たけくまメモMANIAX

« | トップページ | »

2007年3月20日

杖は傘より始末に悪い

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

Img_0905 昨日から「川内康範先生の想い出」を書こうと思ってるのですが、俺と川内先生の素敵なツーショット写真が見つからないので、後回しにします。まあ引越の片付け中に見つかるかもしれませんが、途中まで書いてるので見つからなくともアップしますので楽しみに。

それで表題の件なのですが、ここんとこ毎日外出してるんですけど、病気になる前には想像もつかなかったことで悩んでおります。

杖の置き場がないんですよ。まあ家にいるときは、玄関の傘立てにそのまま立てておけばいいんですけどね。問題は外で、たとえば電車の中だと、傘なら引っかけておくことができるじゃないですか。でも杖だと、グリップ部分が曲がってないので、簡単に外れて落ちてしまう。店とか入っても、なかなか立てかける場所がない。まあ傘も同じですが。それで金属で出来ているので、転がるとガシャーンとデカイ音がするんですよ。

またコンビニで買い物するときも、サイフを出すときに杖が邪魔です。同じく杖ついてるおじいさんとか、どうしてるんですかね。ドクター中松も都知事選に出るヒマがあったら、「倒れない杖」とか発明してほしいものです。

そうそう、この前、森進一問題で取材に押しかけたテレビカメラマンに向かって、川内先生「無礼者!」と叫んで杖を振り回してましたね。ああいうカッコイイおじいさんに俺もなりたいものです。

たけくまメモMANIAX

| コメント(27)

“杖は傘より始末に悪い” への27件のフィードバック

  1. より:

    杖にスキーストックのように輪っかをつければ、手を離しても落ちないと思います。

  2. おにぎりやま より:

    http://www.assiston.co.jp/?item=658
    私が使っているのは杖でなく傘ですが、これを使えばレジカウウンターに引っかけておくのはもちろんのこと、自分のベルトに引っかけて侍気分を味わうことも出来るなど、大変な優れものです。

  3. さく より:

    「四点杖」はどうでしょうか。
    接地部分が四つに分かれているものです。
    この名前で検索すればわかります。
    使ったことはないのですが、形状からみて、
    そのまま立つものもあるのではないかと。

  4. シャック より:

    ツエツエバエにすれば手を離せば飛んで行くのですが、、。退院おめでとうございます。

  5. neodenjin より:

    退院おめでとうございます。
    杖をSegwayにすれば手を離しても倒れませんよ。
    乗車さえしなければ公道でも使えますし。

  6. ぬるはち より:

    毎日外出されるくらい回復したとは。
    本当によかったですね。
    ところで写真を拝見するに、たけくまさんの杖には、
    ストラップが付いてますよね。
    それなら、腰のベルトやベルト通しから
    カラビナ状のフックなどラクに引っ掛けられる物を下げておけば、
    さっと腰から下げられるかと思います。
    そういうものはダイソーなどの100円ショップで売ってます。
    試してみてください。

  7. momotarou より:

    倒れない杖でしたら、私も、「四点杖」をお勧めしますが、場所を取ります。ズボンに、杖を挟む輪っかをつくってはどうでしょうか。ガンベルトのようでかっこいいと思います。

  8. 後藤寿庵 より:

    しっかし、お元気そうですねえ。
    ずいぶん前の白夜書房の忘年会でお会いしたきりだと思うのですが、全然変わってません。僕のほうが皺よっちゃって白髪増えてますよ、もう。
    ここはいっそ模造刀入りの仕込み杖でも持ち歩いてほしいところです。

  9. ky より:

     ご快癒の方向に向かっているようで安心しております。
     さて、杖でご不便を感じておられるようですが、逆説的にその方がよろしい場合もあるのではないかと。
     以前、次のような話しを耳にしました。あるお医者さまが云ったことです。かれは松葉杖の必要な患者さんにある傾向が見られることを発見しました。それは立派な松葉杖を持ちたがる人ほど回復が遅い傾向にあるということです。恰好の悪い松葉杖を持つと無意識のうちにそれを手放したいという欲求が生じ、恢復を早めるのではないか。
     つまり恰好の良い(ぼくの場合で云えばウルトラマンタロウでモロボシ・ダンが使用していたような)松葉杖だと当人がそれを常に身につけたいと思うので、それを使うために体の恢復を遅らせてしまうのだそうです。
     随分、昔に読んだ記事なので詳細は失念いたしましたが、以上のような要旨だったと思います。
     骨折してはめたギプスに変な落書きをしてしまうのは無意識のうちにこの作用を活用したものだったりするのでしょうかね。芸術的に彩られて、割るのが惜しいと思うと本復が遅れてしまうと考えると、筋が通っているような気がします。

  10. 永田電磁郎 より:

    なるほど…Kyさん、感服いたしました。
    持ちにくいほうが回復が早くなると。
    杖が便利になるより、杖無しの方がいいですものね。
    …えーっと、着流しで脇差しの様に杖を刺しておいたら、銃刀法違反容疑で、職質になっちゃいますか。

  11. ky より:

    永田さま
     もちろん、ご不便の程度によりけりでしょう。竹熊さまの文面を拝見する限り、杖の機能自体にはご不自由はないようですし、あくまで取り回しに多少のご不便を感じていらっしゃるように見て取れましたので。
    >…えーっと、着流しで脇差しの様に杖を刺しておいたら、銃刀法違反容疑で、職質になっちゃいますか。
     着流しに杖って恰好よいですね。ご自身はなかなか辛い思いをしていらっしゃるとは思いますが。逆境の中であえて粋を目指すというのも素敵かと。

  12. まみ より:

    ステッキホルダーで検索してみたら、おにぎりやまさんが書かれている商品が沢山出てきました。
    ほかにもいくつかの商品が検索できましたので、ためしてみてはいかがですか?

