たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2005年2月7日

「電車男」、途中まで読んだ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

いまさらながらの「電車男」ですが、こないだ冒頭部分をちょこっと読んで以来、いろいろ忙しいことが続いて読めませんでした。今日は早起きしたので午前中に半分まで読んだ。エルメスと二回目のデートを終え、彼女の家に送っていくまで。

なるほど~、確かにこりゃハマルわ。リアルタイムで読んでいた(参加していた)人はとてつもなく面白かっただろうなあ。まあ2ちゃんねるではネタかリアルかを問わず、ときどきこういうスレッドが立つけど、これはかなり面白いスレなんだと思う。

でもやってることは、こういってはなんですがたいしたことないというか。まあ独身男性(毒男?)にとってはたいしたことなんだけれども、たぶんこれだけでは普通本にはならない内容だよねえ。痴漢から彼女を救ったという導入も、恋愛小説のコンテストに出したらまず、ボツになるようなものだし。でも2ちゃんという場で、微に入り細を穿ちリアルタイムで進行していくという臨場感はすごいものがある。

ここまで細かい描写があって、しかもリアルタイム進行というのは過去のメディアでは得られない魔力がありますね。むしろあまり凝りすぎたシチュエーションだと、かえってこういう現実感はでないのではないか。まあ現時点で俺にはネタかリアルか判断できませんけど、仮にこれがネタだとしたら、かえってそっちのほうがスゴイと思いました。天才的なゲームマスターでないとなかなかここまで引っ張れないのでは。まあ最初にそういう磁場みたいな空間ができさえすれば、参加者のパワーでどんどん肥大していくのかもしれませんが。

とりあえず、途中なので最後まで読んだらとりあえずの感想を書きたいと思います。

締め切りは15日か……まあ、なんとかなるだろう。

※(3)につづく→

たけくまメモMANIAX

| コメント(10)

“「電車男」、途中まで読んだ” への10件のフィードバック

  1. pochi より:

    電車男って、切込隊長の知り合いらしいですね。

  2. naga より:

    >参加者のパワーでどんどん肥大
    まぁ、それを書籍化しようとして、
    やけどしてるところもありますが…
    詳しくは↓
    『犬にかぶらせろ!』
    『毒男』その後
    http://d.hatena.ne.jp/gotanda6/20050206#dokuo
    いろいろですねぇ…
    >締め切りは15日か……
    がんばってください(笑)。

  3. ああ より:

    >仮にこれがネタだとしたら、かえってそっちのほうがスゴイと思いました
    それをテーマにしあげちゃえばいんですよたけくまさん。迷うことないです。

  4. 忍天堂 より:

    >仮にこれがネタだとしたら、かえってそっちのほうがスゴイ
    自分も、そう思います。
    ネタだとしたらアドリブでここまで引っ張っていったのか
    ある程度のプロットはあらかじめ用意していたのかが気になりますね。
    >参加者のパワーでどんどん肥大していく
    嘘をつく事ではなく参加者全てを納得させる面白い物を作り出させなくなる恐怖で
    自分ならビビってエルメスとくっつく前に途中で降りちゃいますね(笑)
    告白成就後のエルメスとのカーセックス編が途中で終わったのも
    臨界点を超えたと作者が判断したのでしょう。
    これがもし漫画で商業誌に連載されていたのなら
    「倦怠期編」「不倫編」「別離編」とダラダラ続いていたのかも知れませんね(笑)

  5. nomad より:

    僕は「いげろう」スレに激しくシンパシーを感じるんですがね。。
    拉致関連 総合にまとめスレあり
    http://myjulia.jog.buttobi.net/

  6. qzmp blog より:

    結局郡司さんで締めてしまいました

    竹熊健太郎氏が京浜東北線男を読んでるそうで(以下検索除けのためDと表記)、

  7. ああ より:

    >臨界点を超えたと作者が
    ここでいう作者というのは参加者も含めて、ですね

  8. 今週、妻が浮気します

    いま話題の「今週、妻が浮気します」をネット上(原典)で読破しました。また、これを本にしたものが昨日発売されたそうです。
    今週、妻が浮気しますGoAhead…

  9. 電車男、冷めた読者を再読に向かわせる方法

     今さらながら読みました、「電車男」。いや、さすがに話題になっている本なので、だ

  10. 独身男性、母と実家で二人暮らし

    実家暮らしは、家賃や生活の面倒などのお金がかからず、家事も手伝わず、何かと優雅な生活を送っているという…

« | トップページ | »