たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2006年4月19日

M越くんがケータイを!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

M越くんの続報です。前のエントリをアップ後、M越くんから電話があったのですが、なんか「たけくまメモ」はまだ読んでないみたいで。

「今度見るよ」

とのことでした。たぶんずっと見ないな。

それはともかく、驚くべきことに、あのM越くんがかけてきたのは自分の携帯からだったのです! ついに彼も43歳になってマイ携帯を購入したのでした! どうやら彼と一緒に仕事しているデザイナーが「今時ケータイもないなんて仕事にならない! 俺がついていってやるからケータイ買え!」と現代人としてしごくまっとうなことをいって、近所の携帯屋さんで強引にドコモのやつを買わせたらしいのです。

 「なんだよ。ウィルコムにしとけばよかったのに。俺もウィルコムだから、夜中にパソコンがわからなくなって電話しても、ウィルコム同士ならタダだぜ」

 「そうなの? ところで一ヶ月8千何百円も基本料取られるんだけど、ちょっと高くないかね?」

 「ウィルコムなら基本料2900円だけどね。ドコモの料金体系は知らないが、高いな。どんなサービスに入ってるの」

M 「K崎(デザイナーの名前)と店員の言いなりに買ったから、全然わからん」

 「まあ、あとでコース変更はできると思うけど」

M 「そもそもマニュアルがこんなに厚くて、読む気がおこら…………………………………プツン、ツー、ツー、ツー」

そこから約3分が経過し、再びM越くんから電話が。

 「悪い悪い。急にケータイの電池が切れちゃってさ。家の電話に切り替えた」

 「充電してないの?」

 「……充電?」

どうやらM越くん、ケータイは充電しないと使えなくなるという事実を知らなかったようだ。

 「買ってから何日目よ?」

 「おととい買ったんだけど。最初から使えたから」

 「そういうのって、最初はちょっとだけ充電してあるんだよ! じゃ、買ってから一度も充電しなかったんだ?」

M 「そうか。充電するのか」

 「ソーラー電卓じゃないんだから。とにかく家に帰ったら、すぐ充電器にセットしておくものなの!」

 「わかったよ。じゃあな」

(実話)

たけくまメモMANIAX

| コメント(29)

“M越くんがケータイを!” への29件のフィードバック

  1. apg より:

    M越さんはライターとしてよっぽど優秀なんでしょうね。
    それともお世話せずにはいられない、
    抗しがたい魅力でもあるんですか。
    所謂「ほっとけない人」ですか。

  2. めたろう より:

    おひさしぶりでございます。
    かつて携帯故障カスタマーに在籍しました私が予言致します。
    PC初心者説明地獄に続き、ケータイ初心者説明地獄の開幕間違いなしでございます。

  3. たけくま より:

    いやドコモは俺、まったく使ったことないので大丈夫。彼にドコモを勧めたK崎くんがエジキになるであろう。

  4. 御園あゆむ より:

    私はPCがあれば携帯は要らないであろう派(そんな派が実在するのかわからないが)です。基本インドアであり、メールで連絡してくれればこちらの手の空いた時間にまとめて処理出来ます。
    そもそも、電話を掛けて否応なしに対応を迫るというのは失礼に当たる事だと思っております。例えば、私が「未来少年コナン」の再放送を見ている時に、「金」を買わないかというような無礼千万な電話が掛かってきて、十分に見られなかったとすればどうなのでしょう?
    今忙しいのであとでと云っても食い下がってきたら、お相手をせねばなりません。
    アポイントを取ってから掛けて来ると云うのが礼儀だと思います。留守録にするというのも手ですが。
    睡眠中に掛かってくる事もあり、強制的に目を覚まされたりなど、とても電話に迷惑しているのです。
    これは一種のテロルです。
    自分語りですいません。

  5. ぼぼ より:

    まあ、たけくまメモのネタにして笑いを取ることが出来れば
    元は取ったようなもんでしょう。
    いい復讐にもなりますし。
    しかし、ドライな現代社会より、暑苦しくて小汚いたけくまワールドに昨今魅力を感じます。
    最後の2行は省いて
    M「そうか充電するのか。」遠い目(実話)
    のほうが面白いかな。

  6. sima より:

    こんなにへらへらしながら生きていけるなんて、うらやましくない? ラスト・エンペラーみたい。

  7. くらはし より:

    ある意味、とても高貴なものを感じます。
    しかし、私と一つ違いかぁ…この先の人生も長いよなぁ…。

  8. よさこい より:

    Mさんと電車に乗ってて、いつも思うのだが、切符をベロンチョベロンチョと、スルメやガムのように咬んだり舐めたりするのは、見てて気持ち悪いので止めてもらいたいものです。ビロビロになった切符で無事改札通過できるのか、いつもハラハラします。
    話脱線してすんません。

  9. たけくま より:

    >よさこいさん
    関係者ですね。

  10. apg より:

    >ベロンチョベロンチョと、スルメやガムのように咬んだり舐めたり
    ほんとに大丈夫なんですかM越さんは。

  11. かなびん より:

     おそらくどの仕事でも通じるであろう、新人バイトの鉄則なんですけど、竹熊さんが教えたことを絶っ対、メモに取らせる、っていうのはどうですか?
     で、以前教えたとこで「何それ?」ってなったら、「お前メモ取らなかったのか!?」って、注意する「取ったけど」と言ったら、その内容を暗唱させる。
     相手、ライターさんでしょう?
     人から話聞いて文章に要約するのはむしろ得意分野なのでは?
     竹熊さんの話を、インタビューするくらいのつもりでメモらせたらどうですか?
     学生さんだって、授業で口述筆記が必要な時だってあるわけだし。そういう事を、精神論交えてぶつけてみてはいかがですか?

