たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2006年3月21日

東京国際アニメフェアで蛙男商会

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

web_coffy_taka_visual

(C)蛙男商会/DLE

例の石原都知事の肝いりで始まった「東京国際アニメフェア」ですが、24日のビジネスデーでの特設ステージで、WEBアニメ作家として著名な蛙男商会さんのイベントに不肖竹熊がゲスト参加することになりました。

蛙男商会といえば、「菅井くんと家族石」「古墳GALのコフィー」といったショート・アニメを多数制作し、WEB上で公開して好き者の間でバカ受けしておられる作家さんです。島根県に居住して幾星霜、完全な個人制作による超低予算リミテッド作品ながら、抜群の「会話のセンス」と編集テンポの良さで傑作を作ってしまう才人。

かねてより知る人ぞ知る才能として注目されておりましたが、なななんと、この4月からテレビ朝日で『ザ・フロッグマン・ショー』という深夜の帯番組を持たれることになりました。24日はその発表会ということです。

http://www.kaeruotoko.com/index.html
↑蛙男商会公式サイト(作品も一部見られます)

これがどのくらい画期的かといいますと、蛙男さんは本当に掛け値なし、正真正銘の個人制作だからです。一人で脚本・監督・作画・声の出演までやるばかりか、5分程度のアニメなら通常1週間、最短3日で制作してしまうといいますから呆れます。それで今回は、そのやり方のままで、テレビの帯番組を持ってしまうというわけです。

前代未聞の快挙…といいたいところですが、唯一前例があるとすれば、70年代の「11PM」という深夜バラエティで、「ミニミニアニメーション」というコーナーを担当していた個人制作の巨匠・久里洋二さん以来ではないでしょうか。リミテッドとはいえ、久里さんも毎週15秒から30秒くらいの作品を発表して、それを10年近く続けたと思います。(しかもフィルム作品だったのが凄い)

蛙男商会さんはある意味、それの再来といえますけれども、完全に一本の番組、それも30分番組ということではやはり前代未聞と言えます。本当にやるのかオイ。内容は抱腹絶倒、何回見ても笑えるのがすごい。「たけくまメモ」としましては自信をもってプッシュする次第であります。

24日はビジネスデーということで、一般客は参加できないのが残念ですが、当日の模様は「たけくまメモ」でも紹介するつもりです。

http://www.taf.metro.tokyo.jp/ja/outline/index.html
↑東京国際アニメフェアでの石原都知事のご尊顔


たけくまメモMANIAX

| コメント(21)

“東京国際アニメフェアで蛙男商会” への21件のフィードバック

  1. Gz より:

    ttp://sakuratan.ddo.jp/uploader/source/date11193.wma

  2. ネコ船長 より:

    5分を3日はすごいですね。
    以前3分の自主アニメを4日で仕上げたことはありますが
    もう2度とやらないぞと思うくらいキツかったです。精神的にも
    肉体的にも。しかも品質はガタガタ……
    なんかもうその速さだけで尊敬しちゃいます

  3. たけくま より:

    まあ、彼の作品を見れば速さもある程度納得できます。
    ほとんど動きませんから(笑)。
    にもかかわらず面白いというのが衝撃なのです。

  4. 遥海 より:

    うわーすげえ。
    だけど、島根県にはテレビ朝日がネットされていないという悲しさよ・・・。

  5. たけくま より:

    大阪ABCテレビでもやるみたいですよ。
    こっちはネットされているのでは。

  6. Aa より:

    >「ミニミニアニメーション」というコーナーを担当していた個人制作の巨匠・久里洋二さん以来
    そういえばそうですわ

  7. apg より:

    11pmは田名網敬一さんもやってなかったですか?

  8. 匿名 より:

    久里さんは古川タクさんがアシスタントとして働いていた工房を持ってませんでした?

  9. たけくま より:

    ↑ああ、確かに工房はありましたね。とすると、純粋な「個人制作」でテレビ番組を作るのは、蛙男商会さんが史上初かもしれない。
    まあ声優などでは他の人の協力がありますけど。(コフィーの声は、知人の女性に頼んでいたはず)

  10. 匿名 より:

    >こっちはネットされているのでは。
    島根県には朝日系列のテレビ局そのものがないのですよ。
    鳥取県東部ならいざ知らず,島根県でABCを視るのは不可能でしょう。

  11. たけくま より:

    あ。そうなんですか。それは残念ですね。

  12. 蛙男 より:

    お世話になっています、たけくまさん。
    ちなみに島根県内はCATVでABC放送がネットされています。ですから島根で見ようと思うと、CATVに加入しなくてはなりません…。
    ただ地元テレビ局が番販で購入するかもしれません。いつになるか知りませんが。。。
    (島根じゃ普通に半年前のタモリ倶楽部が流れてますからね!)
    TAF当日、よろしくお願いします!!

  13. たけくま より:

    あ、蛙男さんどうも。
    実は今度、産経新聞のなぜか大阪版でコラムを連載するんですが、そこでも「フロッグマンショー」のことを書きました。最初が4月6日掲載なので、第一回には間に合いませんが…。

  14. マカリー より:

    産経関西ったらDoGAつながりっぽいですね。

  15. 御園あゆむ より:

    最近の関西は盛り上がってますね。
    アニメなんかも、MBS、YTVなどがんばってますよ。
    ルパンの第一期も制作は読売テレビでしたし。
    ヤマトもですよね。
    諏訪さんて方が、NNN系列のアニメを今は仕切ってます。
    ガンダムはナゴヤでしたが。
    ABCも必殺仕掛人を復活させるそうです。
    関テレはアニメ作った事がないみたいですが。

  16. 遥海 より:

    >ただ地元テレビ局が番販で購入するかもしれません
    それは良かった♪
    私は近畿在住なんで見られるんですけど、島根の友人が残念がっていたので(笑)

  17. 山田orz より:

    久里洋二の「11PM」
    蛙男商会の「ザ・フロッグマン・ショー」の系譜には
    テリーギリアム「モンティ・パイソン」も忘れてはなりますまい。
    実写コントももちろん面白いが、やはり、あの切り紙アニメあってのモンティパイソン。
    テリーギリアム関係の書籍によれば、当時、ギリアムは各、目的別に分類した膨大な切り抜きをストックし、一週間の半分は徹夜、持って行ったフイルムを他メンバーは中身を見るヒマもなくいきなり本番に使用。ギリアムの給料はデザイン事務所に勤めていた時よりも安かった、とありました。

  18. ラッシー より:

    レギュラー番組化は感激ですねー。特に「菅井君」の数々の名台詞は今でもそらで言えますよ。たけくまさん、蛙男さんの一ファンとしてイベント応援しております。

  19. 忍天堂 より:

    ぬわっ竹熊さんの名前が載った記事ががヤフー一面に・・・
    個人製作Flashがテレビアニメに 「古墳GALのコフィー」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060324-00000078-zdn_n-sci

  20. 忍天堂 より:

    竹熊さんの写真付き記事
    個人製作Flashがテレビアニメに 「古墳GALのコフィー」
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0603/24/news086.html

  21. 私も未来の蛙男商会を発掘して自分の夢を実現したいです。
    あなたに光あれ!!

« | トップページ | »