たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2005年1月14日

海外低額小切手の恐怖

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

この正月から、グーグルのアドセンス広告を出しているんですが、俺の悪い癖で、ろくすっぽ注意書きも読まないで登録しちゃったんですよ。それで、管理画面で何セントとか、せこ~く紹介料が積み重なるのを見て、独身44歳バツイチ、男やもめの小汚い部屋で深夜にモニター見ながらニタニタ笑っていたわけです。お、1ドル貯まった、とかって。

ところが表示されるのがドル建てなんで、なんかイヤな予感がしとったんですが、こないだ改めて契約文を読んでガクゼンとしました。なんかこれ、全部米ドルの小切手で送られるんですね。って、今頃気づいてどうする。

で、なんでガクゼンとしたかというとですね、昨年の秋にある外人さんから小切手送られて、その換金で大変な目にあったからなんです。結局その小切手、いまだに換金できてないんですがね…。

外国映画とかだと、パツキン女性がハンドバッグから小切手帳取り出して、サインしてピッと破いて渡すじゃないですか。あれ格好いいなと思ってたんですけどね。現実は甘くなかったです。もう小切手大嫌い!

以下の文章は、昨年の9月と10月、3回に渡ってmixiの自分の日記にアップして周囲に反響を呼んだものです。ふだん我々日本人は、個人で小切手を扱うことなんてめったにないと思いますので、なにかの参考にお読みください。あ、あとこれは海外小切手の換金にまつわるトラブルですので、日本国内で振り出された小切手に関しては、経験上ここまで面倒なことはありません。まあそれでも、普通の銀行振り込みとかに比べれば面倒なことは面倒なんですがね。

●その1(04年9月15日)

この2月に、イギリスのTVから日本のアニメ産業に関するインタビューを受けたんですよ。 逢ってみると、インタビュアーというのがシンガボールの大学で日本学を教えているという女の先生(イギリス人)で、別にTV局員ではないんだけど、BBCにアニメ関連の企画を出したら通ったので、よろしくとのこと。

で、そのときはアニメ評論家のHさんと一緒に受けたんです。それで僕が率先してギャラを請求しましたです。というのは、昨日の今日、みたいな強行スケジュールを要求されたので、僕もHさんも正直キツかッたからです。彼を紹介したのは僕なので、その責任というのもありますでしょう。

まあ相手はほとんど素人同然だったので、実は期待してませんでしたが、そしたら数日前に届いたんですよ。5000円の額面の小切手が。まあ少額だし、小切手での支払いというのも久しぶりなので、面倒くさいから数日放っておいたんですね。

そいで、今日の昼間に近所の銀行に行ったんすが、なんと!
「手数料、2500円いただきます」ですって!
5000円の小切手を換金するのに手数料が2500円!

なんでも問題の小切手はシンガポールの華僑系銀行のもので、額面は円建てだったんですがもろもろの手続きで手数料がそんだけかかるんだそうです。しかも、「換金まで一ヶ月ほどかかります」というんですよ、なんじゃそりゃ。

手数料にそれだけ払うのはシャクなので、とりあえず手続きを中止して、家に帰ってネットでその銀行の日本支店がないかどうか調べてみたんです。そしたら、有楽町にあることがわかりました。オーヴァーシーズ・バンク=大華銀行っていうんだけど。

たぶんそこに行けば、額面のまま換金できると思うんですが、交通費を考えたら、往復でたぶん1500円くらいかかる。なんで欧米人ってあんなに小切手が好きなんでしょうね。あと、みずほ銀行、手数料高すぎるぞ。

●その2 (04年9月16日)

たった今、大華銀行の日本支店に電話で問い合わせたところ、 「小切手の換金はやってません」というつれない返事が。
「必ず、日本の銀行で換金手続きをしてください」ですと。
「な、なぜじゃゴルァ!」とこちらもつい語気を荒げて再度問いただしましたが、受付嬢が困った声で
「なぜと言われましても…そういう決まりですので」

お、おまえさん銀行だろう!
しかもおまえさんの本社が発行した小切手だろう?
なぜに換金できない?

