たけくまメモMANIAX

2009年4月1日

本日、教授就任式

本日は京都精華大学の入学式でしたが、その前に教職員の就任式があり、マンガ学部教授の辞令が交付されましたので、ご報告いたします。正教授に就任することは以前から決まっていたのですが、辞令交付まではそれ以前に一度内定していた特任教授なのか、正教授なのかはわざとぼかして書いていました。正式には教授ということですので、よろしくお願いします。

この歳になって、俺みたいなのが教授職で正規雇用されるというのも驚きですが、なったからには精一杯頑張る所存です。と書こうと思ったら、なんと昔から仲間だった伊藤剛氏も東京工芸大准教授になったことを自分のブログで書いていました。だいたいどこの大学も入学式とセットで4月1日にやることになってるんだな。エイプリル・フールと間違われないかしら。

http://d.hatena.ne.jp/goito-mineral/20090401/1238547642
↑伊藤剛「東京工芸大学芸術学部マンガ学科准教授に就任いたしました。」

俺が所属するのはプロデュース学科ですが、これは今のところ精華大にしかない学科になります。一応「編集者養成」の学科なんですけども、実際には編集者にとどまらない、もう少し広い範囲までカバーする学科みたいです。

(続きを読む…)

| コメント(1)

2008年7月14日

【業務連絡】多摩美生に業務連絡

●多摩美術大学「漫画文化論」受講生の皆様に業務連絡

今週18日の金曜日は、多摩美「漫画文化論」の前期最終日です。楽しい夏休みに入る前に、12月12日(後期年内最終日)に回収する課題についてのレクチャーを行います。必ず出席するようにしてください。

私の講義での成績の出し方は、提出課題をまずABCで評価をつけ、しかるのちに前期後期を合わせた出席回数を見て悪い場合は一段階減点する方式です。課題評価が「A」であっても、出席が悪かったらひとつ落として「B」になります。もし課題が「C」で、出席が足りないと「D」になり、単位がとれませんので注意してください。出席率の判断基準は企業秘密です。

課題未提出の場合は、よほどの事情がない限り「D」になりますので課題だけは提出しましょう。完成度は問いませんが、あきらかに不真面目にやっつけた作品は評価が低くなります。画材は鉛筆でもいいですけど、丁寧に仕上げるようにしてください。例年、ノートの切れ端に鉛筆で殴り描きしたようなマンガを提出する人がいますが、きわめて心証が悪いことがあるので気をつけましょう。

講義は「漫画文化論」という名前にも関わらず、前期はほとんどアニメーションの話に終始しましたが、後期はマンガの話が基本になりますので楽しみにしてください。

(続きを読む…)

| コメント(0)

2008年6月17日

18・19日の京都精華大学講義

「マンガ界崩壊を止めるには」の連載途中ですが、最終回に手間取っています。実は今週水曜(18日)と木曜(19日)に京都精華大学の特別講義が近づいてきました。これの準備がありますので、「マンガ界崩壊…」の続きは週末にアップすることにします。

代わりに、本日中に18日19日の連続講義の使用テキストをアップします。これは多摩美術大学で毎回学生に配っているテキストとほぼ同じものですが(マッケイについては、たけくまメモにかつて発表したエントリが元になっています)、今回の集中講義用に全体から抜粋して再構成したものです。当日は、このテキストをもとに映像をまじえて講義を進めていきたいと思っています。

講義は精華大生のために行うものですが、それをここにアップする理由は、もちろん「たけくまメモ」の読者サービスの一環であるとともに、読者の批評を受けることで、より完成度の高い内容にヴァージョンアップしていくためです。疑問点・ツッコミ等ありましたら、なにとぞメールかコメント掲示板にてお願いしたいと思います。

なおこれのオリジナル・テキストは、現在400字詰め換算で430枚ほどになっています。しかし、まだ圧倒的に未完成なので、全体を出版することは当面はありません。当方の構想では、最終的に1500枚くらいのものになると思います。あと10年くらいかかるんじゃないでしょうか。

◎このエントリへコメント→★
◎掲示板トップへ→★

| コメント(0)

2006年3月4日

【告知】3月18日吉祥寺アニメイベント

告知が遅れて申し訳ありませんでしたが、3月18日の午後2時から、吉祥寺にある武蔵野商工会議所内ゼロワンホールでイベントがあります。毎年秋にやっている吉祥寺アニメ映画祭の関連イベントなんですが、スタッフは同じものの厳密には東京都主催のアニメフェアの関連企画であります。(秋のは吉祥寺の商店街が主催)

3月18日(土)13:30開場 14:00~17:00 入場無料
武蔵野商工会館4F ゼロワンホール
第一部:「PCで作るアニメーション」
第二部:「2006年アニメーションの最前線」
講師:うもとゆーじ(アニメーション作家)、
竹熊健太郎(多摩美術大学)、氷川竜介(アニメーション評論家)

第一部に登場するうもとゆーじさんは、プロのCG作家でゲームやCM方面でご活躍ですが、彼が中心となってPIXという「プロCG作家による自主制作団体」を結成して精力的に活動中です。今回はPCによるアニメ制作を、一般にもわかりやすく解説していただきます。PIXの作品も多数上映しますので、ぜひお越しください。詳しくは下記URLにて。

http://kichifes.jp/index3.html
http://kichifes.jp/animation/news.html

↓PIX公式サイト
http://www.pixlabel.net/

(続きを読む…)

| コメント(9)

2005年3月4日

【告知】吉祥寺アニメ祭で講演

Allegretto←『Allegretto』(1936)
ええと、竹熊の講演のお知らせです。
来たる3月20日、17:30より武蔵野市商工会議所4階ゼロワンホールにて、吉祥寺アマチュアアニメーション映画祭関連のイベントをやります。入場無料。映画祭の本番は秋なんですが、毎年春にも関連の企画をやってます。去年はアニメ評論家の氷川竜介さん、津堅信之さんと「アニメーション100年」をテーマにした講演企画をやりました。
今年は「アニメと音楽」をテーマに、講演とパネルディスカッションの二本立てでやります。なおアニメといっても今回はガチンコのアート系というかサブカル系ですんで、「萌え」とかはあまりないので念のため。いずれ「萌え」っぽい企画もやりたいとは考えているのですが、竹熊じゃ無理ですので誰かしかるべき人に頼もうかと。

(続きを読む…)

| コメント(13)

« 前のページ | トップページ |