たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2012年6月26日

第一回電脳マヴォ敗者復活新人漫画大賞・2012年上半期審査結果発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

●はじめに

現在、我が国におきましては、毎月百冊を超える漫画雑誌が発行されており、それぞれが新人賞を開いたり、持ち込み面談を受け付けたりして、才能ある新人作家を求めております。当然、毎月のように多くの作家がデビューしますが、落選して涙をのむ応募作家は、その数十倍になると推定されます。

「電脳マヴォ」は、漫画界発展の祈念と、敗者に優しいエコロジー編集をモットーに、出版社・各種法人・自治体が主催する漫画新人賞に落選した作品を対象に「第一回敗者復活新人漫画大賞」を開催いたしました。

4月末日締切で5月発表の予定でしたが、ようやく審査結果が出ましたので発表いたします。なお、年末あたり第二回をやりますので、新人賞や持ち込みで涙を飲まれた方はふるってご応募ください。10月末締め切り予定です。

▼敗者復活新人漫画大賞の応募要項はこちらです。→ http://memo.takekuma.jp/?p=5301 

結果発表!!

☆大賞受賞者該当なし

☆期待賞『僕らの時間 ∫17-25(僕x-君x二乗)dx』相澤亮

☆最高残念賞『八月のキャラクター』手栗天狗郎

☆最終選考候補作『近未来スペース親子』フキサコック

☆最終選考候補作『ツモってBINBIN!』斎藤光宏

 ●審査委員

三河かおり/フリー編集者・『のだめカンタービレ』担当編集/京都精華大学マンガ学部准教授

うめ(小沢高広)/『大東京トイボックス』脚本・演出担当

竹熊健太郎/「電脳マヴォ」編集長/京都精華大学マンガ学部教授

 

●最終候補作『ツモってBINBIN!』斎藤光宏

▼投稿歴

2011年度 講談社ちばてつや賞落選

竹書房の近代麻雀に持ち込むが特に音沙汰なし (作者による訂正)竹書房に持ち込むが音沙汰なし←アンケートに適当に書いてしまいましたが、主人公の顔にインパクトが薄いから濃い顔にしていくつかポーズつけた絵をFAXで送ってと言われたけど放置。というのが正しいです。

▼あらすじ

主人公、南洋介は麻雀の打ちスジが股間の反応で分かる能力に目覚めた。そして。父親の借金を返済するため雀荘に出入りする毎日。ある日、極道の娘のクラス委員長の北川と借金返済をかけて闘うことになる。異変を悟った委員長の誘惑により股間の能力を翻弄されるが底抜けの変態っぷりを発揮してなんとか勝利する。

▼選評

竹熊 まずは『ツモってBINBIN!』から行きましょう。

三河 これは、勃起すると、麻雀の次の手がわかるという…。

竹熊 勃起すると相手の手が見えるという、特殊能力…ですか?

うめ いろいろ察知できるんですね、危険牌とか。

竹熊 この作品、勃起することで牌が見えるアイデア自体は、面白いのかもしれないですが。アイデアがまったく活きてないですね。

三河 特殊能力の表現が地味だなと思います。ビンビンになって、机が倒れたりするんですけども、それの描き方が地味なんですよね。

うめ 机に当たった瞬間、机が飛ぶくらいの勢いでもっと迫力のある描き方をしてほしいですね。

三河 そこの1点突破で描かなきゃいけない作品なのに、ポコンとかバタンとかいう控えめな感じで…。この女の子も可愛くないですね。

竹熊 一応メガネの女の子になってますけどね(笑)

うめ でもこのスタイルはないですよ。ちょっとリアルすぎます。

三河 これは勃起しないですよ。色っぽくないし。そのへんのフェチ的なものがないなぁと。

竹熊 確かに絵柄も、劇画なのか萌えなのかわからないですよね。

うめ ちょっと懐かしい絵柄ですよね。90年代くらいのエロコメみたいな。

三河 あと、回想シーンがわかりづらいですよね。もうちょっとまとめてほしいです。

竹熊 デビュー前の新人ってやたら回想シーンを使いたがるでしょう。回想を入れると、話を作ってる気になるのかな。

うめ 回想というのは場面転換じゃないですか。なんとなく、数ページ描くと場面転換しないと場がもたないような気がして、というのはありますよね。確かに、正順にしたほうが読みやすいという読者はたくさんいますよね。だから回想シーンは、読者にとってインストールの順番がそれが一番ベストな時にだけ成立するんです。だけれども、そうじゃない時に使ってしまうと混乱するんです。あと、回想にするんだったら、もうちょっとわかりやすい回想にしておかないとダメですね。

