たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2005年6月12日

【日記】魔女子とカラオケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

majyosi-P1000282 ←『死ね死ね団のテーマ』を絶唱する俺。

今週は忙しくなりそうなんですよ。ほぼ連日細かい締め切りがあるだけでなく、水曜と木曜は学校の講義があり、なんと土曜には大阪へ行かねばなりません。そんなこんなで「たけくまメモ」の更新も多少間が空くことがあるかもしれませんが、できるだけがんばりますのでよろしくお願いします。

それで昨日は、ストレスをあらかじめ発散する目的で町田でカラオケ大会を開きました。出席者は以前「腐女子とガンダム」エントリで紹介した年季の入った腐女子、否俺より年上も中にはいらっしゃるので「魔女子」と言うべきでしょうか、その魔女子の皆さんを中心に、野郎どもが少々。いい年こいたのが大勢で約4時間、ほぼ99%アニソン・特ソンのみを絶唱という、こればかりは男女を問わず、オタク系ではありがちな正しい地獄のようなカラオケでした。

majyosi-P1000284majyosi-P1000285majyosi-P1000292majyosi-P1000272←魔女子の皆さん。マンガ評論家あり、元ガ●●ックス社員あり、元ア●キー、現役某出版社重役ありですが「攻め」だの「受け」だの語らせたら一晩でも行けます。全員、素敵なお姉さんばかりです。

さて俺の曲目は以下の通り。

●真っ赤なスカーフ(ささきいさお)
●ヤマトタケシの歌(作詞・川内康範先生)
●死ね死ね団のテーマ(作詞・川内康範先生)
●みなしごのバラード(タイガーマスクED)
●黄金バット(ボーカル・ショップ)
●ゲゲゲの鬼太郎(熊倉一雄)←M子ちゃんと勝手にデュエット
●宇宙猿人ゴリなのだ(ハニーナイツ)
●もののけ姫(米良美一)←Fさんと勝手にデュエット
●からっぽの世界(早川義男とジャックス)
●王蟲との交流(久石譲とその娘)
●チューリップのアップリケ(岡林信康)
●バビル二世(オウム真理教バージョン)

俺の場合、朗々と声量豊かに歌い上げる系か、地獄の底まで落ち込むようなバラード系とかそんなんばっかりでやや協調性に欠けるきらいがあるかもしれません。特にアニソン縛りにも関わらず「からっぽの世界」とか「チューリップのアップリケ」を混ぜてしまったことは、いくら俺の趣味とはいえ周囲はドン引きで楽しいカラオケに水を差すことになったかもしれません。今後の反省点です。

majyosi-P1000291 majyosi-P1000279ちなみに俺より年上の独身キャリアウーマンFさんのお色気たっぷりの『キューティーハニー』と、参加者唯一のロリっ娘M子ちゃん(小学校4年生)の『ゲゲゲの鬼太郎』は絶品でした。M子ちゃんはこれ以外にも『アトム』だの『魔女っ子メグちゃん』だのをレパートリーにしており、親御さんの教育の成果が現れています。

majyosi-P1000278 それ以外の男衆は、面倒なので紹介を省略しますが、なぜか「たけくまメモ」でもよくコメントを書いていただいているnomadさん(左・立っている人)も参加してくださいました。妻子のいる某有名企業のサラリーマンなのにこの日ばかりはオタ丸出しで、ご苦労さまでした。

さて、明日からしばらく締め切り地獄が待ってますが、どうにでもなれです。がんばります。

たけくまメモMANIAX

| コメント(32)

“【日記】魔女子とカラオケ” への32件のフィードバック

  1. Tommie, TS より:

    >99%アニソン・特ソンのみ
    すみません、アニソンはアニメソングだとわかるのですが、特ソンとはなんでしょうか?

  2. 通行人 より:

    最近は貴腐人とも言うらしいです。

  3. 匿名 より:

    目線を入れるといかにも反社会的な人々の集団みたいで良いですね。

  4. 星の男 より:

    目ふせ写真のみを見ると、事件映像のようですね(笑
    「ヤマトタケシの歌」、「死ね死ね団のテーマ」、「宇宙猿人ゴリなのだ」が入っているあたり、さすがです。
    (子供の声で「あいつを殺せ~あいつを殺せ~」と歌ってる「あいつの名前はレインボーマン」も懐かしい)
    個人的には、「バビル二世(オウム真理教バージョン)」を聴きたいです(笑
    どういう歌詞ですか?