でもまあ、電話で問い合わせておいてよかった。
なんかのついでに丸の内まで行って換金するつもりでしたが、
現地まで行って「換金不能」と知らされるショックを考えると、これでよかったのかも。いっそ小切手の発行主に送り返して「こちらの銀行に手数料そっちもちで振り込むか、国際郵便為替かなんかにしてください」とお願いする手もあるが、5千円じゃなあ……。

それで国内銀行の手数料ですが、俺がメインバンクにしている東京三菱だと、なんと4500円もとられることが判明。
いさぎよく、みずほで2500円払って換金するしか手はなさそうです。
なんじゃこりゃ……。

大華銀行(ユナイテッド・オーヴァーシーズ・バンク=UOB)というのはシンガポールの華僑系銀行で、現地ではかなり有名な銀行みたいですが、どうも正式な日本支店がない模様。 僕が連絡したところも、支店というよりは事務所というか連絡窓口に毛が生えたもののようです。 はたしてまともな銀行業務を行っているかどうかも不明。

ああ、もう面倒なのでみずほでいいです。

●その3(04年10月28日)

さて先月お騒がせした海外小切手国内換金問題ですが、本日、みずほ銀行小田急相模原支店において換金手続きに行ってまいりました。なぜこんなに間が空いたのかというと、単純に面倒くさかったからです。

んで、結論から先に申し上げましょう。窓口でのやり取りの結果、俺は、イギリス人からもらった額面5000円小切手の換金を【断念】することにしました。理由は、以下のとおりです。

まず手数料ですが、ななんと、手数料はみずほに払うだけではなく、発行元のシンガポールの銀行にも払わねばならんことが判明(驚)! みずほ銀行に2500円、シンガポールに500円です。つまり手数料だけで額面5000円から3000円も引かれてしまうのです。

それなら残り2000円でもいいから手続きしようかと思ったのですが、そうは問屋が卸しませんでした(驚)。

実は俺のみずほの口座は横浜支店のものなのですが、小切手の換金は「横浜支店の窓口で行ってください」との一点張り。「なぜよ?どうしてよ?」と問い詰めましたところ、「うちでも不可能ではないですが、手続きが非常に煩雑になります。お客様には日を改めて、3回ほどご来店いただくことになります」・・・・! なぜそんなに面倒なのか、どんな手続きをするかはよく教えてくださいませんでした。

では小田急相模原支店で別口座を開きます。この場で開きますから手続きしてください」と俺が詰め寄ったところ、

窓口「小切手換金目的の口座開設はご遠慮願っております
俺 「ええええ? でも普通に貯金用口座としても使いますよ。それでも駄目なんですか?」
窓口「それは別にかまいませんが、ある程度の取引実績のある口座でないと、小切手の処理ができないんです
俺 「ある程度って、どのくらい
窓口「まあ、数ヶ月は
俺 「それで、たしか小切手って期限がありますよね
窓口「ええ、半年経つとその小切手は無効になります。再発行の手続きが必要ですね
俺 「じゃ、だめじゃないすか!」

窓口は女の人からそのうち係長クラスっぽいオッサンまで出てきて、物腰は丁寧なんですが結局「お客さん、たった5000円かそこら、あきらめたらどうすか」みたいな態度がみえみえ。

横浜支店だったらすぐ手続きに入れるっていったって、うちから横浜まで往復1000円くらいは電車賃がかかります。すると、残りは1000円あるかないか。その千円のために、わざわざ横浜まで行くかどうかの話ですよ。

なんかこう、カフカの小説の主人公になった気分です。これを読んだ皆さん、誰かに嫌がらせをしようと思ったら、海外の銀行で千円くらいの小切手を発行してもらって、そいつに送りつけるのが一番ですよ!

