たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2006年6月3日

近年稀に見る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

忙しさです。まあ、いいことではあるんですが、本当は俺、忙しいの嫌いなんです。でもヒマすぎると家賃が払えなくなるので、しかたなく働いているんですよ。今、ここに10億円あったら、もう一生、働く気はないのですが、どこかの竹藪に、悪徳商法の社長さんが、脱税した金を10億円落としてないものでしょうか。すぐ、取りに行きたいんですけど。よろしくお願いします。

それはそれとして、本日は朝カルで「ブログ論」のことをしゃべって、帰ってから産経新聞のコラムを書きます(昨日が締め切りだったんですが)。それで寝て、明日は日曜ですのに、お昼くらいにファミ通編集部へ行きまして、羽生生純くんと『アレ(仮題)』のネーム作りをしなければなりません。ギャグ漫画の場合、シナリオを別に書いてもどうせダメなので、その場でマンガ家と一緒にネーム作るのが一番早いのです。夜までに終わればいいのですけど。

それが終わったら、寝て、月曜は愛知県まで泊まりがけでライギョを釣りに行きます。イヤ別に遊びに行くのではなくて、これも仕事なんですよ。なんか知らないけどライギョ釣らなくちゃいけないんです。釣りなんて小学校以来ですよ。なんかの罰ゲームみたいですねまったく。

たけくまメモMANIAX

| コメント(23)

“近年稀に見る” への23件のフィードバック

  1. お。一番乗り?
    釣りは生涯一回こっきりしただけです。手釣り、っていうんでしたか、竿無しで…
    で、その時一匹もかからなかったので嫌でやってません。

  2. apg より:

    大分昔の記事を見ると、ノンキに近所を自転車でふらついて
    適当に写真を撮ったようなのとかありましたね。
    あの頃は暇だったんでしょうか。
    あの感じがぼくは好きでした。
    雷魚を釣るのが仕事って・・テレビ・芸能関係の仕事ですか?

  3. 長谷邦夫 より:

    >雷魚
    子供時代にはよく近所の池や川で釣りで遊んでいたものです。
    雷魚は家のすぐ前の掘割に沢山いて、夏になると水面に浮かんでいましたね。こうなった状態では釣れません。
    巨大化したものを釣ることもありませんでした。
    たしか、長い太棹でプロが釣りに来ていた。
    食用にするのかどうか…、なまず料理もありますよね。食べたことはないけれど。
    今回の企画の目的は?

  4. あんとに庵 より:

    >羽生生純くんと『アレ(仮題)』のネーム作り
    『アレ(仮題)』がファンキー過ぎてネーム造りの現場が想像つきません。体力がいりそうな印象ですが。

  5. Aa より:

    小学生の頃、解禁まえに川で釣りをして補導された同級生の男の子がいました。

  6. まど より:

    カルチャーセンター講演、裏話を色々と面白かったです。またありましたら参加したいです。

  7. たけくま より:

    今、帰宅しました。
    疲れた……。
    とりあえず寝て、早起きして原稿書こう。
    寝過ごしたりして……。

  8. たけくま より:

    >長谷先生
    いやその、たいした目的ではないんですが、雑誌の仕事ではあります。

  9. 参加者2 より:

    お疲れさまでした
    たけくま先生ってアニメ美味しんぼの
    あの人みたいに声が高いと思ってたのですが
    ドスの効いた声をなすっていたのですね
    意外でした(・∀・)ノ

  10. 今週のファミ通はクロスレビューカタログ前半

    今週のファミ通は絶対買っとけ!!クロスレビュー優良ソフトカタログがついてるから。ファミ通のクロスレビューってのは知らない人のために説明しとくと、

  11. くまぞう より:

    愛知県海部郡というのは
    佐賀県、徳島県とならんで
    日本3大雷魚地帯の一つなんです(適当)
    竹熊先生に教えてあげられることなど
    何一つ無い私ですが
    雷魚釣りのことなら別です。
    いいなあ~。
    私も行きたい・・・。

  12. 波酒 より:

    お疲れ様です、どうかご無理はなさいませぬよう・・・せめて新装サルまんが出るまでは。
    ライギョってのは確かアレですね、指を食いちぎったり鷹みたいなのと格闘して相打ちになったりするヤツ(笑)

  13. ビリー・ルービン より:

    これでタケクマ氏が釣りにハマったりしてな。

  14. 長谷邦夫 より:

    雷魚を釣るには、いろいろな釣りかたがありますが、最もポピュラーで
    おもしろい釣り方といえば、フロッグを使ったカバーゲーム。
    カバーゲームとは、菱や浮き草など水生植物が水面を覆っている池や
    クリークなどでカエルに似せたルアーを引いて雷魚を釣り上げるというもの
    です。フロッグに雷魚がアタックする時の何ともいえない緊張感と大きい
    ものになると1メートルをこえる大きさの雷魚が釣れるということが代表的
    な魅力でしょう。他にも雷魚がいそうなフィールドを探しながら釣りをし、
    『こんなとこにも雷魚が・・・!』というような場所で釣れたりするのも
    おもしろいところでしょう。
    ↑某サイトに書かれていた釣り方のひとつです。
    子供の時代、ぼくが見た方法と同じですね。
    フナや鯉を釣るのとは、全く違っています。
    このあたりがダイナミックで面白いんですね。
    凶悪というか、スネークフィッシュと言われる
    だけあって、怖さも味わえます。
    もし、1メートルもあるやつだったら、経験者でないと釣り上げられないでしょうね。

  15. たけくま より:

    ↑一応、雷魚釣りのプロの指導を仰ぐことになってます。うまく釣れましたらお慰みです。

  16. nomad より:

    雷魚を釣るのですか…
    雷魚は田んぼで獲るものだと思っていました。
    大抵、網には入りきらないので手づかみです。
    雷魚は白身で美味な魚で、鯉のような味がします。生で食べるのもいろいろとおもしろい体験ができるものと思います。顎口虫が皮下を移動する様を楽しむのも風雅な趣味と思います。
    あ、ジストマとかC型肝炎がいるといけませんね。

  17. ビリー・ルービン より:

    へええ。ライギョって食うんですか。しかも美味いとは…… しらんかったなあ。ワシも尾張そだちなんで、ライギョを釣ったり採ったりする話はガキの時分から周囲にいくらもあったけど、ライギョを食うという話はなぜかきいたことがなかったので、なんでオトナも子どももライギョなんぞの話に熱心になるのか、ずっとフシギだった。ここを読んでその長年のナゾがとけた。w 勉強になりますなあ。

  18. 長谷邦夫 より:

    >美味
    うまいんですか。ぼくも知りませんでしたよ。
    鯰料理屋が前に住んでいた葛飾のはずれに有るとか聞いていたんですが、ここへも行かなかった。
    両方、食べておけば良かったな。
    竹熊さんがうらやましい。

  19. せいご より:

    愛知県海部郡に住む者ですが、地元がライギョで有名だとは全然知りませんでした。
    確かに今思い出してみると小学生時代とかに川遊びとかしてるときにいっぱい見かけました。
    ところで、地元の釣り好きに聞くところによると、ライギョは寄生虫がいっぱいいるそうなんで注意されたほうがいいかも。プロの方が付いてらっしゃるのなら問題無いとは思いますが。

  20. せいご より:

    愛知県海部郡に住む者ですが、地元がライギョで有名だとは全然知りませんでした。
    確かに今思い出してみると小学生時代とかに川遊びしてるときいっぱい見かけました。
    ところで、地元の釣り好きに聞くところによると、ライギョは寄生虫がいっぱいいるそうなんで注意されたほうがいいかも。プロの方が付いてらっしゃるのなら問題無いとは思いますが。

  21. せいご より:

    すみません、間違えて2重投稿してしまいました。削除していただけると幸いです。
    お手数かけてすみません。。。

  22. 銀次 より:

    いつもROMでしたので、はじめまして。
    講演はいろいろとためになる話が聞けて興味深かったです。ところで冷静に思い出すと、名前も告げずにヘンなものを渡してしまい、申し訳ありません。

  23. nomad より:

    皆さんに雷魚が食べられることを情報提供できて僕も嬉しいです。
    「雷魚・料理」などでググるといろいろな料理法が出てきますのでお試し下さい。
    藤田紘一郎さんの本でも紹介されていますが、戦時中、中国でサシミを食べたいと雷魚を食べた軍人さんが寄生虫をもらっております。中には寄生虫を飼うためにあえて食すという風雅な趣味をお持ちの研究者もいらっしゃるようですが、顎口虫だけなら良いのですけど、その他の病気を得る場合も往々にしてあるので、生食は気高い貴族的な冒険心を持つ選ばれた者だけのものとしておいたほうが良さそうですよ。
    また、雷魚は泥の中に住みますので、釣ってすぐ料理をすると泥臭いものです。(だからベトナム料理などでは香辛料を使って煮付けにします)
    日本的な味付けで食べる場合は奇麗な水槽で数週間飼って泥抜きをしてからにすると良いと思います。

« | トップページ | »