たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2005年5月9日

【告知】今日は電波祭

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

●しろはたさんの告知ページhttp://ya.sakura.ne.jp/~otsukimi/hondat/kimoi/denpamatsuri.htm

えー、本日は夕方7時頃から新宿ロフトプラスワンで開催されます本田透氏のイベントにお呼ばれしてきます。なんかやれとのことで、先日ここでも予告した『喪男としての黒澤明』についての研究発表をやりますのでよろしく。後日、きちんと文章化してたけくまメモでもアップする予定です。

それから本日中に共同通信の書評コラムを書かねばなりません。間に合うか? そんなわけで今晩は更新できないかも。落ち着いたら『平田先生訪問記』のつづきを書きます。

たけくまメモMANIAX

| コメント(20)

“【告知】今日は電波祭” への20件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    喪男って、初耳なんですが、ネットじゃ
    常識なんですか? 意味は調べてわかりましたが。

  2. 青蛙堂 より:

    そういや昨日の「週刊ブックレビュー」で『電波男』が激賞されてましたね。

  3. たけくま より:

    いましがた終電で帰りました。
    いや、全体に年齢層が若くて、もう出てくるアニメやゲームのことも大半は分からず、ああ、もう俺はオタクとしては現役ではないのだ、と感慨深かったです。
    しかし物思いにふけっているヒマはない。これから原稿を書かねば。ひー。

  4. 小吹 将人 より:

    初めてコメントさせていただきます.
    今日ロフトに行きました.竹熊さんのことは、中学生の頃サル漫を読んで以来のファンです。
    初めて生の竹熊さんを拝見することができ感無量で、特に元奥さんの雪の降る日に人形を持ってきたのくだり、最高に笑わせていただきました。
    想像していた通りのしゃべり・仕草で最後まで大満足のライブでした.
    ブログ・著作等全て拝見させていただいています。今までありがとうございました.そしてこれからもよろしくお願いします. では

  5. 匿名 より:

    昨日は電波祭に死ぬほど行きたかったのですが、仕事の都合で行くことが出来ず、泣く泣くあきらめました。かなり盛り上がったのでしょうか。
    ところで共同通信の書評コラムでは、やはり『電波男』を採り上げられるのでしょうか?これも読みたいなあ。

  6. kousinpage.com より:

    いつも拝見しております。
    リンクさせて頂きました。メルアドが見当たらなかったのでここに書かせて
    頂いております。
    http://kousinpage.com/bnews/
    からリンクさせて頂いております。よろしくお願いします。何かございましたら、メールにてお願いいたします。
    とりいそぎ、ご報告まで。
    ご迷惑でしたら、読んだらすぐ削除して下さい。

  7. たけくま より:

    リンクは、特に断らなくても結構です。メアドはプロフィール欄か、こうしたコメント欄の僕の名前をクリックすれば送れるようになってます。

  8. 楽しかったです より:

    昨日の電波祭り行きました。
    竹熊先生の話めちゃくちゃ面白かったです。
    黒沢明監督に興味はなかったのですが「どですかでん」は一度じっくり見てみたいと思いましたw
    第一部が終わって休憩時間に入る時に40代くらいで長髪の貞子みたいな女が壇上近くに突撃していたように見えたのですが大丈夫でしたか?

  9. 本田 より:

    夕べはどうもありがとうございました! 竹熊さんのトークは本当に面白かったです。あっという間の4時間でした。
    なお壇上に来てた女性の人はお店の関係者なので大丈夫です。(・ω・ )

  10. たけくま より:

    ↑本田さんもお疲れ様でした。もうすごい盛況でビックリしました。

  11. 本田 より:

    機会がありましたら竹熊さんと平田先生の「平田先生ナイト」を是非観たいです。

  12. 電波祭り!

    前から楽しみにしていた、電波男の著者であり、もはや私の中では神である本田(しろは

  13. 吉田尚記 より:

    昨日はありがとうございました。
    2部でちょこっとだけお邪魔した
    某放送局のアナです。
    昨日はご挨拶も出来ずに失礼しました。
    桜玉吉さんの漫画に出てくる、
    「ずーっと竹熊さんの攻撃」という
    シーンを生で目の当たりに出来て、感激でした。
    私もこちらのBlogの愛読者の一人で、
    アフィリエイトでヤングの本や平田先生の本、
    買わせて頂いております。
    平田ナイト実現の折りには、
    何をさしおいても駆けつけたいと思います。
    コメント欄でのご挨拶、失礼致します。

  14. たけくま より:

    ↑お、某放送局のアナさん。こちらこそご挨拶もできませんで失礼しました。
    平田先生ですが、なんか「萌え」Tシャツ商品化の件がマジで動き出しそうです。青林工藝舎は貧乏なので、妙な商魂がうずきはじめたと思われます。平田ナイトは…ははは、先生のお気持ち次第ですね。私ではなんとも。

  15. kaoru より:

    おお、商品化の動きが!
    その商売っ気を潰れる前に(略
    多くの人に喜ばれる物なら堂々と稼げばいいと思います。楽しみだーー。

  16. m.d より:

    お世話になります。 電波祭り行きました。
    いわゆる「ネクラ」の私には自分自身ですら知らなかった次元まで笑わせて、
    楽しませていただき、その上、「恋愛がなかった人生の肯定」までしていただき大感謝でございます。
    ・・・とちょっと止まらないので、あえて先に大事なことをお聞きたいのですが。
    「サルまん」なのですが、既にご存知かもしれませんが、
    http://www.fukkan.com/ の利用は難しいでしょうか?
    まったく関係ありませんが、私が期待してる
    http://www.fukkan.com/vote.php3?no=2013 は交渉予定に入ったようです。
    作者の方にお金が落ちない話で失礼ですが、
    私、一ヶ月少々前「電波男」をみて初めて中野ブロードウェイに
    行ったのですが、そのときまんだらけの商店街通路に面しているレアもの?メインの
    ガラスケースの中で一番目立つ高さに「サルまん」が綺麗に透明フィルムでラッピングされて展示されていました。
    その時「これなら大丈夫じゃないかな・・・」と思いました。
    優柔不断してたら、あっという間に売れて、またもや読めず。
    ちなみに初めて竹熊さんを知った、スキゾとパラノの2冊は今でも
    きちんとしまってあります。

  17. 長谷邦夫 より:

    Tシャツ、購入出来たら、これを着て
    大学で『血だるま剣法』の講義を
    番外でやってみせます。
    68歳、男の約束です。
    女子大でも(笑)
    真剣です。平田先生ですから
    真真剣です。

  18. たけくま より:

    長谷先生にそんなこと言われたら、私も大学でやらざるをえないではありませんか。

  19. 長谷邦夫 より:

    ↑はやらせましょう。
    夏休みの集中講座、椙山女学園大で
    マンガ論と別にやるんですが、昨年の
    少数とはうって変わって、大分おおい。
    <かわいいカルチャー>大塚英志も
    取り上げたりします。
    ついでに<萌え>やっても面白いし。
    名古屋の夏は暑いしTシャツ講義
    ピッタシです。

  20. 匿名 より:

    これを読んで電波男を思い出しました。
    http://media.excite.co.jp/book/daily/thursday/001/
    電波祭ではファントム創刊宣言はなされなかったそうですが、ぜひとも成功させていただきたいものです。

« | トップページ | »