※追記

ネットで調べたら、いわゆる海外のオンラインカジノでこの種のトラブルが多いようですね。
つまり、カジノで何千円か勝ったとしても、向こうは小切手で送ってくるわけですよ。それを換金しようとすると、今回の俺みたいな目にあって、手数料で損するから結局断念する。そのまま半年放置すると無効になるから、先方は賭け金丸儲けになるという仕組みです。あの手のカジノで何万も勝つのは難しいでしょうから、これは合法的な詐欺ですね。

それで、格安の手数料で小切手を換金する代行業もあるようです。ただしこれも業者が指定する銀行に口座を開かなければならないとか、ものすごく面倒です。

最後まで理解できなかったのは換金手数料の基準
銀行によっても微妙に違うみたいだし、なぜこのような金額になるのか理解に苦しみます。ひとつだけはっきりしているのは、少なくとも数千円規模の取引については最初から想定していないということです。

手続きが煩雑なのも、たとえばマネーロンダリングとかを警戒しているのかな。よくわからない。銀行七不思議のひとつですね。


たけくまメモMANIAX

| コメント(49)

“海外低額小切手の恐怖” への49件のフィードバック

  1. ikik より:

    海外の小切手を日本で換金する場合は
    シティバンクが手数料安いそうです。
    (ただし口座の開設の必要有り)
    シティバンク発行の小切手であれば
    手数料0円、他のものは1000円くらいで
    いいそうです。他から聞いた話なので
    詳しくはわかりませんが。

  2. たけくま より:

    でもシティバンクってあれでしょ、口座維持手数料ってのがかかるんだよね。よくわからないんですけども。

  3. woo より:

    口座にいくらか金があったら維持手数料いらんと聞いた事がありますよ

  4. yama2k より:

    維持手数料2100円/月、口座に50万以上の平均残高があれば維持手数料要らないそうです。
    桁が一個間違ってんじゃないの?って思ってしまう額ですね。

  5. たけくま より:

    ↑マ、マジですか…。ボッタクリもいいところですねえ。

  6. shin より:

    はじめまして。AdSenceの報酬ですが、日本円での支払いが始まるまで保留することが可能ですよ。
    詳細は以下のURL「お支払いの留保」の項。
    https://www.google.com/adsense/payments
    メールの送信先は adsense-jp@google.com になります。
    ただし、いつ日本円での支払いが始まるかは、まったく判らないのですけれども。
    他にも、米国小切手のみですが、以下のようなサービスを利用する方もいるらしいです。
    http://www.get2cash.com/

  7. たけくま より:

    >shinさん
    や。これはどうもありがとうございます。小切手換金業のページはいくつか見たんですが、なんか面倒くさいのが多くて躊躇してました。ここはよさそうな感じですね。
    ほんと、いつになったら日本円の支払いになるんでしょうねえ。あとこれまで円高、円安と言われてもピンと来なかったんですが、これを始めてから気になるようになりました。

  8. ぽぽろん より:

    はじめまして。ぽぽろんと言います。海外の銀行の話題が出ているようなので失礼いたします。
    シティーバンクの口座を使ってました。ってことで、手数料に関してなのですが、日本円のみなら50万以上。外貨で預金してあるならばそれを日本円として換算した場合20万以上あれば口座維持手数料は免除になります。
    それと、この口座維持手数料は、支店のATMを使った場合24時間預入金利用手数料が無料になるのでこの金額みたいです。つっても最近はもっと安くて同じサービスのところも結構あるみたいですけどね。
    それと、この外貨の口座はあまりにも使いにくくて・・・ただひたすら貯めるしかノウが無いような口座です。
    今現在留学しているので、シティーの外貨預金でもいいかなと思っていたら、専用のキャッシュカードを作らないと、海外において外貨口座の部分から預金が下ろせないんですよねぇ。一応銀行のATMネットでも下ろせるんですけど、日本円の口座から落ちるみたいですし、毎回手数料が掛かるのがかったるかったので、解約して現地の口座にまとめてしまいました。
    とりあえず留学や出張する人で、出先ににきちんと支店があるならば作っても損は無いと思いますけど、そうじゃないならば、作るのも微妙かも知れませんね。現地で一番メジャーな銀行の口座を作るのが無難だと思います。
    長々とすみませんでした

  9. たけくま より:

    ↑結局、シティバンクは使いづらいと…。

  10. 匿名 より:

    >独身44歳バツイチ
    全然関係ない話で済みません。
    本文でさらっと書かれてるのですが、驚きました。
    桜玉吉氏の漫画で年の離れた奥様が居ると数年前に読んだ記憶があるものですから・・・

  11. たけくま より:

    ↑ええ、見事に別れましたよ(笑)とほほほ。

  12. ふじー より:

    はじめまして。
    元銀行員なので、気になり書き込みしました。
    小額小切手の現金化に関しては本当に窓口でモメます。
    手数料は高すぎるし、時間も掛かりすぎだと現場の銀行員も思っていたりします。
    手数料に関しては各行ごとに委ねられているので何とも言えませんが…、
    現金化までの時間に関しては、小切手を切った当人や、その小切手の発行銀行自体
    の信用状況の確認を海外にするとなると…遅い。返答がとにかく遅いんです。
    海外銀には自分の仕事以外は関係ない、時間外労働なんてありえない、
    という人が多いようです。
    それから、最近マネーロンダリングがおおっぴらなので、海外送金や小切手取立て
    は口座を持っている支店でないと出来ないと通達している所が多いようです。
    顧客の立場からすると「知るかよ」といいたくなるような話ですが。
    今度は、邦銀の外貨預金口座へ振込みをしてもらうようにされてはいかがでしょう?
    口座維持手数料は取られないと思います。
    ただ…入金時に色々言われるかもしれませんが。
    (このお金は何ですか?←マネーロンダリング対策で)
    しかも、銀行によっては手数料がかかる場合も(おい!結局取るのか)。
    長々と失礼しました。

  13. たけくま より:

    >ふじー様
    コメントありがとうございました。そうか、やはり現場の銀行員でも理不尽には思われているのですね。そりゃそうだよなあ。
    欧米では主婦がスーパーのレジで小切手切ったりするそうですが、システムがまったく違うのでしょうね。くだんのイギリス女性も、たぶんまったく悪気はない(というか日本の事情を知らない)だけなので、抗議する気にもなれず…結局そのままになっちゃってます。

  14. wednesday より:

    先日、バンク・オブ・アメリカから振込を受けまして、現地銀行の手数料が3000円、こちらの銀行の手数料が2500円でした。かなりムッときました。
    情報通信がいくら発展しても、結局モノやお金を遠隔地に移動するのはまだまだとてもコストがかかることのようです。何かいい手はないかなあ。

  15. 海外小切手の憂鬱

     週に2回ぐらいの割りで巡回しているブログにたけくまメモさんがあります。私も昔彼の著作「サルまん」を読んだことがあるので、いつも興味深く読ませてもらってます。

  16. ふじー より:

    現状では銀行の口座に入金してもらう、または小切手などで
    「確実に取引したい場合」はどうしても手数料が高めですね。
    一応、Paypalという方法もあります。登録も利用もほぼ無料。
    メールアドレスを使っての送金、受取ができる、
    ネット銀行のようなものです。
    クレジットカードの仕組みを利用します。
    (すみません、使ったことはありません)
    そこから自分の銀行口座に入金したりするのは、
    500円程度の手数料がかかります。
    http://www2.ocn.ne.jp/~okodukai/paypal
    ただ、相手がPaypalを使ってくれる人でないと
    駄目だし、米ドルが基本だし。
    悩ましいですなぁ。

  17. 通りすがり より:

    この際adsenseとっちゃったらどうですか?
    邪魔で邪魔でしょうがないんですけど。。。

  18. たけくま より:

    >通りすがりさん
    これでも多少はネット代の足しになるのでしばらく続けさせてください。邪魔にならんようレイアウトは今後工夫するつもりです。

  19.  小切手ではありませんが、
    海外との少額決済の場合には郵便局の国際送金サービス
    (IPMO:International Postal Money Order)
    が手数料も安く、日本中の郵便局で受け取りが可能で便利です。
    http://www.yu-cho.japanpost.jp/s0000000/ssk20000.htm
    (日本から海外への送金の場合、10万円までなら手数料は大抵1000円です)
     ただし、IPMOに慣れていない郵便局だと、受け取りには20分近くかかります。
     一度、先方に事情を伝えて小切手を無効にして貰い、
    再度IPMOで送金して貰ってはどうでしょうか?
     

