たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2005年12月5日

【猿漫】ジュンク堂池袋店にて

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

saruman-jyunkudo-P1000880 昨日の日曜日、さっそく「B6縮小判サルまん」(中身はバガボンド・20世紀少年・ケロロ軍曹)を持ってジュンク堂池袋店に行ってまいりました。いきなり行ったのでコミック売り場のTさん(♀)もビックリしていました。なんでもその日はちょうど青池保子先生のサイン会があるとかで、準備に大忙しの最中なのに余計なお願いをして申し訳ありませんでした。

ジュンク堂池袋店MAP

saruman-jyunkudo-P1000871

ジュンク堂は全国にチェーン展開する大規模書店なのですが、まさしく「本好きのための本屋さん」と呼べる数少ない店。平台よりも棚差しに力を入れたユニークな店の造りで、印象はまるで図書館のよう。もちろん棚差しのほうが量を置けますので、その在庫量はまさに圧倒的です。棚の分類なども痒いところに手が届く感じで、店内には机と椅子を用意して「座り読み」のできるスペースもあり、本との「出会い」を大切にしているお店の方針がうかがえます。池袋店は地下一階の全フロアがコミック売り場になっていて、現在流通しているマンガのすべてを置く方針とのこと。本好きであれば、一度足を踏み入れたらリピーターになること請け合いであります。

saruman-jyunkudo-P1000865 そんなわけでTさんに無理をお願いして「B6サルまん」を「美味しんぼ」と楳図先生の新刊「おろち」の間に置いてみました。

Amazon.co.jp:おろち 1(1)ビッグコミックススペシャル: 本おろち (1)

←話は逸れますがついでに宣伝!これぞ楳図マンガの大傑作!美少女に「おろち」とつけるネーミング・センスは圧倒的!絵的にはもっとも脂ののりきった時期の作品だけに読めば大満足!
saruman-jyunkudo-P1000867 うーん。単体で見たときは、オリジナルデザインを縮小しただけでもイケルかな、と思ったのですが、実際に売り場に置いてみると印象が異なります。もともと「サルまん」の最初の装幀は、B5判を前提にデザインされてますので、B6にするとちょっとゴチャゴチャしている感じかも。他のマンガの中に、ちょっと埋没している印象がありますね。

saruman-jyunkudo-P1000866 下に初代の版を置いてみました。この大きさはやはり圧倒的。でも、確かにこれでは置き場所がもはやありませんでしょう。

実際、今回自作したB6サルまんは単なるカラーコピーですので、色味が少しくすんだ印象になってます。本格的に印刷してカバーをコーティングすれば、もう少し目立ってくるとは思うんですが、ここは思い切ってもっとシンプルな表紙にしたほうがいいのか? ちょっと迷いが出てきました。今度相原くんと編集者、デザイナーに相談してみたいと思います。

saruman-jyunkudo-P1000870

それはそれとして、最近の傾向としては、コミック売り場にわざわざ「見本」を置くことが増えてきたようです。要するにビニールパックによって立ち読みができないので、中身の一部を刷りだして小冊子にして店頭に置くわけですね。

現在週刊誌連載されているようなマンガであれば、連載そのものが見本みたいなものですから、こんなことをする必要はないんですが、月刊連載作品や旧作の復刻などですと、こういう見本をつけることはかなり効果的なのだと思います。やはり中身を確かめてから買いたいですからね。

『サルまん』のような旧作品を売るためには、見本作戦はかなり有効かもしれません。なんとか見本刷りを造ってもらえるよう、交渉せねば。まあ、このブログなんかも宣伝といえば宣伝なんですけど。来年の春までは断続的にせよ何がなんでもネタを引っ張る決意ですので、今後も続々と飽きないような新企画を展開していきたいと思っております。いろいろ考えてますのでお楽しみに。

取材協力・ジュンク堂池袋店

たけくまメモMANIAX

| コメント(48)

“【猿漫】ジュンク堂池袋店にて” への48件のフィードバック

  1. まとはずれ より:

    平積みの写真をみると、周りの漫画が漫画だけに
    サルまんはかなーり異質な感じです。目立ってますね。

  2. たけくま より:

    ↑そうですかね?
    パッと見にゴチャゴチャしてるかなと僕なんか思ったんですが…。
    この際、いろんな人のご意見を伺いたいところであります。

  3. つーか、微妙なラインナップの中に入れてきましたな。どうせならデスノの隣に並べてきたらよかったのに(マテ
    まぁ、IKKIコミックスで出るそうなので、「夜回り先生」の隣に置いた方がリアルっぽいですが。
    もしくは「ナツノクモ」
    メリノー、ラヴ。

  4. にしかわ より:

    オリジナル表紙はおしゃれな部屋を目指すヨメハンからNGをもらうこと必至ですので、円満にわが家の本棚に収めるためにも、クールな表紙を切にのぞみます!

  5. 忍天堂 より:

    宣伝の一環として、さるまんの新作の一部を
    雑誌に掲載する予定はないのでしょうか?
    しがらみがあると思いますがIKKIでは宣伝に成らないので
    ビッグコミックオリジナルに掲載した方が良いと思うのですが。

  6.  いや、あの“濃い”ところが70年代劇画の野暮ったさの遺伝子を正統に受け継いだ正嫡子の母斑の刻印にほかならない由縁で、ナンパなコミックとは明確に一線を画する「まんが」の王道な訳ですからあの表紙絵は据え置きという一線は譲れませんな、ええ。

  7. 土手たか子 より:

    3巻同時発売で、三冊が一斉に平積みになれば、かなり目を引くと思います。
    あっ!三冊を平積みにすることで、一つの絵が完成する表紙絵というのは、どうでしょうか?「ハイスクール奇面組」も、そんな感じでしたよ。

  8.  背表紙ならともかく、平積みという厚遇を望むのは、正直ちょっと無謀では?

  9. 匿名 より:

    色単とか昔の本の復刻もいいですが、
    ブログ本ブームに乗っかって
    このたけくまメモを本にするってのは
    どうですかね、その方が売れるかも。

  10. イチロウ。 より:

    目立つだけなら「あの顔」を表紙にするだけで目立ちますが如何でしょうか?

  11. 匿名 より:

    ここはリバーシブルカバーに。
    表はあっさりめのリニューアル表紙、裏はオリジナルで。
    …金かかるから無理か。

  12. トロ~ロ より:

    やっぱり判が小さく(面積比2分の1)なったので、表紙は背景をすっきりさせて、タイトルと主要キャラを前面に出した方がいいです。
    直径30cmのLPレコードの時代、アーティストの顔のアップだけのジャケットは異様そのものでしたが、12cmサイズCDの時代になってからは、一時期、顔のアップばかりになった記憶があります。
    ここはひとつ、ロドリゲス奈々子で勝負してはいかがでしょう。徐々に「萌え絵」として完成していく過程を、それぞれ三巻の表紙絵にしてみたらどうでしょう。
    タイトルもシンプルに「サルまん」として、どこかに「本当のタイトルは、サルでも描けるまんが教室、です」と小さく入れておけば良いのでは。

  13. クッキー より:

    腰巻きに「ちんぴょろすぽーん」「毒電波」とだけでっかく書くとインパクトあるかも・・・.
    文字は平田先生で.
    それはそうとジュンク堂の紹介で思い出しましたが,アメリカだと本屋や図書館の中に当たり前のようにスタバ等の喫茶店があって,本屋の中でも座って買う前の本をじっくり読めるブースがあるんですよね.
    初めて見たときは信じられませんでした.
    日本だと立ち読みすらお断りな所の方が多いのに.

  14. naoki より:

    カバーをかけずにおっさんが電車で読めるような装丁にしていただきたい。

  15. voxy_55 より:

    さすが!
    早速ロケーションテストですか!!
    この際思い切って、真っ白なボディに紫の字で『続・新さるまん』にするとかどうでしょうか?

