たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2005年1月9日

WEBマンガという名称について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

ちょっと細かいことかもしれませんが、先の投稿をしてからだんだん気になり始めたので一言。
WEBマンガ」という名称についてなんですけど、これでいいんでしょうかね。何気なく使いはじめた言葉なんですが、よく考えると、こうした作品は主に「モニターで読むこと」を前提として創られているので、そうなるとCDやDVDとしてパッケージングされることもあるわけですよね。現に、コミケなどではそういう売られ方もしているはずで。
この場合、WEBマンガとくくってしまうと、作品形態の一側面しか伝わらないことになってしまう。


従来、こういうのは「デジタル・コミック」と呼ばれていることが多いと思うんだけど、これはこれで問題ありな気がする。というのは、この場合はPCを利用して創られたマンガ一般という意味が強いと思うので。この場合、PCで創られていても、従来の紙メディアに落とし込むことを想定している作品も多いわけですよね。要は、本の形式で読むことが第一義なら、創られかたはどうであろうがそれは普通のマンガなわけで。
あと、執筆自体は普通に紙でペンで描かれていて、最後の段階でスキャニングしてPCなりDVDなりで読ませるマンガだってあるでしょう。こういうのもデジタルコミックと呼んでいいのか? それでも、もしそれがWEBで発表されたなら、WEBマンガには違いないよね。
つまり、WEBマンガという言い方は、発表(流通)の形態(WEBで読ませる)からつけた言葉なんだけど、これではパッケージングのことが想定されていない。一方でデジタルコミックとなると、かなり広い表現になってしまって、PCで製作された作品も、紙にペンで描かれた作品も、最終的にデジタルメディアとして発表されるならデジタルコミックになってしまう。まあ、でもWEBマンガというよりはいいのか?
ということを考えると、ちょっと気になってしまいました。
要は「モニターで読ませるマンガ」をどう呼べばいいのか、というだけなんですけど。モニターマンガ?なんかしっくりこないですね。なんかいい名称はないものでしょうか。…やっぱりデジタルコミックでいいのかなあ。個人的には呉智英さん同様、日本のマンガを「コミック」と呼ぶことには抵抗があるのだけれど。その場合はデジタルマンガと呼べばいいのかな。
なんか、いい名称があれば教えてください。俺の考えすぎなら、そう言って。

たけくまメモMANIAX

| コメント(15)

“WEBマンガという名称について” への15件のフィードバック

  1. SAK より:

    はじめまして
    いつも関心のあるところだけ、拾い読みさせて
    頂いてます。
    確かに紙とペンで書いて、スキャニングしてデジタルコミックは違う気がしますが、
    この問題は、ここまでがキャバで、これ以上は
    セクキャバよ、みたいな極めて難しい問題のような気がします。
    色々名称考えたのですが、なかなかマッチするものはなさそうです・・
    ブラウズしてみると言う事で、ブラウズコミックは?と思いましたが微妙ですね。
    考えすぎじゃナイデスカ(^^)

  2. 酩酊寺 より:

    略すことを前提に考えるとWEBマンガは「ウェマン」とでもなってしまうので厳しいです。デジタルマンガ=デジマン・・・ちょっと相撲の出島だか電子戦隊デンジマンに近くなってイカンですね。
    デジタルコミック=デジコミ。ネットコミック=ネコミ
    と読むとけっこう違和感がありません。(寝込みを襲うみたいになりますが)。
    私もコミックと呼ぶのは抵抗があるのですが、利便性を考えるとコミックに魂を売ってもいいかなと思います

  3. さかもと より:

    DTM(デスクトップ漫画)
    DTC(デスクトップコミック)

  4. S.A.M. より:

    電子マンガでいいんじゃないでしょうか?従来マンガを紙マンガ、と呼ぶことにして。
    略して電マン
    (初投稿なのに投げやりな投稿ですみませんw)
    電子メールをEメールと呼ぶことのほうが一般的っぽい、ことを考えると、Eマンガ……
    講談社が士郎正宗氏などのマンガに効果音をつけてCDROM形態で販売したシリーズは、e-manga、と名づけられていて、ちょっと具合悪いですけど(これで商標取っていそう)

  5. midoro より:

    はじめまして。
    確かに
    「モニターで読むマンガ」=「webマンガ」
    という直結は気になっていました。
    "screen manga"
    だと、全然違うものになってしまうでしょうか・・・?
    もし、webにこだわらないのであれば、
    「Little_witch」というゲーム会社のゲームシステムはどうなのでしょう?