  20. 他山の石 より:

    きーぼードマニアと海外小切手

    まだ立ち上げて1ヶ月なのに53万もカウンターが回ったと言う「さるまん」の作者であり「きーぼードマニア(*)」な竹熊健太郎氏のblogたけくまメモに、海外小切手の…

  21. NT総研 より:

    海外低額小切手の恐怖

    たけくまメモ: 海外低額小切手の恐怖 最近udosoさんにGoogleのアドセンス広告を進められ、私も始めてみようかな?って思ったんですが・・・ 支払いは米ドル…

  22. Googleアドセンスでよくある悩み―海外少額小切手の換金は面倒―

     この前、Googleアドセンスの小切手を換金した時に、銀行で面倒なことになってなんだかなあと思っていたんですが、竹熊健太郎氏がその辺の事情を詳しくまとめてまし…

  23. 海外定額小切手の話

    ニュースサイトを巡回していたら見つけた海外定額小切手の話。 え、5,000円の小…

  24. orange CLEANER より:

    Googleアドセンス、海外少額小切手の換金

    ただの関連リンク集という感じでメニューのところにこっそり置いてある表ブログのGア…

  25. 海外低額小切手の恐怖

    たけくまメモ: 海外低額小切手の恐怖この正月から、グーグルのアドセンス広告を出しているんですが、俺の悪い癖で、ろくすっぽ注意書きも読まないで登録しちゃったんです…

  26. 一日一杯 より:

    海外低額小切手

    実は去年からmixi日記で知ってた、たけくまメモ。
    この中の海外低額小切手メモ

  27. 電脳青年卍 より:

    AdSenseの落とし穴

    海外低額小切手の恐怖
    どうせこのブログはアフィリエイト禁止だから関係ないんですけど、AdSenseで儲けたとしてもその後が大変みたいですね。いろんな人がい…

  28. しぃ より:

    私はネットカジノをやっているので
    よく小切手が送られてきます。
    リンクセンスという会社で代行してもらってます。
    あ、私、この会社の人間じゃないですよw
    3回ほどお世話になりましたが、
    ちゃんと支払いしてもらいましたよ♪

  29. 海外低額小切手の恐怖

    この記事から学んだこと
    1.銀行は小口の顧客をカモくらいにしか思っていない
    2.オンラインカジノは合法詐欺
    3.小額小切手は嫌がらせ

  30. ポールのミラクル大冒険

    http://memo.takekuma.jp/blog/2005/01/post_10.html
    この記事から学んだこと
    1.銀行は小口の顧客をカモくらいにしか思っていない
    2.オンラインカジノは合法詐欺
    3.小額小切手は嫌がらせ

  31. orz today より:

    これは面白い。

    たけくまメモ: 海外低額小切手の恐怖

  32. sakura より:

    たけくまさん、こんばんは!
    たまたま流れてきました(^^♪
    ゲット2キャッシュ
    http://www.get2cash.com/
    と言う会社で、お友達が換金して
    問題が無かったそうです。
    私は、まだ換金した事ないのですが
    アドセンが貯まった時どうしようか
    と思い探し出しました。
    以前、銀行で米ドル小切手の換金をした事が
    ありますが、行員も慣れてないから嫌そう、
    行員がミスをして、後日銀行まで行かないと
    いけなくなった、手数料も馬鹿高いと
    良い事が無かったので・・・
    私が実際に試した会社じゃなくて
    申し訳ございませんm(__)m

  33. MODULE.JP より:

    米国ドル小切手 – 私の処理方法

    なんかGoogle AdSenseでUSドル建て小切手の換金が、手数料だなんだで面倒くさくて…という話を散見するので、お勧めというか私の場合のお話。

  34. sorama より:

    初めまして。
    銀行に振り込んでくれと伝えても、しつこく小切手を送ってきて、小額小切手には参りますよね。
    私は換金にリンクセンスさんを使っています。
    http://linksense.jp
    全く知らないところだったのですが、
    小額なのでだまされてもいいかーと預けてみました。
    時間は掛かりますが、手数料1000円+振込手数料で換金して頂けました。

