たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2006年4月1日

♪ムこうの山に月が出て…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

Taketaikentaro_1 ちょっと前に小飼弾さんが、本当は「小飼」なのにあまりにも「子飼」と表記されることに音を上げて「これからは弾さんと呼んで」と悲痛に訴えておられるエントリをアップされていました。

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50414409.html

弾さんの気持ちはよくわかります。というのも、俺だって「竹熊」ではなく「竹態」と書かれ続けているからです。つい先日もこういう封書が届きましたし(図版参照)。

さすがにワープロ変換でこうなることはまずないんですが、手書きの場合、2~3割くらいの確率で「熊」が「態」にされてしまう。自分の名前で領収書を切ってもらうときには、必ず「動物の熊。熊本県の熊です」と説明するのですが、それでも間違える人がいらっしゃいます。

たぶん自分の名前が「熊田」であるとか、または出身が熊本県の人以外は日常生活で「熊」という文字を書くことは滅多にないからでしょう。自分では「熊」と書いているつもりでも、つい習慣で下を「点四つ」ではなく「心」にしてしまうみたいです。

小飼さんの場合は、手書きでもワープロでも間違えられる可能性があるので、より深刻でしょうね。

いや俺、別に怒っているわけではないんですが、いちいち説明したり、訂正してもらうのが面倒クサイなあとつねに感じているわけです。その無駄な時間を、なんとか有意義なものに使えないものかと。

一応「熊」には絵描き歌ならぬ「字書き歌」がありますので、この際お教えしましょう。

♪ムこうの山に月が出て ヒが出てヒが出て四つ出た

というんですが、なんでこんな歌があるのか。やっぱりクマとタイを間違えることが昔から多かったのでしょうか。「瓜にツメあり、爪にツメなし」みたいな。第一、なんで俺がこんな歌を知っているのか。教わったとすれば、親からだと思うのですがまったく記憶がない。

ところで領収書の件ですが、あまりにも名前を間違えられますので、いっそ「上」という会社を設立しようかと思ったことがあります。株式会社上。なんて。

「お名宛てはどうなされますか」

「あの、上様で」

って、すごくラクになりますよね。でもこういうの、もう考えたやつはとっくにいるだろう。でも「上」という社名を聞いたことがない。ということは、登記かなんかの法律で禁止されてたりするのでしょうかね。

追記:と、思っていたらこんな会社があった。惜しい。

http://www.kamigumi.co.jp/

たけくまメモMANIAX

| コメント(30)

“♪ムこうの山に月が出て…” への30件のフィードバック

  1. さかな より:

    松平健さんが、電器店で買い物をしていったときに「上様」で領収書をもらっていったという都市伝説を聞いたことがあります。
    普通にありえそうですよね。

  2. イイ塩梅 Not Found

     404 Blog Not Foundで、また弾さんが吼えられました。

  3. jellyfish より:

    中学生のとき、「上」とかいて「かみ」と読む苗字の同級生がいました。
    領収書は「上様」だし、呼ばれるときは「かみさま」とは大変だなと
    思っていたこと思い出しました。

  4.   より:

    王監督がもらう領収書は「王様」なんだろうなあ、やっぱ。

  5. naga より:

    >王監督がもらう領収書は
    そういえば、前、奥様の遺骨盗難事件のとき、
    (あれ、たしかまだ犯人も、遺骨も、
    見つかってなかったハズですよね?)
    当時、ワイドショーだと思うのですが、
    犯行現場からリポートしてた時、
    墓石には、『王家の墓』…
    まぁ、たしかにそうなんですが…

  6. Aa より:

    永六輔は英語圏でじぶんの家族を紹介すると
    みな去っていってしまうという。
     エイズ・ファミリー
    お後がよろしいようで。

  7. てんてけ より:

    字書き歌じゃないですけど、小学生のとき
    「頭」という漢字の覚え方で、
    「いち・くち・そぅ・いち・いち・の・め・は」と
    教えて貰いました。
    名字読みの間違われ方といえば、
    筑紫哲也さんが「つくし・てつや」と間違えられて、
    「もう“つくし”でいいです」って言ってたのを
    聞いたことがあります。

  8. てんてけ より:

    字書き歌じゃないですけど、小学生のとき
    「頭」という漢字の覚え方で、
    「いち・くち・そぅ・いち・いち・の・め・は」と
    教えて貰いました。
    名字読みの間違われ方といえば、
    筑紫哲也さんが「つくし・てつや」と間違えられて、
    「もう“つくし”でいいです」って言ってたのを
    聞いたことがあります。

  9. てんてけ より:

    なぜマック&I.E.の投稿だと、ダブるのでしょうか…?(?_?)

