たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2014年2月26日

特別連載 ダーティ・松本✕永山薫 エロ魂!と我が棲春の日々(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

■第2回(初版では「第1部」文中のページ数は初版ノンブルに準拠)

 松本 早くも誤植があって「文芸社」になってますが「芸文社」(※1)です。まだあるのかな?

永山 あります。主にクルマ関係の雑誌出してますが、漫画はやってないんじゃないかな。で芸文社の日浅さんが登場。こんなヤクザみたいな人だったんですか?(P33)

▲こんな編集者がいたら……

松本 そうでもないですけど、あんまり好感持ってないんで(笑)。こういうキャラで。

永山 本名なんですか?

松本 そうです。後に『漫画ローレンス』(※2)の編集長になる。今は社長くらいになってんじゃないですか?

永山 だいぶ前に社長になってます。今はどうなんですかね? おっと、ここで福原秀美(※3)とすれ違う(p36)。で、今度は新星社(※4)に行くんですね(p40)

松本 『三流劇画の世界』(※5)の「某三流出版社訪問記」に登場する会社。米澤嘉博さん(※6)が書いた文章です。名前を出してないですけどね、新星社。後で、その時の様子を編集者に訊いたら「その通りだ」と(笑)。実際、書かれた通りの人がいたんだって。

 

▲福原秀美(原作:梶原一騎)『友情山脈』(少年画報社)」

竹熊 米澤さんが書いたんですか?

松本 後で本人に確かめたから大丈夫。

永山 米澤さん、一杯書いてるなあ。

松本 一杯書いてる。

永山 違う名前で、これだ相田洋。「あいだ」じゃなくって「そうだ」って読む。「そうだよう」というシャレですね。弟子が想田四(そうだよん)(※7)(笑)。

松本 新星社はこんなところです(p41)。なんかとんでもないとこ来たなあ。電気代節約してんのか? 実際、こんな感じでしたよ。

▲新星社のドア。

竹熊 青林堂(※8)だってねえ、こんなでしたよ。階段の暗いところのぼっていったら。

松本 早見純氏(※9)が持ち込みに行ったら、ドアの前で帰ってきたって(笑)。

永山 怖くて?

松本 入り辛くて、結局、郵送したって。材木屋の二階の青林堂。

永山 新星社に行って、出てきたのが中林さん。

松本 この人、未だに時々付き合ってる。凄味のある人で。ここで2本描いたのか? その頃は、にっかつロマンポルノ(※10)とか、ビニ本(※11)とかが流行ってた。

永山 流れから言うと新星社で中林さんと会って、ちょうどその頃、大久保清事件(※12)

松本 その頃、エロ漫画誌があったら、大久保清事件もエロ漫画のせいにされていたんじゃないかって振りですね(笑)。

竹熊 大久保清ってベレー帽かぶってましたよね。

永山 自称・画家。それで、P43の「日本共産党労組による『にっかつロマンポルノ』」は?

松本 「系」が抜けてます。「日本共産党系労組」。

永山 日本共産党自体には労組ないですから(笑)。代々木系労組。このあたりまではまだ実話誌ですね。

松本 そうです。第1章ではエロ漫画の入口まで。まだ実話誌の時代です。

 

■第2章脚註

※1:1945年創業の公友社を母体として、1954年芸文社として設立。50年代には実話誌、読み物誌を出していた。1960年には『漫画天国』創刊。60年代末〜70年代初期には『漫画パック』、『コミックVAN』、『事件劇画』、『漫画ガッツ』を次々と創刊したが、現在はカー雑誌が中心で、他に競馬雑誌、ペット雑誌、スキー雑誌などを刊行している。

※2:綜合図書(辰巳出版グループ)。2014年1月現在も刊行中の老舗エロ劇画誌。

※3:別名・福原豪見。豪快かつナンセンスなエロチック・ギャグを得意とする。代表作『秀美の青春学園ポルノ スキスキ天使』、『学園ポルノ伝』シリーズ、『アイドル製菓のオマンじゅう』。『友情山脈』(原作・梶原一騎)は2006年に復刻された。

