たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2005年5月12日

ギャース!ハレルヤ4号が…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

P1000241壊れた…。ハレルヤ4号というのは、前にも書いたと思いますが俺の自作パソコン4号機でして、やっかいなことにデータサーバとして運用しておるのです。さっきまで何事もなく動いていたんですが、急にOSをきちんと認識しなくなって、再インストールしようとしたら、どうもOS用のHDDが壊れている様子(再フォーマットもできない)。

ほいで、慌てて別のHDDを入れてOSを入れたんですが、なんかデータ用に組み込んでいたハードディスク6台(各250G)のうち、一台が「未フォーマット扱い」になってしまっている。ここでフォーマットかけてしまったら中にあるはずのデータがパーになるので、何もできず…。明日、ヨドバシでデータ復旧ソフトを買ってくるしかないのか……なんかいいソフトないですかね。

こんなことは初めてです。というか、今までが運がよすぎたのか。まあ仕事に使う重要データは別のPCにバックアップをとっているので、業務に支障はないとはいえ、ショックで何もできません平田先生訪問記の続きを書いていたんですが、本日中の更新はちょっと無理になりました。期待されている人、もうしばらくお待ちを。

たけくまメモMANIAX

| コメント(27)

“ギャース!ハレルヤ4号が…” への27件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    ファイナルデータなんか有名ですね。
    私はパソコン関係の仕事してますが、何度も助けられました。
    ファイルの検出だけできる試用版がダウンロードできますので、試用版でファイル検出可能か判断してから購入するのもありですね。
    http://www.finaldata.ne.jp/f_3_3.html

  2. たけくま より:

    ↑お。ありがとうです、ファイナルデータですね。さっそくチャレンジしてみます。

  3. 弘史左衛門 より:

    それがしも、同じ現象が起きて、結局初期化するしかなかったです。HPに書いてあります。

  4. より:

    悪い事は言いません。次からRAIDにしましょう。
    #しかし容量から言ってビデオ用か?
    #6本も入れているならRAID 5でしょうかね。
    Windowsで全部やるんじゃなくて、データのみをRAIDできちんと護っておき,それを普段使うマシンからmountするのが吉。
    Dan the Man with Too Many Broken HDDs

  5. otsune より:

    FINALDATAをかけるのもオススメですが、まずクラッシュしたHDDをあまり酷使しないことをオススメします。
    センチュリーの「これDo台 TWIN」のような機器で、同容量の新品HDDにデータHDDをイメージコピーして。FINALDATAでサルベージ作業をするのは、そのコピー先のHDDに対して実行します。
    そうすれば元データHDDの損傷が最小限で抑えられます。
    これDo台などの機器が無くても下記のようにLinuxなどを使ってイメージコピーする方法もあります。ただ技能が多少必要です。
    http://gapo.zive.net/knoppix/right.html
    KNOPPIXを使用したハードディスクデータ救済方法
    http://fromto.cc/hosokawa/diary/2002/20021107-home1/index.html
    2002/11/07 自宅(1) 「復活の日: FreeBSD ディスククラッシュ事件総括」
    http://www.century.co.jp/products/kd2ful.html
    これdo台 KD-2/FUL

  6. さいとう7 より:

    もし予算に見合う価値のあるデータなら、データ復旧業者に依頼するという手もあります。概ね10万円前後かかりますので、かなり高価ですが。
    もし業者に持ち込むなら「まったく手をつけない・何もしない」状態で持っていくのがベストらしいです。
    Googleで「データ復旧業者」などで調べられてみるとよろしいかと。

  7. たけくま より:

    幸い、クラッシュしたHDDにはデータ業者に頼むほどのものは入っていないんですが、過去のLDやVHS資産からデジタル化した映像データがかなり入っていたので、その手間を思い返すとガックシなのです。
    2層のDVDディスクがもっと安くなったらそちらにバックアップしようと考えていた矢先でした。
    RAID5は、もちろん考えてはいましたが、それ用のボードがあまりに高価なので二の足を踏んでいたというのが正直なところです。結局コストパフォーマンスとしてはHDDが今のところ一番なので、それで分散バックアップというイージーな手段をとっていたわけです。
    しかしまあ、こういうことがあるとそうも言ってられませんね。次にまとまったお金が入ったら、RAID5に踏み切るか…。
    こういうデータ保護問題は、PCを使う限り永遠の課題になるのですかね。

  8. ああ より:

    めかおんちにはついていけないわだいでございます

  9. 弘史左衛門 より:

