たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2006年2月16日

いつからパンティと言わなくなったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

Amazon.co.jp:永井豪ワールド まぼろしパンティVSへんちんポコイダー: DVD

まあ、どうでもいい話なんですが、最近は女の下着のことをパンティとは言わないようですね。ずいぶん前なんですが、別れた妻とその友達(♀)のいる前でうっかり「パンティーが…」と言ったところ、大笑いされたことがあります。今の若い女性はそんな言葉は使わないんだそうですが、本当なんですか?

「じゃあ、今はなんて言うんだよ」と聞くと、「普通にパンツじゃない?」ですって。いつからそうなったんだ。これが歳をとるということなのでしょうか。

女物の下着も男と同じく「パンツ」と言うようになったのって、いつ頃からなんでしょう。永井豪先生に『まぼろしパンティ』という作品がありますが、あの作品の立場がないではありませんか。そういや『まぼろしパンティ』って映画化もされてたな。河崎実監督で。

それ以前に、最近ではズボンのこともパンツっていいますよね。たぶん英語でもそっちが正しいのかもしれませんが、俺なんか混乱して困りますよ。下着と区別する意味でも、もう一度ズボン!の復活を望む。ついでにパンティ!も。

すいません、実は今本業の締め切りで、本当は昨日だったんですがまだ終わらないのです。そういうときにはついこういう長年のどうでもいい疑問が頭をよぎってしまうのです。

どうでもいいとはいえ、パンティとズボンとパンツが全部パンツになっているということに個人的にはガマンができません。どうしてせっかく別れていた言葉を一緒にするんですか。誰がそんなことに決めたんですか。もともと俺は洋服を買うのが苦手で、西友かイトーヨーカードーないしはジーンズメイトでつい買ってしまうのですが、一度ちゃんとした(?)店で上下を買おうとして、店員に「パンツはどうなさいますか」と言われて一瞬キョトンとするという、いなかっぺ大将のような事態に陥ったこともありました。

とにかく服を選ぶのに店員が寄ってきてあれこれ聞いてくる店というのは大嫌いです。頭に血が上っていけません。

たけくまメモMANIAX

| コメント(81)

“いつからパンティと言わなくなったのか” への81件のフィードバック

  1. TOSHI より:

    私が男女二人連れの事を「アベック」と言うと周囲の人間に「いつの時代ですか」と馬鹿にされます。今はそーゆーのを「カップル」って言うんですか?「カップル」ってのも古い様な気がするんですけど。
    すんません、あんまり関係ないかもですね。でも、なんて言うんだろ?

  2. より:

    私は昔の若い女性ですが、生まれてこのかた“パンティ”なる言葉を使ったことはありませんよ。
    使い分ける時は、ぱんつとパンツ↑とパンツといったニュアンスで…気持ちだけ…

  3. 774 より:

    ズボン(ポルトガル語)をパンツと呼ぶのはアメリカ英語ですね。
    イギリス英語ではパンツは下着です。

  4. 匿名 より:

    通りすがりですがネタを2つ。
    学生の頃、ESS?外人の先生と話す授業で
    私たちのクラスはスコットランドだったか純粋(古い)英語を使う国の方で
    ヨーロッパ方面での英語圏の国では
    ズボンはズボンといい
    アメリカ英語はパンツと言うと教わりました。
    なので、先生はパンツをはいたといってズボンを指差すと
    思わず笑ってしまうというか(パンツで買い物に行くの?みたいな)
    悪い言い方をすると皮肉な見方をしていると言ってました。
    (もちろん冗談のいいかたでしたよw)
    あと、痴漢を捕まえて警察で調書を取ってるときに
    警察の方が下着の表現をあれやこれやと真剣に悩んでました。
    パンチィと書くか、ショーツと書くかみたいな。これはプレイか?と思ったけど
    それなりに重要な調書なので(裁判の場面で読み上げたり、被害者側の発言なので)
    まじめに考えた上、パンティにしました。
    全然関係ない雑談でした。長文失礼

  5. 通りすがり より:

    当方中年男 (長男しかも独身)ですが、パンツは使わずにショーツとスラックスと言っております。でもショーツという単語には微妙に狭いカテゴリがあるような気がし、発音するたびに戦々恐々としております。

  6. na より:

    スキャンティーというのも死語ですね…。

  7. kaoru より:

    ↑もしかしてベッキー?