竹熊 これから回想ですよ、という導入のコマを工夫するとか。

三河 この女の子が出てきて対戦してオチをつけるんだったら、学校の女の子のシーンから始まって、雀荘に行ってから回想する方が良いですよね。主人公はただの授業中にゲームやってる子だと思っていたら、バーンと勃起していて、「何なのこの男の子…」って言って。そこから雀荘に行ってみたら親父が待っていて、そこからサクッと回想シーンに入るとか…。

うめ でも親父が死んでしまっていて仇討ち、でもいいんじゃないでしょうか。

三河 そうですねえ、親父のキャラは面白いんですけど、活きてないですよね。

うめ それから、これって盛り上がりのところで決めのコマがひとつもないんですよね。細かく分けて、最後は尻すぼみで終わってしまう。

三河 あれ、まだあるのかなって思ってしまいます。

うめ もう1ページある展開ですよね、この最後は。翌日に、お互いの秘密を知っちゃった者同士が学校でどういう顔をするのか。そこで委員長がどういう風にデレるのかという、それを描かないと落ちない気がするんです。その軸をもう1本増やすと、少し読みやすくなるのかなという気はしました。

 

●最終候補作『近未来スペース親子』フキサコック

▼投稿歴

2010年 週刊漫画アクション 持ち込み

▼あらすじ

少し未来の世界。息子に宇宙旅行へ行きたいとせがまれた父親はしかし、極貧の暮らしの為、なんとか諦めさせようと「皮膚を鍛えないと宇宙には行けない」と嘘をつく。しかし、皮膚を鍛える為の施設だと連れて行ったSMクラブで、息子は快感に目覚めていく?!

 

▼選評

竹熊 これはギャグをやろうとしたんですね。皮膚を鍛えようと思ってSMクラブに行って、叩かれているうちに、快感に目覚めていってしまって…というふうに話が逸れていくんですね。

うめ 男の子向けでSMというネタをやるんであれば、鞭でピッタンピッタンっていうのがあまりにも前近代的な絵面ですね。もっと凝って重ねて天丼にしていって、「あ、それなら宇宙に行けるかもしれない」というところまでもっていかないと。

三河 男の子向けのこういったギャグマンガだと、この作品みたいに、どんどんエピソードがあらぬ方向へ飛んでいくというのがありますが、これはあまりにこじつけてますよね。

竹熊 最初の目的から話がズレていくというところでギャグをつくっていくのはアリだと思うんですよ。手法は面白いと思うんですけど、ずらし方が徹底してないんですね。

うめ そうですね、中途半端です。多分、一番面白い瞬間が皮膚を鍛える為にSMクラブに行くところになってしまっているんです。ここのジャンプが一番大きい。もっと後ろで、これをベースにして、さらにジャンプしていくようにして、何とか読者をとんでもないところに連れて行かないとダメなんだけど、それが弱い。最後は2万円の予算をオーバーしてしまった、という常識的なところになっていますし。これも、冒頭で予算が2万円ってこのお父さんが言ってるんですが、予算オーバーというオチの為の仕込みがここにしかないんですね。

うめ  1万2千円、1万4千円とここに書いていて、途中参加だとしても2人分で2万円を超えるというのがオチなんです。

 竹熊 これはわかりづらい!読者に気付かれなかったら伏線の意味がないですよ。

 うめ やるんだったらハッキリ書いたほうがいいだろうと。

 竹熊 飛躍のポイントとしてこれ以上のものが、あと1個か2個くらいないと、ギャグとしては弱いですね。

 うめ もっと明後日に連れていってほしいなと思います。

竹熊 恐らく、「皮膚を鍛えるんだったらSM」、というアイディア一つしかなかったんでしょう。やっぱりネタは、特にギャグを狙うとすると、最初に相当の数を出さないとダメですよね。