    最近も80GのHDが未フオーマット状態になってしまいました。
    やはりメルコBUFFALO製です。
    悲しいかな、大切なデーターも消してしまう初期化しかありませんでした。くそったれめが〜〜〜!
    メルコが信用出来なくなりました。インターフース回路が弱いのかもな〜…。Maxterにも にがい経験が…。

  10. 牌_フェディダ より:

    RAID5な1TB箱おいときますね。
    ( ´∀`)つ【TeraStation】
    http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/catalog/storage/terastation/
    うちは、週30番組録画のヘビーローテーションをしてます。
    録画→xvid圧縮→1クール溜まったらDVD-Rに焼く。
    という感じですかね。
    そろそろ、DVD-R買ってこなくちゃ。50枚ほど(阿呆

  11. rosta より:

    わたしも今年のはじめ、120GのLAN接続HDがトラブルおこし、保存していたファイルが読めなくなりました。
    やはりメルコBUFFALO製です。メーカーに出したら初期化されてチェックされるも異常なしとのこと。結局データがなくなっただけ…。

    アーカイブとしてのサーバはやめたほうがいいんでしょうね。

  12. むうみそ より:

    ハードディスクは消耗品と考えて、壊れる前に新品に差し替えるのも手ですよ。
    自分は大体2年位で新しいHDDに移行しています。2年くらい経つと容量が倍に増えて値段も安くなってますし高速にもなってます。
    古いHDDは外した後そのまま保存してバックアップにもなります。
    なお、HDDの寿命は動作環境にもよりますがせいぜい5年と考えてください。環境が悪ければ数ヶ月でも逝ってしまうことがあります。

  13. Tommie, TS より:

    ハードディスクの寿命の目安を知るには
    これが便利ですよ。
    http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/hrdbnch/hardinfo/hddlife.html

  14. ポン一 より:

    僕も最近、BUFFALOの外付けHDDが買って二週間半で認識できなくなるという
    状況に陥り、データ復旧ソフトを買って来てもサルベージできず、泣く泣くその間
    の作業データを消去するハメになりました…。
    初期化してもメインのOS-Xでは認識せず、サブマシンのOS9とWinならOKと
    いうよく分からない状況で、現在はWinであまり重要でないデータを置くのに
    使っているんですが、考えてみれば初期不良で交換すれば良かったのかも。

  15. Dick より:

    私の経験では、サーバ用などでハードディスクを連続運転していると、大体2年で寿命がきます。寿命ぎりぎりで動いてるディスクの場合、久しぶりにシャットダウンしたあと起動したときにディスクがいかれてることが多いです。回転盤が冷えた時に盤面がやられちゃうんでしょうかね。
    マシンの内蔵ハードディスクを全部同じ機種の新品でそろえると、寿命も同じタイミングでやってきて、次々クラッシュしていくので悲惨です。RAID を構成しても複数ディスクが一度にやられるとリカバリできません。
    ミラーリングや RAID-5 にするときは、異なる機種のディスクをまぜたり、わざと古いディスクを入れるのが吉です。

  16. gekka blog より:

    HDDの寿命をチェック

    HDDlife – real-time hard-drive monitoring utility with alerts, malfunction protection and data loss prevention functions. This hard-drive inspector is a proactive hard drive failure detection system that controls 100% of hard-drive risks. 窓の杜 – HDDlife…

  17. 弘史左衛門 より:

    HDの円盤やデータを書込み呼び出すピックアップ部が故障したら、
    何をどうやってもダメでしょうが、初期化すれば、また使える、となれば、
    これはソフトである基板上の回路構成に問題有ると、思われるのです。
    7ヶ月で読めなくなった、Buffalo 160G。
    2年未満で読めなくなった、Buffalo 80G。
    いずれも初期化で また使える状態を思うと、
    原因は基板上の電源部かインターフエース部しかありません。
    とくにインターフエース部が考えられ、久しぶりに電源入れた時に、ショート状態になったり、
    サージ電圧でも発生して破壊されるのか?とも思われ、初期化する事で、復帰すると思われます。
    保護回路でも付いていれば解決する問題でないのかな?
    いずれにしても、メーカでの対策が望まれます。
    でなければ、安心してBuffaloは買えません。
    今は I/Oデータ社製を使っています。
    これも、何時ハプニングが起きるのか、安心はしていません。
    大容量HDに保存しておく事は問題ですね。
    こまめにDVDに焼くのが一番でしょうね。

