たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2007年1月9日

なんとか生きてます

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

昨日、お医者さんから許可がでまして,
ノートPCの使用ができることとなりました。やれ嬉や、とさっきから使ってるのですけど、病状が俺の予想以上にアレだったみたいで、これだけ書くのに小一時間もかかってしまいました。物書きとしてはヤバイですが、まだリハビリも済んでいない状態だと考えると、かなりマシなのかもしれません。

そんなこんなで、今後更新は5日に一度くらいがせいぜいになりそうです。長文はツライので短文中心で。あと、LAN環境があるわけではないのでコメントへの返事はできないか、できたとしても数日後くらいになります。どうもすいません。

こないだ病室のテレビでキャンディーズの解散コンサートをやってました。それ見て寝たんですけど、我ながら妙ちくりんな夢をみまして。俺を含めた脳梗塞のオヤジ3人がステージの上でトドみたいに転がってウンウンうなってるんです。うしろの幕に「キャンディーズ解散40周年」とあるから、記念のイベントらしい。よく聞くと「らんちゃーん」「スーちゃーん」とか唸っている。録音やミキサーさんなども待機していて、どうやらオヤジの唸り声の中からちょっとでも音楽になりそうな部分をつまんで強引に曲にしているらしい。

いくらなんでも、こりゃないだろうと想い、途中で夢だときがつきました。本当に脳梗塞っていやですね。リハビリは来週から。こことは違う、厚木にあるNリハビリセンターというところです。看護師さんにNリハビリセンターのことを尋ましたら、とたんに表情が変わって「あそこは…恐ろしいところよ。ここみたいに甘やかしてはくれないわ!」
と声をひそめて言いますので、俺としては「フルメタル・ジャケット」に出てくる鬼教官みたいなのが現れて「この死に損ないが!貴様の正体は父親の金玉の皺と母親のマンコの割れ目にこびりついたカスだ!」なんて、素敵な罵声を浴びせてくれるのでしょうか。楽しみなような、そうでないような今日この頃です。

たけくまメモMANIAX

| コメント(42)

“なんとか生きてます” への42件のフィードバック

  1. sebasu より:

    ここから竹熊さんの復活伝説がはじまるんですね。短文でもいいので、肉声ならぬ肉文待ってます。

  2. フェイクファー衿ジャケット

    フェイクファー衿ジャケット
    7,110円 (通常価格:7,900円) (全て税込)
    ラフに見せつつゴージャスに。キルティング裏地やファーでアレンジを加えた防寒ジャケットスタイル。

  3. えり より:

    更新は嬉しいですが、無理をされないでくださいね!
    でも、ヤバげなリバビリセンターのお話も待っています。

  4. でつ より:

    そこヨット乗せられたりしません?

  5. はるピヨ より:

    おお、ハートマン軍曹!
    ここオススメです↓
    http://www.hcn.zaq.ne.jp/ganso/neta/sergeant01.htm

  6. S より:

    まずは復活への第一歩おめでとうございます。
    でも、あまり無理はなさらぬようにしてください。
    文字を考え打つ(書く)のはリハビリにはいいと思いますので、「無理をしない」と言う条件付で頑張ってくださいませ。

  7. S より:

    まずは復活への第一歩おめでとうございます。
    でも、あまり無理はなさらぬようにしてください。
    文字を考え打つ(書く)のはリハビリにはいいと思いますので、「無理をしない」と言う条件付で頑張ってくださいませ。

  8. ka より:

    まあ大丈夫だろうとは思ってたけどブログ更新されるのを見ると安堵感がありますね。
    ところで、フリーライターの方ってこういう場合の生活保障とか大丈夫なんでしょうかね?
    まあ、著作なんかあるから贅沢しなければ生活は問題ないのかな。ちょっと気になったもので。

  9. X漆 より:

    たけくま脳梗塞リハビリ日記
    これは本になる豫感
    快気祝に俺は買ひますよ

  10. 長谷邦夫 より:

    順調ですね!!良かった!
    患者はどうしても、自分の現在を
    過大にいい方向で考えますよね。
    でもそうイメージ出来ているのは
    絶対そうなれる可能性が有るから
    ですよ。
    現在との落差に絶対あせらず、じっくり
    一歩一歩登って行けばいい。
    リハビリはまあ、マンガでいえば
    下書きでしょう。
    それが完全に終了すれば、ペンが
    入りキャラは動き出します。
    新学期へ向かってGO!

