たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2005年9月27日

谷岡ヤスジ展にて

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

taniokayasujiten-P1000703 こないだの土曜日、漫画史研究会の面々で「谷岡ヤスジ展」に行ってきました。その入り口にあった記念撮影用鼻血ブーの前で。ちなみに夏目房之介ヴァージョンはこちら↓。
http://www.ringolab.com/note/natsume2/archives/003829.html

あと展覧会の告知ページはここ↓。
http://mitaka.jpn.org/calender/gallery/065.shtml#g1

↑10月23日までやっているようです。展示では、原画もさることながら谷岡さんのスケジュール表が圧巻でした。毎日締め切り状態が何年も続いている。俺なら逃げます。

たけくまメモMANIAX

| コメント(22)

“谷岡ヤスジ展にて” への22件のフィードバック

  1. 匿名氏 より:

    鼻血ブー、馬鹿ですねぇ
    夏目さんの目のむき方とかちゃんとそれっぽいのとか笑えます

  2. RYU より:

    もう~!!
    竹熊さんがかわいすぎて
    初書き込みです。

  3. くるくる13 より:

    私も谷岡ヤスジ展に行って来ました。記念撮影しましたよ。
    マガジンの表紙群が圧巻。インクを原稿に落として半狂乱になる谷岡先生に大爆笑でした。
    35年程前のガキのころ、親からムジドリのバッチを貰った記憶があるのですが、正式に商品化された物では無さそうです。竹熊さんは御存知ないでしょうか?

  4. ようすけ より:

    竹熊さん、夏目さんの表情が絶妙で大笑いしました!素敵!!

  5. 坊や哲 より:

    谷岡ヤスジさんの描く村(そん)の世界観が好きですが、
    おじさんと呼ばれる歳になって改めて、
    あの狂気のギャグに目を見張る今日このごろです。

  6. より:

    お、俺も鼻血ブーやりてえええ!

  7. ぼぼ より:

    かあいいのう。たけくまさん。
    栗ご飯の包装紙みたいなシャツがお洒落。

  8. トロ~ロ より:

    ↑ ああ! ほんとだ!
    「栗ご飯の包装紙みたいなシャツ」
    なかなか可愛いですのぅ♪
    やはり「鼻血ブーッ」はやっておかなくちゃねぇ♪

  9. 夏目房之介 より:

    僕は血の噴出方向をはかって顔の角度を調節したんだけど、たけくまさんが僕のあとに撮って、さらに手の広げ方を工夫。負けた。さすが『サルまん』のパフォーマンスは伊達じゃないね。研究会の連中が続々撮ってるのがおかしかった。

  10. ぼぼ より:

    >トロ~ロさん
    でそ!?
    刈り上げも栗っぽいし、狙ってコーディネートしたら
    かあいすぎじゃ。
    小遣いをあげとうなる。
    しかも、いやに似合う。
    いけない形に進化しはじめたかのう・・

  11. アセチレン・ランプ より:

    わー ザンネン
    土曜日は5時からアートスフィアで
    安奈淳のコンサートがあったので
    早々に三鷹から退散したのでした。

  12. おく より:

    谷岡ヤスジさんは、はじめからあの絵だったのですか。高校時代に新聞4コマ連載→アシスタント→41年独立というのは、『天才の証明』で読みました。作品年表では43年『失神漫画劇場』からで、これもどんな絵かわからないです。また、それ以前にシリアスものとか描かれていたのですか。質問ばっかですいません。

  13. たけくま より:

    うんと初期の絵は、加藤芳郎みたいな感じでしたね。

  14. ウチノ より:

    思わずやってしまう鼻血ブーッ。私も記念撮影してしまいました。
    展示されてたリトグラフ、いぜん人にもらってお宝でございます!

  15. 匿名氏 より:

    谷岡さんはスタートの時点では、東海林さだおさんみたいな「大人漫画」を目指していたんだと思います。(違っていたらゴメンナサイ&冷や汗)
    追)東海林さだおさんの分厚いアンソロジー(トンカチで叩いちゃうおじさんとかが入っている)を二年くらい前に読んで、その面白さに大変失礼ながらびっくりしたものです。その本は東海林さんのインタビューが載っていて当時の大人漫画の事情がかいまみえて興味深かったです。

  16. nomad より:

    > かあいすぎじゃ。
    > 小遣いをあげとうなる。
    いよいよそのスジの人向け萌え電波に進化しつつあるたけくまさん

  17. 通りすがり より:

    面白いですが、漫画風とはいえ結構びっくりしますね。
    リアルな液体で「サム・ペキンパー展」とか「北野武展」とかであったら、ちょっといやかも。

  18. 夏目房之介 より:

    >はじめからあの絵だったのですか
     最初期は師匠だったわちさんぺいと『よたろうくん』の山根赤鬼ですね。はっきりマネてます。そのあと、しばらくは色々な大人マンガの線をマネていて、2~3年でオリジナルな線が出てきますが、ホントに70年からカクッとのちの画風に変わります。

  19. おく より:

    あー、たけくまさんだけでなく夏目さんまで有難うございます。あらためて「天才の証明」を読み直したら、夏目さんがそのことを描かれてましたね.匿名さん!その本、多分高くて僕はあきらめたものだと思います。

  20. 鼻血ブー!

     近頃、ネットのあちこちに、三鷹市美術ギャラリーで開催中の「谷岡ヤスジ展」の会場で、鼻血ブー! の記念撮影をした画像が散見されています。  そんなことに影響されたワケでもありませんが、もともと出かける予定だった「谷岡ヤスジ展」に、本日(9月28日)、出かけてまいりました(感想など)。  谷岡ヤスジ氏が亡くなって、もう6年になるそうですが、販売されていた図録には、まち子夫人がインタビューに答えてお……

  21. よ~来ち下さいましたに

    暑い。
    それにしても暑い。もう既に10月だというのにこの暑さは何だ。
    昨日は…

  22. 『谷岡ヤスジ展』@三鷹市美術ギャラリー

    pornkingさんのブログで紹介されていた『谷岡ヤスジ展』を観に三鷹に行って来た。谷岡ヤスジ氏は1999年に亡くなられていた。わたしは『メッタメタ』や『アサー!』、『鼻血ブー』というフレーズにピンとこなかったし、あまりよく実際知らなかった。年鑑をみると、ちょうど自…….

« | トップページ | »