  35. ayu より:

    初めまして。僕もこの件、激しく悩みまして、色々試行錯誤した結果、上の方がコメントされている、get2cashというところで換金に成功しました。
    http://cross-breed.com/archives/200501242146.php
    ↑に詳細を載せています。よかったらどぞ。

  36. たけくま より:

    ↑いやみなさんありがとうございます。
    現時点ではget2cashがよさげな気がします。
    なにかあればまたこちらで報告します。

  37. きくみる より:

    [お金]支払いは小切手で

    http://memo.takekuma.jp/blog/2005/01/post_10.html 洋画を見ていると、交通違反の反則金をクレ…

  38. Googleから小切手キター

    天下のGoogle様からエアメールが届きました! 興奮しながら開封すると、中には額面がiPod shuffle1GBぐらいの小切手が。やほーっ。小切手って初めて…

  39. 某編集者 より:

    小切手換金のさいに口座作りにいったらごねられましたが、もっと上の上司判断を仰がせて最終的に作成させました。みずほの旧第一勧銀系店舗は特に融通が利かないようです。

  40. audiofan.net より:

    Google Adsenseが日本円に対応するまで支払いを保留にした

    Nucleasについて調べてたら、「やっちゃいましたー」というエントリで、日本円での支払いが始まるまでGoogle Ad…

  41. Knack81 より:

    初めて書き込みさせていただきます。
    http://www.get2cash.com
    ここでは小切手を郵送すると
    15%の手数料で3営業日振り込み
    10%の手数料で10営業日振り込み
    5%の手数料で30日以内振り込み
    してくれるみたいです。
    もちろん、ここから口座への振り込み手数料は負担しなければなりませんが口座の銀行の指定はないようです。

  42. GoogleAdsens

     郵便受けを見ると外国からの郵便が届いていた。なにかと思って開封するとGoogleAdsensの報酬が小切手で入っていた。 w(゜o゜)wオオー! 外国から小切手は初めてである。額面は103.46USDであった。  (・_・?)はて、どう換金するのか。 色々調べてみました。 BL……

  43. Google AdSenseとCITIゴールドカード

    アメックスゴールドに関しての話は一旦置いておいて、今回はCITIゴールドカードと…

  44. [雑]小切手

    オータムマガジンより [http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20050701162919:title]  最近小切手を見ないなぁと思っていましたが、まだ現役なんですね。それにしても、手数料がたかいですねぇ。  で、検索してみたらアンテナに載せているたけくまさんのところにも同じような話題がありました。読んだ覚えがあるようなないような(笑 [http://memo.takekuma.jp/blog/2005/01/post_10.html:t…

  45. 海外低額小切手の恐怖

    やばい。ところが表示されるのがドル建てなんで、なんかイヤな予感がしとったんですが、こないだ改めて契約文を読んでガクゼンとしました。なんかこれ、全部米ドルの小切手で送られるんですね。って、今頃気づいてどうする。 …

  46. Kanegon's diary より:

    Google Adsense

     Google Adsenseを導入してみました。

  47. Kanegon's diary より:

    Google Adsense

     Google Adsenseを導入してみました。

  48. sima2*blog より:

    Google、AdSenseに紹介プログラムを導入

    今日アドセンスにログインしたら出てました。 紹介プログラムなのですね。 世界で…

  49. 不幸の手紙

    海外から手紙が届きました。さすが、俺様。デキル男は国内だけにとどまらならないな、と感心していました。中をあけると、なにやら見慣れぬものが。あたりまえのことながら、全部英語。胃カメラと英語だけは苦手、というよりアレルギー、なんで、困ってしまいました。よ〜く、読んでみると、「CHECK」と「GOOGLE」の文字がありました。前者はともかくとして、後者はさすがにわかりました。グーグルですよね。検索エンジンの。なるほど、これが悪名高きGoogle Adsenseの海外小切手ですか。換金するのに手数料が何千….

« | トップページ | »