うめ 100思いついて、2使えるかどうかの勢いでネタ出しをしていかないと。

竹熊 相原コージ君なんか4コマだと大体10本ネームを描いて、使うのはそのうち1本とか、そんな感じでしたよ。

うめ カラスヤサトシさんもそんなこと言ってましたね。

竹熊 10本ネーム書いて、まず自分で5本くらい、半分に絞るんです。絞った5本を編集に見せて、最終的にはその中で1本か2本をペン入れする。

うめ だから4コマにしてそういう過程を経たほうが、この人はネタ出しができると思いますよ。4コマってもう機械的にネタを出さざるを得なくなるので。コマの形に制約されてネタを出すじゃないですか。そういう縛りをかけたほうがこの人はうまくなる気がしました。

 

●期待賞『僕らの時間 ∫17-25(僕x-君x二乗)dx』相澤亮

▼投稿歴

2011年度 講談社月刊アフタヌーン四季賞 秋 落選

▼あらすじ

不死の生物と謳われるクマムシ。もしその生態を人体に応用できるとしたら―?

父親の実験によって、体の時間の狂ってしまった少女と、その少女に恋をした少年の物語。会えない時間と共に、二人の距離も段々と離れていき……。

 

▼選評

うめ これは、彼女が仮死状態になってるから、何年かに1回しか会えなくなっていくんですね。

三河 それで、何年かに1回会うと、彼女は年をとってないから彼ばかりが成長していくという話です。

うめ 新海誠さんの『ほしのこえ』(注1)のような。

三河 これは最終選考作の中では一番いいなと思いましたよ。

竹熊 話とかテーマがちゃんとできてますね。

三河 淡々と描いてるところがまたいいじゃないですか。

竹熊 絵も悪くない。この人、キャラクターから嫌な感じを受けないんです。

三河 ただ、すごくいい話なんですけど、実験シーンから入るじゃないですか。ここに引っ張られるんですよ。クマムシの生態を女の子に当てはめることで人類にどういう影響があるのかなって。SFなのかと思って読んでいると、真ん中あたりで「あ、これは切ないラブストーリーなんだ」とようやくわかるんです。だったら別にこの設定じゃなくてもいいんですよ。

うめ 未知の病気にしてしまう、通称クマムシ病と呼ばれている、でいいんですよね。

三河 それで、お父さんも治しようがないと言って苦悩してる、とか。

うめ これだと、なんで父親が自分の娘を危険な実験に巻き込んだのかっていう説明も何もないんですよ。

竹熊 作者はまずクマムシの生態を知って、この知識が面白いと思って、作品にしようと考えたんじゃないでしょうか。

三河 テーマ的に、この実験は重要じゃないんですよ。数年に1回しか会えないという事の方が重要なんですから。

うめ 最初はもう彼女が寝ていて、お父さんみたいな人が涙ながらに、名前を呼んでるぐらいのところから入っていけばいいんですよね。

竹熊 これけっこうページ数もありますよね。56ページあります。

うめ 16ページとかで描けるはずです。

三河 長いスパンの話ですが、そのくらい短くした方が面白いです。これは長いスパンの話だから、長いページ数がかかるんだという思い込みから入ってるような気がします。

うめ 漫画は1ページで100万年の時間を描けますからね。

三河 筋はいいんですけど、そこに演出がないんですよね。こういう構想があって、じゃあこれを何ページの漫画にしましょうって言った時に、その長いスパンの話を短いページで、どう描けば効果的なのかという事を考えられていないです。青春のやりとりとか、細かいところは結構面白いんですけど…。

竹熊 はじめに全体の構成を考えてないで、1ページ毎に「次は何を描こうかな」って考えながら描いている節すらありますね。

うめ 全体的に演出が単純じゃないですか。コマ割がつまらないのと、カメラワークがなってないんですね。寄りとロングの使い分けが全然なってないので、そこをもっと変化をつけるというのが王道の“直し”です。ただ、「いや、こういう淡々としたのが描きたいんです」って言うんだったら、『7と嘘吐きオンライン』(注2)ってあったじゃないですか。あれみたいに5段切りとか4段切りとかで全部同じコマの構成にしてしまって、その代わりページ数を16にしてって言うと、できるかもしれない。

