たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2005年6月22日

【楳図】『闇のアルバム』は最高だ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

Amazon.co.jp: 音楽: 闇のアルバム/楳図かずお作品集闇のアルバム/楳図かずお作品集

今月末に発売予定であらせられる楳図先生の『闇のアルバム』サンプル盤を某所のコネでゲットしました。

早速、聴く。

か、かっこいい! あの、皆さん、特に若い皆さんはご存じないかもしれませんが、楳図先生はその昔ロック歌手でもあったのです!70年代から80年代にかけて、バンドを組んでツアーまでこなされていたのです。

もちろん、全部楳図先生ご自身の作詞作曲! 今回の『闇のアルバム』は、1975年に出された同名のアルバムに、ボーナストラックを9曲も収録した決定版となっております。

俺はよく覚えていますよ。その昔NHKの音楽番組を見ていたら、70年代のフレディ・マーキュリーみたいな、銀色ラメのピッタリパンツに銀のロンドンブーツというドハデな格好した楳図先生が「歌手」として出演され、大股を広げて「ビチグソ・ロック」を絶唱されていた姿を……!

あ、今回のアルバムはシリアス系が中心なので、まことちゃん系の楳図音楽作品はこちらをどうぞ。

Amazon.co.jp: 音楽: グワシ!!まことちゃん楳図かずおワールド

グワシ!!まことちゃん楳図かずおワールド

俺、80年代の末に楳図先生のライブを見に行ったことがあるんですけど、正直うまいんでビビリました。格好がフレディ・マーキュリーで、声質が美輪明宏そっくり! 完全にあっちの世界! 歌詞は、楳図ワールドに往年の浅川マキのテイストを混ぜたような感じ(分かる人にはわかるだろう)。

今回のアルバムに入ってる中では中近東風の旋律が印象的な『へび少女』とか個人的にお気に入りです。あと『洗礼』『イアラ』『漂流教室』なんかの楳図ソングも入ってます。

『漂流教室』は、まるで小林旭が歌いそうな牧歌的なメロディで、途中に挿入される子供たちのセリフも可愛らしく、原作の、あの凄惨さはかけらも感じさせない仕上がり。最初はアレ? と思いましたが、聴いていくうちになるほど、作者はあの作品をこう解釈しているのかと、新鮮な驚きがあったりして。

シンガー・ソング・劇画家として平田弘史先生も音楽活動を再開されたことですし、楳図先生もここにきて「ギョエー」という新ギャグを完成させるなど、ベテラン勢が異常にがんばってますね。若い連中もがんばってくれ。

たけくまメモMANIAX

| コメント(11)

“【楳図】『闇のアルバム』は最高だ!” への11件のフィードバック

  1. 中村情苦 より:

     天才恐るべし(汗)
    自分が親になったり(なれるかわかりません)、先生になったり(免許取ってません)したら、「漂流教室」は子供達に必ず読ませたい一冊です。
    ・・・すごいなぁ、作家って

  2. Tommie, TS より:

     小学生の頃、「試行錯誤」という言葉を「漂流教室」で覚えました。
     「漂流教室」は好きなのですが、最後の終わり方(突然終わってしまう)が残念です。
     数年前にラブストーリー仕立てで「漂流教室」がTVドラマ化したときはびっくりしました。

  3. rika より:

    楳図先生は、お芝居をされていたこともありますよね。
    華麗なる少女漫画家の方々と共演のビデオが発売されていたのを、昔の雑誌の広告で見たことがあります。
    多芸多才の人ですねぇ。

  4. JAM より:

    人間椅子のライブで楳図先生が「14歳」を歌っている映像をネットで拾ったことがあります。

  5. 腐納豆 より:

    まだよく知らない頃、初めて先生のお姿を拝見したのがこの音楽活動でのお姿でした。
    てっきりそういう筋の方だと思っていたら、そういう漫画を描かれている方だと知り2度びっくり。

  6.  楳図先生が、お芝居の経験のあることなどまったく知らず、「楳図かずお大研究 別冊宝島 (675)」に書かせていただいた「楳図マンガの恐怖技法」の中で、「楳図マンガの劇場空間」という項目を設け、原稿を書いたことがあります。
     ストーリーの構成(セリフのやりとり)や構図などが、どう見ても「芝居」として作られているとしか思えない場面が多いからです。
     この原稿を渡したあと、楳図先生のところにインタビューに出かけた編集責任者から電話がありました。「楳図先生は、劇団ひまわりで子役をしていたことがあるんですって」とのことでしたが、これで楳図マンガの創作技法の一端が理解できたような気になりました。

  7. たけくま より:

    ↑手塚先生にも芝居経験がありますね。『罪と罰』や『火の鳥・羽衣編』のように、完全に舞台を意識した構図とコマで成立している作品もあります。従来ストーリーマンガは映画との関連ばかり語られてきたきらいがありますが、演劇との関係はもっと考察されるべきかも。すがや先生の着眼点は鋭いと思います。

  8. 長谷邦夫 より:

    その昔、本多劇場へ、某女性と
    北村想の芝居を見に行ったら
    楳図かずおさんが、本格的な
    演技で長時間出ておられたのに
    ビックリ。
    タイトルは忘れたな…。
    かぶりつきで見たんですよ。

  9. たけくま より:

    ↑某女性ですか(笑)。
    ところで今度、小学館の企画で楳図インタビューをすることになりました。8月くらいのスピリッツに載ると思います。楳図さんとちゃんと話すのは初めてですので、今からドキドキです。

  10. kaoru より:

    あれ、楳図さんは「14歳」の件でスピリッツとは没交渉になったのかと思っていました。
    それについてはたとえ聞けても載せられませんね。
    載せられなかった分は「たけくまメモ」でということでよろしくお願いしますw

  11. 闇のアルバム

    物騒なタイトルでスタートですが、BDサイトに元々あった「今月の一枚」コーナーはこちらに移動してきました♪いや、なに、正直最近はサイトよりもこのブログの方が閲覧者が多いみたいなんですよね。。ここでこういう風に書いたほうが手間が掛からないし・・・と、言う訳で移転第一弾としてワタクシこと将軍がお薦めのCDを紹介させて頂きます。先日CSのアニマックスでチラホラ流れてましたが楳図か…

« | トップページ | »