たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2005年11月26日

またしても大阪にいます

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

さきほど大阪の全日空ホテルの部屋に到着。ネットにアクセスしたところです。

今年、大阪は四度目。過去の人生でもっとも大阪率の高い年になりました。これも何かのご縁でしょうか。今後ともよろしくお願いします>大阪の人。

今日はこの春にもやった「宣伝会議」大阪校でのトークであります。編集ライター講座というやつですが、受講生はみな真面目な雰囲気で、それなのにいいかげんな話に終始しまして申し訳ありませんでした。

ただ、この手の講義をやるときには必ず聞くのですが、今回も冒頭に「この中でミニコミやフリーペーパーを作った経験がある人」と尋ねたら、手をあげたのはたったの一人。「ではブログやホームページをやっている人は?」と聞くと、5,6人でした。全体は50人くらいいたんですが、この数字はちと少ないのではないか、と思ったわけです。

今、東京以外の地域でライターになりたいのだったら、インターネットという超便利なものがあるのだから、利用しない手はないでしょう。本当にその人にやる気と才能があるなら、ブログでもその片鱗は示せるはず。だいたい今はプロの出版人がネットでネタを拾う時代ですよ。

おとといの「天才主婦のワンダー愛情弁当」で紹介したかすみんさんのように、内容にうーむと唸らせるものがあれば嫌でも注目されますし。そうでなくとも自分の文章を人目にさらすことは、なにより修行になると思うわけですよ。それでいて、ネットには東京も地方もありません。

なんてことをしゃべりながら偉そうにハッパをかけて参りましたですよ。

その後、受講生の皆さんとうち上げしたんですが、生徒の中に一人、変に目立つというか妙に貫禄のある女性がいたわけです。その人が隣にきたので話していたら、とても明るい口調で昔●●●の●●だったことをあっけらかんと話されまして、さすが大阪だと圧倒されてしまいました。

人生いろいろです。しかしおもしろすぎる人生を送った人が、おもしろいライターになれるかどうかは今後の努力しだいですので、がんばっていただきたいと思います。

そんなわけで、明日東京に帰ります。

たけくまメモMANIAX

| コメント(31)

“またしても大阪にいます” への31件のフィードバック

  1. ちょいと気になったんですが、
    たけくま氏のおっしゃるミニコミやフリーペーパーとは、どういった内容を書いた物なのでしょうか?
    私の中では、
    フリーペーパー=地元の新聞・情報
    と思っていて、
    ネットの個人サイトに載る記事とは全く違うものと思っているのですが。

  2. zubi より:

    893のレコ?

  3. ぐりぞう より:

    >ミニコミやフリーペーパー
    私なんかは昔でいう(たけくま氏もやっていた)同人誌、
    今で言うフライヤーの類を指しているのかなと思いました。
    要は自分のやりたいことぶっちゃけてるやつ。
    >フリーペーパー=地元の新聞・情報
    のようなお仕事系は、文脈が違うかなあと思いましたが、
    用語としてはそう捉えている方もいらっしゃいますよね。

  4. たけくま より:

    ぼくがミニコミやフリペというときは、ぐりぞうさんの言う意味のほうですね。要するに僕の若い頃は、今のネットの個人ホームページのような感じでミニコミを作っていたのです。

  5. 匿名 より:

    先日、市長の巻き添えで辞任した助役さんも、元●●●の●●ですからねぇ…

  6. トロ~ロ より:

    たけくまさん、大阪だったら、たぶん職質されないと思いますよ~。
    そもそも関東言葉を(携帯なんか使っていて)耳にしたら、ジモティは近寄って来ないかもしれない。
    関東(よそもん)や、って感じ?
    ミニコミかぁ。何もかにも懐かしい。。。。。

  7. mekabu より:

    「●●●の●●」
    というのが超気になります。
    「許永中の愛人」 というワードしか浮かばなくてそれどとても想像が広がっているんですが。

  8. 匿名 より:

    ソープの泡姫としか思い浮かばない自分の低俗さに辟易

  9. 鶴見六百 より:

    ワタシも893の愛人!
    と思ったら、既に書かれている方が…

  10. shi-nya より:

    ソープのひめに一票

  11. 長谷邦夫 より:

    ボクサーだった赤井英和が主演した
    『どついたるねん』という映画が非常に
    面白かった。まさに大阪映画。
    たしかシネマプラセットの試写だったと
    思うが、大阪生まれのヤツにすごく
    面白かったよ!とほめたら
    「こんなの、俺が住んでいた町内には
    ゴロゴロいるよ、平凡な映画だ」と言われましたね。
    事実、映画は大阪ではあまり話題に
    ならず、東京でヒットしてから、大阪でも
    客が来たとか…。
    いまの大阪って、あの映画のような
    エネルギーがあるんでしょうかね。

  12. > 「●●●の●●」
    > というのが超気になります。
    > ソープの泡姫としか思い浮かばない
    「ヤ●●のイ●」じゃないのかなぁ~
    と大阪出身者である私は思ったりするのです。

  13. 色瀬 より:

    「貫禄のある女性」で「さすが大阪だと圧倒」なら、
    「ピンクの電話」 でしょう。

  14. ぼぼ より:

    「社民党の党首」
    じゃないんですか?
    人生いろいろ。

  15. 3遊亭¥楽 より:

    ヤマダ君、ぼぼさんに1枚やりなさい

  16. uk より:

    ノックの秘書かも・・・

  17. 今田 より:

    オウムの信者

  18. 九郎政宗 より:

    通天閣の歌姫
    なんば(花月)の女優
    新喜劇の女王
    中古車の放出(はなてん)
    大城砦(グランシャトー)の城主
    ミナミの帝王
    蟹道楽の看板
    東大のジャンヌダルク

  19. たけくま より:

    いやいや。
    大富豪の令嬢
    かもしれませんぞ…。

  20. たけくま より:

    あ、たった今、帰りました。
    今回は鶴橋風月のモダン焼きを食べました。
    うまかった。

  21. kat より:

    ワタクシは「公権力のイヌ」だと思っております
    昔公権力のイヌをやっていたことをあっけらかんと話す!
    これはなかなかできることではないですよ。

  22. しゃっく より:

    「まんがの奴隷」では?

  23. CAB より:

    「仏国軍の傭兵」
    ちがうか・・・

  24. peter より:

    じゃあ「ロッテの投手」

  25. syuu より:

    じゃあ「天国への階段」

  26. 松田聖子 より:

    瑠璃色の地球

  27. 匿名 より:

    じゃあ「ワンダの巨像」

  28. 匿名 より:

    竹熊氏の元妻

  29. 酸素88% より:

    ……山○組の姉御?
    ちなみに私は宣伝会議のコピーライター養成講座の通っています。
    竹熊さん、こっちにも来て欲しいっす!

  30. 匿名 より:

    「地中海の黒豹」だと思うな

« | トップページ | »