  11. 三葉虫男 より:

    >鬼教官
    ウ~ム、コレではリハビリ完遂したとしても仕事前に「闘魂!闘魂!闘魂!」とウォークライやって血圧を上げかねないので今から心配です:D
    ともあれ、オンライン可能になって良かったでアリマス。どうぞお大事に。

  12. 情苦 より:

    >フルメタル・ジャケット
    ・・・あまりにも厳しいリハビリに耐えかねて、便器に座りながら銃の弾倉を込めて教官を・・・

  13. トロ~ロ より:

    是非、虎の穴Nリハビリセンターで人前で歌いにくい海兵隊の唄を流行らせて欲しいデス。
    エスキモーのまんこは冷凍まんこ
    オレに良し
    オマエに良し
    ・・・お後がよろしいようで。

  14. ロト より:

    6日は何とか無事に終わりました。
    書き込みは嬉しいですが、くれぐれも無理はなさらないで。
    「フルメタル・ジャケット」のリー・アーメイと言えば、2004年に渡米前に取材の下準備で震えながら「テキサス・チェーンソー」を観たら出てました。そしたらその後、サンディエゴのオモチャ屋でなぜか「リー・アーメイ人形」という酔狂なものを売っていたので、同行者が買おうかどうしようか悩んでたのを思い出します。なんか向こうではリー・アーメイが罵倒しまくるTVバラエティ番組があるとか言ってたけどホントかしら?
    あ、なんてすいません蛇足が長すぎました。
    ともあれお大事に……。

  15. ほろにが より:

    案じておりましたがまずはご無事で何よりでした。
    更新はとてもうれしいですけれども
    どうかくれぐれもご無理はなさらないでくださいね。
    とはいえ、たけくまさんならリハビリだけでひとネタもふたネタも
    書けそうな気がして、ちょっとワクワクしてる自分がいるのですが、
    とにかく一日も早い回復をお祈りしております。

  16. だる より:

    快復へ向かわれているようでとても嬉しいです。ですが、くれぐれもご無理をなさいませんよう。
    今後はリハビリセンターで鬼教官の愛の指導を受け、Mの極致を体験なさって下さい。そしてその体験をぜひ執筆活動に活かして下さいね。
     

  17. たいこ より:

    よ、よかった~!
    壮絶な夢見てる。
    確かにたけくまさんだ!
    お帰りなさい!
    無理しないでくださいね!

  18. 修蔵 より:

    あせらずゆっくりリハビリして下さい
    お大事に

  19. ポーポーッポポー・キジバト より:

     厚木のNリハビリセンター。心なしか、名前からして「人間」を拒絶するひびきがあるような気が。w
    映画「カッコーの巣の上で」にでてきた、ソ連かナチスの官僚みたいな看護婦長みたいなのがいてもこわいだろうな。

  20. エイジロー より:

    少しずつでも回復してるようですね!
    まずはほっとしました。
    鬼のリハビリですか。
    「さるまん」的には、
    どん底まで落ちたギャグ機能(失礼だ!)の
    リハビリシゴキですな。
    「カアチャンたちには内緒だぜっ」
    「カアチャンたちには内緒だぜっ」
    「あ、魚屋のおっさんが屁をコイタッ」
    「ブリッ!」
    「よーし。そこまで。連帯責任で全員トレーニングやりなおしだ!」
    「いいか、おまえのギャグのせいでだ!」
    こええ・・・
    冗談です。
    あせらず無理をせずにやって下さい。ほんとに。

  21. くまおん より:

    順調に回復されておられるようで嬉しいかぎりです。無理をせずにお体を大事になさってください。

  22. シャック より:

    フルメタルより「M★A★S★H」の精神で生きましょう!
    必ず生還して下さい。性感?ちがうちがう!

  23. 骨男 より:

    たけくま2.0となっての復活を心よりお待ちしています。

  24. 門弟廃村 より:

    あの、ところで、
    頭にサービスハッチ付いてる状態ですか?
    気になっちゃって。

  25. めたろう より:

    回復早!執念だなぁ。
    焦りがにじみ出る悪夢を見てらっしゃる様ですが、ここからが我慢のしどころの筈です。
    鬼教官の命に従いつつ、教練に励んで下さい。
    無理は禁物、けれど最後に頼るは根性かと。

  26. 鶴見六百 より:

    おお、思ったより良いようですね。
    リハビリ頑張ってください。
    ガン・ホー! ガン・ホー!

