たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2006年11月8日

【日記】今日は忙しかった

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

早朝6時に起床、以前から遅れに遅れていた単行本解説(みなもと太郎『極悪伝』、今月末にマガジンファイブより発売予定)書き、版元にメール。ちゃんと出るのでしょうか。9時半に小田急線に乗り、10時40分に原宿の桑沢デザイン研究所まで。ここではずっと報告してませんでしたが森川嘉一郎氏伊藤剛君とやっている「桑沢キャラクターメディア研究ゼミ」の一環で製作している冬コミ向け同人誌が佳境に入っております。もっとも同人誌というよりメインは付録のCD収録用完全作りおろしゲーム(「アリスエリア」)なんですが。学生がほぼ10人がかりで夏から作っていてゲーオタでもある森川先生ののめり込みが尋常ではない。俺はゲームはさっぱりなので完全にお任せ状態。コミケのスペース当選が早くも判明したとかで

日曜日(12/31)西地区“あ”ブロック 01a

に決まったとか。なんといきなり壁。同人誌にはゲーム特集記事のほかマンガが三本、小説1本(かなりエロイ)、それから森川・竹熊・伊藤による座談会など載ります。今日は1時半までその座談会もやりました。詳しくは続報を待て。

そこから俺だけ有楽町に移動し「著作権保護期間延長問題を考える国民会議」の発足記者会見に出ることに。現在、著作権保護期間を著者の死後50年から70年に延長しようという政治的動きがあるのですが(映画の著作権はすでに公開後70年になってますが、それを他の分野にも適用しようということ)、もちろん俺は反対なのでその旨を伝えたら発起人にされてしまいました。もっとも発起人は64名いるのですが。俺の隣の隣に劇作家の別役実さんの姿もあって感激。「私は作品を公表した瞬間から、自分の作品は公のものだと考えている」との発言も。別役さんは80年代にアニメ『銀河鉄道の夜』の脚本を書いたが、これは宮沢賢治の遺族が著作権をたてにガンとして戯曲化を許さなかったものが、著作権の失効によりようやく実現したものだとか。知らなかった。

http://thinkcopyright.org/
↑公式サイト

その後発起人有志で文部科学省まで行って審議官に著作権問題への議論を喚起するための要望書を提出。俺はあまり政府に陳情とか趣味ではないのだが、こういう機会でもなければなかなか入れる場所でもないので半ば興味本位でついていった。テレビ局も来ていたのでどこかで流れるかも。それが終わって夕方6時にNHKでラジオの打ち合わせ。小谷野敦さんは昼間やったとか。司会は青木裕子さんだが、ベテランで、アナウンス部ではエライ人らしい。旦那さんが精神科医で、なんと吾妻ひでお氏の主治医とかで仰天。

そうそう、たけくまラジオも更新してます。

http://www.tbsradio.jp/pod/

たけくまメモMANIAX

| コメント(60)

“【日記】今日は忙しかった” への60件のフィードバック

  1. A より:

    うぐぅ。別役実さん、ますむらひろしさん、吾妻ひでおさん等々ビッグネームのオンパレードで目眩がしました。
    付け加えて、その忙中に夏目房之介さんのブログにまでコメントしている竹熊さん、改めて素敵です。(今更ながら)

  2. ひきこもり童貞が【たった1ヶ月】で成功した、1人目の彼女を確実に作るスタートダッシュ法

    2週間で 20人以上もの女の子から連絡をもらえる状態を作る!自分の容姿やエッチに自信がなくても関係ありません。デートに99%誘える方法、告白して断らせない方法、初対面でも99%エッチできる方法等を大暴露!!…

  3. AYS より:

    森川嘉一郎さんの講演会が、明日学習院大学でありますよ。
    http://d.hatena.ne.jp/AYS/20061106

  4. AYS: より:

    [talk][オタク]学習院大学で森川嘉一郎さんの「おたくと秋葉原」講演

    9日木曜日、午後6時から学習院大学で、オタク・秋葉原研究の第一人者、森川嘉一郎さんの講演会がありますよ。 http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~corp-off/otaku.html 連続講演会 越境する愛/交差するジェンダー 第3回 おたくと秋葉原 講師 森川 嘉一郎 桑沢デザイン研究…

