たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2006年10月15日

吉祥寺アニメ祭成功御礼

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

ちょっとご報告が遅れましたが、この金曜に行われた「第二回・吉祥寺アニメーション映画祭」が成功裏に終了しました。受賞作品は以下の通りです。

Densinbashira0 ●グランプリ
「電信柱のお母さん」(坂元友介)

●優秀賞
「花の翳」(吉田暁)

●審査員特別賞
「ひよこどんとてれび」(松下藍)

●審査員特別賞佳作
「太陽に喧嘩を売った男」
(塩見信隆)
「おしるこ」(青木純)
「In Silence」(上杉真理子)

●STUDIO4℃賞
「Apartment!」
(青木純)

●コアミックス賞
「オデカケメエメエ」
(くぼたえみ)

とにかく昨年に比べると異常な作品の充実ぶりで、審査員一同これで来年への希望が繋がったと胸を撫で下ろしているところです。グランプリの坂元さんはNHK「デジスタ」で評判になった気鋭の作家ですが、「電信柱」は世界のどこに出しても恥ずかしくない作品ではないでしょうか。電信柱に育てられる人間の子供の話で、一風変わったファンタジーかと思っていたら、不意打ちにも似た衝撃のラストを迎えます。切り紙アニメ風の制作手法も堂に入ってます。これはどの審査員も文句なく、満場一致でグランプリに決定。

吉田暁さんの「花の翳」、手法が普通のテレビアニメ過ぎるのでは? という疑問も出ましたが、逆に言えばテレビならそのまま放映できるほど完成度が高いです。ストーリーもよくできていて、最後は泣けます。あと音響の素晴らしさもポイントが高い。今回はサブカル系MTV風の「ひよこどんとてれび」と、実はどちらを優秀賞にするかで揉めました。まったく異なる作風の二本で、どちらにも一長一短があったからです。最終的にはオーソドックスではあるけれども、より広い支持を受けそうな「花の翳」になった次第。「ひよこどん」の松下さん、残念でした。僕は好きですよ。

佳作になった塩見さん、青木さん、上杉さんはそれぞれに個性があり、どれもよくできていました。塩見さんの「太陽に…」は、音楽と映像のマッチングが素晴らしく、絵も個性的です。青木純さんは、もうひとつ「Apartment!」がSTUDIO4°C賞を受賞しましたが、実は全部で4本出してきてどれも面白かったんですよ。ちょっと憎たらしいくらいの才能ですね。

しかし、会場でも言いましたが、こういうショートギャグ作品は、映画祭のような場では分が悪いのですね。実はお客さんに一番受けるのが一発ギャグだったりするんですが。でも「賞レース」ということになると、どうしても社会派テーマとか、文学的テーマを追ったような「感動作」が受賞することになってしまうんです。これは海外の映画祭でも、広島国際アニメーションフェスティバルなどでも同じ傾向です。

でもギャグ作品として考えれば青木作品はものすごく完成度が高いので、これはこれで、「一発バカアニメ部門」のように、部門をわけて評価したほうがいいのではないかと思った次第です。来年からは、ぜひそのようにしたいと思っています。

最後に、くぼたさんの「オデカケメエメエ」はとても可愛らしい作品で、絵本風の絵と、女の子の仕草もよかったです。

当日の第二部は「蛙男商会」さんとのトークでありました。実はいつも彼としている話を舞台でやっただけなんですが、考えてみれば公開トークはこれがはじめてかも。とにかくこの1年ですでに4時間分のアニメを作ったそうで、ほぼ個人ベースの制作としては世界一じゃないかと思います。どの作品も例の蛙男節が爆発しており、来年は劇場アニメを公開するとかで(でも内容はこれから考えるらしい)、楽しみであります。

当日は平日ということもあり、お客さんは八分程度の入りでしたが、内容はメチャクチャ濃かったと思います。会場の都合で平日になってしまったんですが、来年は会場を変えてでも土曜日にしたいと。会場だった吉祥寺シアター、最近できた設備充実の劇場なんですけど、普段は演劇公演が主流で、もう1年先までスケジュールが埋まっているそうですよ。

来年、もし吉祥寺シアターが無理だったら、バウスシアターとか、なんとか借りられないものでしょうか>関係者の皆さん。 その場合、入場無料というわけにはいかなくなるかもしれませんが。

http://memo.takekuma.jp/blog/2006/10/post_37d9.html
↑ノミネート作品一覧
http://kichifes.jp/wonderland/event/filmfestival.html
↑映画祭公式

たけくまメモMANIAX

| コメント(22)

“吉祥寺アニメ祭成功御礼” への22件のフィードバック

  1. トロ~ロ より:

    むむむ。
    >異常な作品の充実ぶり
    >ちょっと憎たらしいくらいの才能
    是非、見てみたいぞ、これは。
    インターネットで公開できないものか。
    見てくれる人が居なければ、評価してくれる人も現れないぞ。
    なんとかならんかのぅ。

  2. Aa より:

    見に行きたかったですっ

  3. polytope より:

    > インターネットで公開できないものか。
    > 見てくれる人が居なければ、評価してくれる人も現れないぞ。
    「電信柱のお母さん」(坂元友介)
    http://www.nhk.or.jp/digista/hall/artworks/060318.html
    「花の翳」(吉田暁)
    http://digi-akira.net/hana/
    「おしるこ」(青木純)
    「Apartment!」(青木純)
    http://www.aokijun.net/movie.html
    8作品のうち4作品はウェブで公開されてますよ。
    「見てくれる人がいなければ」じゃなくて
    「リンクを張ってくれる人がいなければ」って感じかな。
    ネットっぽいな。

  4. Aa より:

    星めぐりの歌♪

  5. 長谷邦夫 より:

    『電信柱~』さっそく見てみました。
    発想がなんとも面白い。
    若い才能とセンス、今後に期待したいですね。
    話しはズレますが、電信柱で思い出すのは
    文学座でかつて別役実が『天才バカボン』を
    やったことがあります。
    この舞台。電信柱が一本だけのセット。
    バカボンのママが主演??とも思える
    不思議な作品で、おかしかった記憶が
    少し残っています。
    電信柱と母性!?
    はて????