  8. くまだ より:

    パンツ/パンティー論争といえば真っ先に思いだすのが宮崎勤事件です。
    誰が書いていた(語っていた)かは忘れたのですが
    「今田勇子の犯行声明文にパンティと書かれていたのを見て
     犯人は男性だと思った」
    女性はパンツ(↓)/パンツ(↑)で区分する
    という事実を初めて知ったのはあの時でした。

  9. 匿名 より:

    たけくまさんみたいに、さすがに話し言葉の中で使うことはないけど、フェチ的な単語として見ると、パンティはなかなか置き換えにくい気がする。
    パンティが一番エロいと感じるのは、やはり俺がオッサンだからか。二十代前半以下の人たちは、パンティという言葉はどう感じるんだろう。

  10. ぼぼ より:

    パンツpantsというのはパンタロンpantaloonsの略。
    パンタロンというのは18世紀あたり大陸で流行した「ぴたっとしたももひき」のこと。男がはいてたもっこりのあれ。イタリアの道化役者pantaloneがはいてたんでそう呼んだ。
    パンタローネとは16世紀イタリア劇でヴェネチア人を表す喜劇上の仮面で、彼らが聖パンタレオンを信仰していたことから。ヴェネチア人は金持ちなんだけどドケチって役回り。
    ヴェネチアは貿易都市で水夫が多かったので動きやすく水に足をとられない「ぴたっとしたももひき」が考案され愛用された。
    フランス革命に伴いフランスで流行。
    これがフランスからイギリスにきて外来語だから縮められて
    パンツになった。
    下着のパンツは、本来アンダー・パンツunder pantsという。
    だから、普通のズボンは、アウター・パンツouter pants。
    ブカブカのズボンをパンツというのは本来おかしい。ゆったりしたのはスラックス。
    今のイギリスだとfemale underwearって言うのが多いかな。
    パンツだと両方言う。female under pantsと言うと絶対誤解されない。
    アメリカに渡り通常下着のパンタロンは短いのでpantiesという英語が使われた。パンティは米語でパンタロン=パンツの一種。
    つまり、パンツでもパンティでもたいした違いでは無く、たけくまさんは堂々と三千世界の真中で
    「ぱんちい」
    を連呼すれば吉。
    short under pantaloonsの略でショーツshortsとも言う。こっちの方がいまメジャーなんじゃないかな。
    足りないscantな布で作った奴はスキャンティscantiesって言う。
    最近、スキャンティとあんまり言わなくなったのはさびしい限り。
    ズボンはポルトガル語じゃなくフランス語のjupon。

  11. より:

    >誰が書いていた(語っていた)かは忘れたのですが
    >「今田勇子の犯行声明文にパンティと書かれていたのを見て
    >犯人は男性だと思った」
    これ、私もそう思いました。子供を殺して書いた手紙の中でこの言葉が使われているという一点だけで、実際逮捕された犯人に近い人間像をイメージしてしまいました。
     当時高校生でしたが、その時には「パンティ」という言葉に対して男性と女性ではっきりと温度差があったように思います(というか、もうすでに男心にのみ響くエロワードに成り下がっていたのではないでしょうか)。
     マスコミで手紙の内容が報じられたとき、「犯人は男だ!」と叫んだのを思い出します。
    なんでわかるの?、と母親に聞かれまさかパンティ云々とも言えず、「うん、なんとなく、、、」という、自信満々な第一声とは打って変わっての弱気な返答になったことも思春期ならではの微笑ましい思い出です。

  12. 87分 より:

    はっきり断言できるわけではないけど、1980年あたりはもう「ショーツ」なんじゃないですかね。
    女子の間では。
    あ、でもパンストはパンストなんですよね。
    パンティストッキング。