  5. 巴かずみ より:

    電動自転車、楽そうですね。私は乗ったことない
    んですけど。
    電動だと、とっさの時にブレーキをかけるのが
    一瞬、遅れませんか?
    (サイト名「巴かずみのゲームソフトレビュー」
    毎日更新)
    http://permit13.at.infoseek.co.jp/sche/070102.lzh
    自作スケジュールソフト「ブラウザスケジュー
    ラー」直ダウンロードリンク・2007年1月2月版
    解凍した「070102」フォルダの「S010207」フォ
    ルダにある「1S月.HTM」をクリックすると、マニ
    ュアルがフレーム表示されます。

  6. 裏投げイチロー より:

    ↑なにトンチンカンな事言ってんだ。
    >巴かずみ
    正体はスパムコメントだろう。
    リンクがダウンロードってなあ。

  7. ぬる より:

    落とさせていただきますたー。ラジオ。
    http://podcast.tbsradio.jp/takekuma/files/sensei20061108.mp3

  8. がんばれ、著作権保護期間延長の議論を呼びかける国民会議(長いw)

    クリエイターら、著作権保護期間延長の議論を呼びかける国民会議発足
    (InternetWatch)
    以前著作権保護期間を米国と同じ70年に延長しようという動きに関して以前このブログでも書いた
    が、「ちょっと待て、(米国に倣え、でなく)ちゃんと考えてからにしましょう」という…

  9. Aa より:

    >公開後70年になってますが、それを他の分野にも適用しようということ)、もちろん俺は反対なので
    え、どうしてですか。
    もっと早くに現行の50年になっていれば漱石のお孫さんの青春も変わったでしょうに。

  10. 匿名 より:

    「私は作品を公表した瞬間から、自分の作品は公のものだと考えている」
    この言葉はほんとうに凄いですね

  11. 今日から教祖 より:

    前の前のエントリーに付けた、ニナ・ハーゲンさん と べつやくれいさんが似ていると言うコメントが、予言になって驚きました。

  12. AYS: より:

    [オタク]桑沢デザイン研究所 竹熊健太郎・伊藤剛・森川嘉一郎プロデュースのコミケ本

    森川嘉一郎さんといえば、桑沢デザイン研究所講師つながりで、竹熊健太郎さんと森川さんと伊藤剛さんが編集長となって、学生の作品を集めた本を出すそうです。 しかも、大学の漫研のユルいアンソロジーではなくて、かなり商業誌的な観点からのダメ出ししまくりで作ってるら…

  13. takesi より:

    俺、昼間はもんかしょうビルにくっついたビルにいるんですよー。
    知ってたら仕事放り出して見に行ったのにぃ。
    ざんねん。
    文部科学省ビルには誰でも普通に入れますよ?
    ただし、ビルで入り口からメイン通路しか、です。
    ガードマンの脇を通るには、この近隣の住人である社員証などの身分証明を出さないとイカンのですよ。
    文部科学省ビルにある食堂はこの辺ではダントツの安さです。

  14. 竜巻子天狗 より:

    ITMEDIA NEWS を見ると、竹熊さんの顔がドーンと!(というほどでもないか、でもトップだし)
    http://www.itmedia.co.jp/news/
    (9時25分時点で)
    著作権保護期間延長問題を考える国民会議に関する記事ですが、すっ、すごい!
    ITMEDIA に竹熊さんのファンがいるとみた

  15. たけくま より:

    ↑の本文にも追加しましたが、本日より「著作権延長問題を考える国民会議」の公式サイトがオープンしたようです。
    http://thinkcopyright.org/
    基本的には延長に反対する色が強い団体ですが、構成メンバーには中立派もいらっしゃいます。まあ、第一目的が論議や問題提起を目的とする団体ですので。

  16.   より:

    >裏投げイチロー
    このひとはあちこちで「コメントより長い宣伝ってのはどうなの?」とやんわり注意されて、
    「じゃあ、コメントと同じぐらいならいいんだ」と宣伝を止めない有名人です。
    日記を読むとその人となりがわかります。

