たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2009年12月30日

今度の『マヴォ』は、“薄くて・買いやすい”!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

●12月31日(明日!) コミケ77
有明ビッグサイト AM10:00~
●ブース:
“ヤ”-37a
時間藝術研究所
全126ページ 頒価1000円

Mavo03hyoushi

Dscn0577_2 ←2号と3号を上から見たところ

夏コミに出した2号と、明日の冬コミ頒布の3号を床に置いて写真を撮ってみました。これだけ見ると、違いがよくわかりませんが……。

Dscn0580 ←2号(左)と3号(右)を横から見たところ

横にして厚さを比べてみました。新刊はこんなに薄くなっています!薄くなってはいますが、2号は148ページだったのに比べて、3号は126ページと、22ページしかページは減っていません。それが体感的には半分くらいの感じです(重さも)。

創刊号は112ページなんですけど、これよりページが多いにもかかわらず、背幅が創刊号8ミリ、3号が7ミリと、ページが多くても薄くなっているのです。実は印刷所と相談して特別に薄い紙にしてもらい、薄くて軽い本が実現したものです。

実はこれ、2号を出して初めて「厚い本は即売会では嫌われる」という事実を知りまして、「紙を厚くしてツカ(本の厚み)を出したほうがお得感がある」という商業雑誌の常識が根底から覆されました。つまりコミケなどでは、リュックや手提げに購入した同人誌を目一杯詰め込んで帰宅する参加者が多いわけですから、厚い本は敬遠されるみたいですね。

反対に中野のタコシェなどでは、「マヴォ」の2号は非常によく売れているのですね。タコシェでは厚い本が好まれるようで、客筋がコミケとは全然違うということがよくわかります。

ともあれ、次のマヴォは薄くて軽いですから、コミケで買いやすいと思います。中身は過去最高の自信作ですので、なにとぞよろしくお願い申し上げます!

丸山薫『ティッシュライン・ルーフェ・ズィー』

文乃綺『色彩と天使たち』

佐藤菜生『少女地獄』(原作 夢野久作)

ふかさくえみ『フェルマータライフ 第3話』

田代圭『観覧車の二人』

金子三生『イヤ~ン♥エッチの助』第2話

木野陽『0時2分のおくりもの』

布袋あずき『ひるがえれ!フリル2』

やじひろこ『愛を掘り尽くせ!』

河野玲奈『足を洗う』

ぬQ『夢の銀の海』

Tuuhango_2

たけくまメモMANIAX

| コメント(4)

“今度の『マヴォ』は、“薄くて・買いやすい”!” への4件のフィードバック

  1. 長谷邦夫 より:

    あとは、読みやすい!
    ですかね?
    いや、
    安い!か…。
    贅沢言うな。
    ですね…。

  2. 門弟廃村 より:

    「薄くなっても、お値段そのままッ!!」
    (タカタ社長のスットンキョーな声で)

  3. トロ~ロ より:

    >タカタ社長のスットンキョーな声
    私的にヒジョーに受けました。
    深夜にあの声は耳障りですよねぇ♪
    でも、通販で買いたい気分です。

  4. たけくま より:

    すいません。お値段そのままなのは、今回8ページもカラーが増えたからです。すいません。すいません。

« | トップページ | »