  5. のぶ より:

    お初です・・・
    一番最初に真っ赤なスカーフが出てくるのは・・・、某番組で、竹熊氏が歌ったのを思い出しましたよ・・・。
    特ソンって・・特撮系ソングと理解しましたが・・?

  6. 中村情苦 より:

     へー、今のカラオケって原作アニメの映像がちゃんと入るんですねww
     学生の身分でいく○広とかは、どのアニソンも芋虫が行進する映像ばかりで・・・Orz

  7. Kan より:

    この記事を読んで桜玉吉さんの「しあわせのかたち」で竹熊さんとカラオケ一緒に行ってでろでろになる玉吉氏、というエピソードを思い出しました。マンガのままである意味安心しました(w

  8. はし より:

    アニソン好きの人って見たことないアニメの歌でもがんがん歌いますよね。
    どこらへんでおぼえてくるんでしょうかねえ。

  9. たけくま より:

    >星の男さん
    「バビル2世・オウムバージョン」
    富士の樹海に守られた
    第六サティアンに住んでいる
    超能力尊師 麻原彰~晃~
    地球の平和を守るため
    三つのしもべに命令だ~ ヤア!
    (以下歌詞がやばいので割愛)
    みたいな歌です。

  10. 匿名の憶病者 より:

    >「バビル2世・オウムバージョン」
    オウム+バビル2世でググって出てきたサイトでは違うヴァージョンが…
    http://www.bekkoame.ne.jp/i/sinzinrui/song.htm
    個人的にはスーダラ節をマスターしたいと思いました。
    学祭に麻原が2年連続でやってきて、卒業直後に松本サリン。
    「ああ、あのマンション知ってる」と思っていたら、
    地下鉄サリンも事件数時間後に千代田線で霞ヶ関駅ノンストップ通過。
    今は小菅拘置所の近くに在住、拘置所のお堀端を通って通勤する
    オウムニアミス人生です。

  11. nomad より:

    家庭と会社では浮いている、反社会的サラリーマンnomadです。
    お疲れ様でございました。
    ウチでは妻子にオタク道を究めさせんと洗脳努力いたしましたが誰一人俺の血は継がず、悲しいやら嬉しいやら。
    「やっぱアニソンにポップスはないだろう」
    「マクロスからが許せない」
    などとオタク街道の本流だとばかり思っていたら支流になってた上にこの先どうやらどん詰まり、という現実にちょっぴりセンチになっちゃったオタクオヤジでございました。

  12. Francois Quevouxquien より:

    (笑)なにやってんですかnomadさん(w

  13. 長谷邦夫 より:

    ↑綾瀬・小菅刑務所。
    常磐電車で毎日見ながら登校して
    いました。松本清張『日本の黒い霧』
    で書かれた、国鉄総裁下山氏が謎の
    死を遂げていた土地ですね。
    現在は千代田線。
    金町へ墓参りにいくときに通過します。
    昔は蓮池が多かった土地ですよ。

  14. oden より:

    お久しぶりです、ってきっと覚えていらっしゃらないと思います。高校生のとき大阪のTVで桂三枝さん司会の番組に出演されたとき応援者としてご一緒させていただいた者です(^^;)
    ネットサーフィンで辿りつきました。大変ご活躍されていらっしゃる様子、大変驚きました♪カラオケのご様子楽しそうですね(^^)
    私もいたならきっと「恐怖の街」怪奇大作戦、「ウルトラ警備隊」ウルトラセブン、ジャングル大帝など歌っていたに違いありません(^^;)
    またちょくちょく覗かせてくださいませ。

  15. たけくま より:

    ↑桂三枝のって・・どひゃあ!