  17. お注射

    動物のお医者さんにいって 予防注射してもらいました。ウァーン・゚・(ノД`)ヽ(

  18. MiT より:

    考えるサイト。
    延長派の理由が右へ倣えの盲目的な欧米主義と
    「利権利権利権利権…」ばかりが目立って
    個人的にちょっと印象悪いですね。。
    利権は大事なことですけどちょっと…

  19. 裏投げイチロー より:

    >宣伝を止めない有名人
    それじゃ、
    顔見知りでもないのに、
    親しげに会話に割って入りながら、
    ズカズカと人ん家に上がりこんで、
    誰も買わないようなガラクタを押し売りする、
    迷惑オバサンという認識をしました。
    レッテル貼りOK、了解です。

  20. 匿名 より:

    ■「芸術の逆説 近代美学の成立」評(黒崎政男)
    今日呼ばれている「芸術」とか「アート」とはいったい何か。あるいは、「芸術家」「作品」「独創性」とは。私たちは漠然とこれらの概念は、時代や地域を超えて人類に共通のものだと思っている。しかし本書は「芸術」だという概念が、実は十八世紀ヨーロッパにおいて初めて成立したものであることを厳密に論証する。
    私たちは気軽にギリシャ「芸術」とかルネサンス「芸術」と口にするが、これは近代に確立された概念を過去へと投影しているにすぎない。本書は従来の発想に大きな変容を迫る「芸術」の概念史であり、この主張の衝撃は、美やアートに関わる人にとってすこぶる大きいものだ。
    「自由な技術(リベラルアーツ)」(自由学芸)と「機械的技術(メカニカルアーツ)」という伝統的二項に、十八世紀中葉に、新たに「美しい技術(ボーザール)」が割り込んでいくことで、技術(アーツ)の世界の再編成が起こる。そこで初めて音楽、詩、絵画、彫刻、舞踊からなる領域、つまり「芸術」という新たな領域が成立した。この再編で生じた三分野が、今日の人文系学問、科学技術、芸術となっていくわけだ。
    芸術家は「創造する」主体であり、創造性こそが芸術家の本質だと私たちは考えるが、十八世紀までのキリスト教的伝統にあっては、「創造する」のはただ神のみで「人間は創造する力をもたない」。独創性(オリジナリティー)にせよ、オリジナルとは元々「起源・源泉」の事であり、独創的という意味ではなかった。それは芸術家の営みに先立って在る規範を指しており、これも十八世紀を境に、芸術家自身の内部に帰納されていく。
    あとがきによると、本書のために十年の歳月を費やしたとある。あわただしい現代にあって、このような地道な研究の営みが、かくも豊かで有益な思索を生み出していることは大きな喜びである。

  21. nomad より:

    女房が友人(独身女性)に「たけくまさんってどんな人?」と聞かれたそうなので、まさしく本日、例の猿島offの際のステキな写真を持たせたことです。
    このITメディアの記事をその友人に見られて夢を壊してはいけないので、絶対秘密にしておかなくては…

  22. 永田電磁郎 より:

    nomadさん… その代わり竹熊さんの夢を壊しているのでは…この記事だけ見た人には竹熊先生が先陣をきって訴えてるみたいで、かっこいいじゃないですか。独身女性ファン倍増ですよ。
    昨夜、たけくまラジオを初めてラジオで聞きました。ラジオ放送だと色々音楽が入ったりするんですね。大体七時半過ぎから聞き始めると丁度いいという目処がつきました。

  23. たけくま より:

    山形浩生先生などをさしおいて、いきなり俺が最前列に座らされたのでビックリしました。

  24. たにしんいち より:

    スレとは違いますがこれってヒドくない?
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061109-00000105-yom-soci

  25. 情苦 より:

