たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2006年8月23日

【再掲】「ゲド戦記」のCMは面白い!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

※註 このエントリ、原因不明の理由で一度消えてしまったのですが、幸いYahooの検索キャッシュに残っていたので再度アップします。TBも消えてしまい、URLも変わってしまいますがご容赦ください。コメント欄も再現できません。どうもすいませんです。

ちょうど今、テレビで「ゲド戦記」のテレビCMやってるでしょう。ウサギが出てくるスポットCM。菅原文太が実写で登場するやつを始め、「ゲド」のCMはもう何バージョンもあるけど、それの最新バージョンです。

ウサギっていうのは「ゲド戦記」に出てくるキャラクターで、ねずみ男から愛嬌だけ抜いたような、下品でいじましい小悪党なんですよ。それでも無個性で陰気なキャラしか出てこない「ゲド」の中では、せこいながらも欲望全開で動き回るぶん、まだしもキャラが立っている(ような気がする)唯一のキャラなわけです。

それでこいつが15秒間、最初から最後まで出ずっぱりで、うひゃ、うひゃひゃひゃ、げへ、ぐふふふふ、ぐわっはっは、てな感じで笑っているわけ。本当にそれで終わっちゃう。見た人も多いでしょうけど。

このCMは俺、面白いと思った。ある意味異常なCMですよ。

パッと見なんのCMで、なにが言いたいんだか分からないのがスゴイじゃないですか。

まあ、画面に「大ヒット満員御礼」みたいなテロップが出るので、何回か見ているうちに、「お客さんがたくさん来たので笑っている」という意味なのかな、と思ったわけですが。

にしても、笑い方があまりに下品なので、もしかして鈴木プロデューサー狂ったんじゃないか、みたいなインパクトがありますね。「ゲド戦記」という作品の内容をまったく伝えてないばかりか、これから見ようという人にとってはこのクロトワの出来損ないみたいなのが主人公かな、と誤解しかねないですし。まあ誤解を恐れず、というか、CMの機能を破壊してでも、現在のジブリが置かれているヤケクソな状況を表現しているかのように俺には思えるわけですよ。

要するに、面白くない映画にもかかわらず、ジブリのブランド力と宣伝力で一応ヒットしていることを、何よりもプロデューサーはわかっているはずなので。そのへんの、良心と商売の狭間で揺れる葛藤みたいなものを感じるのは俺だけかしら?

俺は本編より好きだな。

やっぱこれ作らせたのは鈴木敏夫プロデューサーだろうなあ。鈴木さんが「やれ」と言わなければこんなCMができるはずがない。もしかすると御本人の編集かもしれないですよ。いずれにせよ、鈴木さんはやはりただ者ではないなと思いました。

これ見て、昔俺が趣味で作った「左門豊作を主人公にした『巨人の星』コラ」を思い出しました。『巨人の星』の単行本から、左門が登場するコマだけをコピーで切り貼りして、まったく別の漫画を作ったことがあるんですよ。趣味で作ったのでどこにも発表してないし、もうどこかに行ってしまいましたけど。今だとネットでアングラ的に流行っている「デスノコラ」ですか。あんな感じ。

いっそのことネットのコラ職人に編集権を与え、グチャグチャにリミックスさせたら面白い『ゲド戦記』ができるのではないかと。

で、ここまで書いてふとYouTube見たら、問題のCMがアップされてましたよ。

http://www.youtube.com/watch?v=rE22wXj05hs

削除されるかもしれんのでお早めに。

たけくまメモMANIAX

| コメント(15)

“【再掲】「ゲド戦記」のCMは面白い!” への15件のフィードバック

  1. 細田 より:

    本当。本当にそうなんだよね。僕がジブリに行って『ハウル』を作ってる時に、その当時ジブリは『千と千尋(の神隠し)』で大変だったわけですよ。だから、『ハウル』の準備のためにジブリが割けるスタッフがいなかったの。いなかったんで、自分で集めなきゃいけなかった。作画にしろ、美術にしろね。自分が監督として、スタッフを集めていかざるをえなかったわけ。「お願いします」と言って、やってもらってたんです。僕はプロデューサーではないから、「気持ち」だけでお願いしてるわけですよね。「あなたが必要なんです」と言ってお願いしているんです。「『ハウル』は総力戦だ!」と思ってるわけだからさ、「この人がいなきゃダメだ!」と思うような人に、1人1人、お願いしてきてもらっていたんです。ところが諸事情で、プロジェクト自体がドカーンとなったわけじゃない。
    http://www.style.fm/as/13_special/mini_050816.shtml

  2. 名無しさん より:

    おいおい、紛らわしいぞ(w

  3. 『命というコトバを大切にしない奴なんて大嫌いだ』 08/23/06〆

    ゲド戦記の件へ追記:あの竹熊さんも『ウサギ』に関しては例外的に高く評価してるみたい。 (cf.たけくまメモ:「ゲド戦記」のCMは面白い!
     けどアドリブの演技を気に入ったわけではないし“もしかして鈴木プロデューサー狂ったんじゃないか、みたいなインパクト”とまで言ってる。ホントは彼も魔法使いだったハズなのに……、なんか不憫だ。
     とはいえ再編集版をつくれば傑作になるかも、というのは尤もかも、確かにそうかも、これは海外 (っていうか北米) 公開版に期待かな (2009年までナシだそうだけど〆…

  4. 門弟廃村 より:

    コ、コメントが消えた。
    これが、
    「見えぬものこそ」
    と言う事なのか?
    訳分らん・・
    じゃあ、みんなでムスカの真似するか・・
    「目があ~!目があ~!」

  5. 名無しさん より:

    ありゃ。前のエントリーでずっと前に↑は取り上げられていたのね。
    すんません。

  6. 匿名 より:

    あのCMを見て「ゲド戦記見に行こう!」とは思いませんが「これは何かヤバイことになってるな!」というのは十分伝わってきますね。妙に編集のバランスが悪くて笑ってるシーンが異常に長いのも素敵です。最後の「ま、丸」も全くの意味不明。確かに本編より面白いです(笑)。

  7. みーや より:

    これって精神異常者しか作れないCMですよね。
    電通ですか?
    たけくまさんサイバー攻撃受けたらしかるべき機関に被害報告しないと。

  8. 匿名 より:

    見てもいない本編よりも面白いとは随分奇怪なことをおっしゃる

  9. にゃー より:

    ↑うっかり眠り込む事は無いからね。

  10. 匿名 より:

    ↑ヤバそうだな。いろんな意味で。

  11. ゲド戦記の変なCM

    私のマイミクさんがスラド日記で、ゲド戦記のことを書いてたのですけど、
    そういや、私も夜中にやっている映画紹介番組で、ゲド戦記の変なCMを見て、
    固まったことがあるのを思い出しました。それは悪役のおっさんが
    「お客さまね。お客さま…、&size(18){''ぐへっぐ…….

« | トップページ | »