  6. より:

    青木さんの「Apartment!」
    すっごいおもしろかった!
    ずーっと見ていたい!!
    えんえん、えんえん見ていたい!
    すごいですね、吉祥寺アニメ祭!

  7. たけくま より:

    上のリンクは知っていたんですが、「電信柱」が僕のPCからだとどうしても見られません。なぜだろう? クッキー設定の問題なのかな?

  8. たけくま より:

    青木純さんは東京芸大在学中の学生だし、坂元さんも確か東京造形大の学生さんなんだよね。僕のいる多摩美もそうなんですが、美大生のアニメ熱は今、かなりのものですね。

  9. みみえこ より:

    すみません、話題と違っていて恐縮なのですが、実は「猿漫」を購入したいと思い、先日ネットで購入したのですが、そして大変悶絶しながら読み終えたのですが、ここへ来てみると、表紙が違うことに気がついたのです。私が注文して悶絶したのはお二方がベレー帽をかぶってらっしゃる実に爽やかな装丁であって、今噂のほやほやの愛蔵版ではなかったということで、ショックを受けております。
    ということで、愛蔵版と爽やか版は内容的には違うのでしょうか。内容が少しでも違うのであれば、購入する所存であります。
    お手すきに、どなたかご教示くださいましたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
    こちらのブログでもどこで質問していいのかわからず、最新日記にコメントしてしまいました、すみません。

  10. にょろ より:

    ↑最近出た21世紀愛蔵版には「サルまん21」萌えラノベ編が入ってます。
    くわしくは、このブログの過去のエントリを参照してみて。
    たけくまさん、またまた新たな読者が生まれてますね。

  11. 匿名 より:

    >上のリンクは知っていたんですが、「電信柱」が僕のPCからだとどうしても見られません。なぜだろう? クッキー設定の問題なのかな?
    受信料払ってないからとか?(笑)

  12. polytope より:

    > クッキー設定の問題なのかな?
    クッキーオフ&リファラ未送信でも視聴できたので、
    WMP/RealPlayerのバージョンが古いか、
    対応コーデックが未インストールなのかもしれません。
    http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20061001_cccp/

  13. たけくま より:

    ↑どうやら僕の勘違いでした。クリックすべき場所を勘違いしていたようです。ちゃんと視聴できました。

  14. みみえこ より:

    にょろ様
    お答え有難うございました。
    早速購入したいと思います。
    どうも有難うございました。
    アニメーションも拝見しました、
    電柱の、よかったですね!

  15. より:

    >↑どうやら僕の勘違いでした。クリックすべき場所を勘違いしていたようです。ちゃんと視聴できました。
    俺も最初間違えてました。あの表示、一般的なサイトと見比べるとちょっと変ですよね。メディアプレーヤーやクイックタイムの本体をダウンロードするのと勘違いしてしまうところをクリックしないといけない。

  16. たけくま より:

    >みみえこさん
    『サルまん』の旧版お買い上げありがとうございました。にょろさんもおっしゃるように、今度の愛蔵版は描き下ろしはじめ旧版未収録原稿が48ページほど増えております。でも旧版を買われたばかりであれば、すぐに買わなくてもいいかもしれません。またの機会にでも。

  17. トロ~ロ より:

    おお!
    polytope さん、ありがとう!
    そうだ、まずは検索してみなくちゃ。
    基本に還れ、だよな。

  18. metro future より:

    ひよこどんとてれび御礼!

    「ひよこどんとてれび」が第二回吉祥寺アニメーション映画祭にて審査員特別賞を受賞しました!!
    「ひよこどんとてれび」とは以前自分が制作したアニメーション作品で、デジタルハリウッドの卒業制作となります。
    今…

  19. 『映像の原則』 10/17/06〆

    続報:『ひよこどんとてれび』が第二回吉祥寺アニメーション映画祭で審査員特別賞を獲ったそうです♪ (cf.metro future:ひよこどんとてれび御礼!
     松下藍さん、おめでとうございます♪ (cf.たけくまメモ:吉祥寺アニメ祭成功御礼10/17/06
    √路上に座りこんで暗記用カードをめくりながら『環境問題』に関わる単語を口々に羅列していく二人の若い男性、どうやら試験直前らしい。完璧、とつぶやい…

  20. 【衝撃!】ナゾのへんな店発見!!

    なんなんでしょうか、この店・・・。 看板に「プレゼント盛沢さんの店」と書いてあります。 店は閉まっていました。何の店かは不明です・・。 『どういう意味か・・・・・?』 その1:プレゼントなどギフト商品…

  21. 『株式会社ニート』

    『株式会社ニート』 ●こんな看板を見つけました。 「ニート達が集まり、自分達だけで会社を設立!」なんて事はないと思いますが・・・。 ●ネットで検索すると、「株式会社NEAT」http://www.ne…

« | トップページ | »