  13. めたろう より:

    確かに「杖を使う弱者」「杖を使う短気な老人」のパブリックイメージに囚われて、
    回復が遅れるというのは、あるのかもしれません。
    けれども、おおっぴらに武器を携帯できる誘惑に打ち勝つのはなかなか大変そうです。
    また、これまで職質を繰り返してきた無礼者達の鼻先に杖を突きつけて、
    怒鳴ってみせたり出来るのも今のうちかもしれません、、、、、、、。ぬふふふふふ。
    もう少し筋力が回復された暁には、
    杖を持つ者に手助けもせず、
    職質を掛けて来る不逞の公務員が居りましたらば、
    ばっしばしと成敗して、
    公僕のあるべき姿を説教してやって下さい。
    連中、今後は下手に出てくるはずです。
    交番に連れてかれても、威張ってコーヒーの一つも注がせれば宜しい。

  14. nomad より:

    銃刀法違反ですがぜひとも仕込み杖を試していただきたい。無礼者を片っ端から成敗して。
    また古来日本には杖道というものもありますので、日々鍛錬されてその道を究めてはいかがでしょうか。

  15. ポン一 より:

    四点杖は自立しますし、使用時にも体重をあずけて立つにはラクですけど、ある程度の速さで歩行するには邪魔なものです。より筋力を使うという意味でも、普通の杖が使えるなら普通の杖の方がリハビリには良いですよ。

  16. ごろー より:

    折り畳み式の杖はいかがでしょう?
    私は捻挫でスキーのブーツより足がでっかくなっちゃった時に、折り畳みの杖を愛用しておりました。
    アルミ製で軽くて使い良かったですよ。
    ネットで検索したらたくさん出てき過ぎて、どれかわからなくなっちゃいました。
    検討してみて下さい。

  17. ご近所 より:

    >kyさん
    タロウじゃなくてレオでは?
    いい歳した二児の母がなぜ詳しい?

  18. フェイタン より:

    みなさまがおっしゃるとおり4点杖は竹熊先生のレベルではかえって不便ですし下が広い分段差に弱いです(絶対リハビリで使ってますよね~♪)
    折り畳み杖は携帯に便利なだけで、ちょっとの間置くだけのときにはまるで役に立ちません
    握りの部分に90度に開く10㌢位の板状の物が付いている杖があり、ちょっとカウンターに引っかけるに便利です、もちろん指先一発パチッと簡単に開きますし、簡単に閉じます、引っかかりの部分が確かゴムで滑らなくなってます

  19. ky より:

    >ご近所さま
    ああ、レオでしたね。セブンじゃないんだと思いつつ書きこみしましたら、間違ってしまいました。これで余計な恥をかかずにすみます。ご指摘痛み入ります。

  20. レスレスレ より:

    素敵なステッキ、とか誰もいわんのか。
    カサ貸さんか、とか。
    ……すまん、わすれてくれ>all

  21. 門弟廃村 より:

    ガンダルフの杖みたいなのがイカス。
    そして立て掛けるのじゃなく、御付きの者に持たせる・・と。

  22. 長谷邦夫 より:

    そういや、昔むかし
    ステッキ・ガールなるものが
    おったとな~
    「にっぽん、ちょっと・昔ばなし」

  23. noriB より:

    軽薄な書き込みが癖にならないように、、と思って自重してはいるのでつが、、
    最近 アウトドアなお店なんかに行くとハイキング・スティックスとか トレッキング・ポールとか売っていて、いいなぁ!と思っておりましたので、、
    他人事なれど、、たけくまさまに如何?
    この場合 二本でワンセットになっていて 両方に持って使います。どうなのかしら、シティなんかでも、、人工物に対してもスリップしないようになっているのではないかしら。
    trekking poles hiking sticks などで検索していただければ、、
    もしかしたら 流行る、か、も?
    xx

  24. めたろう より:

    ふと思いついて。
    「ドクター中松だったら、ステキな杖を発明されていらっしゃるんじゃないかしら?」
    とHPに見に行ってみましたが、特に杖は発明されてらっしゃらない様でした。
    代わりになりそうなのはゴルフのパター
    http://dr.nakamats.com/shop/shop.html
    ぐらいでしたが杖としては短くみえますし、やはり武器としての能力の方が高そうなのでした。

  25. takesi より:

    映画「デアデビル」ででてきた伸縮できる杖ができないものでしょうか。
    柄の頭部をまわすとシャキーンと伸び、縮む。
    縮めて腿のホルスターに収納。

  26. 熊さんのナースより より:

    竹熊さんへ。
    病院の売店に「転ばぬ先の杖」って言うものがあったんですよ。
     マグネットで鉄製のものにくっついたり、また90度開いてテーブルの所に引っかけられるという使い方もできます。ダイソーという100円均一のショップにもにたようなものがあったのですが、商品名がわかったらまたメールします。このメールを見た、竹熊ファンの方。探してみてください。そして竹熊さん。入院中に、解決できなくってごめんなさい。

« | トップページ | »