三河 あと、どうして彼女のことがそんなに好きなのかという理由がイマイチ伝わらないんです。彼女のここが好きとか、どうして彼女じゃないとダメなのかとか、本当にちょっとしたことでもいいんですけど、1つわかっていれば、その筋を通して短くできるんじゃないかと思います。彼女が若いままで、彼がどんどん大人になっていって、たまに会うとスーツが似合う青年になっていて…という、そのへんは結構ツボがあって、いいんです。

うめ 恋愛物の絶対必須条件って二人の間にどう障害をつくるかであって、そういう意味でそこの障害として時間があるという、時空恋愛ものみたいなジャンルがあるんです。それのちょうどいい変化球としてアイディアがすごく良いんですよ。

三河 でも、それが埋もれてるのが、もったいないです。時空恋愛を軸にして、自分はどんどん大人になっていくのに彼女は19のままという、その悲しみと共に、もう次会えるのはいつなのかな、というような感じで終わらせてほしいですね。

うめ 最後、主人公が107歳とかになっていてもいいですよね。次に彼女が目覚める時、もう君は生きてないはずだって言われてたんだけどもそこまで長生きして、そこで初めて告白、でもいいですよね。

●PC用見開きビュワーはこちら →http://mavo.takekuma.jp/pcviewer.php?id=79

●スマホ用縦スクロールビュワーはこちら→ http://mavo.takekuma.jp/ipviewer2.php?id=79

 

 

 

●最高残念賞『八月のキャラクター』手栗天狗郎

▼投稿歴

2003年度『月刊IKKI』(小学館)

▼あらすじ

売れない漫画家・画萬童児の周辺に怪しい男の影がちらつく。やがてそれはかつて自分が描いたキャラクターであることが判明する。「ビッグコミックスピリッツ」1989年8月18日増刊号で第三回相原賞を受賞した『腹話術師 東郷健作』の続編。

 

▼選評

三河 私、スピリッツでこっちの作品(『腹話術師 東郷健作』)を読んだことがあります。思い出しました。

竹熊 覚えてます? この「相原賞」の講評書いたの、僕なんですよ(今回掲載した作品の最終ページに当時の講評を掲載)。これだけキャラを立てていて、立ったところでドブに捨てるというか、キャラの紹介で終わっていてストーリーが全く存在しないというのは、「何考えてんだ」って怒りを通り越して、笑ったんですよね。話がひとつもないところが凄いギャグだと思って。腹話術の人形を持った殺し屋という設定が、まず面白いわけですよ。それが全く関係ないままいきなり話が終わる。えっこれで終わり?! って。その13年後、今度は「IKKI」にこれを投稿してきたわけですが、絵ってここまで上手くなるものなんだと思いましたね。ちなみに「IKKI」の編集長Eさんは元スピリッツの『サルまん』担当者で、「相原賞」の担当でもあるんですね。作者はそれ知ってて投稿したのかなあ。

 

(左が25年前、右が9年前の絵柄)

三河 でも、明らかに最初の作品の方が面白い。この時竹熊先生の目に止まったのは、要するにふざけきった、ナメきったことをやったからじゃないですか。それが面白かったから、人を馬鹿にした話を描き続ければよかったのに、まともにしてしまったら何も面白くなくなっちゃいます。13年後にまた馬鹿にしてきました、という作品を描いてくれたなら、こっちも確信犯でやってたんだなと思えるんですが、今回はきれいにまとめてしまって、13年前の作品が描けたのが奇跡だったのかな…って思っちゃいますよね。

うめ これ、ここで話が終わってない気がしたんですよ。もっと風呂敷を広げればいいのにとは思ったんですよね。いっそ、その漫画家が宇宙を救うとか世界を救うところまでハードル上げてしまえば、いけたような気もするんですけれど。

三河 割とすごく小さなところで風呂敷広げてますよね。自分のキャラクターとエッチしちゃったりとか…。

竹熊 こうやって、自分のキャラクターとその作者が作中で共演するみたいなパターンは、ギャグとしてはアリではあるんですよ。

三河 それは売れた作家がやるからこそ、読んでる人にとっては面白いんですよ。

うめ これを一番うまくやると、今敏さんになるんですよね。その虚構と現実の世界を構築していって…っていうところでは、行き着くところは今敏的な作品を狙っているのかなと思いましたね。

