たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2010年2月26日

マンガ的には真央の勝ちなのだが

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

いよいよ明日(26日)はオリンピック女子フィギュアのフリーですね。ショートではキム・ヨナが異常な高得点で浅田真央に勝利しましたが、明日のフリーでは浅田真央が逆転勝利すると俺は予想しています。

なぜなら、マンガ的には、「先に技を出した方が負ける」というセオリーがあるからです。『美味しんぼ』などを見ましても、究極のメニューと至高のメニューでは、先に出した方が負ける確立が高いでしょう。

それはもちろん、ドラマの盛り上げを考えたら、先に技をかけた方が最後まで高得点で逃げ切ってしまったら、つまらないからです。やはりここはライバルが先に技を出して、主人公が大ピンチになったところで思わぬ火事場の馬鹿力を発揮して逆転勝利しなければ盛り上がらないですよ。

昨日のショートプログラムでは、真央ちゃんが先でキム・ヨナが後だったので、俺は内心「まずい……」と思っていました。そうしたら案の上、真央の完璧な演技の直後にヨナがボンドガールになって最後にバン!と銃を撃つ真似をするなど、憎いまでの挑発的な演技で真央を圧倒しましたね。

しかし、フリーの抽選会では、今度はヨナが先で真央ちゃんが後でしたので、俺は心の中でガッツポーズをしましたよ。「これで真央の勝ち」と。たとえ原作が梶原一騎であろうと雁屋哲であろうと、これは明らかに真央の勝利フラグではないでしょうか。

しかし、俺が原作を書いたとしましたら、今回はあえて母親を亡くしたロシェット選手を金メダルにして、ヨナと真央は0.5点くらいの僅差でヨナの銀、しかし試合中に真央のシューズのヒモが切れていたという事実が分かり、真の勝者は果たして……という感じで連載をえんえん引っ張って4年後のソチ大会まで繋げますね。

しかし女子フィギュア面白いですね。70年代だったら絶対、美内すずえ先生か井出ちかえ先生がスポ根少女マンガにしていますよね。

それはそうと現在京都にいるんですが、ヨナと真央がぶつかる明日の1時半には京都の新居でガス開栓の立ち会いに行かなきゃならんのですよ。新居にテレビは置かない方針なんですが、明日ばかりはテレビが見たかったです。

たけくまメモMANIAX

| コメント(19)

“マンガ的には真央の勝ちなのだが” への19件のフィードバック

  1. たけくま より:

    おっとエントリ書いている途中で日付が変わってしまいました。もう今日のお昼過ぎですね、試合。

  2. こんち より:

    [E:tv]京都ではテレビ見ないんですか~!
    お昼にはゆる~い情報番組「ちちんぷいぷい」とかあるんですけどねえ。
    あと、確立→確率ですね

  3. T_U より:

    フィギアスポ根ものだと「銀盤カレイドスコープ」という不朽の名作がありますね。漫画じゃなくてラノベですが。

  4. q より:

    なんか居酒屋で声高オッサンの「俺的法則」を、
    聞かせられてる気持ちに。
    「ハア!なるほど・・」
    「そうですよ!俺も絶対そうだと思ってましたよ!」
    とか、相槌打つのが、正しい聞き方だよな。
    でも俺としては、
    「ところが。因縁の対決が最高潮に盛り上がらせておいて、
    そこへダークホースのミキティ(鈴木明子でも可)が、
    直前突如4回転ジャンプを決め、結局優勝をかっさらうのが
    平成のマンガ法則ですよ!」と、
    KYな主張して場を白けさせちゃいますよ。

  5. 渡辺裕 より:

    >>たけくまさん→qさん
     一塁ランナーが二塁へ盗塁したところキャッチャー城島の剛腕が唸って矢のような送球が飛んできて一塁ランナーのわき腹にボールがめり込んで阿鼻叫喚悶絶地獄絵図な展開ですかね? 盗塁失敗。

  6. モンモンコ より:

    フィギュアオワタ
    番狂わせは無かった・・
    ・・現実と漫画の世界は違うんだ
    いかにアメコミヒーローがたくさんいても、911同時テロは起こってしまうし、首謀者は捕まらずに笑っている
    そしてッ、美少女はオレの部屋に来てくんないんだーっっ!チクショー!!
    (絶叫走り)

  7. たけくま より:

    うーん。いやしかし、これは4年後への布石だと信じたい。

  8. そらち より:

    フィギュアスケートものなら「ワン・モア・ジャンプ」でしょう。
    真央がでてきたとき、主人公とそっくりで驚いた人は多いはず。
    キム・ヨナはきっと現在がベストだけれど、真央はまだまだのびる気がします。今回は成長した彼女に感動…4年後のソチが今から楽しみです。

  9. 真央、銀メダルに号泣「悔しいです」/フィギュア

    今日の話題は、やっぱりこれでしょう。真央ちゃん銅メダル!でも、号泣でしたよね。嬉し泣きじゃなくて、本気の悔し泣きでした。また4年後が

  10. だ~ より:

    今日も平和なり。

  11. 通公認 より:

    フィギュアスケート漫画といえば「銀のロマンティック…わはは」ですなー。(ペアだけど)
    文庫版は「甲子園の空に笑え!」に載ってます。

  12. セックス より:

    キム・ヨナ
    ドーピング発覚で失格とかないかな・・・

  13. モンコきっど より:

    しょうがないからダーティ松本でも読むか

  14. ごまちゃん より:

    3回転って2回半ぐらい回ってればOKなんですかね。

  15. 長谷邦夫 より:

    「ゼロ年代」マンガの少女キャラは
    <地に足がついている>そのまま現実の社会へ
    出てきてもOKな「女」(ブルボン小林~
    「週刊文春」)渡辺ペコとかが、引き合いに
    論じられていた。
    ~ってことは、「マンガ的意外性」が無いキャラなのか
    なあ~。
    宇野常寛氏だと、どういうことを言うのか?
    え~、高級高度に弱いわたしめに
    やさしく教えて欲しい。
    ぼくは、どっちにしろ、「面白いっ!!」と
    言いたいだけなんですが…、
    スケートで言うと、……、
    4回転4回転!!
    あ~、そんなの無いよな~。
    曲が『007』ってのは、スケート的にはどうなんですかね?点が高いのだから、まあOKか…。
    あ~、常識的なことしか書けない。
    才能が枯れた?
    いや、もともと無いんだろ~って。

  16. 渡辺裕 より:

    >>はせくにさん
     常識から外れた方が面白いけど、常識から外しさえすれば面白いってもんでもないでしょ。そのへんの按配や線引きの問題なんじゃないですかね?
     いつぞや「私はプロの嘘つきです」と申し上げてたみたいですけど、その場合の「嘘つき」の定義が、どんなもんかにも依るんじゃないですかね?
     嘘をつくことだけを目的とする質だと芸人で言うところの島田洋七さんみたいな「法螺吹き」に近いんでしょうけど、嘘をついた帰結として「騙す」ことを目的とする質なら、芸人で言うところの田村淳さんに近い感じになる。概ねそんな感じで、「どっち寄りか」ってのが重要なんじゃないですかね?
     あと、少なくとも当人が見聞した限りでは絶対に嘘をつかない場合でも、聞き手受け手の裁量次第(というか、単に底意地が悪いだけ?)では「それすら嘘になる」とか、単純に話者の知識不足で大雑把過ぎて話がぼやけて聞こえる(ので、本当とも嘘とも取れない・取りにくい)とか。そういった場合でも、漫画的に表現する際には「嘘の範疇」に入るかも、しれませんね。
     ユーザー(読者)の側に常識良識が備わっている場合なら法螺型の方が惹き付けるには有効でしょうけど、備わっていない場合なら、騙し型の方が受けるかも。ただ、騙し型は非常にイメージが悪いので、ボケ正直というか馬鹿正直というか、最近ではそういう路線に走りつつ、もうそろそろ打ち止めかな? って気もします。
     その「次」が求められる時節なのかも。で。次が見つかるまでの繋ぎ的な意味合いからも、絶えず・取り敢えず・正直であることってのは、重要な気がしますね。正直過ぎて嘘つき扱いになる、みたいな。自分から積極的に嘘をつくんじゃなくて、ひたすら正直やって相手の痛いところをガンガン突いて、嫌悪感や保身による嘘を引き出すというか。人に嘘をつかせるというか。
     そういう質の嘘つき(?)ってのが、新風かもしれませんね。愚考。

  17. 渡辺裕 より:

     人間って、保身のための嘘をついたり、嫌悪感を持つ相手に対して積極的な嘘をついたりする生き物ですよ。
     そういう部分すら無かったら、傷付き過ぎて倒れますわ。

  18. 長谷邦夫 より:

    「嘘」ってやつ、ほんとうに難しいですね。
    ぼくの『マンガ編集者狂笑録』では、「ホント」路線の
    タッチで実在の人物を書いた。
    でも、生きてお知り合いの編集サンにも
    まったく取材はナシ!でしよ。
    でも、結果としては「文芸批評家」さんからの
    評価が高く、いろいろ書評も出てきて驚きました。
    書いちゃった編集サンからも、好評。
    さて、そこで喜ばないのがぼく。
    ツムジ曲がりじゃないのですが
    『マンガ家夢十夜』では、
    全てを「嘘」で、シュールに
    書いてみました。
    まあ、ぼくの「好み」のタッチ。
    一般の評価は………???
    よく分かりません。
    いつも褒めて下さる方からは
    まずまずの評価でしたが…。
    ぼくを余り知らない方々~このへんの
    感想が余り見えません。
    売れてないよ~~~って
    トホホになりたくないのですが。
    さあ、3作目は??って
    いったところで
    「携帯長篇ファンタジー」だ。(笑)
    さあ、どうなりますやら。
    どっちつかずムードで、なんとなく評価ってのは
    もういいかな!?ってところです。
    今度の長篇は「ヘタ」路線なんですよ。
    これが、案外ムズカシイぞ~~。

« | トップページ | »