    >>写真
     ・・・ああ、ホントだ。インテリっぽい(w
    広告塔顔ということでしょうか。こうなったら呼びかけのポスターは、ミッ○ーマウスのコスプレをしたたけくまさんが街の中で職質を受けていて
    「70年も待てないんです!」
              著作権を考えよう
     という文句で煽るのはどうでしょうか(笑)
    世界戦略を考えて、後ろで東浩紀さんにもドナ○ドダックの格好になっていただいて。
     ・・・勝った。

  26. Aa より:

    延長反対派の主張をざっと読ませていただいたのですが
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061109-00000053-zdn_n-sci
    世間をうなずかせるような反対理由はないようですね。たけくま先生ですと、JASRAC等の管理団体への私憤っぽい感じがしないでもない。
    山形先生のものも気になります。旧訳にはひどいものがあるから50年でさっさと著作権が切れてくれたほうが新訳が出しやすい、ですか。
    余談ですか『ライ麦畑』の旧訳について、村上春樹氏が以前どうのこうの言ってましたが、当の村上訳も某ガイジン教授に思いっきりつっこまれていました。

  27. Aa より:

    >これってヒドくない?
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061109-00000105-yom-soci
    どちらの側のことでしょうか。

  28. nomad より:

    > かっこいいじゃないですか。
    > 独身女性ファン倍増ですよ。
    よぐないでぃずよっ!!(ご飯粒を飛ばしながら)
    そんな普通にかっこいいたけくまさんなんてたけくまさんじゃないやい!かっこいいのが好きな、そんな掃いて捨てるほどいるノンケの女子にモテて一体何のオタク人生ですか!
    スク水の漢らしさに萌える女子こそたけくまさんに相応しいとわおぼいばぜんがっっ

  29. 情苦 より:

    >>Aa さん
     著作権反対派って根強いですねぇ。
    いや、ぼくはどっちでもいいのですが。
     でも素面として、反対者が強くいるのになんでその人達はネットを野放したままなんだろうという疑問がずっと沸いて沸騰したままなのですがこれ如何に。

  30. 匿名 より:

    キャラクターメディア研究ゼミ
    あ や し い

  31. たにしんいち より:

    >これってヒドくない?
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061109-00000105-yom-soci
    どちらの側のことでしょうか。
    →他の方巻き込んだ議論になってしまうとアレなのでもうちょっとこのスレが落ち着いたあたりで書いてAaさんの教えを請うことにします

  32. シロウ より:

    ここに書いてよいのか迷いますが
    たけくまラジオ聴きました
    エンジン全開でしゃべり通すエネルギーを感じました
    このくらいの時間のほうが聴き応えがあってうれしいです。

  33. 新・ヲタク奮闘記16

    いよいよ、明日に従兄弟の友達と会う(`・ω・´) なんか微妙に緊張するなぁ(つω

  34. エイジロー より:

    >これってヒドくない?
    金を取る場所で云々とか理屈抜きにして、
    日本の今って言うのは、
    音楽を愛する者にとって不幸な時代という事ですね・・・
    しかし、ますますJASRACという団体が嫌いになった。
    昔から利権体質で甘い汁吸いまくりの癖に、臆面も無く偉そうだからね。
    なんか、小林亜星にも味方したくなったな。

  35. Aa より:

    25年も著作権を踏みにじってきたお店に
    弁明の余地はないと思うのですが、どうでしょう。

  36. エイジロー より:

    もちろんその通り、
    理屈は分ってんだけど、
    ちょっとの悲しさと、
    JASRACへの嫌悪感はぬぐえない。
    それが私の気持ちだ・・(カッコつけた)

  37. Aa より:

    そんなときは、歌いましょう。
    ♪夕べの夢は金色
      幼い頃に遊んだ庭は
      たたずむあなたのそばへ
      走ってゆこうとするけれど
      もつれて もつれて 涙 枕を濡らすの~♪
    ・・・おそまつでした。

  38. にょろ より:

    うう。(脂汗)

  39. たにしんいち より:

    JASRACちょっと大人げないかと思ったのですが、、、
    でもこの店のやってることも悪質なのかなあ

  40. たにしんいち より:

    法律は法律だし、まあこのお店もお金儲けで当然やってんだろうから人情論で考えるべきではないのかなやはり 私も貧乏人だからJASRAC=大組織=悪という図式が出てしまったのかもしれない

