たけくまメモMANIAX

2008年10月19日

10月26日にルンパロさんとトークイベント

うっかり告知するのが遅れてしまいましたが、この10月26日(日曜日)に東京・江東区青海(コミケをやる有明ビッグサイトのそば)の日本科学未来館にて、イラストレーター・FLASHアニメーション作家であるルンパロ・チータ(左山誠)さんと俺のトークイベントがあります。時間は14:00~15:00。

タイトルは「フラッシュアニメ台頭後のクリエイター事情/個人制作作品から見える新たなチャンネル」 という長ったらしいもの。

http://dcexpo.jp/asiagraph2008/talk.html#anime
↑このページの下段に案内があります。

http://dcexpo.jp/visitor/
↑会場はこちら

http://dcexpo.jp/
↑「DIGITAL CONTENT EXPO2008」TOP

他にもさまざまなイベントがあり、中にはプロダクションIGの石川久光社長も登場するトークもあるようですが、それらは事前予約制みたいです。(詳しくは公式サイトを見てください。)

(続きを読む…)

| コメント(1)

2008年10月14日

吉祥寺アニメ映画祭個人的“裏入選作”発表【グロ注意】

先日開催されました「第四回・吉祥寺アニメーション映画祭」ですが、俺は受賞作の発表の際、特別に「裏入選作」も発表するというようなことをチラリと書きました。それをこれから発表したいと思います。以下書く内容は、審査員の一人である竹熊の「独断」によって、あくまで「たけくまメモ」のみで発表するもので、吉祥寺アニメーション映画祭の事務局や他の審査員の意見とはまったく関係がないことを強くお断りしておきます。

●裏入選作『チェーンソー・メイド』(長尾武奈) ★グロ注意★

(続きを読む…)

| コメント(1)

2008年7月12日

ルンパロ・チータさんの本

61vonvtri1l__ss400_←ズモモと ヌペペ ふしぎな まきもの

また紹介するのが遅れてしまってすいません。関西個人アニメーション界の重鎮・ルンパロ・チータさんが「絵本」を出されています。

『ズモモとヌペペ ふしぎなまきもの』(講談社)というのがそれです。ルンパロさんの本業はイラストレーターなのですが、実はフラッシュ・アニメーションの世界では知る人ぞ知るというか、知らない人がいたらモグリというくらいの有名人なのです。

2005年の8月に大阪で「JAWACON」というフラッシュアニメーション作家の「見本市」があったのですけれども、これを主催したのがルンパロさんでした。彼に呼ばれて俺も見に行ったのですが、そこで初めて『秘密結社鷹の爪』の蛙男商会さんや『やわらか戦車』のラレコさん、丸山薫さんの作品を知りました。そればかりか、ここに来たDLEやファンワークスといったエージェント会社の人たちの目にとまり、彼らがビジネス的にブレイクするきっかけとなったのです。

というわけでルンパロさんには、イラストレーター・アニメーション作家・フラッシュアニメ界の「仕掛け人」の顔があるのですが、とても腰が低いナイス・ガイであり、顔がなんとなく故・青島幸男に似ています。

(続きを読む…)

| コメント(0)

2008年7月6日

あなたはどの女性がお好みですか?

8538e533 ネットサーフィンしていて見つけたイスラム教のお見合いサイトの写真です。俺は、中段右から2番目の女性が好みです。はっきりと断定することはできませんが、もしかするとリア・ディゾンに似ているような気がしないでもありません。

中段一番左は、大きく魅力的な目をしていますが、浮気なんぞしようものなら自爆されてしまいそうです。「アタシのこと好きだと1万回唱えて頂戴!」と毎日のように攻め立てられたらかないません。まだ最下段一番右の女性のほうが、庶民的な感じがしていいです。ケバブ焼くのがうまいかもしれません。

よくわからないのが最上段左から二番目の人です。着衣の上にサングラスというのは、月光仮面も真っ青ですが、何を基準に判断すればいいのか迷います。最下段一番左も、伊勢田勝行監督の実写特撮自主映画に出てくる怪人みたいで、魅力のポイントを見つける才能が必要そうです。

そこで提案なのですが、写真の下にボタンを設置して、押すと声が出るように工夫すれば、ぐっと選びやすくなるのではないでしょうか。イスラム独特のコブシ効かせた唱名とか出ればいいと思います。

(続きを読む…)

| コメント(4)

2008年5月9日

伊勢田大博覧会のお知らせ

今月の17日にあの伊勢田勝行監督のイベントと新作上映を新宿ロフトプラスワンでやるそうです。先日、主催の映像温泉芸社の人からメールがあり、俺もゲストで参加することになりました。

(続きを読む…)

| コメント(1)

« 前のページ | トップページ | 次のページ »