  6. WEBマンガという名称について

    WEBマンガの感想という記事で「WEBマンガ」という表現をしたけれど、これで良いのか、また“モニターで読ませるマンガ”をどう呼べばいいのかというお話。竹熊健太郎…

  7. 忍天堂 より:

    うーん、そのうちパソコンで漫画を製作するのが
    普通になっていくと思うので
    デジタルコミックで良いのではないかと。

  8. cas より:

    クリックして読むマンガ → くりまん

  9. より:

    「考えすぎ」ではないかと・・・(^^;
    「デジタル・コミック」
    ・保存形式がデジタルなものすべて
    ・元が紙媒体でも、スキャンされてデジタル化されていれば可
    「WEBマンガ」
    デジタル・コミックの中で、WEBにアップされたもの
    でいいのではないでしょうか。
    それより私としては、一部がアニメーションしたりインタラクティブな展開をするものを「マンガ」と呼ぶのか「アニメ」と呼ぶのか「ゲーム」と呼ぶのかの線引きの方が難しい問題なような気がします。

  10. たけくま より:

    >それより私としては、一部がアニメーションした
    >りインタラクティブな展開をするものを「マン
    >ガ」と呼ぶのか「アニメ」と呼ぶのか「ゲーム」
    >と呼ぶのかの線引きの方が難しい問題なような気
    >がします。
    ああ、まさにそういうものをどう呼ぶべきかで悩んでおるのです。

  11. 高宮 より:

    現在の漫画の定義がどうなるかはちゃんと解っていないのですが、
    静止画:漫画
    動画(+音):アニメーション
    漫画が基本となっている事に変わりはないとは思うのですが
    現在、一定の決まった表現ルールが無いので誰もがしっくり
    感じられる名前は付けられないんじゃないかと思います。
    (WEBマンガ(仮)って何?と聞かれたときに答えられない)
    現状ではある程度包括的な名前づけをするしかないのかな、とも
    感じます。
    以下は個人的な考えですが
    漫画は、紙に描かれていようが壁に描かれていようが、
    はたまた誰かの背中に描かれていようが漫画なわけで
    これがWEBサイトにのっていようが、漫画は漫画ではないか
    と思います。
    これとは別に、件の表示形態はどうかというと。
    ストーリーの展開に、読み手からのアクションを要する。
    (幼児書籍にあるような、例えばキリンの画で首の部分が別の紙で
    作られていて読み手が自由に伸張できる、といったような)
    この手法に、既に呼び名があるかはわかりませんが、
    こういった特徴を捉えるなら【リアクションマンガ】とかいう
    表現のほうがしっくり来ると思います。

  12. より:

    >まさにそういうものをどう呼ぶべきかで悩んでおるのです。
    失礼しました。
    私の友人たちの間では、昔から勝手に「デジエン」(デジタル・エンターテイメント)と呼んでいますが・・・
    これにはショートショートの小説に、BGMと写真やイラストを組み合わせて表示するタイプのものも含まれるため、少しここで言う意味とは変わってしまいそうですね。

  13. 茶人 より:

    なにげなく使っているということは結構良い言葉なんじゃないでしょうか(笑)

  14. Ever Free より:

    Webマンガ

    竹熊健太郎氏の「たけくまメモ」にて、Webマンガの定義とか現状とかが話題になってるようです。 昔(6,7年前)に仕事で、まさに「Webマンガ」って企画をやったことがありました。…

  15. ë´î¶ より:

    DZÇÒÇ…ÇøÇÕÅBìØêléèÇ≈ÇÃCDRî–ïzÇ≈LJǫǧÇπWEBÉuÉâÉEÉUÇ≈â{óóÇ∑ÇÈÇÃÇæÇ©ÇÁWEBÉRÉ~ÉbÉNÇ≈ó«Ç¢ÇÊǧǻãCǙǵNjÇ∑ÅB
    êÍópÉuÉâÉEÉUÇ™ïKóvǻLJÇÃÇÉfÉWÉ^ÉãÉRÉ~ÉbÉNÇ∆îªï Ç∑ÇÈÇÃÇÕǢǩǙÇ≈ǵÇÂǧǩÅH

« | トップページ | »