竹熊 ああー、なるほど。ちょっと違う角度で話しますけど、この作品、多くの漫画家志望者が読んで「こんなに絵が上手くてもデビューできないんだ」って思うだろうと思うんですよ。それには理由があるわけですよね。(注・その後、手栗氏は別名義でデビューしていて単行本も出されていることが判明しました。詳しくは最後に訂正文を載せています)。

三河 デビューというのは、世に出で多くの人に読んでもらうってことじゃないですか。読んでる人が、作品世界に入っていけないものを新人漫画賞に応募しても、全然人を楽しませる気がないな、自分ひとりで描いていればいいじゃないか、って可能性を感じないから、この人を担当してもダメだって思ってしまいますよね。絵が上手かろうと何だろうと。

うめ 『腹話術師 東郷健作』を出した、翌週くらいに『八月のキャラクター』を送ってきたらどうですか。

三河 なんで、過去にこんなに面白いのを描いたのに、つまらなくしちゃったのって思います。

竹熊 というかこの人、努力の方向を間違えてしまった感じがしますね。

三河 恐らく、その13年の間に大人になって人間が丸くなってしまったんだろうな、という感じがします。

竹熊 この人、今50歳だそうです。僕とほとんど同じです(笑)。

うめ 50歳が描く世の中をナメた漫画というのも、読んでみたいですけどね。

三河 でもこれ(東郷健作)、当時スピリッツで読んだ時は竹熊先生の講評も一緒に合わせて「なんだこりゃ、ふざけんな」って思ったんですが、あれから何年もたって色々な漫画表現が出てきた今、普通に面白いなって思ったんですよ。これが理解できるぐらい世の中の漫画読みのレベルが上がっている今なら、受け入れられたんじゃないかと思います。

うめ 今だと上手にはしご外した形になってるんですね。当時は早すぎたんですよ。早すぎて、そして遅れてしまったという。

三河 そうそう。

竹熊 この時はこのはしごの外し感がすごいギャグだと思って、賞を与えたんですよ。

三河 でも、当時はそれが面白いとは思ったけれども、これで商売になるというところまでは思えませんでした。今だと、ちょっと商売になるかなって思わせる面白さがありますね。でも、今、若い頃のセンスで描けるかというと…。

うめ:それは難しいかもですね。

三河:ですよねぇ。早すぎたけど、もう間に合わない(苦笑)

竹熊:これは、最高残念賞ですね。この人には、「電脳マヴォ」で何か描いていただきたい。高い画力を活かして、画力をドブに捨てるような作品を。せっかくだから。

【補足訂正】手栗天狗郎(高橋光)さんからご指摘があり、手栗さんは画萬童子名義で「相原賞」を受賞した後、アフタヌーン四季賞94年(春のコンテスト)四季大賞  「森田さんのこと」(原作・加藤真五 画・高橋光)/95年第一回文春コミック新人賞 入選 「バカ男に乾杯!」(原作・加藤真五 画・高橋光)で受賞し、マンガ家デビューされていることが判明しました。しかも文春新人賞の審査委員は、俺もやっていました(笑)。そう言われて、そういえばとうっすら思い出せそうな感じですが、ご本人から言われるまで、すっかり忘れていました。単行本も1冊出されていたようです。氏の公式サイトに詳しいプロフィールがあります。

http://www.detchkun.com/d/DetchkunsNote.html

手栗さんには、お詫びのうえ、補足訂正させていただきます。)竹熊健太郎)

 

「8月のキャラクター」および「腹話術師東郷健作」とこの作品が1989年「第三回相原賞」(ビッグコミックスピリッツ8月18日増刊号)に掲載された時の講評は以下の「電脳マヴォ」の「第一回敗者復活新人漫画大賞 発表」コーナーに掲載されています。→http://mavo.takekuma.jp/pcviewer.php?id=74

 

スマートフォン用縦スクロールビュワーはこちら→ http://mavo.takekuma.jp/ipviewer2.php?id=74

 

(注1) 『ほしのこえ』…2002年に公開された、新海誠が制作したアニメーション映画。フルデジタルアニメーション監督脚本演出・作画・美術編集を、新海が殆ど一人で行なったことで注目を浴びた。

(注2) 『7と嘘つきオンライン』(HERO・著)スクウェア・エニックス 2010年10月発売。Pixivで人気を博したコミックが、単行本化された。

たけくまメモMANIAX

| コメント(0)

コメントは停止中です。

« | トップページ | »