  16. 悲しきセクレタリー より:

    そうよ。odenさんは私の友達よっ。
    odenさん、こんなところでお会いするなんて(爆)

  17. さとぴー より:

    >●宇宙猿人ゴリなのだ(ハニーナイツ)
    こうした曲は年齢層的に受け入れられる面々でないときつい場合がありますね。
    さる1996年月刊OUT残党アウシタンのアニソンに参加してこの「宇宙猿人ゴリなのだ」を歌ったところ、当時の20代に、「歌えるのがすげぇや」と言われたのち、みな別なボックスへ。全室借り切りだったので、移動されてしまったんですが、これを歌ったばかりに一人のこされ状態でした。(ぐっすん)

  18. たけくま より:

    私は「キャッツアイ」以降のアニソンはもうダメです。あの歌からアニソンは堕落したと考えております。
    「宇宙猿人ゴリなのだ」は3番の歌詞が最高です。

  19. 匿名氏 より:

    ↑どんな歌詞でしたっけ?どなたか教えて頂けると助かります。

  20. 匿名氏 より:

    調べました この3番いいですね笑った笑った
    何でも放送禁止歌らしいですね
    1.惑星Eから追放された この悔しさは忘れはしない
    宇宙を旅して目についた 地球を必ず支配する
    私は帝王 宇宙猿人ゴリなのだ
    2.誰にも負けない頭脳があれば どんな者でも恐れはしない
    万能椅子の威力見せ 人類征服企てる
    私は科学者 宇宙猿人ゴリなのだ
    3.自分の理想と目的持って 強く生きてるそのはずなのに
    宇宙の敵だと言われると 身震いするほど腹が立つ
    私は帝王 宇宙猿人ゴリなのだ

  21. 匿名氏 より:

    「惑星E」だったんですね。「惑星」から追放だと思っていました。子供心に「地球も惑星なんだが変だな」とは思っていました。
    cf)自分の知り合いで「巨人の星」の「思いこんだら試練の道を」という下りを「重いコンダラ」で、コンダラというのはあのとき画像で流れるローラーみたいなやつの名称がそうだとずっと勘違いしていた奴がいました。
    連続書き込みでスマンでした

  22. たけくま より:

    ↑コンダラの勘違いは有名ですね。昔、江口寿史がマンガにしていたことがあります。

  23. 匿名氏 より:

    ↑へえ、結構普遍的な間違いなんですね。アニメ等の主題歌は抽象的なこと言ったりとか昔風の言い回しも使うので子どものときの勘違いってありますよね。

  24. たりく〜また!

    中年blogger子飼弾は、「たりく・また」のかけ声とともにPowerBookの一部で64度を作ると、blogger技Trackbackを発動するのだ!!

  25. nomaddaemon より:

    Musical Baton が…

    来たら困るな、と思ってたMusical Batonが来てもうたがね。
    弱った。

  26. takesi より:

    はじめまして。nomadの弟です。
    おれ、引っ込み思案なんだなぁとあらためて思い知った事ですよ。また覗かせてもらいますね。

  27. ★カラオケ★

    こんばんわ☆彡今日は、1日お出掛けしてました(*^∀^*)仕事とゆうか、スタッフさん達が、まだみなせの歌声を聴いてないとゆう事で、《みなせの歌声聴かせてみて♪》っと言われ、カラオケに行ってきましたヽ(^∇^)丿ホントは、【12時45分】集合だったんだけど、みなせ何を……

  28. たけくまさんのカラオケ大会におじゃま

    「サルでも描けるまんが教室」で有名な編集家・竹熊健太郎さんの主催するカラオケ大会に参加してきました。
    すでに竹熊さんの大人気Blog「たけくまメモ」でもレポートされていますが、いやーもう楽しかったですね! 大学の漫研で「アニソン縛りカラオケ」は慣れているつもりでしたが、やはりオタクの大先輩の方々は違いますねぇ。パフォーマンス込みで芸として完成されてます。さすが!!
    僕の歌ったタイトルは
    「絶唱!カラオケマン」(山本正之:タイムボカンシリーズなどのパロディ曲)
    「少年期」(武田鉄矢:ド…

  29. nomaddaemon より:

    オタク道けもの道

    先日、マンガ評論・「サルでも描けるマンガ教室」の原作でおなじみの編集家:竹熊健太…

  30. 忍天堂 より:

    今フジテレビのスタメンという番組で腐女子の特集をしていますが。
    これはキツイですね・・・

  31. J-POP より:

    カラオケで歌った事あったら死亡(メジャー歌手で殺す編)

    src=

« | トップページ | »