  41. 匿名 より:

    音楽は歌ったり演奏したりする為にあるもので、レコード会社に金を払う為にあるものではありません。歌は歌い継がれてこそ価値が出てくるのですよ。演奏した歌をCDにして売るのは問題かもしれませんが、その場限りのパフォーマンスに対してイチイチ金を取るのは歌い継がれる事の妨げになっているとしか思えません。若いミュージシャンだって、昔の名曲をコピーして人前で演奏しながら成長していくわけで、そういう面を阻害するだけの現行法はどう考えても文化の継承・発展を阻害しているとしか思えません。
    そもそもメロディの主なパターンは既に数百年前に品切れになっているわけで、メロディを基準にしている今の著作権法の方がおかしい、という議論に何でならないのかが不思議です。

  42. apg より:

    ↑かなり同意。
    ですが、音楽をメロディー以外の
    何かで縛るのは事実上難しいでしょうね。
    リズムとか拍子は大枠、音の入れ物ですから
    独自性云々じゃないし、
    それ以外の音色とか雰囲気なんてのは
    それこそ主観的なもので書面に起こせませんから、
    似ているとかパクリだとか
    証明することが出来ないんじゃなかろうか。

  43. 匿名 より:

    音楽のパクリって、証明しなきゃいけないんですか?
    本質的にはミュージシャン同士の仁義の問題でしょう。間にレコード会社とかが絡むから問題がややこしくなる。
    現実には、1フレーズ位ならパブリックドメインですから、著作権侵害を問う事はできません。でも複数メロディの組み合わせが丸々1曲分似ていた為に著作権侵害となった凡例はあります。
    しかし、露骨で芸の無いパクリを叩くのは、本来、法律家ではなくて他のミュージシャン達と聴衆の役目ではないかと思います。

  44. にょろ より:

    JASRACの利権体質が一番の問題ですよ。
    とりあえず役職員の給料一桁下げろ!
    それはおまえらのカネじゃないぞ!
    そういうのを私腹を肥やすというんだよ。
    天下りも止めろ!
    もっと公共のためにという理念で運営せねば、
    やる事すべて嘘っぱちになってしまう。
    清廉な公共団体というイメージが無いから、
    著作権料を払う人の不満も無くならないんですよ!

  45. たそがれ より:

    デスノート原作者を騙るブログをご存知でしょうか?
    集英社が公式に偽者だと発表したのに未だ偽である事を認めず
    それどころか過去に自分は『攻殻機動隊』『イノセンス』
    『エヴァンゲリオン』『スチームボーイ』他に関わったとも述べています
    Production I.Gの仕事にいくつも関わったと述べています。『Ghost in the Shell』
    『攻殻機動隊』『イノセンス』プリプロ、ストーリーやアイディアソースの提供をしていた
    と言うのです、どう見ても勝手な妄想ですが本人は信じ込んでいるようです
    どう思われますか?
    まとめサイトがあるので事の詳細はある程度わかると思います
    http://www22.atwiki.jp/nisemonodeath/pages/6.html

  46. apg より:

    仁義云々について議論する気はないですけど、
    そりゃ実際法廷に立ったら何かしら証明できる
    材料がなければ話が始まらないでしょ。
    譜面っていう
    誰でも読める言語として
    書き起こせるようなものじゃなければ
    客観的に著作権侵害を立証できないんじゃないすか
    といっているだけです。
    まあ100人くらい無作為に集めてきて
    多数決とかって方法もあるかも知れないですけどね。
    まあ、現実的じゃないですよね。
    しかし時代の空気のような、といいますか、
    本当にたまたま似た雰囲気の作品に仕上がってしまった、
    みたいなこともあるでしょうから、微妙ですね。

  47. にょろ より:

    パクリ問題は、
    裁判員制度になれば、
    「法廷で曲を聴き比べてジャッジ」
    が、なされる可能性がありますね。
    参考程度に止まるかもですが。
    魔法の言葉「インスパイヤ」の出番が増えそう。

