャグは
    やられませんでしたね(あたりまえか)

« | トップページ | »