  10. てんてけ より:

    なぜマック&I.E.の投稿だと、ダブるのでしょうか…?(?_?)

  11. より:

    熊の字はローカルルールがいろいろあるらしいですよ。
    http://kotonoha.cc/no/17399
    私は「ム月ヒヒででんこでんでん」でした。

  12. apg より:

    fire foxでもダブリましたよ。
    6桁の文字入力も昨日の夜からなくなりましたけど、ココログの方の問題ですかね?

  13. 匿名氏 より:

    >>てんてけさんへ
    あれっ、「つくし・てつや」じゃなかったの!? ずっと「つくし」だと思ってた!
    「長谷邦夫」さんもずっと「はせ」さんだと思っていたしハズカシー、、、
    他に読み方の分からない人・
    「根本敬・たかし?」「 切通理作・きりつりさく?」嫌煙ファシズムに立ち上がる「小谷野敦・こやのあつし?」など、、、
    庄野頼子・呉智房・色川武大なども間違えて覚えている人多そうだ、、、
    あと、「矜持」という命名がイカンという記事を最近読みましたが、変な当て字で「ありさ」だの「しゅーと」だのがアリなんだから良いんでないかと思いました 長くてスミマセン

  14. mgifos より:

    「熊」と「態」を間違える,ってネタは唐沢なをきにあったような.

  15. 竹態変太郎 より:

    あの、この仮名もし不快に感じておられる
    のでしたら使わない様にします。昔パンパカ
    超特急に書かれたネタが面白かったので
    勝手に拝借してるんですけど・・・・。
    話は変わりますが「神の左手悪魔の右手」は
    文庫サイズなんですね。やっぱり漫画は最低
    「漫玉」位の大きさで読みたいな~。

  16. 昌広 より:

    ぼくは「昌広」という名前なのですが、
    手書きでも、ワープロでも、たいてい「昌弘」か「昌宏」にされてしまいます。
    人の名前ぐらい(しかも客の)ちゃんとして欲しいものです。

  17. ↑ダジャレのつもりだったのでしょうが…

  18.   より:

    あれ、すみません、矢印は上の方へのレスではないです
    名前欄のリンクを参照ください→
    ダジャレのつもりだったのでしょうが…

  19. 通りすがり より:

    「上様」(うえさま)と、「上殿」(じょうどの)って両方の言い方がありますよね。礼儀からしてどっちが正しいのかわかりませんが。

  20. 永田電磁郎 より:

    殿 は基本的に目下の者に使うと聞いたことがあるのです。勘違いかもしれませんが。
    ちなみに私は永田ですが、夫はある病院で
    永田→ナガタ→長田→オサダ
    と看護師に脳内変換され「オサダさ~ん」と呼ばれたことがあったそうです。普通の苗字でも安心できません。

  21. 御園あゆむ より:

    そういう歌なら、CMで「ム・月・ヒ・ヒ・点々ばんばん~♪」ってのがありましたが。なんのCMだったか思い出せません。

  22. 匿名 より:

    昔VOWで「男だったら熊度でしめせ!」ってネタがあったな~、映画のアオリだっけか?

  23. やすし より:

    熊という字は、小学校の時、「点の打ち方が正しい書き順ではないんだけどね」という注釈付きで、「ム〜月、点々、ヒ、ヒ、点々」と習いました。

  24. hanyanya より:

    泉昌之マンガに書いてありましたな。

  25. Aa より:

    >「男だったら熊度でしめせ!」ってネタがあったな
    女だったら示さなくてもよいのですか。
    男だったら○○! というフレーズはどうも好きになれない。

  26. Aa より:

    >「男だったら熊度でしめせ!」ってネタがあったな
    女だったら示さなくてもよいのですか。
    男だったら○○! というフレーズはどうも好きになれない。

  27. nomad より:

    > 女だったら
    いやそりゃいろいろ示してもらいたいですけどセクハ

  28. naguri より:

    おぉーとぉこ だったぁらぁ ふたつに ひーとーつー と、何故か脳内変換

  29. 遥海 より:

    本名は、名前も難読、苗字も難読です。
    救いは名前の音感そのものは至って普通というところでしょうか。
    なんか常に、自分の名前の説明のしかたを模索していますが、
    最近説明するのに、コザトヘンとか、つくりとか、しんにょうとか言っても通じないことが多く、普通に、右側とか左側とか説明しています。

  30. エルモ より:

    まあ自分の名前が漢字で書けなくても大学に入れる時代ですからねぇ。

« | トップページ | »