  16. コピーキャット より:

    >日本だと立ち読みすらお断りな所の方が多いのに.
    ジュンク堂では買う前の本を座って読むことができます。
    題字は、漫画の基本に沿って、ひらがなを明朝体、漢字をゴシックにした方がいいとと思います。

  17. タカヒロト より:

    版型縮小するだの、表紙を新デザインにするだの、オリヂナル復刊を待ち望んでいた者にはつらい展開ですな。初号を古本屋で探して、新刊は立ち読みで済ますことになるかも。せめて中表紙にオリヂナル表紙を入れて欲しいです。

  18. 匿名 より:

    個人的にはオリジナル復刊よりも今の流通スタイルに合わせた復刊を望みます。
    なぜならさるまんの中には現代でも通用する、
    娯楽と創作を志す者へのヒントがあると思っているからです。
    オリジナル復刊というスタイルでは、既知者がノスタルジーを愉しむツールになってしまうのではないかと思うのですよ

  19. たけくま より:

    ジュンク堂の座り読みですが、これは一般書だけが対象で、マンガはやはりビニールパックされているので基本的にはできません。そのことを本文でも明記しておくべきでしたね。
    でもそれ以外の本は「座り読み」できるというのは、最初見たときはびっくりしましたけど。

  20. かなびん より:

     表紙変えちゃったらB6の意味が完全に消滅してしまいます~!
     あと、帯は個人的に「時事ネタ+東スポ的胡散臭さ」がいいかと。
     小冊子はたけくまさんが同人誌の形態にして書店に配って回ったらどうです?
     以前大型書店でバイトしていた時、新人小説家の方本人がリュックに自分の著書を背負って、置いてもらうよう売り込みに来てたことがありましたよ。さすがにその作家さんも混雑しているレジに尻込みしたらしく、たまたま暇な文具コーナーレジに入っていた自分の元にやってまいりましたが。
     出版社の売り込みっていうのはよくありましたがね(出版社ごとにカラーがあって、青○堂の営業の人はスーツ着用にもかかわらず学食と四畳半とギターの空気をまとっていた・笑)。
     今の時代それくらいしないといけないのかも。
     それをまたブログでレポートするとか。サルまん布教の旅。
     どうでもいいけど全てカタカナで「サルマン」とすると、シブい外国人の名前みたいでかっこいいですね。

  21. かなびん より:

     そうだ、一ツ橋グループから外れてしまうけど、講談社ノベルスの装丁をパクって西村京太郎先生の側に並べてもらうとかどうでしょう?

  22. トロ~ロ より:

    「サルマン」ってロード・オブ・ザ・リングの悪玉の名前だったような。。。。

  23. 匿名 より:

    オシャレでクールな表紙を──のたぐいの意見をよむと、『サルまん』のなかの床屋の話がおもいうかんでくるんだが。オカマみたいな店員がクネクネ近づいてきて……っていう話。オシャレというのはああいう床屋みたいな表紙のことなのか? それともちがうのか? よくわからんのだが……

  24. sasa@ より:

    初の書き込み失礼いたします。
    復刊ということなので、表紙が同じでも別物のイメージです。
    オリジナル(初版)を持っていない私としましては、やきもきするのが想像できます。

  25. 匿名 より:

    色彩にインパクトがあるから、三巻一緒で平積みにされていれば十分目立つように思います。
    同じような色彩&レイアウトの『恐怖新聞』を復刊させる場合も周囲の埋没を恐れるのかなぁ。むしろ、今と違うからアピールとして鮮烈な印象を与えるかも。
    本稿とは関係有りませんけど、平田先生揮毫の『萌えT』がオーストラリア人の目に触れた様で……。
    オーストラリアTV局のオタクカルチャーのインタビューを受けた人が着ておりました。先週のNHKBSの番組で放送されていてびっくり。

  26. koo より:

    宣伝用の帯をつける予定があるなら
    そのことも考慮して表紙のデザインを考えたほうが良いかと。

  27. 国立珠美 より:

    >オーストラリアTV局のオタクカルチャーのインタビューを受けた人が着ておりました。
    つーか本田さんですな。
    きょうの世界 「外国人に映るオタク若者像」
    http://live21.2ch.net/test/read.cgi/livebs/1133182945/l50

  28. 情苦 より:

     写真にも写っていますが、
    楳図先生の「おろち」が映画化!!するらしいですね。
     こうなれば、サルまんの帯びも「サルまん映画化!!」で。

  29. 長谷邦夫 より:

    皆さんのご意見を読んでいて、かつて
    雑誌「まんがNo.1」創刊号で、3枚
    連続表紙というやつをやったことを
    思い出しました。
    で、思い切って<日本初単行本カバー
    2枚つき!>というのはどうでしょう。
    オリジナルカバーを取れば
    「萌え・ロドリゲス」カバーが!
    お好きなカバーで御携帯ください!
    ってサービスは…。

  30. タカヒロト より:

    オリヂナルデザインを望むのは懐古ですかねえ。レコードがCDで再販されるようなものではないのでしょうか。レコードのデザインを引き継いでくれたほうがすっきりする。漫画の刊行物は表紙が変わって豪華本になるとか、文庫本になるとか色々見てきましたけど、新規巻きなおし企画モノにしか見えない。望まれて再発売するということじたいが、時代に必要とされている証なのだから、今の時流は意識せずとも、いじくりまわさずに素直にさっと出してみてはいかがでしょう。

  31. メモリ より:

    本のオビに
    「早くも30万部突破?!」といれると良いかもしれません。

  32. 桃色片思い より:

    すいません。ここで質問させて下さい。
    旧サルまんの一巻と新装版の下巻しかもってないんですが、旧サルまんの一、二、三巻は新装版でどのように分けられてるのか気になります。誰か教えて下さい。新たな発売まで気になりましたので。

  33. たけくま より:

    >桃色片思いさん
    二巻本の新装版は、基本的に「とんち番長」以前・以後で上下に分けています。上は、いよいよメジャー連載が決定して、どんな作品にしようかと相談しているエピソードで「つづく」ですね。

  34. k より:

    リバーシブル表紙でいいじゃん。

  35. MooH より:

    売り上げ重視だったらしょこたんときゃんちあきちゃんに水着で表紙を飾ってもらうのが一番では?
    アンケートには反映されないけれども表紙の写真が
    青年誌の売り上げ増に(あ、少年誌もか)
    一番影響あるそうなので。

  36. 桃色片思い より:

    >たけくまさん
    ご返事ありがとうございます。「とんち番長」がいきなり始まっていたのでその間が気になっていました。姉が初版本で一巻を持っていたのですけど、2、3巻は持ってなく、まんだらけで新装版の下巻だけあったので買って持っていました。新しい「サルまん」楽しみにしております。

  37. kaoru より:

    「現在の出版状況でサルまんを再版するならB6でやらなきゃ意味が無い」という判断に賛同します。
    元々が雑誌に掲載することを前提に描かれた作品ですから「縮小したら伝わんなくなっちゃうYO!」という危惧は全く正当なものですが、サルまんという作品の性格を考えた場合「今主流のフォーマットで市場に出すこと」に大いに意義があるのだと思うのです。
    「本屋の棚に置かれなくたってアマゾンかbk1で買えばいいだろ」と言い切るのはまだ早いはずです。(もう2、3年すればそれでもいいのかもしれませんけど)
    今のフィールドで勝負し、そして出た結果もまたサルまんという作品の一部なのでしょう。
    それはともかく
    「来年の春までは断続的にせよ何がなんでもネタを引っ張る決意」とか、
    誰に頼まれたわけでもないのに自らハードルをむやみに上げるたけくまさんの身を捨てた挑発ぶりには、ツンデレも批判的ROM専も目を離すわけにはいかないでしょう。さすがダテにしょっちゅう職務質問されていませんね。(無関係)

  38. くっぞこ より:

    せっかくだから、
    シンプルな、昔の「てんとう虫コミックス」風な
    装丁にしてみては。
    「ときめきヒルズ高校白書」とかぶるか…。

  39. gekka blog より:

    051206メモ

    マゲ from Dさん@mixi っていうかこれは酷い高橋メソッドですねw ファミ通文庫『超妹大戦シスマゲドン 1』PR。いろいろ噴いた。 しかたないから買う。 ドリームラブチェアー お客様のセックルライフをサポートする夢のラブチェア!!! レッツエンジョイセックル!!!! とにかく動画が面白すぎる。 最後にNGクリップがあるのも(・∀・)イイ!! 次に動き。 「フォーッ」と声高に奇声を発してしまうほど楽しい。 サイトの説明文もクォリティたkeeeeeeeeeeeeeeee!!! 導入したくな…