  12. tes より:

    っていうかM越さんが失業しないのが不思議です。
    ライターとしてそんなに優秀なんでしょうか?

  13. apg より:

    出版界というのは、常々たけくま先生がおっしゃっている通りの、
    普通だったら「社会不適合者」になりえるような方々や、
    チンピラ、魑魅魍魎などが跋扈している世界だということが、
    このM越さんを通して垣間見えます。
    素晴らしいですね。

  14. かなびん より:

     いっそのこと、M越さんと一緒に「サルでもできるパソコン教室-サルパソ」なんて、出版してみたらどうでしょう?
     仕事となったら違ってくるんじゃないですか?

  15. あんとに庵 より:

    基本料8000円って高い・・・・・んじゃ。
    まぁ未だにケータイを持たない頑固な編集者もいます。こないだまでなかった代物だからなぁ。

  16. 永田電磁郎 より:

    8000円は高いですよ。
    いろいろ、特約がついてるんじゃ。
    サルパソ、いいですね。ぜひ。

  17.   より:

    その前に新サルまんを何とかシル

  18. apg より:

    ↑新さるまんは7月に延期じゃ。
    しかし、新ネタの「萌え」は没になったのか
    どうかはとっても気になる。
    別に没なら没でいいと思いますがね。
    なんかそれほど面白くなりそうもない気がします。
    あの件の「萌え対話」に一体どれだけの価値があったのか疑問です。
    たけくま先生がアレをどうお考えなのかは
    気になるところですが。
    もっとも、一つ一つの意見が、というより、
    あれだけのレスポンスがある、ということが
    発見されただけでも価値があったのかもしれませんが。
    ブログってレスポンスがヴィビッドだ、とかつておっしゃっていましたが、
    ブログがなければもっと軽い気持ちで「萌え」をネタにできたのに、
    あんなことになってしまって、たけくま先生もやる気が失せてしまったのかと
    心配しているのです。
    まあそもそも復刊のきっかけもブログが作ったのかもしれませんけどね。

  19. かなびん より:

     そういえば、たけくまさんもウィルコムでしたか。
     機種は何をお使いで?当方、旧型の京ぽんです。
     時々そっちから「ケータイモード」で「たけくまメモ」を閲覧するのですが、両サイドのアフィリエイトとリンクがえらく長くて、ダウンロード&スクロールが大変です。かといって「フルスクリーンモード」は読みづらいし・・・。
     携帯用にアフィリエイトを別ページにしたりした簡易閲覧できるモードがあるといいのですが。

  20. たにしんいち より:

    >>M越さんと一緒に「サルでもできるパソコン教室-サルパソ」
    →そしてまた一歩野望に近づいた!なんて、、、
    トキワ荘世代の方達はPCどーなんですかねー。藤子AさんFさん、赤塚さん使ってなさそう、、石ノ森さんは使っていたのでわ。
    こう考えてもPC自作しちゃう平田先生は凄いなあ。あっM越さん、日本刀持った平田先生に習うと良いんでは、、、
    仕事しますスミマセン

  21. 骨男 より:

    >ブログがなければもっと軽い気持ちで「萌え」をネタにできたのに、
    あんなことになってしまって、たけくま先生もやる気が失せてしまったのかと
    いやいや、我々の"ものさし"でたけくま先生を測ってはいかんでしょう。
    延期がちょうど良い発酵期間になるのではないでしょうか。

  22. 骨男 より:

    >あっM越さん、日本刀持った平田先生に習うと良いんでは、、、
    ナイス!

  23. syuu より:

    なんかホッとしますね、こーゆーヒトも。
    手書きと黒電話で通して、パソコンもケータイも別に要らねーんだよってのを実践してほしかったかも。
    ライターさんなんですよね・・次は・・M越さんに自分のブログの開設をふっかけてみるとか。。

  24. apg より:

    >骨男さん
    そうですね。
    本当はぼくも、実はなにか水面下で
    企んでおられるのではないかと睨んでいるんですけど。

  25. たけくま より:

    「サルまん萌え」プロジェクトについては近日再開します。
    刊行は7月末になったみたいです。詳しいことがわかったらここで報告しますので。

  26. apg より:

    やっぱり!楽しみですねぇ、
    また賛否両論が巻き起こるんですかね。

  27. たにしんいち より:

    あっ!エロやるとPC覚えるって言いますよ!
    確かに他人にいちいち聞けないし、画像も整理したいところだからフォルダとかの概念も分かってくるでしょう。

  28. 御園あゆむ より:

    > サルまん
    値段は幾らになるのかな?前回の奴を古書で買おうとしても、素晴らしい高さで手がでません。
    私二十歳の頃、一番最初にでたサルまんを買おうと思ったりしましたが、結局買えなかった。いや買わなかったというのが正しいですね。お金はあったのです。紀伊国屋に現物があったんですが、目立ちすぎるあの表紙絵が、なんだか恥ずかしくなり、その場を立ち去ったのです。とても後悔してます。
    とはいえ、どうせ引越で場所がわからなくなってたでしょうから、今買うのは運命なのかも知れません。
    早く出してね。

  29. アセチレン・ランプ より:

    51歳男性ですが
    未だに携帯電話を所持しません。
    仕事が少ない言い訳にもなりますから
    まあ、そのほうがいいのかと。
    でまあ、持ったらM越(三越ではないの?)2世となりましょう。

« | トップページ | »