  27. [news]竹熊氏生還

    サルまん 21世紀愛蔵版 下巻 作者: 相原コージ, 竹熊健太郎 出版社/メーカー: 小学館 メディア: コミック 祝着。

  28. メルひじ より:

    ふぁみこんうぉ~ず~がで~たぞ~
    こいつはどえらいしみゅれぃしょん
    二等兵の名前がどうしても思い出せません。
    ハートマンがつけた仇名はわかってるんですけどね。
    じぇりぃどうなつ。

  29. うもとゆーじ より:

    >二等兵の名前
    ローレンスですか?
    ローレンスはオカマか水兵の名前だ。
    おまえは水兵じゃないからオカマだ!ってヤツです。w
    ず~と「たけくまさんは大丈夫かな・・・」と思って年を越しました。
    ネット環境に復帰できたようでなによりです。
    たけくまさんの続きがまだまだ見れると思えばうれしい限りです。
    退院お待ちしています~!

  30. Aa より:

    ろーれんすさん、こんや、わたし、ふぁーぜる、くりすます。
    ふぁーぜる、くりすます。
    ろーれんす、めりーくりすます。
    (以上お約束)

  31. より:

    そして彼は
    不屈の精神でベッドに起き上がり
    再びキーボードを打ちはじめたのであった。
    一手ずつ、一手ずつ、
    「…お、や、じ、の(変換)き、ん、た…」
    辛いリハビリだったが手を止める事はなかった。

  32. 西尾 より:

    たけくまさん大丈夫ですか。
    開くたび、悪いニュースでないかと心配です。
    がんばってください!
    復活したら、あそんでください!

  33. shi-ta より:

    気をもんでおりましたが快方へ向かっているようで安堵いたしました。更新ご苦労様です。
    厚木のNというと、私の実父がリハっていた場所だと思います。環境は良いところです。国内のリハ施設としては良い方だそうなので、ぜひ落ちこぼれないように(無理のないように)がんばってください。
    リハ施設はなかなか良いところが見つからないそうですから。
    (以上、ちょっと古い&聞きかじり情報ですので不正確な点がありましたらご容赦ください)

  34. shi-ta より:

    しまった!
    ご苦労様 ではないですね。お疲れ様でした、というべきでした。まことにすみません(_O_)
    どうぞご自愛くださいますように。

  35. 機嫌 より:

    お待ちしておりました。
    …とは言っても、ご無理なさらぬように。

  36. none より:

    転んでもただではおきないのが竹熊さん、
    リハビリ経験を活かし、
    「みるみるやせる、脳梗塞ダイエット」
    的な本を書いてください。

  37. k より:

    ほんと大丈夫なんでしょうか?

  38. たにしんいち より:

    ギャグのリハビリセンターみたいなとこがあってそこに鬼軍曹がいるとイイですね 
    鬼軍曹は誰がいいだろうか、、、ビートたけし?違うなあ、、、
    地もエキセントリックでサディスティックな人かあ、、、トニー谷さんは矢野誠一さんの本で読んだら格下の芸人さんのイビリがすさまじかったらしかったですが、、、ダウンタウン浜田?
    キャンディーズの夢の話声出して笑ってしまいました

  39. たいこ より:

    最初はアップされているだけで
    嬉しかったのですが、
    よく見たらほんと突込みどころ満載の
    エントリーですね。。。
    脳梗塞手術直後とは思えない
    素晴らしいエントリーです(涙)
    来週のリハビリ頑張ってくださいね。

  40. hajime_kuri より:

    ご無事でなによりです。
    ご自愛ください。
    厚木では、ダイアン・ソーンのような「婦長」がいると、ネタ的には、「キター」といったところでしょうね。

  41. pigu より:

    以前多摩美で講義を受けさせてもらったOBです。
    遅ればせながらネットの噂で倒れたという話を聞いてここに参りました。
    とりあえずは命に別状は無いようで何よりです。
    ベトナム帰りの竹熊帰還兵の著作が書店に並ぶ日を一刻も早く期待しながら、一刻も早い完治をお祈りいたします。

  42. 具日記 より:

    バーン!と野球

    また間があいちゃいました。忙しいです。ついていけん。電脳化したい!
    ただいま、うちの玄関では豆まきが行われております。
    鬼役の兄貴の「ガオー!」という近所迷惑な咆哮と、楽しいのか泣きそうなのかが微妙な甥っ子(3つ)のハイテンションな叫び声も聞こえます。…….

« | トップページ | »