  13. たけくま より:

    いっそズロースも復権してほしい

  14. 87分 より:

    男性用下着のパンツも今はちゃんと形状毎に「トランクス」とか「ブリーフ」と言い分けるほうが一般的かもしんない。

  15. kamikitazawa より:

    私たけくまさんとまったく同じ経験があります>女子の前でウケを狙うでもなくごくフツーに「パンティ」と言ってしまい、指をさされて大いに嘲笑される。
    かなりいい歳こいてからのことなんですが、けっこう心に食い込むキビしい記憶になってますね。10年くらい前の出来事です。
    しかし「中年以上の男性のみが使用するエロ用語」に成り下がってるなんてこたまったく知らなかったもんなぁ。

  16. kamikitazawa より:

    連投すいませんが、「男性用のアウターパンツ」(旧称「ズボン」)は「トラウザーズ」って言えばいいんじゃないでしょうかね?昔の矢作俊彦さんのハードボイルドみたく。

  17. 匿名氏 より:

    「○○泥棒」という言い方なら、やっぱ「パンティ泥棒」がふさわしい気がする、何となくだけど、、、

  18. jakebon より:

    宮崎事件で「女性はパンティと言わずショーツと言う」
    の出自は、私の記憶が正しければ、朝日新聞での石坂啓のコメントのはずです。
    違ってたらすみません。

  19. ひろみ より:

    パンティは、レースなんかがどビラビラしてたり、やたら小さかったりする、実用性に欠けた男性向けの女性パンツの名称、というイメージがあります。
    下着はパンツ。おばちゃんパンツとか、毛糸のパンツとか。おばちゃんパンティとか、ないでしょ?

  20. かなびん より:

     実生活上では「ぱんつ」が下着、「パンツ」がズボンといった感じでしょうか。照れ隠しに「ズロース」と呼びます。
     「パンティ」って言っちゃうと、どうも助平なものを着用している感じがしちゃうんだなあ。
     「ショーツ」っていうのも、小学校高学年の頃、性教育のビデオで使われてたり、少コミのHなシーンで最初に知ったから、店で買う時以外は使わないです。どうもこの言葉にも照れが・・・。
     今は冷え性向けにミドル丈スパッツ状になっていたり、腹巻きがドッキングしている、「ガードルショーツ」なるものもありますが、全然ショート丈ではないので、あれは「ズロース」でいってほしいです。個人的に。
     ちなみに、高校時代の友人(ストリート系)は、見せパンとしてタータンチェックのトランクスをブルマ代わりに履いてました。見せてもらいましたとも。ブルセラが大流行していた時代の東京の、一部女子高生の実態でございます。

  21. かなびん より:

     あと、話はずれますが、以前から流行してる、スカートの下にズボンやスパッツを着用するファッション。
     あれは、お洒落目的だけじゃないと思います。
     実際にやってみると、それぞれを単品で履くよりずっと暖かいんですよ。いわば、バカボンのパパと同じ感覚です。
     男性も一度試してみてはいかかでしょうか。

  22. apg より:

    僕の知り合いのセレクトショップの代表は、
    すごいオシャレですけど、「まぎらわしいから普段はズボンといっている」と言ってましたよ。
    自信を持って言い切っちゃえばいいんじゃないでしょうか。
    通じるんだし。まあ、パンティはどうかと思いますが。80年代な感じがしますなんとなく。
    まあ上に書いた知り合いも、おしゃれだから逆に言えちゃうみたいな感じがちょっとむかつきますよね。

  23. tsumire より:

    私も昔の若い女性ですが、昔から「パンティ」と言う言葉は使ったことがないですし、やはり宮崎事件の時の「パンティ」という単語に、犯人は女性じゃないと感じた一人です。
    私の場合は下着のパンツは常に「パンツ」、アウターのパンツは家族や友達と話す時は「ズボン」、洋服を買いに行ったときは「パンツ」です(つまりアウターの「パンツ」は意識して使う場合のみですね)。なお「おパンツ」という場合は常に下着のパンツです。
    申し訳ないですが、男性が下着のパンツのことを「パンティ」と言った場合、エロオヤジ濃度高めとみなすこともあります(いや、ほんと、すみません)。

  24. かっぴー より:

    ただいま通販カタログ(カワイイ系)など見てますが
    ヒラヒラレースがついていようがシンプルデザインだろうがほぼショーツですね、表記は。気にしていませんでした。
    実際に使う人と、見ているだけ(?)の人で名詞が違うってちょっと不思議です。
    ところでたけくまさん、お仕事の進み具合はいかがでしょうか?