  48. apg より:

    メロディ以外の部分の類似が
    あまりにも制約されてしまうと、
    しまいには「ジャンル」というもの自体が
    否定されることになりますから、
    制度化するのはかなり危険じゃないですかね。

  49. ポン一 より:

    アレンジの類似性とか言い出すとキリがないですしね。
    演歌なんかどうなるんだよって話ですな。

  50. 永田電磁郎 より:

    演歌はでだしからしてどれもこれも似通ってますから大変ですよねぇ。でも多分あれは枕詞と一緒なのです。た、多分。
    nomadさん>失礼いたしました。モテを狙うなんて確かにらしくないですね。狙わなくてもモテるのが漢。

  51. takesi より:

    永田電磁郎さま>イヤイヤ、はずしてもなおモテるのが漢、とまでイって欲しいのでは。
    イっちゃって欲しいのでは。
    昨日同僚から報告がありましたが、ネズミーランドの広報でない者から「俺のところで留めておくが広報に知れたら問題になると思う」と大雷山と見えなくもなくもない線画のイラストをくさされました。
    ソレに対するこちらの姿勢も何もかもに俺はプンスカ。失笑をかわれております。

  52. にゃー より:

    ひどいな。ネズミー、ヤクザより怖がられてるな。
    汽車っぽい、トロッコぽいジェットコースターはDLが最初じゃないぞ。
    これまでのやり口から怖がるのは分るけどな。
    しかしそれにしても、
    ネズミーは、著作権法を、自己中心的に拡大解釈して好き勝手横暴しすぎ

    ミッキーだってもともと「ねこのフィリックス」パクッて、
    耳丸くしただけじゃねーかッ!
    そのうち生きてるドブネズミに、
    「そのシルエット、NG!」
    とかいって賠償金請求しそうだな。

  53. たにしんいち より:

    ひどいな。ネズミー、ヤクザより怖がられてるな。
    →「お前ら、誰の許しもらって商売しとんじゃ!」てなもんですか
    そのうち生きてるドブネズミに、「そのシルエット、NG!」とかいって賠償金請求しそうだな。
    →「マイティマ○ス」も「の○くろ」も「ねずみっ娘クラブ」も賠償金ですかね、、、

  54. takesi より:

    喧嘩をしても、こちら側の誰も拡販に直結しないという、腐れた理由で黙ってポコポコ叩かれて、挙句の果てにそのイラストを今後転用する場合に備えて大雷山を削除してるんだ。
    俺を社長にしたら喧嘩ばっかでみんなシノゲなくなりますけどねー。
    このこしぬけがっ>同僚

  55. ヤキ より:

    >テレビ局も来ていたのでどこかで流れるかも。
    昨日の夕方のニュース(多分NHKだったか)でやってました。
    名前は出てませんでしたが、お姿、ハッキリと写ってましたよ。

  56. にせロッカー より:

    >ねずみっ娘クラブ
    私の中の何かが反応した。
    akbとかのバリエーションですか?

  57. にせロッカー より:

    >大雷山を削除してるんだ
    ちょっと描き替えるだけでスルーできそうですが。
    完全に外野の意見で、余計な事ですが。

  58. otk より:

    ローレンス・レッシグの講演。
    http://ittousai.org/lessig/free_culture_japanese_text.html
    “ウォルト・ディズニーがグリム兄弟に対してしたのと同じ事を、ディズニー社に対して行うことは誰にもできない。”
    うぅむ。

  59. 匿名 より:

    「ニッポン著作権物語―プラーゲ博士の摘発録」なんかを読むと戦前の日本の著作権レベルは今の中国並みのクオリティですね。富国強兵で外国の知識を吸収するためにやりたい放題。何事も節度が大事かなと

  60. 著作権vs著作利権

    著作権保護期間の延長問題を考える国民会議 – thinkcopyright.orgという団体も発足したことだし、そろそろ以下の宿題も少し進めてみることにする。
    404 Blog Not Found:著作権の二つの顔-人格権と財産権著作権に関しては、人格権が過小に、そして財産権が過大に評価されて……

« | トップページ | »