たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2005年3月22日

【告知】第2回吉祥寺アマチュアアニメーション映画祭の応募要項

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

昨日のトピックでも少し触れましたが、ここに改めて告知させていただきます。
今年の10月に予定されている、第2回吉祥寺アマチュアアニメーション映画祭についてです。ちょっと正式名称が長いので、なんかいい略称とか愛称がないものか、考慮中です。
これは99年から始まった武蔵野市商工会議所主催の「吉祥寺アニメワンダーランド」という企画の一環として、昨年から始まったイベントです。ただ昨年は準備期間がほとんどとれなかったので、俺の知り合いの美大生に声をかけて作品をかき集めて上映したので、完全にアート寄りの無料上映会となりました。賞も参加賞を全員に手渡すというもので、コンペもやりませんでした。まあ、第一回は事実上のプレ企画で、今年が本番だと考えてください。
それで今年から作品を公募することにしました。賞金も出るようですが、額についてははっきり決まったら告知できると思います。


●映画祭の告知ページ
http://kichifes.jp/index3.html
●応募要項のページ
http://kichifes.jp/animation/yoko.html
第1回は美大生のアート系作品中心でしたが、もちろん『ほしのこえ』のような娯楽作品も可です。あと、告知には載せてないんですが、本コンペとは別に15秒~3分くらいで「一発バカアニメ」みたいなものも募集したいと考えてもいます。ネット内のフラッシュでもいいんですが、短くて笑えるやつ。こういうのは、どの映画祭でもウケるんですけど、なかなか上位入賞が難しいんですよ。なんとか、今年はゲリラ的にでも上映会をやってみたいので、自薦・他薦があればよろしくお願いします。
それで母体企画である「吉祥寺アニメワンダーランド」ですが、吉祥寺の商店街のみなさんが手弁当で和気藹々とやっている町おこしのイベントです。最初は代理店が間に入って、西川りゅうじん氏が企画を仕切っていたんですが、だんだん商店街の人たちがノッてきて、アットホームないい感じの催しになってきました。
●去年のアニメワンダーランドのサイト(今年のはまだできてません)
http://www.kichifes.jp/wonderland/home.html
それで「どうせなら、吉祥寺の街から“作家”が育つイベントがあってもいいよね」ということで、俺が企画を立てさせていただきましたが、主催はあくまでも商店街です。映画祭にしても、老舗の映画館であるバウスシアターの社長さんのご厚意でタダで劇場が借りられるなど、条件としてはこれ以上ないくらいですね。
『ほしのこえ』や『スキージャンプ・ペア』のヒット以来、自主制作アニメにも業界の興味が高まっているようです。昨年は定員50名の小屋でささやかにイベントを行ったんですが、そこにも東北新社の社員が見に来ていてビックリしました(特に招待もしてないのにです)。話を聞いたら、自主作家でもいい才能がいたらバックアップしたい、とのことで、さすがプロは違うなあ、と感心しましたよ。
そんなわけで、現在作品制作中の方、すでに完成している人、どこかのアニメ映画祭に応募したものでも結構ですので、ふるってご応募ください。

たけくまメモMANIAX

| コメント(6)

“【告知】第2回吉祥寺アマチュアアニメーション映画祭の応募要項” への6件のフィードバック

  1. 情苦 より:

    略称は「吉アニ」っていうのはどうでしょう・・・
    ・・・安易すぎますね(笑)

  2. メモリ より:

    「マチュメーション吉祥祭」あんまり略されてないですけど。

  3. 長谷邦夫 より:

    「マチュメ」いいですね。
    「町メーション」大賞!とかね。

  4. たけくま より:

    単純に「吉祥寺アニメ祭」でもいいのかなあ。一応、商業媒体で発表していない作品ならば、プロ作家の参加も歓迎するので、「アマチュア」と名称に冠すると限定することになってしまうのかも。
    「吉祥寺まんがまつり」「吉祥寺チャンピオンまつり」とかね。…若い世代には意味が通りづらいか。

  5. Orange より:

    あまり凝った風にしてもしらけるので
    しれっとした名前がいいですね。

  6. より:

    次は「ライトノベルは何故完結しないのか」
    でもやってください。

« | トップページ | »