  18. 匿名 より:

    新しく入れたサーバのOSがbigドライブに対応していない恐れがあるような気がします。
    うちはそれで1TBほど見えなくなりました。
    ファイナルデータで復旧できたけどうちは細かいファイルが大量にあったせいかえらく時間がかかりました。

  19. nomad より:

    私、法人向け営業をやってますが、もしお仕事でお使いのようなクリティカルなデータであれば、IOデータやバッファローのようなコンシューマ向け機器ではなく、法人向けファイルサーバをお使い下さい。
    コンシューマ向け製品はやはり部品が安いし平均的に言って寿命が短いです。
    たけくまさんや弘史左衛門様は日本の文化を担う重要なお方ですので、データが無くなったら文化の損失です。

  20. 弘史左衛門 より:

    やはりHDを開発したIBMのHDが期待出来るのですが、
    今は日立に買収されているみたいね、
    日立サイト見ても FireWire 外付けHD製品が見つかりません。
    業務用は桁が違う高価品なので逡巡するのです。
    それに5年間は絶対大丈夫とも言えないでしょうし…。
    図体が大きくなるみたいだし…。
    ノートブック用に相応しい小型ものも望ましいし…。
    nomad 殿の才覚で安価になるなら欲しいとは思いますが、
    そらあ無理だろうな(^^) あははははは…。

  21. z666 より:

    はじめまして、
    自分もハードディスクは何度か死んだ事があります。
    たけくまさんが検討されているRAID5なのですがwindows2000をお持ちなら特別な機械をつかわないでも、
    複数のハードディスク三台以上でOSでソフト的にRAID5をさせることが出来るようです。
    欠点はCPUのパワーを食うので性能が落ちてしまう事です。
    作業をするわけでなくデータ保存ならこれでもいいかもしれません。
    http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;298155

  22. nomad より:

    >業務用は桁が違う高価品なので
    申し訳ありません。安くなりません。
    高額な商品にはわけも無く無闇に高いものがありますが、安価な商品が安価なことには必ず理由があります。
    法人用商品が高いのではなく、コンシューマ向け商品が、要はチープなのです。
    部品を安くし、基準を甘くし、寿命を短く設定し、検査を省略するから安くできるのです。それが必要とされていないところで使われるから安いのです。
    重要なデータは是非とも複数のメディアにバックアップするなどして保護してください。
    また、保護だけでなく、そのデータがどこにあるか、管理をしてください。
    これは私の商売っけではなく、文化的に重要なデータを惜しんでのことです。
    機械なんぞ100万が300万でもカネさえ払えば向こうの方から尻尾振ってメーカーが飛んできますが、データだけは、無くなってしまったらお終いです。

  23. 週末の恋人 より:

    どうして「ハレルヤ」なの?
    本当のハレルヤから最も遠い使い道をしてるPCだっていう開き直りかな(^^)?

  24. たけくま より:

    ↑いや、手塚治虫の「火の鳥・未来編」に登場するスーパーコンピューターの名前が「ハレルヤ」なんですよ。そこから。

  25. 週末の恋人 より:

    そうでしたか~ところで「デジカメを買った」の記事にもコメントさせていただいたのですが、お久しぶりです~お元気そうで何よりです。

  26. Dick より:

    >いずれも初期化で また使える状態を思うと、
    原因は基板上の電源部かインターフエース部しかありません。
    あと、重要チェック項目はケーブルとコネクタです。信号線周りのトラブルはなかなか原因がわからず、泣かさせることが多いです。
    >こまめにDVDに焼くのが一番でしょうね。
    ところが、CD-R や DVD-R (DVD-ROM)の保存耐久性能はまだ証明されていないのが問題で、へたをするとせっせとバックアップして大量に保存した資料が全滅、ってこともありえます。
    私のおすすめは、
    1.データディスクとシステムディスクは分離する(基本)。
    2.データディスクはミラーかRAID-5。ファイルサーバならソフトウェアRAIDで十分。
    3.CD-R でも DVD-R でも DAT でも DLT でも何でもよいから、定期的にバックアップ。バックアップ処理は必ず自動化する(自分を信用してはいけない)。
    4.2年毎くらいに、データを新しいハードディスクにコピーしてディスクを入れ替える。取り出した古いディスクをそのまま保管する。
    ディスクがまだ正常に動くうちに使用をやめて、そのまま長期保存媒体として利用します。
    データを塩漬けしとくにはいい方法です。

« | トップページ | »