たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2006年8月9日

帰国しました

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

193115457_57

←俺が宿泊したオハナ・オーシャンビュー・ホテル。こう撮るとものすごくコジャレてますが、実際はオンボロのホテルでした。

そんなわけで本日未明に無事帰国しました。6日の早朝に羽田を出発し、9日の早朝に帰国するというあわただしい日程でしたが、なんとか向こうのスケジュールもこなすことができました。

8日の夕方になってやっと時間が空いたのでビーチに海水浴に行ってきましたが、遠浅の珊瑚礁がそのまま海水浴場になっていて、何百メートル歩いても水深が腰の高さまでしかないんですよ。で、見た目は本当にキレイなんですけど、底には無数のナマコが転がっており、気持ち悪くて歩けたものではない(ナマコの表皮は粘液で海砂が付着していて保護色になってるんですが、踏むと砂がとれて真っ黒になる)。

珊瑚もゴロゴロしてるし、ビーチサンダル履いてないと痛くて歩けません(ナマコ対策にもなる)。珊瑚やナマコがいないのは波打ち際だけなので、結局そのへんの子供と一緒に海に座り込んでいることが多く、文字通りの海水浴でした。

あとグアムの繁華街って恐ろしくコンパクトなんですね。伊東とか熱海とかそんな感じ。それで看板も日本語だらけで、店員や町のポン引きも達者な日本語で話しかけてくるので外国に来た気がまったくしないのはどうかと思いました。ストリップ小屋だとか、実弾射撃場がやたらとあって、その隣にいきなりグッチとかエルメスなんかのブランドショップがあるわけです。でもこっちはブランドショッピングにまったく興味がないわけで。

ストリップと高級ブランド店の中間がないのがちょっと問題だと思いました。

ともあれ無事に帰ってこれてよかったです。

たけくまメモMANIAX

| コメント(22)

“帰国しました” への22件のフィードバック

  1. おはよう より:

    ナマコの海にも負けず、横井ケイブの誘惑にも負けず、よくぞご無事にご帰還されました!
    グアムでの土産話、また期待しています。
    竹熊さんのいない日本では、漫画界に波乱の風が吹いていましたよ。
    巨人の星、花形を主人公にした漫画が連載決定! しかしその絵柄たるや、脱力・噴飯もの。
    めぞん一刻、伊東美咲主演でドラマ化決定! しかしネット上では、否定意見のプチ祭り状態。
    業界地獄耳の竹熊さんには既知の情報だと思いますが、まぁなんと言いますか、安易なリバイバルっていうものには、モヤモヤした思いが募ってきます。
    あ、サルまんの復活には、諸手を上げて歓迎です……。

  2. 永田電磁郎 より:

    お帰りなさいませ。
    お疲れ様でした。
    余談ですが、めぞん一刻の映画版の一刻館に使われた家が近所にあったのですが数ヶ月ほど前に取り壊されました。もちろん”みどろヶ池”に使われた洗足池は健在です。新作ロケもこの辺でやらないかなぁ…。何故かロケ撮影が結構多いんで。

  3. apg より:

    向こうでたけくま先生が興味を持ちそうなものって
    何ですかね。
    日本のアニメをパクッたはイイが画力がなくて
    すごいオリジナリティが出てしまったTシャツとか?

  4. nomad より:

    お帰りなさいませ。
    射撃場はオープンエアじゃないですよね?
    オープンエアでハンドガンを撃たせてもらえる所があればいいんですけど。
    確か射撃場も3000円くらいだと思います(世界中の相場がそのくらいなんで)ので、一度ショットガンを撃ってみるとおもしろかったと思います。

  5. エイジロー より:

    やっぱりナマコの海ですか!
    うーん食うと美味いんですが・・
    なにはともあれ、お帰りなさーい。

  6. 長谷邦夫 より:

    黒いナマコ物体!
    あれ、まだまだ生存しているんですね。
    現地の人にあれは何だ?と聞いたら
    「シースラッグだ」そうです。
    もっとも魚は何でも「マヒマヒ」って言ってた。
    あの黒いソーセージ状物体が見えると海中へ
    入るきがしませんでしたね。
    潰すと中から、透明状のソウメン的ウニウニが出てきて、更に気持ち悪かった。

  7. より:

    なまこは水をキレイにしてるんですよ。
    そんなに嫌わないでよー。

  8. 豆たろう より:

    ナマコ+スク水+ケケ態先生=萌
    コレいかに?
    ちなみに、
    ナマコ=萌-(スク水+ケケ態先生)
    となります。

  9. 名無しさん より:

    どうしてもナマコをナムコと読んでしまいます、、、、。

  10. やたがらす より:

     ブランドショッピングにはまったく興味が無いとは書いてますが、ストリップ小屋にはそう書いてありません。
     ということは竹熊さん、ストリップには・・・

  11. なんか より:

    学生とコミケに出展するとかいうのはどうなったんすか?

  12. ぱてん より:

    ナマコと言えば昨日試写で見た
    『グエムル』の化け物がナマコのようでもあり
    ナマズのようでもありサンショウウオのようでもあり
    なかなかにグロでイカしておりました!
    これまでのモンスター映画の中でも
    未だかつてないご近所感覚がありながら
    (ソウルを流れる漢江に白昼堂々ひょっこり
    グエムルちゃんが現れる)
    描写はかなりハード、
    それでいて映画自体は<笑い>をとりに来ていて
    味わいは「最強伝説黒沢」や「でろでろ」のようでもあり、、
    ジャージ姿のドゥナちゃんはステキで、
    ともかく今年のベスト1クラスの
    大傑作怪獣映画でございますので
    ピータージャクソンの「キングコング」を
    楽しんだ竹熊センセイは
    ぜひ、ご覧下さいませ!

  13. たけくま より:

    >なんかさん
    この冬コミに出す予定となってます。

  14. RR より:

    Dr.モローのマンガに、「グアムで、夜中にプライベートビーチのナマコを海に放り込むバイトをしていた」人が出ていたのを思い出しました。

  15. より:

    グアムおつかれ様です。
    冬コミには是非、「ファミ通のアレ(仮)」のCD-ROM版の販売をご一考ください!

  16. satoshis より:

    >Rさん
     底に広がるナマコの群れが、王蟲に見えてきた。GJ.

  17. satoshis より:

    >Rさん
     底に広がるナマコの群れが、王蟲に見えてきた。GJ.

  18. 丈鯛偏太郎 より:

    「竹熊健太郎」の切り口で「エベレスト紀行」と
    か「ギアナ高地紀行」とか読んでみたいです。ま
    あ~スポンサーつかないでしょうけど。

  19. 三葉虫男 より:

    あちらじゃ海鼠は食べないんですかねぇ?

  20. 匿名 より:

    どうせ紀行モノなら、ピースボート経験者のケケ態大センセイには「北朝鮮極秘潜入記」を!w
    マジでピューリツァ賞でも出そうだなこれw

  21. コミケ より:

    11 金
    ●コミックマーケット70
    12 土
    ●コミックマーケット70
    13 日
    ●コミックマーケット70
    ●NHKスペシャル 「日中戦争・なぜ戦争は拡大したのか」放送
    14 月
    ●NHK いま考える2006夏(1) 「どうして人は戦争をするの?」放送
    ●NHKスペシャル 「日中は歴史にどう向きあえばいいのか」放送
    15 火
    ●NHK 日本の、これから 「もう一度話そう・アジアの中の日本」(19:30~20:45)放送
    ●NHK 日本の、これから 「もう一度話そう・アジアの中の日本」(22:00~23:30)放送

  22. ぼる より:

    >グッチとかエルメス
    ストリップ嬢の為のものだと思ったりします。

« | トップページ | »