  40. かなびん より:

     「センチメントの季節」をパクってカバーを外すと表紙はロドリゲスかたけくまさん達のセクシーショット。たけくまさんが乳を寄せて「こうかー!」と。
     そして、カバーは「陰陽師」をパクって、裏面に何か電波的なものを印刷。
     「講談社ノベルス装丁をパクる」も含めて、マジでコメントしてますです。

  41. かなびん より:

     「NANA」の表紙をパクって、たけくまさんと相原さんがオッシャレ~な風景の中でたわむれてるというのもどうでしょう?
     「NANA」と間違えて買っていく人もいるかもしれません。
     とにかく、装丁変えるならネタ全開で。
     あと、エンボス系表紙厳禁。汚れて返品になりやすい紙は駄目っす。

  42. トロ~ロ より:

    >表紙の写真が青年誌の売り上げ増に一番影響ある
    大昔、Hな男性誌の表紙に「石川ひとみ」の顔写真を起用すると売上が2,3倍違うという編集者のコラムがあった事を思い出しました。
    「何故、石川ひとみ、なのか」良く判らなかったそうですが、不思議にうなづけたものです。

  43. JAM より:

    無くなっちゃったけど地元にあった青山ブックセンターは
    平積みしていた漫画は一番上だけビニールが掛かってなくて
    立ち読みできましたよ。
    あれってABC全店そうだったのでしょうか・・・?
    そういえば、昔平凡パンチの表紙に実際は載っていないアイドルの名前が書いてあって、
    編集者の一人が編集長に「何で載ってない人の名前が表紙にあるんですか?」と聞いたところ、
    「表紙に書いてあれば載っていると思って買う奴がいるだろうが」という
    編集長の答えが。という話を何処かで読んだような。
    VOWだったかな。

  44. 竹態変太郎 より:

    逸れた部分へのコメントであれなんですが、
    いや「おろち」の魔性の磁力に視線が釘付け
    になってしまいました。フェルメールの「青い
    ターバンの少女」を見た時みたいです。思わず
    四巻全部注文してしまいました。
    やっぱり表紙には見る者を惹きつける絵を
    書いた方がいいと思います。

  45. レポレッロ より:

    >リバーシブル表紙でいいじゃん。
    ソフト・オン・デマンドのDVDはリバーシブルジャケットになってますね。
    あれはなかなか心憎い気配りですなw
    http://images-jp.amazon.com/images/P/4062130025.01.LZZZZZZZ.jpg

    みたいな感じでアイドルを表紙に使うとそのファンも買ってくれるかもしれません。

  46. かなびん より:

     あれだけネタ表紙提案しましたが、実はちょっと最初の装丁っていうのにも惹かれてるんですよね。
     私が最初に「さるマン」を書店で見かけたのは小学生の時で、ものすご~く欲しかったけど、当時の小学生のお小遣いで買える値段ではなかったんです。ヨダレが出るほど欲しかったけど、3巻もあるし、代わりに1巻分の値段で漫画画材キット買いました。
     貧乏ながらそれなりに本が買える浪人生の時に、ようやく新装版が発売されてゲットできたけど、子どもの頃の物欲を満たす為に、口絵カラーでもいいから最初の装丁はどこかに入れて欲しいです。
     食玩で昔のドーナツ盤の曲をミニCDにして、ジャケットそのままっていうのあるじゃないですか。ああいった食玩感覚の魅力も古い装丁にはあるんですね。
     新装と原点の間で揺れているというのが正直な感想です。

  47. 「18才以上立ち読み禁止!」

    漫画が「ビニ本」(これも死語?)でなかったころを覚えている人、手を挙げて:-)
    浦嶋嶺至のAREA41(『浦嶋礼仁』より改名):なぜこれが許される?? 本屋さんへの疑問
    ところが、それとまったく同じ行為が、本屋さんになるとまったくお咎め無しに許される行為となっているのです…….

  48. RSD友の会 より:

    太宰治が本当に愛していた女は・・・

    悩み多き作家として、有名な「太宰治」ですが、「斜陽」、「人間失格」などに代表され

« | トップページ | »