  25. 匿名 より:

    ちなみに、小さいショーツのことを
    short shortsといいます。
    We like short shorts
    チャチャチャチャチャチャチャ

  26. rosta より:

    パンティ=「中年以上の男性のみが使用するエロ用語」というのを知ってショックです。ところで、江口久史の「うしみつくん」というマンガで、うしみつくんがブティックで買い物しようとしてそのハウスマヌカンに微笑みかけられビビッて逃げてしまい。あとでわら人形に釘を指して呪うというのがありましたが、たけくまさんも共感するかな。

  27. jonji より:

    そもそもパンツとパンティとショーツの違いがわからん。。。

  28. piroaki より:

    パンティって言うとHな言葉というか、鼻のウラの血管が熱くなるようなイメージがありますよね。
    やっぱり、そういった言葉って無難な言葉にかわっていくんですね。
    そういえば一時、吉野家の牛丼を女性も来店できるようにオシャレな呼び方にしようといって、丼を「ボウル」と呼ぼうみたいなニュースを見た覚えがあります。
    牛ボウル? ミートボウル?
    なんかここまで来るとよくわかんないですね。
    個人的には、「パンティ」とかの艶言葉は残しておいて欲しいと思う今日このごろです。

  29. AYS より:

    パンティーストッキングはどうなるんですか?

  30. T2(仮) より:

    いなかっぺ大将ってのはあれですか、百貨店のことをデパートと言うことを知らなかった件ですか

  31. たけくま より:

    ↑あの回は傑作でした。大ちゃんがデパートに行ってフンドシを買おうとするんだよね。「フンドシはあるダスか?」「フンドシ?ああ、クラシックパンツですね」なんて店員が答えたりして。最後はベッド売り場でうっかり寝てしまいオネショをするという…。

  32. パンティと言わなくなった原因

    http://memo.takekuma.jp/blog/2006/02/post_3612.html パンティという言葉のニュアンスは、たぶん、日本と英語圏で違うじゃないかと思う。 英語で、doggyというと、「わんわん」とか「わんちゃん」な感じで、dogをかわいらしく(cuteの意味でのかわいいね)言うときにつかうみたいな感じですよね。 同様に、piggyもpigをかわいらしく言うバージョンで、「ブーちゃん」とか「ブタさん」とか、そんな感じっすよね。 で、pantyは、普…

  33. 匿名氏 より:

    あのー、ふと思ったのですが、たけくまさんと同年代の漫画家さんてどなたがいらっしゃいますか。
    「色単」が83年初版なので、「スピリッツ」創刊時あたりがデビューの漫画家さんということで、、ワタシなりの山勘ですが(敬称略で)
    ①竹熊さんよりは上の人~江口寿、唐沢俊一、小林よしのり、みうらじゅん、とりみき、てとかわじゅん
    ②竹熊さんと同年代~鳥山明、しりあがり寿、原律子、内田春菊、高河ゆい、川崎ぶら、唐沢なをき、たがみよしひさ、村上たかし
    ③竹熊さんよりは下の人~相原コージ、吉田戦車、富樫義博、とがしやすたか
    *全然かすってもいなかったらゴメンナサイ
    *しりあがりさんは、桜玉吉さんの漫画に「大学の先輩」という記述あったような気もしますが、、、
    *さくらももこさんも、竹熊さんの同世代という感じします

  34. 匿名氏 より:

    ↑いしかわじゅんですスミマセン

  35. [街/風俗][建築/デザイン][MAGICK/MUSICK]カウンターカルチャーとしてのワンゲル

    『ISBN:4582544312:title』第一章に出てきた興味深い話。に関するエントリ。あるテーマに即して山本理顕氏(建築家)のナビゲートとのもとに行われた社会学者と建築家の対談が4つ。本書は、そういう体裁の本である。その第一章で、社会学者の鷲田清一氏が、「身体」というテーマに関連して、ワンダーフォゲルの話をされていた。 そう。ワンダーフォゲル。爽やかに歌い出す芹洋子さんのVとか浮かんだか? まあええけど。実はこれ、最近何でか気になっていた言葉。もう少し具体的に言えば、地方の旅館でNHKを見て…

  36. white_cake より:

    [文化人を気取れ]日本語が人を左右するんじゃない、人が日本語を左右するんだ

    「たけくまメモ」で[http://memo.takekuma.jp/blog/2006/02/post_3612.html:title=「いつからパンティと言わなくなったのか」]という記事を発見しました。 別れた妻とその友達(♀)のいる前でうっかり「パンティーが…」と言ったところ、大笑いされたことがあります。今の若い女性はそんな言葉は使わないんだそうですが、本当なんですか? 「じゃあ、今はなんて言うんだよ」と聞くと、「普通にパンツじゃない?」ですって。いつからそうなったんだ…

  37. 麻理 より:

    >誰が書いていた(語っていた)かは忘れたのですが
    >「今田勇子の犯行声明文にパンティと書かれていたのを見て
     >犯人は男性だと思った」
    唐沢商会『ガラダマ天国』(ぴあ)P146に
    「パンツ・パンティ問題」として
    宮崎事件の「パンティ」という言葉にひっかかったという
    読者の方のおたよりが掲載されていますよ。

  38. Elastic より:

    パンツとパンティ

    たけくまメモ: いつからパンティと言わなくなったのか http://memo.takekuma.jp/blog/2006/02/post_3612.html コメント欄のパンツの由来のお話が熱いですね。 一読の価値ありだと思います。 ここからは憶測でしかないけど、 もっとも人気のあるカジュアルパンツ…..

  39.   より:

    パンティとかショーツってのが響きがエロちっくなので下着と言ってます。
    下着は下着全般を指す場合とショーツのみを指す場合とは場所で使い分けてます。
    男もの下着:トランクス、ブリーフ
    女もの下着:上はブラ、下は下着

  40. たけくま より:

    >匿名さん
    ええと、小林よりのり、いしかわじゅん両氏は僕より10歳くらい上で、世代が違います。
    そこから僕(1960年生まれ)までの間に江口寿史氏や鳥山明氏がいるという感じ。
    しりあがりさんやみうらじゅん、唐沢俊一氏、とりみきさんは僕より1~2歳上ですね。
    高河ゆんさんは数歳(もっとか?)下だと思う。川崎ぶらくんは僕より三つ下で、高校の後輩です。年齢は相原コージ君と同じ。
    はっきり「世代が違う」といえるのは小林・いしかわ両氏ですかね。高河さんも僕より下の世代の印象があるんだけど。

  41. supo より:

    「パンティ」は男言葉、女言葉では「ショーツ」と呼ぶというのは『コイズミ学習ブック』というマンがで学びました。
    前世紀末ごろかな。スーパー店先の表記とかで、ウスウス感づいてたんですが。

  42. ni より:

    この様子では、
    「モンツパイソン」になってるんじゃないかと心配で、
    今からレンタル屋
    いってきます。

  43. sanagi より:

    高橋留美子さんのマンガでは
    パンティと言ってたとおもいますが。

  44. 匿名氏 より:

    >>竹熊さんへ
    ご丁寧にどうも有り難うございます。人名間違いばかりでスミマセンでした。
    個人的には、竹熊さん達の世代における赤塚マンガの受容というのは興味ありますね。
    60年生まれだと、「がきデカ」が高校生の時くらいなのでは。
    自分のことを言うと、小学高学年の時に「すすめパイレーツ」を読んで、リアルタイムでは赤塚先生のマンガは時代遅れなのでは、と思ってしまったものでした。(「ガキデカ」「マカロニ」「東大一直線」を読んだ時もうっすら感じてはいたのですが)で、それまでは熱心な愛読者だったのが、赤塚マンガからはしばらく少し遠ざかった記憶があります。高校時代の友人なんかだと「赤塚のマンガで笑ったことがない」なんてあしざまに言うやつもいたし、、、
    (僕は70年生まれです) 長々とスミマセンでした

  45. かなびん より:

    >そこから僕(1960年生まれ)までの間に江口寿史氏や鳥山明氏がいるという感じ。
     あー、「パンティーをくれー!」は有名な台詞ですもんね。小学校の時よく真似したわ。
     Dr.スランプでもセンベイさんが女装してアラレちゃんの下着を買いに行くしーんあったなあ。
     西炯子が四コマで、男性に向けて「ヒップハングのGパンから下着をはみ出させないために、最近の若い女は80年代の漫画のようなパンティを履いているぞ!」と、BL誌で主張していました。雑誌的に男は読まないだろうに。でも、そういえば言われるまで気がつかなかったなあ。
     ファッションでわざとヒップハングの下からTバックをチラ見せさせるオネエチャンは、同性ながらについみてしまいます。
     わかっていても「ぱんつはみ出してますよ・・・」と言いたい・・・。

  46. かなびん より:

     ちなみに、「バンスト」はふつうに、「ストッキング」と呼びます。無意識にですが女達は徹底的にパンティとブラジャー(「ブラ」と呼ぶ。「パン+ティ」「ジャー」という発音のねちっこさに耐えられない)を排除しています。

  47. 女性の地位向上

    ・いつからパンティと言わなくなったのか(たけくまメモ、2006/02/1)
    昔から誰も言っていなかったと思うのだが。男の子向けの漫画の中だけなのでは?

  48. えりぃ より:

    昔の少年マンガやアニメでの記号でしかないと思います。
    高橋留美子作品で出てくるというのも、それが少年マンガ(もしくは青年、つまりは男性向け)だからだと思いますよ。
    「ショーツ」は会話では使いませんが買い物用語(店頭のラベルとか通販とか)ってところでしょうか。

  49. へろ より:

    パンツとズボンは日本語。
    それ以外は、カタカナ英語と認識しております。
    元が何語でも(無謀)。
    パンティという言葉は、あまりいう機会がないです。
    でも、言葉に変に色付けたがるのは、なんだかなあ。

  50. 匿名 より:

    北条司の漫画(「キャッツアイ」か「シティハンター」のどっちか忘れた)の中で、男性キャラが女性キャラに「今の女の子はパンティーなんて言わないの。スキャンティーって言うのよ」などとたしなめられるシーンがありました。
    北条司も当時そのことを知って衝撃を受けたのでしょう。今から20年位前だったような。
    今や逆にスキャンティーは死語。
    パンティーは永遠に不滅です、な感じですね。
    パンティーという言葉には他の言葉では表現できない男心の深淵(というか業)が秘められているのでしょう。
    だってパンチラの代わりにショーチラとかスキャンチラとか言われてもねぇ、、、

  51. ナグリ より:

    あのねのねの原田伸朗によるとズボンはフランス語で ハクトジュボ~ン だそうです
    ちなみに 妊娠は シャセジュセ

  52. JAM より:

    「恋のから騒ぎ」でさんまがうっかり「パンティー」と言うものなら、
    女性陣の猛攻撃に合います。

  53. DSK より:

    パンティ→パンツ
    ズボン→パンツ
    と並んで個人的によく指摘されるのが
    背広→スーツ
    チャック→ジッパー
    チョッキ→ベスト
    ジャンパー→ブルゾン
    辺りですかね。
    いいじゃんジャンパーでと思うのは30過ぎのセンスが悪い男の証明なんでしょうか。

  54. たけくま より:

    あと最近はコーデュロイというらしいですが俺の母親は「コール天」と言っていて、俺も「天」のほうがなじみがいいです。
    ジャンパーはさらに古くは「ナッパ服」と言いましたね。戦前とか。

  55. へろ より:

    そういえば、最近もシュミーズとは言うんでしょうか。
    子供の頃は老人語と思ってましたが。
    まあ、結局、大雑把には、服飾業界とか、ファッション雑誌とかが
    もう古いとか、これからは、とか決めてるんでしょうけど。

  56. とくめい より:

    先日、某ぶ○か社で文字校正をしておりましたらね
    「ちょっと、いいですか、表記の事なんですけど」
    「ハイ」
    「うちでは、「パンティー」って傍線付けてのばす表記で
     統一してますんで、そうじゃないところは直しますが
     いいですか」
    「ああ・・・はい」
    「それとですね、手書きで「パンティ」って書いてある箇所が
     あるので、そこ、直してもらえますか」
    「あー・・・ハイ」
    細かいなーと思いました(笑)
    パンツ・パンティ問題は「ガラダマ天国」に
    全てが書いてありますね!

  57. より:

    すいません、日記の内容と直接関係ないんですけどお聞きしたかったもので。
    良くネット書店とかで書籍の売り上げランキングとかやってますけどあれって部数が無いですよね?ランキングだけで。
    「100万部突破!」とかって出版社側が宣伝したい時に自分達のタイミングで発表するだけで漫画にしろ書籍にしろ一般読者からはリアルタイムにその本がどれだけ売れたとか、リアルタイムじゃなくても過去のこの作者のこの作品はどの位売れたのだろうか?って知りようが無いというのはとても不便だと思うのですが、こういう出版界の裏事情とかお詳しいなら、またブログのネタでやってもらったら嬉しいなと。
    桜玉吉先生とか、ある種マイナー系の人達って実際にはどの位売れているのかとか興味あるので。

  58. より:

    後、続けて関係ない書き込みで申し訳ないのですが「21世紀の著作権~」絡みで漫画喫茶とか新古書店絡みの話題って出版界ではタブーなんですかね?色々と捜してみたんですけど漫画家さん関係のブログとかでは全くと言っていいほど話題にならないし・・・・
    やっぱこれをネタにするのって勇気が必要なヤバ目の話なんでしょうか?下手に反対すると業界で干されるとか。
    個人的には、新古書店の客層は「この値段なら買う」という客層だと思うので仮に無くしても新刊書店の売り上げが戻るとは思いにくいのですが、そういう事を発言したりというのは出版界の人的には不味いのかなあと。

  59. 匿名 より:

    『大都会』か何かで松田優作が
    ──── ぱんてえ
    と発音していたがアレは良かった
    カッコいいとすら思った

  60. ベルデ より:

    >そういえば、最近もシュミーズとは言うんでしょうか。
    ありましたよね。
    キャミソール(これも死語?)が流行った時に、
    シュミーズとの違いが解りませんでした。
    見せるシュミーズ?とか思いました。
    もひとつ。
    海パン と言う言葉も不思議ですよね。
    海水浴パンツの略ですかね?
    今は水着でひとくくりですかね?
    水着も死語ですか?
    水泳用着物の略か?
    今はスイムウェアと呼ぶのか?…
    終わりが無いですね。

  61. なな より:

    そういえば「バカボンド」は累計3000万部突破とか・・・・一冊500円として計算しても15億円の印税か。もう働かなくていいじゃん。というかスラムダンクでもどんだけ稼いだんだろうか?
    確かに売り上げって発表したりしなかったりだよね。竹熊先生も「サルマン」で結構稼いだのでは無いでしょうか?それ以外も割りと出版されているので貯金は結構貯まっていそうですよね。

  62.   より:

    竹熊先生はヒット飛ばしたし、それ以外も売れっ子だから充分勝ち組だと思うが。

  63. トロ~ロ より:

    昨年の春頃のコメントかエントリで「確定申告の税金還付を当てにしているのに振込が遅れている。」とか書いてあったような気が。。。。

  64. パンティの方がいいんじゃね?

    http://memo.takekuma.jp/blog/2006/02/post_3612.html#more
    たけくま先生のブログより。
    そういやぁ、自分のテキストでも「パンティ」と書く機会はめっきり減ったような気がする。
    というか、書いている最中に、ヤローであれ、女の子であれ、捕まえては「パン…….