※4:平和出版の別レーベル。平和出版本体は1960年創業。4コマ誌『まんが笑がっこう』(後に成年誌『SHOW GAKKO』へとリニューアル)、『COMICぎゅっと』など漫画誌を発行していたが、2005年倒産。

※5:正確には『別冊新評 三流劇画の世界〈全特集〉』(1979年、新評社)。三流劇画の基本資料。

※6:1953〜2006年。漫画コレクター、評論家、コミックマーケット代表(二代目)。編集者としても活躍。業績、著作は書ききれないので、本稿に関連する事柄だけを挙げるとすれば『劇画アリス』の編集にも携わり、さらにロリコン漫画ブームの影の仕掛け人でもある。著書では当然『戦後エロマンガ史』である。生前「80年代以降のエロマンガ史は永山薫に任せた」と言っていたが、執筆が進むにつれて「90年代以降は任せた」と微妙に変化したのが懐かしい。当初は拙著『エロマンガ・スタディーズ』と『戦後エロマンガ史』は同時期に発売されるはずだったのだが、米澤嘉博の急逝で果たせなかったことが未だに悔しい。ヘビースモーカーでイベント等で喫煙所に行くとよく会った。別名として相田洋以外に阿島俊、久保なかば、さわひろしなどがある。

※7:相田四と表記する場合もある。漫画研究家。『戦後エロマンガ史』の解説を担当している。それによる米澤嘉博は『三流劇画の世界』の企画と「メインライターとして大量の原稿を書いている」(同書p314)そうだ。想田四はたけくまメモにも登場している。「想田四氏からの返信(依頼編集制同人誌について)」(http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-41d0.html)

※8:1962年設立。1964年、長井勝一社長が白土三平の『カムイ伝』を掲載するために『ガロ』を創刊。手塚治虫が同誌に対抗し、自作『火の鳥』を掲載するために立ち上げたのが『COM』である。『ガロ』は漫画家、イラストレーター、ライター、編集者など数多くの才能を世に送り出し、その一部はエロ漫画界を活躍の場とした。1996年に長井が死去した後、社内での求心力が失われ、分裂し、『ガロ』休刊へと至る。その後、経営者が何度か代わり、『ガロ』復刊もあったものの、それは別物であり、同誌の衣鉢を継ぐのは、1997年に退社した手塚能理子らが設立した青林工藝舎の『アックス』と見るのが妥当だろう。米澤嘉博の『戦後エロマンガ史』は『アックス』に連載されていた。

※9:1978年第2回小学館新人コミック大賞佳作を高橋留美子とともに受賞。1983年エロ劇画デビュー。猟奇的な作風でエロ劇画ファンのみならずガロ系、サブカル好き読者の一部から熱烈に愛されている。代表作『美しき屈折』、『血まみれ天使』、『ラブレターフロム彼方』、『卑しく下品に』。

※10:1971年、経営立て直しを図る日活が『団地妻 昼下りの情事』、『色暦大奥秘話』でスタートさせた低予算ソフトコア・シリーズ。田中真理、宮下順子、原悦子、東てる美、可愛かずみ、美保純など人気女優を輩出。

※11:70年代中期にブームとなったビニール本の略称。ビニール袋入りの安価な写真集で、モデル単体のヌード写真集的なものから男女のからみのあるエロチックなソフトコマ、さらにはスカトロやSM写真集もあった。合法的ながら修正はギリギリであり、通常の商業誌では見せられないところまで踏み込んでいたため、人気が沸騰。中小零細出版社が次々と参戦。ビニ本出版社だったグリーン企画はのちにセルフ出版→白夜書房と大きく成長。

※12:1971年3月〜5月の間、大久保清は画家を装い、群馬県内で次々と女性をナンパ。そのうち8人を暴行、殺害し、山中に埋めた。戦後最大の連続強姦殺人事件である。

 

たけくまメモMANIAX

| コメント(0)

コメントは停止中です。

« | トップページ | »