たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2005年7月7日

これがアサノのオヤジだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

P1000414P1000416P1000415

そういえばこないだの日曜、久しぶりにカレーのアサノ(町田が誇るカレーとオヤジの店)に行ったのですが、オヤジさんの写真を撮ったのにアップするのを忘れておりました。

みなさん、これがアサノのオヤジさんです! メニューには「チキン」とか「ビーフ」と書かれていますが、とりあえずオヤジの目の黒いうちは何がなんでも「カツカレー」以外は食べさせまい(変な日本語)とする日本一のカレー店であります。この日も、チキンを注文したお客さんが「カツカレーならあるよ!」とたしなめられていました。あと「大盛り」もメニューにはありますが、面倒くさいらしく受け付けてくれませんので注意してください。

http://memo.takekuma.jp/blog/2005/04/post_3.html

↑詳しくはココ参照。

それにしても、ひさしぶりに会ったアサノのオヤジですが、動作は相変わらず緩慢であるものの、お元気そうで何よりでした。オヤジさんは漬け物博士でもありまして、ラッキョウなども死ぬほどうまいですよ!

店内には「車だん吉」の色紙もあります。

たけくまメモMANIAX

| コメント(15)

“これがアサノのオヤジだ!” への15件のフィードバック

  1. さん より:

    梅ジュースは飲めるのですか?
    行きたいなー

  2. サムライ魂 より:

    大変面白いブログ、いつも拝見しています。
    blog peopleお気に入りブログで登録させていただきましたので念のため、コメント残します。

  3. ojos より:

    渋谷のムルギカレーもそんな感じだった。

  4. もち より:

    本日、中野のタコシェにて竹熊先生をお見かけしました。中山さんとの会話、耳ダンボで聞いていたのですが、もうひとつ内容が掴めませんでした。
    先日の「ニモ」にも伺ったし、よっぽどお声をかけさせていただきたかったのですが、マッサージの予約時間が迫っていたので断念しました。
    「うつうつひでお日記」を購入していたのがオレです。

  5. 悲しきセクレタリー より:

    通りの東急ハンズ側を探せばいいのですね。
    娘がオヤヂさんに会いたがっていたので探してみます。
    「俺も年なので大盛りはできない」というのは、大盛りを受け付けると、それなりの量ご飯を炊かなければいけないので大変なのでしょう。
    それにしてもカツカレーはダイエットの敵ですね。健太郎さんこれからはなるべく和定食にしないと…。

  6. いわと より:

    東急ハンズ側ではないです。
    東急ハンズから信号を反対側に渡ると、
    左斜めに入る道があるので、それを進むと、
    すぐの右手に仲見世通り商店街があります。
    仲店通り商店街に向かって、一本左側の路地を入ると、
    すぐ左側のリッチなカレーの店アサノがあります。
    なんかくどくてわかりにくい表現ですね。
    ごめんなさい。
    でもここらへんはとてもややこしいのです。

  7. じじい より:

    町田に住んでます
    嫁が前に行って、「2度と行きたくない」
    ともうしておりました~♪
    やりとりはそのまま
    (店主)「どうしてここを知ったのだ?」
    嫁(大きなお世話!)
    チキンカレーを注文すると
    (店主)「カツカレーにしなさい」嫁は元人権問題の闘士だったので頑強に抵抗して普通のチキンカレーを何とか食べた
    (店主)「どうして残すんだ!」←かなり責められた
    嫁は「カレーがからくって、、残っちゃうんです!」(理由は他にあるのか、不明?カレーはからいらしい??)
    (店主)「わかった、、、はいごはん」
    嫁、渋々食べる

  8. おおお より:

    チキンカレーを奪取するまでのやりとり、それ重要ですよ。詳しく!

  9. くま より:

    この前、嫁と食べに行きました。
    当然2人ともカツカレーを注文。
    待っている間に先に配食された客が
    ソースをかけようとしてオヤジに怒られていました。
    後から入ってきたカップルのうち女性の方が
    エッグカレーを注文したのですが
    彼女にも有無を言わさずカツカレーが
    配食されていました。
    全然客の注文を聞いていないようです。
    でも本当に美味しい店なので末永く
    頑張って欲しいものです

  10. じじいの嫁 より:

    数年前に一度行ったときは、カツカレーを1人前食べきる程には食欲に自信が無いとか話してチキンカレー(だったかな?)を頼みました。
    その段階で店主の不興を買ったようで、ルーを残して説教され、ごはんおかわりという我慢大会的展開でした。ここの客になるためには万全の食欲が必須です。あと、白い皿が黒ずんでいるのは気にしないこと。

  11. うもとゆーじ(ウサギ王) より:

    私結構通ってますけど、いつもチキンっすよ。
    なんだろ、自分と相性がいいのかな?
    逆にカツカレー食べたことないや。
    今度チャレンジしてみよう・・。
    あさのさんは息子さんが外務官僚だかなんだか、とかいう世間話をしたことがあります。
    前に行ったときは後継者さんができたようですが、今もいるのかな?

  12. あさくら より:

    いつも楽しく拝見しています。
    カレーのアサノですが、私も行きました。きっかけはこのブログです。
    町田は私にとっては遠い土地で、次いつ来店できるか分からないので、カツカレーを食べた後チキンカレーを追加注文しましたよ。
    そうしたら、オヤジさんの心の天の岩戸が音を立てて開きまして、上機嫌で世間話などを聞かせてくれました。
    カツを食べる人にはチキンも素直に食べさせてくれるようですので、二皿食べる自信のある人は試してみるのも一興かと。

  13. nomad より:

    ↑なんかもうそれだけで有無を言わさずアッパレで誉めるしかありません。

  14. はな より:

    町田においしいカレーの店があると聞き、今日たまたま近くを通ったので、店がまえにおののきつつ、勇気を出してはいってみました。 
    客はだれもおらず、とりあえずメニューを見て「チキンカレー下さい」といったら、
    「この店にくる客はみんなメニューなんて見ないで、カツカレー頼むんだよ」と一言。
    そして、カウンターにある雑誌を指差し
    「ほら、この5番目にのってる」と。
    「カツカレーはちょっとボリュームがありそうだから」と断ると、おばさんがあわててフォローするように「チキンもすぐ出来るから」と、おじさんを説得してました。
    なんとなく気まずい雰囲気の中、厨房ではおじさんがカレー鍋を倒してしまい、おおわらわ。私のカレーを作るどころではなく、大掃除がはじまってしまいました。
    そして、30分待たされ、やっとチキンカレーが登場。カレーはスパイスが効いていて深い味わいで感動したのですが、チキンは一切れ、ご飯もルーも少なく、あっという間におしまい。
     物足りないなあと思いつつも、ごちそうさまと席を立ったら、おばさんは「おそくなってごめんなさいね、ありがとう」といってくれましたが、おじさんはまったく無視!
    何だか釈然としない気分で家に帰りました。
     でも、ここのページを見て何だか安心。こういうお店だったんですね!ほっとしました。
     

  15. たけくま より:

    ↑ああ、それは災難でしたね。
    アサノの親父も、いっそメニューをカツカレーだけにすればいいのにと、いつも思います。

« | トップページ | »