  65. 赤倉 より:

    そういえば、ネグリジェってのはどうなったんだ?

  66. たけくま より:

    >ななさん
    『サルまん』の貯金なんてとっくに影も形もないですよ…とほほほ。

  67. 神田ぱん より:

    「ショーツ」は名美さん(石井隆先生の)が言ってる以外、ほとんど聞いたことがないです。名美さん経由なので「ショーツ=最エロ」という回路が出来てしまいました。
    シュミーズはスリップと言ってましたが、いま着てる人いるのかなあ?

  68. パン屋 より:

    『サルまん』は確か累計で100万部突破したんだよね。印税どうやって消えるんだよ・・・・単純計算で5000万はあったと思うが。

  69. たけくま より:

    >パン屋さん
    累計で100万? なにか別の人の作品とお間違えではないですか。もっと全然少ないですよ(笑)。

  70. へろ より:

    >海パン と言う言葉も不思議ですよね。
    子供の頃、プールでしか使わないスクール水着がなんで海パンなのか、
    と思ったことがあります。でも、水着というと何故か女性用水着のことを
    指してたんですよね。子供心にも納得がいきませんでした。
    >シュミーズはスリップと言ってましたが、いま着てる人いるのかなあ?
    ああ、スリップ!懐かしい響き。そうでした、スリップともいってました。
    もう、着てる人もいないんですか?
    ふんどし に仲間入り?

  71. 匿名 より:

    『サルまん』は確か帯で30万部突破というのを当時見たような記憶があるのだが何しろ随分前の話しだし。
    後、豪華本みたいな装丁のも出ていたような記憶があるので結構累計で出ていたような。

  72. エルモ より:

    ホッチキスがステイプラー、掃除機がクリーナー、洗濯機はまだ洗濯機か。
    ホッチキスがステイプラーはわかりますけどね、掃除機なんて英語だとバキュームですよたしか。
    Hだってホントは変態のことなのに今やセッ○ス。。。言い換えりゃいいってもんでも。。。

  73. のん より:

    私の周りでは普通にパンティって言ってたなあ。
    ごく特殊な環境だったのか。。。
    現在30代、東京生まれ東京育ち某女子中高大卒。

  74. より:

    外来語を外国語に近付けようとしているのを見ると
    無理して発音似せなくていいじゃんと思ってしまう

  75. ふうむ、同感です。でもパンツってなんか男心をくすぐる、色気が感じられないというか、げんなりです。

  76. パンチラ より:

    数年前に、はなまるマーケットという朝の人気番組で、司会の薬丸くんがうっかり「パンティー」といったために岡江久美子が爆笑するという場面がありました。いけてる男性が言っても笑われるわけですね。

  77. モリ より:

    はじめまして。
    韓国では男物もパンティーと言うそうです。

  78. 87分 より:

    あとアレですか、婦女子は「汚れが目立つし〜」ということで白いパンティはあんまし穿かんそうですよ。

  79. ネカマ判定リトマス紙

    匿名掲示板とかで、女性下着をパンティと表記している女性名の投稿は99%ネカマ。
    いまどきの20~40代はそんな呼び方はしません。

  80. Kuma Kageki Dan より:

    え、ほんとに?

    http://memo.takekuma.jp/blog/2006/02/post_3612.html
    いつからそう言わなくなったんですかね?
    元からそんな言葉なかったんでしょうかね
    どうでもいいことながらも、軽い衝撃を受けました
    (゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

  81. かなびん より:

     もっと言うなら、男性からはおばさん臭いと言われているベージュのブラは、白ブラウスで最も透けない色です。レイヤードスタイルにも使えます。

« | トップページ | »